OOOTAFUKU さん プロフィール

  •  
OOOTAFUKUさん: たっぷり家。
ハンドル名OOOTAFUKU さん
ブログタイトルたっぷり家。
ブログURLhttp://oootafuku524524.blog.fc2.com/
サイト紹介文「たっぷりねこねこい〜ぬ ねこい〜ぬ」改め 「たっぷり家。」赤柴・黒ラブ・猫6匹のお話。
自由文里親友の会より戴いた2007年生まれの美人姉妹猫。
2010年生まれペットショップ売れ残りの強情赤柴。2012年生まれその赤柴に育てられた能天気黒らぶ。
2011年生まれ捨て猫の通称「悪魔のななな〜」。2013年生まれの二匹の捨て猫兄妹。
2014年生まれの仔猫をプラス。
それぞれの日常を写真・セリフ付きでお届けします。濃いキャラを堪能してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2013/02/28 20:11

OOOTAFUKU さんのブログ記事

  • サイレント・ナディア。
  • この日一日何事もなく平和に終わると思われたナディアに人生で一番かと思われるピンチが訪れた。OOOTAFUKUの弟が遊びに来たのであった。(笑)元よりビビりな所に持ってきてOOOTAFUKUの弟は昔柔道をやっていたという風貌もさることながら声もデカいしリアクションもデカい・・・いわゆるナディアの苦手な人間の宝庫であった。(笑)千早は人間好きだしOOOTAFUKUの弟は何回か来ているので全然問題なし・・・数分後にはこうして。す [続きを読む]
  • うちの子写真館。みんな大はしゃぎ。
  • この日向こう側の工事で道路閉鎖のため家の前は小さなドッグランになった。ゲストはおなじみナディアの妹分のアンジー。同じラブでも全然タイプが違う・・・大きいお目目でタレ目ちゃん。二人とも自由を満喫して大はしゃぎ。千早も張り切るけど大型の二人に圧倒される。(笑)ナディの張り切った顔見るの久しぶり。一段落して疲れると大好きなアンジーママさんに甘えに行く。(笑)三人並んで七五三・・・みたいな?(笑)こんな楽 [続きを読む]
  • 懐かしの風景。(76)
  • 2013年9月3日の「忍び寄る影。」より。千早二歳八か月・ナディア一歳半の時のお話。おまえはジョーズかよっ!!毎回これで怒られてるのに・・・。          この時は千早も一人でマッタリしたいしナディアはヒマがあるとこうして千早に絡んでいってた。今となっては二人ともお互いの性格を把握しているので遊ぶ時はめちゃめちゃ遊ぶけど一人一人で自分の時間を楽しんでいる。余計なもめ事もなくなり平和な時間が多 [続きを読む]
  • チョイ悪らて君。
  • きわめて人間に近いラブとして有名(笑)ならて君。英国ラブの風貌も堂々としたもの。表情や仕草だけでなくコチラの話もよく聞いている。一説には頭の額の所に小さなオジサンが内臓されているらしい。(笑)そんならて君・・・いつもは省エネで無駄な動きは一切なくナディアはじめ若いラブにとってはお手本になる先輩ラブ。・・・・・・なのだが。この日のらて君はお腹を壊していてご機嫌が悪かった。いつもは他の若い連中がワァワ [続きを読む]
  • ココだって上機嫌。
  • 沈着冷静でクールな印象のココ。たしかに間違いなくうちのねこんずで一番頭がいい。そんなココもこんな天気のいい日にはベランダでルンルンする。りんすずが君臨する第一展望台もこの日はココの独壇場。あまりのルンルンぶりにテンもあきれ顔。本人はいたって真面目にルンルンしているだけなのだが。日頃見せない姿にななな〜フリーズ。(笑)一方ちょびもこの後のココに不思議顔。いや・・・見ていたOOOTAFUKUもカメラ構えながら [続きを読む]
  • パパさんころりんすっとんとん。
  • この日アンジー一家が散歩途中で遊びに寄ってくれた。ナディも千早もアンジー一家が来ると大騒ぎ。千早は特にアンジーパパが大好き。こうして二人で遊んでいるとナディがパパさんに突進。いとも簡単に尻もちをつくパパさん。(笑)最近パパさんお腹周りがアレなので(笑)なかなか起きれない。しかしママさん含めた四人とも何事もなかったかのよう。(笑)(誰か大丈夫??って言ってやって!)「大丈夫?」どころか追い打ちをかけ [続きを読む]
  • ちょびのひとり遊び。
  • 寒い一日はみんな布団で寝ているので誰もいないリビングでちょびがポツンと一人で淋しそうにしていた。「ちょび。」って声をかけたらムッとして。(笑)外見てるから忙しいってフリをしているけど・・・。ホントはあんまり興味がなさそう。みんなで見ていると盛り上がるのだけど一人だとそうでもないらしい。しょうがないから少し遊んでやるかと手を出したら思いっきりツメ立てて噛まれた。(笑)ちょびはノラ出身なので手加減と言 [続きを読む]
  • 目指せ!2020!!
  • 三月になって無事に14歳の誕生日を迎えたウィリーに会いに来た。ちょっと離れた公園だけどこの公園でウィリーに会える。歳は違うけど誕生日は一日違い。そんな偶然もナディがウィリーみたいに元気で長生きできそうと喜ぶOOOTAFUKUとおとうの単純夫婦。(笑)千早はウィリーを安全と認識した様子。(うん・・・ムダに凶暴ということもたまにはある。)ウィリー何かに気づいた様子でいきなり確認。おチリの匂いチェックは生まれや [続きを読む]
  • うちの子写真館。ななな〜。
  • うちのねこんずの中で一番写真の撮りがいがあるななな〜。なんといっても生き生きと生活を楽しんでいる顔がいい。基本形のななな〜。(笑)普通にしていれば普通に可愛いのに。眠そうにしているだけなのにふてぶてしい。(笑)外に抱っこして出してもらって目がきらりんちょ。ヒマだから何とかしろって顔。面白い事考えついた顔・・・・・・この顔すると一番ヤバい。(笑)そしてお馴染みの目を開きすぎて寝ている顔。目があっちこ [続きを読む]
  • 懐かしの風景。(74)
  • 2016年4月13日の「闘いの大小。」より。ねこんずの小競り合いはしょっちゅうの事。この日もベランダでココテンの小さい闘いが繰り広げられていた。(テンの顔が笑える・・・。)小競り合いの九割がたがテンのちょっかいから始まる。うちの最軽量コンビなので見ていても微笑ましい。別の日のベランダで・・・違う組み合わせの小競り合いが始まっていた。この組み合わせはもう小競り合いとは言わないかも・・・。(笑)最重量コ [続きを読む]
  • なんとなく大集合。
  • 子供三号は被り物が好き。本人が被るのではなくこの場合ねこんずの被り物。(笑)被り物が始まると嫌な予感でこの場を立ち去ろうとするなな。逃げるチャンスを失って三人で記念の一枚。(笑)そうこうしていると騒ぎを聞きつけて被り物大好きな長男坊と被り物が嫌いな次男坊が駆けつける。被り物が嫌いなのに野次猫で駆け付けたちょび。不本意ながらも記念の一枚。そうこうしていると一番後から女王様が・・・。自分が参加しないの [続きを読む]
  • 小さい小さいナディア。
  • 昨日の続きになっています。やっとの思いでオヤツをゲットした面々。遊んでいたら久々に甲斐犬のこむぎちゃんがやってきた。イカツイ感じがするがこむぎちゃんは案外フレンドリーな甲斐犬。ヒース・・・千早はコワいけどこむぎちゃんはコワくない。(笑)それに引き換え・・・花鈴。年上だし強そうだしって事で近づきもしない・・・。北海道犬と甲斐犬・・・どっちが強いか見たかったなぁ。(笑)そんなだからナディなんてお話にな [続きを読む]
  • 花鈴のお仕事?
  • いつもの公園ですっかり学級委員長と化した北海道犬の花鈴。この日も張り切っていた。(笑)OOOTAFUKUの顔見るとオヤツを要求。今ではこんな立派になっているけれど・・・二年前は。女帝・はなちゃんの後継犬として来た。女帝はなちゃんもオヤツよこせって言っていたけどはなちゃんの場合はあくまでも上から目線だった。(笑)最凶・お気楽能天気コンビの後押しを受けて・・・。体重22キロの体全部を使って要求しまくる。まだま [続きを読む]
  • ココのココロ・テン知らず。
  • テンつぁんが調子悪いとココがピッタリと寄り添うので調子の良し悪しの発見が早くなった。調子が悪いとこうして密着。この日も・・・。この日も・・・。常に寄り添って子猫を守っている母猫のよう。別の日もしっかりと抱え込んで寝ていた。感動して見ていたけど・・・。サスガにちょっと重そうだった。(笑)しかしこんなにして守ってやってるのにテンつぁんは調子がいいと威張りまくっている。大事にされすぎて完全に勘違いするテ [続きを読む]
  • 仏のすずが怒るとき。
  • すずが一日の大半を過ごすこのカップ。ココから庭の野鳥がよく見えるのでお気に入りの場所。すずがココにいる時は誰もちょっかいを出さないのに最近ワガママ放題のテンつぁんが・・・。微妙にプレッシャーをかける。(またまた・・・ワガママ言ってるし。)楽しみな時間を邪魔され珍しく怒っている。これ以上ワガママをするならテンつぁんに天誅がっっ!!・・・・・・サスガに空気読んだらしい。(笑)ほとんど怒らないすずだがひ [続きを読む]
  • うちの子写真館。待っててね。
  • 千早は待つのは得意中の得意。こうして待っている姿を見るとホントに愛しさがこみ上げてくる。例えばなにか災害に遭ってはぐれても・・・。一緒にいられない状況になっても・・・。たまにこうして「まだかなぁ。」って顔しながら・・・。ずっと迎えに来るのを待っているだろうなって。大丈夫だよ。どんなことがあってもね・・・必ず・・・・・・必ず迎えに行くからね。応援ぽちしてくれたら嬉しいです。いつもありがとうございます [続きを読む]
  • 懐かしの風景。(73)
  • 2013年3月11日の「あの日の三人。」より。りんすず六歳・千早三歳の時に311の当日を振り返ったお話。ちなみに311の当時はりんすず四歳・千早一歳であった。その日、OOOTAFUKUはおとうと家電量販店にいた。体育館の様なその建物は今考えるといつ天井が落ちてきてもおかしくない建物だった。ちょうどテレビを買おうとテレビの前で国会中継を見比べていた。聞いたことはあるけど何の音だっけと言う程度の警報の音をこの [続きを読む]
  • 懐かしの風景。(72)
  • 本日予定を変更しています。2014年4月25日の「いつまで続くか教えてください。」より。りんすず六歳の時のお話。よく寝る前とかやるのだけど今日はベランダで始まってしまった・・・。女の子の姉妹特有の毛づくろいの応酬。見てもらえばわかるけど・・・シツコイ。(笑)ここまでイラッとくる猫の仕草って・・・??延々と続いて気が済んだのか。この後また毛づくろいの応酬。イライラするから見ないふりしてもいやでも目に [続きを読む]
  • 千早的絶対安全距離。
  • 朝の散歩道で偶然コーギーのしずくちゃんに会った。コーギーとハスキーには弱いナディが唯一遊べる年下の男の子。性格が明るくて天真爛漫な感じのしずくちゃん。片やハスキーとコーギーだけにとどまらずあらゆる犬と相性がワルイ千早。(笑)OOOTAFUKUもだがしずくママも必死に引っ張るがしずくちゃんだけ自分の置かれたキケンな立場を理解していない。(笑)・・・・・・千早のわんから攻撃炸裂。余りの予想外の出来事にしばしフ [続きを読む]
  • ブサイク千早。
  • まだ消灯前からぐっすりと寝ていた千早。その姿が可愛くてしばらく見惚れた。(笑)子供三号が毛布を掛けてやったのが気に入った様子。ジッと見ていたらそれに気づいてこの顔で・・・。かわゆしっっ!!可愛すぎて今すぐ抱きしめてしまいたいっ!!(笑)消灯後・・・あのまま眠りについたらしい。枕から頭がずれて何とも言えない格好で寝ていた。ぷぷっ!っと小さく笑ったのが聞こえたようでコチラを見る千早。ん?・・・・・・・ [続きを読む]
  • ベランダ勢ぞろい。
  • 久々に春の様な暖かさの中洗濯のためベランダに行く。洗濯モノたくさん持っているのに足元にななな〜がついてくる。まるでベランダに誘うようにするななな〜・・・結構ジャマ。(笑)ひとり手すりで遊んでいたちょびも参戦。そしてベランダに出てみると・・・もう先客が。相変らず冷静で違った意味でもブラックなココ。(笑)こんな顔して待たれているとつい笑顔になっちゃうよね。そんな中やっとOOOTAFUKUを連れてきてホッとして [続きを読む]
  • 美味しい誕生日。
  • ナディの誕生日にとアンジーママからケーキをもらった。当日の夜に食べさせようと用意しているともうお座りして待っていた。お座りしながらもジリジリと前へ出てくるナディア。(笑)よしっ!と言って千早を見てからナディアを見てみたら・・・。・・・・・・もう完食の勢いだった。だが完食してからがナディの本領発揮。(笑)今までならコレで怒られていたのだが千早も慣れたもの。(コレで太るならお前はどうなんだよっ!!)食 [続きを読む]
  • うちの子写真館。偶然会うと嬉しそう。
  • 別々に散歩に出かけて途中で出会うとものすごく嬉しそうになる二人。向こう側から走って来て千早に体当たりするナディア。嬉しいのにツンデレな千早。さりげなくどこにいって来たか匂いチェック。(笑)あ・・・やっとこっちを見た。お座りしても何も出ません!!(笑)応援ぽちしてくれたら嬉しいです。いつもありがとうです。 [続きを読む]
  • はっぴはっぴ・バースディ。ナディア!!
  • 今日はうちのナディアの五歳の誕生日。ナディアは黒ラブ待望のおとうの可愛い可愛い愛娘。今はこんなに大きくなっているけれど中身はあんまり変わっていない。しかしうちに来た日のナディアは・・・。こんなに小さくて可愛かった!!ペットショップ滞在一日でうちに来たので千早をすぐに受け入れる。しかしペットショップ滞在が長く縄張り意識が強い千早には青天のヘキレキ・・・みたいな?(笑)身体が大きくなるのは分かっていた [続きを読む]
  • 真剣すぎて笑えない。
  • 夕飯が済んでしばらくすると最近師弟コンビ結成か?という二人がいた。あろうことか仏壇の上に。(笑)(二人そろうと11キロ越え・・・お義母さんさぞかし重いだろうなぁ。)その二人の視線の先には・・・。メダカ牧場上の「テンの聖地。」。ちょびすけの表情が面白い。ちょびはうちで一番のブータレ顔が似合う男。(笑)一方テンもななな〜のせいでかなり場所が狭くなって困っている。仏壇から降りるように言おうとしたがあまり [続きを読む]