サリー さん プロフィール

  •  
サリーさん: さくらさく
ハンドル名サリー さん
ブログタイトルさくらさく
ブログURLhttp://sakurasaku0101.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代、シングル、フリーランサー、パグの飼い主。 非浸潤性乳がんのこととか、パグ、日々のことなど…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/03/02 16:11

サリー さんのブログ記事

  • 母の主治医の話
  • 聞いて来ました。想像より遥かに悪い知らせだった。また良い知らせが聞けるようにいま出来る事を、出来る限り、やっていこう。    [続きを読む]
  • 母の病院から呼出し
  • 今朝、珍しく姉から「電話出来たらして欲しい」とラインがきた。バタバタとしていたので1時間ほど待ってもらった。姉が電話? いつも午後まで寝てるのにこの時間に?緊急ではないけどよほどの事なのだろう。いま母が急変というのは考えられないけれど電話してみたらやはり母の事だった。今朝、病院から電話があり「今日撮ったCTの結果をみて本人以外の家族と話したいことがあるので明日の16時以降に来てほしい」とのこと。ブログ [続きを読む]
  • 婦人科受診
  • 今週は婦人科を受診してきました。3ヵ月間鉄剤を服用した結果を見るための血液検査です。ヘモグロビンではなくフェリチン(貯蔵鉄)の数値を見ます。体調としては、はじめて止血剤を出してもらっていたのでその効果が多少あったと思います。先生が、「もしそれでもまた増えるようなら無理せず子宮鏡で切れるうちに手術を・・・」と。子宮鏡での早めの手術の話が出ました。今までは、手術というと「子宮残したいですか?」「卵巣も [続きを読む]
  • 障害者きょうだいの会 7月
  • 週末、障害者きょうだいの集まりに参加してきてました。ひとくくりに障害者のきょうだいといっても様々な背景があります。先天性、後天性二人きょうだい、複数のきょうだい同居、別居重度、軽度異性、同性などなど障害者きょうだいあるある話は共通でもきょうだいや家族に対して持つ感情は様々。私は障害のある妹に愛着が持てたことは運がよかったという話をしましたが上手く説明できてなかったと思います…。障害があるきょうだい [続きを読む]
  • 母のお見舞い
  • 金曜日に母のお見舞いに行って来ました。去年は前向きに治療に望めるようにと考えながら病院に向かっていたな…ワンコの片目は見えていたからトイレの心配も無く帰りの時間は気にしなくて済んでたな…この1年でいろいろ変わったのだな。今年はどよーんとした気分で向かい、何がその一番の原因かも分からず、いや、考えるのも面倒くさく、気の向くままどよーんと向かいました。病室にいる間に主治医が来たので治療について確認する [続きを読む]
  • ワンコ、シャンプーと黄疸
  • 昨日は病院でワンコのシャンプー&診察をしてもらいました。なのに、今朝はウン○の香りで目が覚めた。ケージを見ると、既に踏みちらかし、更にベッドにはオ○ッコも…さっぱりピカピカになったのに、早速まみれてワンコもショックかと。一時間ほどかけて片付けていたらじわじわとせまり来る強めの生理痛…。ごはんを食べて痛み止めをと食事の準備をして運ぼうとしたら再び床にオ○ッコ&踏み散らかした跡発見…はぁ〜〜〜。お腹い [続きを読む]
  • 入院日決定
  • 先週、母の入院日が決まったと連絡がありました。放射線治療の影響で具合が悪く食べられず、治療開始より5日ほど早く入院して点滴で栄養を・・・って話が全く耳に入らない(^_^;)というのも・・・電話の前に、入院日報告とともに「副作用で食べられない…」というラインが来ていたけれど、病院帰りのボリューム満天の「うな重定食」の写真。「は?」冗談かと思いましたが、その後に完食した写真も…。よくよく話を聞いてみると、 [続きを読む]
  • 母の抗がん剤治療の予定
  • 母から放射線治療終了の報告と抗がん剤治療の日程が7月からになったと連絡がありました。主治医の先生に聞いたときは6月終わり頃からでしたが放射線の終了が少し延びたのも関係あるのか?ないのか?「2週間後の診察で入院日が決まります」と、一緒に来て欲しいのかもしれませんが治療方針はとりあえず決まっているので先生におまかせします。と、いうか、同居の家族におまかせしたい、本当は。去年、耳に強く副作用が出たことは気 [続きを読む]
  • BBQ with きょうだい仲間
  • 週末、BBQ会場で行われた障害者きょうだいの集まりに参加してきました。参加者は、年代は学生さんから60代、居住地は宮城〜大阪までとバラエティにとんだ総勢18名。プログラムのほとんどをすっ飛ばし、ひたすら話す会となっていました。話の内容はきょうだいのことばかりではありませんがきょうだいあるある話はやはり盛り上がります。他ではない共通の話題がてんこ盛りでした。良すぎるほどのお天気で焼き場は暑かったけれど、テ [続きを読む]
  • 長姉とファミレスで長話
  • いつもなら私の家に来てもらうのですが、私の都合というか、ワンコの都合でファミレスでの最長滞在記録の長話。お互いの家族の近況や健康、自分たちの近況や健康…と健康の話題が多かった。今回一番心に響いたのは、あちらのお母さんが私たちが連絡を取り合っていることを好意的に思ってくれているということ。気になっていたので、本当に、本当にほっとしました。そして、こちらもさることながら長姉の母上も体調が悪く大変なよう [続きを読む]
  • 話せる家族
  • 明日は長姉と会います。2年前に母と3人で会って以来。2003年初対面の生き別れの姉だけれど、家族の中で唯一話が通じる人。今月が誕生日だったのでメールをしたら母の治療が終わったら母と会う約束をしているとのこと。抗がん剤の予定を考慮しないで母から出た言葉だろう。現状と今後の治療予定を軽く伝えると、心配したのか早速会う予定を入れてくれた。あまり重いものを押し付けてはいけないとは思っている。でも、私のしたことを [続きを読む]
  • 5年生存率(母の主治医との話)
  • 詳細を知りたくない母抜きで聞きたかった事は現実的な今の状態と長期的な見通し。確認したいことを聞き終わると先生の方から「本人には話してませんが…」と話し始めた。「5年生存率は25%」散々調べて予想はついていたので驚きはしなかったし、今までもそのつもりで考えていた。ただ仮定が確定となるとずしっと一気に重みを増す。先生と自分のみで共有したせいかも知れない。5年は再発からかと思ったけれど、「既に2年は過ぎてるか [続きを読む]
  • 母の主治医に1人で会ってきた
  • 昨日、1人で母の主治医に話を聞きいてきた。前回の診察で母が確認しなかったことと母の前では話しづらいこと。後者の方が主な目的。確認したいことの一つは、放射線治療と併用すると言っていた飲むタイプの抗がん剤ユーエフティ。転移した肝臓が悪化した時から飲んでいたけれど副作用が強く出てから休止していた。それを再開するのかしないのか。先生曰く、飲んだ方がいいにはいいけれど放射線と薬双方のダメージを考えて休止のま [続きを読む]
  • 今更GW。
  • 大変だけどGWはヘレンケラー犬を連れて実家へ。いろいろな物が必要なので大荷物と一緒に義兄の車に便乗させてもらいました。今回のネタのふりかけ。これ、私と妹の名前そのもの、ふりかけ姉妹。かおりをネットで発見して購入しました。自分大好きな妹は自分の名前「かおり」をごはんにかけ「ゆかり」は拒否。そして、花火。昨年の夏に伊豆の花火で人より花火を観て楽しんでいたので八景島シーパラダイスの花火シンフォニアを観に。 [続きを読む]
  • 母の膀胱癌 ラジオ波→放射線
  • 5/9で70歳になった母。父が60代で亡くなり、母も闘病中なのでもしやと思いましたが無事70代に突入です。治療の方は、ラジオ波はやらないことになりました。抗がん剤の前にできる治療にかけたかったようで主治医はちょっと悔しそうでした。「ワンチャンス、ラジオ波がダメなら放射線!」ということで、また別の病院へ。そこには私は同行せず。全身MRI検査の結果、肝臓には3つの腫瘍、腸にも怪しいところが一カ所。それでも放射線治 [続きを読む]
  • 検診&検査結果
  • もう少しまめにブログをアップしようと思いつつもう5月。乳がんの術後4年検診の結果がGW前に封書で届きました。1枚の紙にほんの数行の文字。寂しくなるくらいあっさりと「異常はありません」と。良い事なのに、事務的過ぎると余計な寂しさを感じるのですね。無事すんだので次は1年後、5年目検診です。子宮筋腫の方は、結果を聞きに行った時は先生は俄然手術の方向。手術を前提としたMRI検査という名目だったので当たり前ですが。た [続きを読む]
  • 母のラジオ波治療のためのCTの結果
  • どこをみても桜がちらほら、さくらさく季節。そんな中、母の病院に付き添ってきました。叔母と私と母の3人。同居の姉は起きて来なかったのでおいてきたそうです・・・母は3人の方が楽しいとご機嫌ではありました。ラジオ波の治療部位は肝臓、膀胱癌からの再発転移です。予定していたのはRFAという皮膚を通して電極針を腫瘍に挿入して行う方法。CTの結果、一旦持ち帰って主治医と相談して今後の治療方針を決める事になりました。適 [続きを読む]
  • 子宮がん検診の結果と子宮筋腫のこれから
  • 先ずはあっさりと、体がん、頸がんともに問題ありませんでした。子宮筋腫の方は、貯蔵鉄と言われるフェリチンの値が基準値5〜152ngのところ7ng。基準値内ではありますが、先生の理想は100ng。フェリチンが充分あれば鉄剤をやめられたのですが、生理時のみから毎日服用へと増えました。昨年も3ヵ月毎日服用したのち、生理時のみに変更。かれこれ一年。それでも数値が低いので仕方ないのかもしれませんね。今後の処置については、大 [続きを読む]
  • 術後4年検診
  • 乳がんの手術から4年、定期検診に行って来ました。最近では何も治療をしていないため、自分が乳がん患者だったのを忘れそうになります。でも、病院に一歩は入れば、通院時の事がフラッシュバック。今では軽症と開き直っていますが、あの頃は毎日不安だった。こうして問題なく過ごせてるありがたさも思い出します。当たり前を当たり前じゃないと気付くための1日でもありますね。今回から年に一度、検査と診察を同日に行います。診察 [続きを読む]
  • 体が悲鳴を上げる
  • 犬の介護疲れか寒さのせいか、体がバキッと悲鳴をあげました。3月最後の週末、ボランティアで関わっているNPOのイベントで販売のお手伝いをしてきました。毎年やっているこのイベントは人も多く忙しいのですが、懐かしい人に会えたり、友人が来てくれたりと楽しいイベントなのです。今年は3月末というのにとても寒く、とくに日曜日は冷たい雨。“はっと”という汁物(すいとん)を販売している間はよかったのですが撤収の時になっ [続きを読む]
  • ラジオ波治療
  • 母がラジオ波治療を受ける病院で診察を受けてきたとの報告。まだ入院日は決まってませんが、4日〜1週間程度の入院で治療を行うそうです。自分がまったく受けた事の無い治療。改めて調べてみると、未知の世界。意識がある中、体の中を焼かれるのってどんな感じだろう。放射線も最初は緊張したけれど、ラジオ波、なかなか怖そうです。遠隔転移なのでそう甘くはないと思いますがもしもラジオ波で今活動している癌が失くせるのならば想 [続きを読む]
  • 障がい者きょうだいの集まり再び
  • 今月も障害者きょうだいの集まりに参加してきました。早咲きの桜がもう咲いていましたよ。メンバーは、今回は初参加の人はいなくて、以前から続けて参加している人、不定期な人など毎回同じではないようです。年代も様々で、20代の人と話していたら、私のその頃と同じようなことを考えていて心が痛くなりつつも、親子ほども年が離れているのに「わかるー!」を連発せずにはいられなかった。既に仲間が見つけられていることを羨まし [続きを読む]
  • 障害者きょうだいの集まり
  • 今日PET検査予定だった母からのLINE「機会の不具合で来週に延期。判決が延びてラッキー」私ならアンラッキーと思うところですが、判決どころか、検査や治療の説明さえも聞きたくない人ですからね。話は変わって先週末のことですが、友人の友人が月に一度開いている、“障害者のきょうだいを持つきょうだい同士”の集まりに参加して来ました。親同士はつながりが自然とできますがきょうだい同士のつながりは自然にはできません。共 [続きを読む]
  • 母の病院へ付き添い
  • 先週、母の病院に同行してきました。その日は、抗がん剤の影響をみるための血液検査だけでしたが、現状や疑問も直接先生に聞いてきました。二カ所の転移のうち、肝臓の方が悪化しているのでPETでもう一カ所のリンパと全身の状態を調べてから今後の治療方針を決めるそうです。その間何もしないよりは、ユーエフティという抗がん剤で癌細胞の活発な動きを止めるのを期待するようです。先生は丁寧に説明してくれているのですが母は全 [続きを読む]
  • いちごとパグと
  • おやつのいちごをパクリ。この動画(写真をつなげたもの)では分かりませんが、普通のおやつを食べる時はちょっと乱暴にぱくつくのですが何故かいちごなどフルーツを食べる時はそーっとパクリと食べます。何か気分が変わるのでしょうか・・・?相変わらず回りますが気管支拡張剤を飲ませるのを止めてから夜中はちゃんと寝るしおだやかです。少し咳が出ていますが、気管支炎のときと違って以前から時々していたような咳。先日の診察 [続きを読む]