KIKU さん プロフィール

  •  
KIKUさん: KIKUの釣欲無限大
ハンドル名KIKU さん
ブログタイトルKIKUの釣欲無限大
ブログURLhttp://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/
サイト紹介文自分視点の釣りの記録。基本的に大モノ志向。アユ(特に大アユ)、サクラマス、ジギングなど
自由文アユが釣れるなら小アユ・大アユ・瀬・トロ・チャラから激流までなんでもOK
でもただ数釣るのはちょっと・・・。
ということで大河川での大アユの数釣りを目指しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/03/02 21:03

KIKU さんのブログ記事

  • 初物はジギングでした
  • 3月25日河川の釣りに始まり、日本海サーフを経て、今回のオフショアジギング。なんと今シーズンのサクラマス釣りは、早くも3ジャンル目(汗)初マスジギングは、崎浜の広進丸さんのお世話になりました。いつものようにあぶらハムさんが隣に、そしてH野さんが同船しているのもいつものこと(笑)午前6時、夜明けを正面に見ながらの出港に期待が高まります。ここ数日間は上り調子であることを知っているだけに、ワクワク感は最 [続きを読む]
  • 魚の引きを忘れそうです
  • 3月18日今シーズン、川ではサクラマスの気配をほとんど感じません。そんな理由から、無性に海でキャストしたくなった私。思い立って、青森県西海岸でキャストしたのは8時過ぎのこと。とはいえ、そんなにアマイものではなく、20?ほど北上してみます。2ヶ所目を叩いて昼休憩。あとは夕マズメ。全く魚っ気ナシ・・・。3月19日明けて2日目。この日は夜明けと同時にサーフに立ちます。が、何事もなし。あえて言えば、キャス [続きを読む]
  • 厳しいなぁ
  • 3月12日この週末、休み自体はいつも通りでしたが、11日に釣りをするのは気が引けます。しかし、家にいても震災報道に悲しみを覚えるだけ。そんなわけで、11日は移動日とし、夜の早い時間に現地入りしました。翌朝、夜明け前に目指す場所に車移動。夜明けと同時にカンジキを履き、雪を踏みしめエントリー。このポイント、清川の瀬は、アユも含め7〜8年ぶりとなります。サクラマス狙いではなんと約20年ぶり!この瀬のシモ [続きを読む]
  • サクラマスシーズン開幕
  • 3月5日山形県のサクラマス釣りは、赤川と最上川に限り、3月1日に解禁になりました。ということで、この週末、私のサクラマスシーズンが開幕です。とはいえ、半月ほど前に罹ったインフルエンザの影響が未だ残っており、時折咳き込みながらの釣り。当然、無理はできないので、雨模様だった前日は、釣りをパスし、車中泊のみ。ま、釣りはなくとも、出撃準備を整えた車中で寝るのも雰囲気があって私は好きです。5日早朝、満を持し [続きを読む]
  • 激シブ続き・・・
  • 今回もあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とともに広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗ってタラジギングでした。前日から吹いている強風が心配でしたが、夜明けには若干風が収まり無事出港。よかったのはここまで(爆)朝イチしばらくの間、食いが悪いのはよくあることと自分に言い聞かせます。そして、確か3流し目で私に1本目がヒット。以降、船中それなりにヒットが続き、安堵の雰囲 [続きを読む]
  • 懲りずに悪足掻き
  • 1月21日前回、突然釣れなくなったタチウオに四苦八苦したことから、1週間も経たずにリベンジの予約を入れたのは、私とあぶらハムさんの2人。青空に映える富士山に感動しつつ、6時間かけて沼津に到着。あまりにも富士山が綺麗なので、幸松丸http://dai8koshomaru.web.fc2.com/の撮影も必然的に富士山の写りを気にしながらになります。最近、沼津沖のタチウオはあまりにも不調であることから、この日は30分かけて富士川沖に向 [続きを読む]
  • しぶーいマダラジギング
  • 1月14日例年のパターンとしては、タチウオの次はマダラ狙いとなります。ということで、実は1月には初体験のマダラを狙ってきました。船はいつもの広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/氷点下の気温の下、6時半前に出船しました。で、先日のタチウオに続いて激シブ。日ごろの行いが悪いのは誰か?などと野暮なことは言いません。今回も、あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/と一緒であるこ [続きを読む]
  • 初釣りはタチウオ
  • ということで、初釣りに行ってきました。この時期の恒例行事となっているタチウオジギング(餌釣り?)。あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/が一緒なのも恒例行事。そして、恐るべき事実まで恒例行事になるとは、世の中恐ろしいものです。1月7日まずはブンさんの運転で沼津に向かいます。もうすっかり慣れたもので、お昼前に無事に沼津に到着。やはり、富士山が [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • みなさん、明けましておめでとうございます。新年最初の記事は、今なら言える今年の抱負!ということで、2017シーズンの目標を大公開(汗)最初は、近年一番燃えているオフショアジギング。来週予定しているタチウオ、そしてサクラマス、そういえば青物もそうでした。せめて人並みに釣れるようになりたい!とにかくこれにつきます。人よりいっぱい釣りたいとか5?オーバーのサクラマスだとか10?オーバーのブリ釣りたいだとか、そ [続きを読む]
  • 2016シーズン総括
  • その後、週末はいつも時化。結局、釣り納めをできないまま、あと少しで2016年が終了します。ということで、新年を迎えるにあたり、2016シーズンの総括です。例年どおり、季節を追って振り返ってみましょう。新年最初の釣りは、恒例となっている沼津タチウオ釣行。2016年は計3回、3日間の釣りでした。なんと言えばよいのでしょう?本来、ジギングだったはずが、まともにジグをシャクったのは初回だけ。あとの2回は、事実上餌釣り [続きを読む]
  • 痛恨のバラシ
  • 12月3日白神山地を横目に、能代沖はテリ場の水深97mにP-boyジグ250gを投入。しばし後、着底を確認。すかさずリーリングを開始し1ピッチ3回。大きくロッドを煽り、ジャーキング。ロッドを下げながらリーリングし、もう一度ジャークしようとしたところ、ロッドが真下に突き刺さった!すかさずロッドを煽り、アワセをくれるが微動だにしない。1テンポ遅れてラインの先の何者かが首を振る感触。そのストロークの長さは、これまで [続きを読む]
  • 1ヶ月ぶりのジギング
  • その後、ほぼ毎週末に能代の船に予約を入れていたのですが、いずれも荒天中止。この週末は、能代の船はほぼ満席で予約不可。そんな中で、久しぶりにナギ予報。どうにかならんもんかと思いつつ、各遊漁船のHPを見ていたところ、酒田のさつき丸さんhttp://satsukimaru.web.fc2.com/に空きがあることが判明。速攻で予約を入れた次第です。で、結局のところ、波は低くても強風の予報に。酒田港を6時に出港し、弱風予報の新潟県境まで [続きを読む]
  • 撃沈・・・
  • 11月12日10月後半から毎週末能代のジギング船の予約を入れているものの、私が予約した船は、この週末も荒天中止。とはいえ、シケ具合は先週末ほど酷いものでもなく、予報を見、朝出発で日本海に向かう。狙いはシーバス。庄内サーフに正午前に到着し、早速キャスト開始。波も風も釣りに悪影響が出るカンジではなく、魚が居れば反応があるはず。だったが、夕方になっても異常ナシ。このまま日没終了。11月13日3時半に起床し [続きを読む]
  • サーフのシーズン
  • 10月30日ここ1週間ほど、シーバスやら青物やらで湧いていた庄内サーフ。その後、時化を挟んだので、回遊魚が居る保証はない。とはいえ、夜明け前の午前5時半、期待に満ち溢れてキャスト開始。が、そんなにアマイものではなく、7時を回っても、アタリがないどころか周囲でも魚を掛けた様子がない。ランガンを繰り返し、相当な距離を歩いたところで良さげな地形を呈する場所を発見し、ここで粘る。それまで吹いていた向かい風 [続きを読む]
  • シーズン初ジギングは仙台湾
  • 10月22日今回から、海の釣りに切り替えです。今秋初ジギングは、東北丸さんhttp://www12.plala.or.jp/thm/の16t船を仲間内でチャーターし、仙台湾に浮かびました。釣り場に着くまでは、正直、全員が根拠のない好釣果を確信。つまり、仙台湾をナメていたと思います。が、最初の一流しで厳しい状況であることを痛感しました。開始30分、私には全くアタリがありません。その後、南側に大移動してからは、ポツポツ当たり出します。 [続きを読む]
  • 2016アユシーズン総括
  • 始まったばかりと思っていたら、大会が終わり、大アユシーズンに移行し、去りゆく夏を惜しみながら釣りするうちにシーズン終了。毎年のことながら、アユシーズンが過ぎ去るのは早いものです。私は、仲間内では竿を納めるのが早い方ですが、東北の人間としては頑張った部類のはずで、シーズン最終日は10月10日。これから、全てをアユに費やした4ヶ月間を振り返ってみます。まずは、月別釣果です。―――――――――――――――― [続きを読む]
  • 納竿しました
  • 今シーズンはシーズン最終盤になって盛り上がっている那珂川のアユ釣り。今年の魚影であれば、おそらくはアカが飛ばない限り11月まで釣りが成立するだろう。とはいえ、過去の記録を振り返ってみても、10月中旬以降にツ抜けするのはかなり厳しい。個人的には次週の土日に仕事が入っていることを考えると、一区切りつける必要がある。そんな思いで、この連休を今シーズンのアユ釣りの締めくくりにすることとした。10月8日いざ那珂 [続きを読む]
  • 那珂川はまだ最盛期!!
  • シーズン前半は大渇水。そして後半、現在は高水続き。2ヶ月ぶりに訪れた那珂川は、例年であればシーズン最終盤。しかし、今シーズンは10月というのに大賑わい。残り少ないシーズンを惜しむかのような釣り人の列が延々続く。間もなく終了というだけの理由ではない。多分に漏れず、那珂川もやはりアユが若い。しかも、最盛期の釣りが可能。急瀬の芯でしっかり追ってくる。とはいえ、現在の水位は足腰に自信がないと股以上まで立ち込 [続きを読む]
  • もしかして真夏?の小国川
  • 9月22日諸事情により、釣り開始は11時。しかも、開始直後から雨模様。さらに最高気温20度前後と肌寒い。当然、大して期待していなかったのに、開始直後からポンポン釣れる。15時半過ぎ、どんどん光量が減少する中で土砂降りにも関わらずヘチ際のチャラ瀬で入れ掛かり。止めるに止められず、17時に目印が見えなくなって竿を畳む。結果、なんと49匹!!この時期にこの気象状況でこれだけ数が出る今シーズンの小国川。驚愕の一日であ [続きを読む]
  • 神通川から小国川へ
  • 神通川から小国川へ9月17日石が大きく滑るために歩き難い。川の傾斜がキツク、掛かりアユは引きまくる。ただでさえ疲れる川なのに、今シーズンは大アユの年。狙いは荒瀬。一日中瀬に立ち込んでいるとクタクタに。翌日は腰から足から腕を含めて全身疲労困憊。しかし、それでもあのアユが忘れられない。リベンジしたい。そんな思いを果たすべく、半月ぶりに神通川にやってきた。しかし、シーズン最終盤。増水後の引き水、しかも晴 [続きを読む]
  • 予想外の数釣り
  • 今回向かった先は小国川。正直言って、神通川釣行の疲れが癒えていない。なるべく近場の楽な川に行きたい。そんな思いから、出発前夜にちゃっか屋にTELしたところ「コマイけど釣れてます!!」とのお話に、即決。しかも、日曜日は釣具屋主催の大会とのこと。久しぶりに出てみよう!との気楽な思い。で、釣行の結果は、予想外の事態に。9月10日 午前36匹、午後51匹の87匹!9月11日 午前21匹(ちゃっか屋アユ釣り大会3位:2位 [続きを読む]
  • 神通川で完全燃焼!
  • 近年恒例の神通川遠征。当初、今シーズンもお盆休みに遠征計画を立てていたが、お盆休みが仕事に代わり、遠征予定はあえなく休止。そして今回、ようやく仕事に目途がつき、川の状況を考慮した日程でお盆休みの代休を取得(笑)ようやく、富山に向かうことができた。9月2日今回、不安材料が一つ。お盆過ぎの増水により泥が流れてしまい、濁りとアカがどれだけ残っているのか分からなかった。しかし、それも川を目にして一安心。こ [続きを読む]
  • 金アユを求めて
  • 8月26日前日の大雨により、東北の河川は軒並み大増水。ダメもとで米代水系へ向かっている最中、赤石川は問題ナシとの朗報。こんなことでもなければ出かけない川であることから、ステアリングを北に向けた。翌朝、情報源のタカギー氏と合流し、川に向かう。寒くて全身冷え切ってしまうよう状況のもと、1ヶ所目は17匹、2ヶ所目は12匹、3ヶ所目も12匹の計41匹。なんとか川の癖を把握できたかな?というカンジ。8月27日2日目 [続きを読む]
  • 久しぶりに阿仁川へ
  • 8月20日自宅からの所要時間、そして釣り人の数と釣れる数や型のことを考慮すると、米代水系の中では後回し。そうはいっても、ロケーションと釣れるアユの質では水系でもトップクラスなので忘れがたい。そんなわけで、本流域が軒並み釣り不可能という状況下、7〜8年振りに阿仁川を目的とした釣行を敢行。画像を見れば、分かる人なら一目瞭然のポイントに入川。開始30分で3匹取るも、あっという間に釣り人でいっぱいに。業を煮 [続きを読む]
  • 米代川へ!
  • 今シーズン初の米代川に行ってきました。8月13日は、7時半から昼食をはさみ、18時までの釣りで51匹。8月14日は午前12匹、午後23匹の計35匹。この数が良いのか悪いのか?他の釣り人の釣果がイマイチ分からないのでなんとも・・・です。とはいえ、22〜24?、それ以上が当たり前となりますと、それはもう迫力満点。久しぶりにメタル0.2号に10号バリで荒瀬に挑むのは良し。深瀬から26?級が激震を伝え、一気に底に突き刺さる感触も [続きを読む]