KIKU さん プロフィール

  •  
KIKUさん: KIKUの釣欲無限大
ハンドル名KIKU さん
ブログタイトルKIKUの釣欲無限大
ブログURLhttp://kiku-kiku-kiku.seesaa.net/
サイト紹介文自分視点の釣りの記録。基本的に大モノ志向。アユ(特に大アユ)、サクラマス、ジギングなど
自由文アユが釣れるなら小アユ・大アユ・瀬・トロ・チャラから激流までなんでもOK
でもただ数釣るのはちょっと・・・。
ということで大河川での大アユの数釣りを目指しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/03/02 21:03

KIKU さんのブログ記事

  • シーズン最後?の小国川
  • 台風18号が接近予定ということで、神通川行きの予定を取り止め、小国川に行ってきました。9月16日とにかく台風が来る前に満足できる釣果を得たい!その思いで、寒い寒い言いながらも7時半に釣りを開始します。が、予想以上に水位が高く、最初のポイントでは1匹目を釣るにはハードルが高い。けっきょく、1回底バレしただけで、シモの瀬肩に移動します。1匹目を取るまで30分ほど要したわけですが、なんとかオトリが替わりました [続きを読む]
  • 好調の小国川へ
  • 今現在、東北で唯一といって過言ではないくらい好調なのが小国川。小国川に行くのは1ヶ月ぶりでした。今回は1回も写真撮影していないこともあり、結果を手短にまとめます。9月9日ここに車を止めれば、車移動なしで一日過ごせるはず。そんな場所で、まずは車の下流側の瀬でなんと7時に釣り開始。で、けっきょくは小国川。朝イチだとかそんなことに関係なく、瀬の強い流れで良いペース。ただし、1ヶ月前よりも一回り小振りなこ [続きを読む]
  • 神通川で3日間
  • 久しぶりに取得した平日のお休み。とはいうものの、東北では釣りになる川自体が限定されています。せっかく3日間も釣り三昧できるので、可能な限り遠方までを視野に入れ、天気予報とにらめっこしながら、神通川行きを決定しました。9月1日前夜が飲み会だったので、酒をほどほどにして早朝4時半に仙台を出発しました。9時半過ぎに富山ICを通過し、オトリを購入。赤岩下流で先行している3チラさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/ [続きを読む]
  • 1ヶ月ぶりに那珂川へ
  • 先日のゲリラ豪雨にはまいりました。予定していた日本海側河川はことごとく釣り不可能。ギリギリまで神通川に期待していましたが、前日夕方にはコーヒールンバ。小国川は釣り可能そうな雰囲気ではあるものの、おそらくはかなりアカが飛んでいて、好ポイントに辿り着くまでのハードルが高そう。ということで、残されたのは那珂川。いずれ、そろそろ良くなってくる時期のはず。そんな思いで東北自動車道を南下したわけです。8月26 [続きを読む]
  • 激釣!米代川
  • 普段はこんなタイトルをつけない私ですが、今回ばかりはタイトル通りです。正直言って、写真を撮ることも頭に浮かばない程の釣れっぷりでした。結果を簡単にまとめると・・・。8月19日午前中の仕事を終え、米代川にひた走り、14時半に釣り開始。いきなり入れ掛かりが開始し、17時半までに39匹。米代川への川慣れ、そしてこの川のアユ慣れしていないこと、ハリス切れ等のトラブルが何度かあったこと等を考慮すると、一日やれば三桁 [続きを読む]
  • 神通川、終わり良ければ全て良し!
  • 今年のお盆休みは8月11日から16日までの6日間。ここ何年間の恒例行事ということで、フルに神通川に浸かる予定でしたが、ちょっと前の大雨から回復しきっていません。悩んだ末、富山入りは12日からということにし、初日は山形県の最上小国川に向かいました。8月11日入りたかったポイントは、朝イチは強風。仕方なしに、先週三桁を達成した瀬に入ります。ただし、先週と大きく異なるのが、10日に投網が解禁していること。このポイ [続きを読む]
  • シーズン2回目の三桁
  • 8月5日なんとなく、小国川に無性に行きたかったのです。伝え聞く話では、最近妙に釣れています。現地に赴くと、当たり前のように何十という景気のよい話が飛び交っています。渇水気味との話もありますが、私の経験上、大渇水とまではいかず、まだ許容範囲なカンジ。気合を入れて7時半に狙いの場所に到着し、8時に釣り開始。以降、最初から良いペースで掛かりました。最初は、前回の当たりバリであるミニマムでポロポロとバラシ [続きを読む]
  • 金アユを求めて!
  • 先日の雨で、近県のほとんどの河川がアカ飛び。アカが残っている地域の多くが雨予報。こんなとき、諦めたくなければ、より遠くを目指すことになります。たまたま、天気予報で青森県に晴れマークがついていることに気づいたことから、今回は思い切って赤石川に足を延ばすことに決定しました。7月29日前夜、燃費計が考えうる最高レベルに達したことに満足の往路。片道6時間近くかかったことは気にしないことにします。浪岡IC出 [続きを読む]
  • ジャパンカップ東日本セミファイナル
  • 7月22日今回、まずは那珂川に辿り着くまでにドラマ?がありました。前日、お昼前に濃霧の釧路を経ち、黒羽に到着したのは約12時間後。総移動距離は、おそらく1,000?超え。なんとかセミファイナルの地に立ったわけです。入川順位の抽選結果は、けっこう微妙。とにかく初戦をどうするかがキーポイントになりそうです。それと問題なのは、前日からの濁り。大会エリア直上の黒羽観光ヤナが重機を入れており、笹濁り以上の強い濁り [続きを読む]
  • 小国川からの那珂川
  • 諸事情により時間がないので手短に記録を残しておきます。7月14日某氏を小国川にご案内。今シーズン初の上流部で釣りを開始したのは13時半過ぎ。17〜20?の良型が25匹。無事にガイドの役目を果たせてホっとしました(笑)7月15日前日よりもけっこうシモに一人で入川。ラストのラストに良型が瀬で20連発!大満足の72匹でした(笑)7月16日お昼前に那珂川に到着。色々見て回り、14時過ぎに竿を出すが、1回ケラレたのみ。突 [続きを読む]
  • ジャパンカップ、そしてマスターズ
  • 7月8日東北が解禁すると、いよいよ試合の時期となります。自分的には、やはりダイワ鮎マスターズが本命。ただし、例年と違うのが、前哨戦としてシマノジャパンカップにも申し込みしていました。どうせエリアは両大会ともほとんど同じ。マスターズの下見を兼ねた出場となります。ということで、ジャパンカップ前日に小国川入りし、長沢堰堤から下流に向かって下見を開始します。小国川は、解禁以降の増水により、アカがかなり飛ん [続きを読む]
  • 東北解禁!そして三桁!
  • 7月1日いよいよ東北地方もアユが解禁しました。釣行先をどこにするか悩んでいましたが、梅雨前線の動きから判断。久しぶりに大遡上の話が伝わってきた米代川に向かいました。気合を入れて4時に起床。つりけん赤坂http://www.dplaza.ne.jp/turiken/さんで年券とオトリを購入し、5時半前に川に到着。毎日新聞の記者がカメラを構えている前で6時より釣り開始。が、期待に反して全く野アユの反応がありません。竿3本分ほど釣り下 [続きを読む]
  • 解禁の三面川
  • 6月24日ストレスが溜まる那珂川の釣りから解放されるには・・・。ひたすらの入れ掛かりが特効薬なわけです。そんな思いで解禁日の三面川に向かいました。午前6時、3チラ・バカトルクの子弟コンビ、そしてあっくんと合流します。不思議なことに、那珂川解禁よりも気合が入り、7時半前に釣り開始。なんと開始5秒で入れ掛かりスタート!瀬肩の竿1本の範囲で軽く30匹突破!11時半頃に早めの昼食休憩。40いったかな?と思いなが [続きを読む]
  • 那珂川は相変わらずで・・・
  • 6月17日初日は8時半より釣り開始。1匹目はすぐに釣れたのですが、あとが続きません。2時間後にわずか3匹で場所移動。2ヶ所目は広大な平瀬。如何にも那珂川チックなロケーションは文句ナシ!瀬の中でポツポツ掛かり、絞り込みの頭でプチ入れ掛かり。河原には20台以上の車がずらり並んでいますが、お昼前にも関わらず、ほとんどが休憩。そんな様子を見る限り、上々のペースで2時間後に9匹追加で昼食休憩。で、仲間が居る深瀬 [続きを読む]
  • とにかく厳しい!!のが今の那珂川
  • この週末も那珂川に行ってきました。6月10日は、1ヶ所目で12匹、2ヶ所目で7匹の計19匹。6月11日は、9時半から15時まで、休憩除いて5時間ほどで21匹。今の那珂川は、渇水に加えて解禁後攻めまくられているため、町裏とかじゃなくても超場荒れ。まともに追うアユはごく限られた場所にしかいません。10日の2ヶ所目なんて、オトリをひたすら1ヶ所でウロウロさせて、忘れた頃に掛かる程度。11日は、前日よりマシではあったもの [続きを読む]
  • アユシーズン開幕!
  • 6月2日今シーズンは、あえて解禁日を避けて那珂川に向かいました。2日に有休を取得し、1日の夜に那須SAで車中泊。しかし、夜明け前に雷鳴で目が覚めてしまいました。さらに突然のゲリラ豪雨。こうなると不貞寝です。が、あまりにも激しい雨音に、目を瞑って我慢のひと時。雨が上がったので、那珂川に向かいました。町裏に着いてみると、さほどの増水ではありません。場所を選べば水量は問題ナシですが、濁りがキツイ。仕方なく [続きを読む]
  • 本命を諦めて
  • 5月27日本音を言えば、シロギスを釣りたかったのです。しかし、天気予報は時化予報。仕方なしに遠征してくる予定だった仲間にシロギスは無理であることを伝えました。とはいえ、この日は昼近くまで波が上がらないカンジです。それを考慮し、結局は前週と同じく青物、あわよくばスズキ狙いで庄内地方に向かいました。午前3時半、雨が降る中、狙いのサーフでキャストを開始。実は、着替えを忘れてワイシャツ姿でウェーダーを履い [続きを読む]
  • 本命がダメでも
  • 5月20日サクラマスを追う日々が終了し、アユ開始までの端境期。ここ数年、この時期だからこそ気になるのが乗っ込みシロギス。ほとんど情報がない中、例年通り、先発個体を求めて庄内に向かいました。とはいえ、夜明けと同時にキスを狙う気はありません。ここで狙うのは、やはりこの時期ならではの釣りモノである青モノ。半月ほど前、陸っパリでワラサどころかブリクラスまでボコボコ上がっていたわけですが、さすがに型は落ちた [続きを読む]
  • 下北半島へ
  • ここ数年、恒例になっていますが、このGWも下北半島のサーフでサクラマスを追ってきました。今回は、出発直後に大台達成!ついに愛車の走行距離が30万キロを突破しました!が、逆に寿命が迫り来るのを感じる今日この頃でもあります(苦笑)5月3日初日はゆっくり始動し、6時過ぎにキャスト開始。30分後、ブルーバックの小型魚が足元までチェイスしてきました。そして、次の一投でヒット!おそらくは同一の個体だと思いますが、数 [続きを読む]
  • 形にはなりましたが・・・
  • 4月29日今シーズンのサクラマスジギングはとうとう最終週を迎えました。この日は小石浜の龍神丸さんhttp://yaplog.jp/yk-ryujin/にブンさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/ともども右舷ミヨシに乗船です。前回の釣行を踏まえ、一つ決めていました。水が濁っていたらスイムライダーショートのグリーンゴールド!ということで、私にしては珍しくジグを交換することもなく、朝イチから同じジグをシャクリ続けます。船長が言うに [続きを読む]
  • いつもどおりの
  • 4月22日この週末も広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗ってマスジギングやってきました。今回もあぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/が乗っていますが、旧友と一緒。私の反対側に釣り座をかまえます。そんなこともあり、今回私はH野さんの脇に位置することにしました。いつも通り、5時半に出船!が、どうにも海の色が黒っぽい。船長のアナウンスによると、この濁り水が入ってから釣果は.. [続きを読む]
  • やっちまった!!
  • 4月15日この週末も広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/でサクラマスジギングでした。で、いつものとおり、あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/とH野さんも同船しています。5時半に出船し、いつもの綾里崎沖で釣り開始。開始早々、左舷オオドモにいたH野さんが1本目をゲットし、船中盛り上がりますが、その後は沈黙。我慢の時間が続きます。そして突然、時合に突入。胴の間からトモにか [続きを読む]
  • 悔しさが沸々と
  • 4月8日この日はいつものメンバープラスアユ仲間が小石浜に集結!あぶらハムさんhttp://yokozuki-lure.cocolog-nifty.com/、ぶんさんhttp://fishingbun.blog16.fc2.com/、ニャンコさんhttp://blog.goo.ne.jp/kenneko1、Aさん、チャラさんの6人でやまきゅう龍神丸さんhttp://yaplog.jp/yk-ryujin/に乗りました。実は私、大船渡沖のサクラマスジギングは広進丸さんにしか乗った.. [続きを読む]
  • なかったことにしてもよいデスカ?
  • 4月1日前週の釣果に気を良くし、再び広進丸さんhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kousinnmaru/に乗り込んだ!ところまでは良いのです。この日は曇天、時折小雨または小雪。そんな天候ですので、これまでの教訓をもとに、ゴールドベースのジグのみをひたすらしゃくり続けました。しばし我慢の時間。午前8時を回ろうかという頃、ついに船中1本目が上がります!続いて2本目。予想の斜め上をいっていました。2本ともにヒットしたジグ [続きを読む]
  • 初物はジギングでした
  • 3月25日河川の釣りに始まり、日本海サーフを経て、今回のオフショアジギング。なんと今シーズンのサクラマス釣りは、早くも3ジャンル目(汗)初マスジギングは、崎浜の広進丸さんのお世話になりました。いつものようにあぶらハムさんが隣に、そしてH野さんが同船しているのもいつものこと(笑)午前6時、夜明けを正面に見ながらの出港に期待が高まります。ここ数日間は上り調子であることを知っているだけに、ワクワク感は最 [続きを読む]