タロウ さん プロフィール

  •  
タロウさん: くらしの情報屋
ハンドル名タロウ さん
ブログタイトルくらしの情報屋
ブログURLhttp://fanblogs.jp/xqzd8nch/
サイト紹介文気になるニュースをピックアップ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供536回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2013/03/03 13:51

タロウ さんのブログ記事

  • 「犬の散歩をしていたら…子猫がずっとついてくるんだけど!」
  • 犬と近所を散歩していたところ、小さな子猫がトコトコと後を追いかけてきたそうです。家族とはぐれてしまったのか、それとも捨てられていたのか……。映像をご覧ください。それにしても元気、小さくても走るのは速く、犬の散歩のペースにずっとついてきます。 本来のファミリーも飼い主も見当たらないまま放置しては、この先が不安ですが……。最終的に、この男性の妹さん(撮影者?)の家で飼われることになったそうです。 [続きを読む]
  • 歯周病が膵臓がんに関係? 2つの口内細菌保持者のがん発生率が高い
  • ニーヨーク大学の研究によると、膵臓(すいぞう)がんの発症率と歯周病を引き起こす口内細菌2種と間には相関関係があった。 これら2種類の細菌が口腔内に住みついている人は膵臓がんになった割合が高かったというが、果たしてその真相は? □「膵臓」のがんの初期症状は? 「羊の衣をまとった狼」とも膵臓がんは最も恐ろしい「癌(がん)」の一つだろう。 膵臓がんは、初期にはほとんど自覚症状がなく、しかも進行が早い。また、周 [続きを読む]
  • シフト勤務に優しくしよう!? 不規則に働く人の体内で起こる変化
  • 人間は昔から、明るくなったら起きて、暗くなったら寝るというサイクルを繰り返してきた。人工的な明かりがない時代であれば、当然のことである。暗くて何も見えなければ、寝る以外にやることがない。 だが、24時間いつでも明るい現代では、夜に働いている人も多い。ではその人たちの体の中はどうなっているのであろうか?概日リズムをコントロールしている体内時計を含めて体内の変化を調べた研究を紹介しよう。 □シフト勤務・夜 [続きを読む]
  • 消毒・かさぶたは傷跡の元! けがをしたら保湿で綺麗に治そう
  • 子どもの頃にできた傷痕が、今でもあちこちにある。転んで擦りむいた膝小僧の傷痕、飼い犬にかまれた手の傷痕、たんすにぶつかった痕などだ。何十年もたち、どの傷も白く小さく目立たなくなったが、痕が残るのは仕方がないと思っていた。 しかし、これからのけがは、痕を残さず治せるかもしれない。 今、傷の治療法が大転換期を迎えており、傷痕が残らない治し方が分かってきたからだ。 □「消毒液をかけて、かさぶたにして治す」 [続きを読む]
  • 指にトゲが刺さって抜けない! 抜けやすくする方法
  • 料理中や掃除中、ハッと気がついたらトゲが刺さっていた、そんな経験のある大学生はいませんか? 大体刺さってしまってから「あーやっちゃった」と思うものですよね。そのトゲも、皮膚のなかにしっかり埋め込まれているときには本当に困ってしまいます。今回はそんなときのためのトゲを抜きやすくする方法をご紹介します。■穴の開いた硬貨を利用刺さってしまったトゲってすごく気になりますよね! 痛みもさることながら、なんとも [続きを読む]
  • 実はうらやましくない、生え変わるサメの歯。人間の歯は一生モノ!
  • 虫歯の治療で歯医者に行って、何度も生え変わるサメの歯をうらやましく思ったことはないだろうか。今回は、サメの歯と人間の歯の比較について説明しよう。 □一生で2万本も生え変わる! サメの歯はどんなもの? 鋭利なサメの歯は、獲物を捕らえるための必需品だ。 サメの歯は生え変わる性質があり、一つの歯が抜けると、待機していた次の歯がすぐに出てくる仕組みになっている。 この歯の生え変わりは2〜3日おきに起こり、一生のう [続きを読む]
  • 鉄分添加ミルクに注意 乳児期の過剰摂取が将来の認知症リスクを増大
  • 乳児用ミルクには多くの鉄分が添加されているが、乳幼児期の鉄過剰摂取が将来認知症のリスクを高めるのではないかと注目されている。 そこで、永久歯から乳幼児期にどのくらいの金属が体内に取り込まれたかを測定する技術により、乳児期に取り込まれた金属の量と将来の病気発生の関係を明確にしようという研究がなされている。 鉄代謝が神経疾患の発生に関わっていることが明らかになれば、新たな治療の開発も可能になるかもしれな [続きを読む]
  • 強力なガン予防効果だけじゃない! 早老症の治療法にもブロッコリー
  • 「ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群」という病気をご存知だろうか。400万人に1人の発症率と言われているもので、通常の4〜10倍の速さで老化が進む「早老症」の一つだ。 この病気に、新たな治療法が浮上した。ブロッコリーの成分「スルフォラファン」に、病気の原因物質を排除する効果があることが、ドイツのミュンヘン工科大学の研究により明らかになったのだ。 □10歳なのに40歳の風貌に見える「早老症」 10歳なの [続きを読む]
  • 慣れない場所で眠れない理由は警戒態勢の脳のせい!睡眠と脳の不思議
  • 時代劇で、眠っている剣客が敵の気配を感じ、とっさに目を覚まして臨戦態勢に入るという場面を見たことがある。これは作り話によるものか、超人的に鍛えた人に限った話だと思っていたが、どうやら私たちの誰にでも当てはまる話らしい。 □新しい環境で寝ると 睡眠中の脳は左脳が活発に働いているアメリカのブラウン大学で行われた研究では、新しい環境に置かれて睡眠を取る場合、左脳が活動していることが分かった。 実験では、被 [続きを読む]
  • ヨガの呼吸法で快眠を!眠れない、不眠かも…に即効効果 片鼻呼吸法
  • 気持ちがざわついて眠れない時に、日常のちょっとした習慣や行動でその状態が改善できるのをご存知だろうか。   その方法とは片鼻呼吸法(ナーディー・シュッディー)だ。この呼吸法はヨガと密接に関係しており、基本的な呼吸方法の一つとして取り入れられている。 今回は呼吸の基本である鼻呼吸の仕組みから、片鼻呼吸法のやり方や取り入れる利点について紹介していく。 □意外と知られていない鼻呼吸の仕組み 鼻の穴は同時に呼吸 [続きを読む]
  • 100年後の正確な天気予報や人工晴れも? 最新の気象テクノロジー
  • もし、数年先まで天気がわかったら? 天気を自由にコントロールすることができるとしたら? そんな夢のような話が、スーパーコンピューターによる気象予測や人工的に雨を降らせる技術などといった現代テクノロジーで現実になるかもしれない。 □最新テクノロジーで100%当たる天気予報は可能か? もし、数年先までの正確な天気がネット検索でパパッと調べられたら、私たちの生活は劇的に変化するだろう。 半年後の旅行の計画を立 [続きを読む]