タロウ さん プロフィール

  •  
タロウさん: くらしの情報屋
ハンドル名タロウ さん
ブログタイトルくらしの情報屋
ブログURLhttp://fanblogs.jp/xqzd8nch/
サイト紹介文気になるニュースをピックアップ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供676回 / 365日(平均13.0回/週) - 参加 2013/03/03 13:51

タロウ さんのブログ記事

  • 似た者同士なら仕事がスムーズ 「身体動作」の研究でわかった
  • 素早さや軽やかさ、スムーズさといった、人によって異なる身体動作の特徴は、性格や精神状態を反映しているかもしれない――英エクセター大学とブリストル大学の共同研究チームによって発表された。 身体動作については多くの研究が存在するが、体格や筋力、年齢に差があるわけではないのに、人によって素早い、遅い、スムーズ、固いなど、動作の細かな違いや特徴があり、それが何を意味しているのかはわかっていなかった。 研究チ [続きを読む]
  • 病気の治癒や予防にも。 ガーデニングでよい眠りを
  • ガーデニングをすることで健康問題を和らげられる可能性があるという研究が、近年注目を集めつつある。 “ガーデニング”と聞くと、なんとなくリラックスできて、日々の生活に充実感が得られるなど「健康に良さそう」などのイメージをお持ちの方も多いのではないだろうか。 海外の研究によれば、ガーデニングを行うことによって良い睡眠につながったという報告や、がんや関節痛などの物理的な症状にも効果が期待できるとの報告があ [続きを読む]
  • 母の遺伝子が寿命を決める? すぐにできる抗老化 睡眠と食事
  • 老化は止められない。将来そんな定説が覆るかもしれない。老化に影響を与える要因は遺伝子や環境などさまざまだが、すでに老化を食い止めるいくつかの技術が開発されている。 □母親の遺伝子が寿命を決める!?老化の詳細なメカニズムはいまだ明らかにされていないが、多くの科学者が、老化は髪の色や身長などと同様に、遺伝子に組み込まれた一つのプログラムだと信じている。 老化に遺伝子が関わることを支持する一例として、スウ [続きを読む]
  • 旅行中の「胃腸トラブル」 野菜・フルーツ・水分で対策を!
  • 懐かしの故郷への帰省、そして初めての土地での新しい経験。目的地までの距離がどれだけ長くとも、これから体験することを思えば、その移動すら楽しく思えてくるから不思議だ。 しかし、旅行中はいつもの習慣から離れることによるストレス、空の旅では時差のある地域間を移動するなど、さまざまな要因により下痢や便秘などの胃腸トラブルが発生し、帰宅後もそれが続きやすくなるという。 □旅行中・旅行後の胃腸トラブルを調査 米 [続きを読む]
  • 不眠の寝る前ケア 自律神経を整えるアニマルストレッチ
  • 多くの方が悩みを抱える不眠。寝付けない、途中で目が覚めてしまうなど、不眠の悩みも様々です。いろいろな不眠対策をしてもなかなか良くならない方は、もしかしたら自律神経の乱れが原因として潜んでいるのかもしれません。 仕事や対人関係などで日々ストレスにさらされがちな方は、寝る前まで仕事や考え事などで頭が熱くなり、自律神経の交感神経系が刺激される傾向にあります。寝る前にきちんとうっとり(=リラックス)する時 [続きを読む]
  • 面倒な食事制限なしでも「改善」 クルミ食べるとこんなに良い事
  • 酒のつまみとして最近、もてはやされるナッツ類。中でもクルミはふくよかな香りとおいしさで人気は高いが、カロリーが高いのが難点で「ダイエットの敵」と思われがちだった。スペインのロマ・リンダ大学のチームが、高齢者がクルミを食べると、特に面倒な食事制限をしなくてもコレステロール値を改善できるという研究をまとめ、2016年4月、米サンディエゴ市で開かれた米国実験生物学会で発表した。太ると思われていたのに、血液が [続きを読む]
  • あなたは短時間睡眠でOK? 早起きできないのは遺伝子のせいかも
  • 健康のため、「7時間睡眠」や「早起き」を心掛けようとも、なぜかなかなか続かない……。原因は怠惰な心ではなく、遺伝子が関係しているのかもしれない。 冬季うつ病や不眠症などの睡眠トラブルから、短時間睡眠や早起きなどの習慣まで、遺伝子は睡眠にさまざまな影響を与えているという。 □7時間以下でOKなのは特殊なケース成人の場合、本来ならば1日7時間の睡眠が理想とされているが、毎日数時間の睡眠で健康を保つことができる [続きを読む]
  • 「メイクでは、美人度が2%しかアップしない」ってホント?
  • キレイは、いくつになっても女性の永遠の憧れ。そのために毎日せっせと鏡に向かっているアナタにショックな研究成果が2つある。1つはメイクをしても「美人度が上がるのはたった2%」、もう1つは、男性はアナタの努力とは裏腹に、限りなくスッピンに近い女性の顔を好むというのだ。ファッションや姿かたちなど様々な要因の影響 この2つの研究をまとめたのは英バンゴール大学のアレックス・ジョーンズ教授。1つ目は2015年1月、知覚心 [続きを読む]
  • スマホで音楽を聞きすぎると難聴になるってホント?
  • 「シャカシャカ、シャカシャカ♪」と電車の中でスマートフォンから漏れてくる音楽。周囲は不愉快だが、気持ちよく聞いている本人にとっても不愉快な運命が待っているかもしれない。スマホで高い音量の音楽を聞きすぎた結果、難聴になる若者が急増しているのだ。うるさい音楽で難聴になる若者が世界で11億人! 2015年2月27日、世界保健機関(WHO)が次のような声明を発表し、長時間、高い音量の音楽をスマホなどで聞くことに警鐘を [続きを読む]
  • 「睡眠不足自慢=仕事遅い・不幸せ?」 時代遅れの自慢バナシ
  • 「昨日は徹夜をした」「睡眠時間は毎日5時間」など自分の睡眠不足を話題にすることはよく見かける光景である。自分の睡眠不足を自慢気に語る人がいるのも現代社会を象徴するかのようだ。 しかし、ちょっと待ってほしい。睡眠不足は誇らしいものではないはずだ。人生の質を良くするのは、睡眠そのものなのだから。 □多忙を極める現代社会の落とし穴 社会構造が複雑化し、現代人の生活はますます忙しくなっている。1日24時間は誰に [続きを読む]
  • 母性本能? 母イヌが子ネコにお乳をあげるのはなぜ?
  • たまに、イヌが子ネコにお乳をあげたり、逆にネコが子イヌにお乳をあげたりといった異種間の子育てが見られたりします。かわいらしくて見ていると思わず笑顔になってしまう光景ですが、この異種間子育てはなぜ起こるのでしょうか? ■愛情には共通のメカニズムがある!?まず上野動物園に取材しましたが「なぜ異種間の授乳・子育てが起こるのか科学的な理由は分からない。ただ、そこに愛情があると思うのは人間の解釈です。人間もイヌ [続きを読む]
  • セルフメディケーションについて、教えてください
  • 「セルフメディケーション」という言葉を聞く機会が増えました。 なんとなく文字から意味はわかりそうな気がしますが、具体的にどんなことか説明できません。 今回はこのセルフメディケーションについて、薬剤師の吉澤先生に聞きました。Q.セルフメディケーションとはどういうものでしょうか。セルフメディケーションは、自己治療を意味します。 自分自身で健康を管理し、自己責任のもと、自分の判断でOTC医薬品(市販薬)やサプリ [続きを読む]