大串博志 さん プロフィール

  •  
大串博志さん: 大串ひろしブログ・民主党 衆議院議員
ハンドル名大串博志 さん
ブログタイトル大串ひろしブログ・民主党 衆議院議員
ブログURLhttp://oogushi.ldblog.jp/
サイト紹介文衆議員議員 大串博志(民主党)のオフィシャルブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/03/04 15:24

大串博志 さんのブログ記事

  • 第1回民進党佐賀県連定期大会
  • 第1回の民進党佐賀県連定期大会を開催しました。蓮舫代表にも駆けつけてもらっての大会。盛り上がりました。特に今回の定期大会の位置付けのとしては、常在戦場の衆議院選を勝ち抜くこと、さらには今後数多く到来する地方選を勝ち抜くこと、ここにあります。その思いは共有できたのではないかと思います。みんなで頑張るぞ! [続きを読む]
  • 女性宮家に関する附帯決議等をめぐる議論
  • 天皇退位に関する法案がまとまり、今後どのような審議になっていくか。今その審議のあり方を議論していますが、同時に残された課題としての、女性宮家創設等に関する附帯決議の文言などについても各党間で検討しています。私たちからは、女性宮家の創設についての検討を期限を区切って行うべしという内容の附帯決議案を示しました。これに対して与党側から今日返ってきた案は、女性宮家には言及のない案。私たちの考えとは大きな隔 [続きを読む]
  • 前川前次官の主張に、真実を見た
  • 加計学園の問題について、「総理のご意向」と記された政府文書とされるものの存在、不存在について、今日、前文科事務次官の前川氏が記者会見し、その文書は「あった」と指摘しました。 先週金曜日に、私の目から見ると極めていい加減な調査の上、松野文科大臣が「確認できなかった」と発表し、菅官房長官も即座にその存在を否定していましたが、今日の前川氏の記者会見内容はそれとは真っ向から食い違うもの。 真実を述 [続きを読む]
  • 連合との意見交換
  • 国会開会中に定例的に行なっている、連合本部、我が党幹部間の意見交換会を今朝行いました。現下の国会情勢、今後の選挙対策、そして私の担当では党としての政策論議の状況について報告しながら意見交換をしました。野党連携やエネルギー政策などをめぐって、報道などでは「すきま風か」などと書かれたりすることもありますが、長年連合の皆さんと一緒に政策論議をし、ともに選挙を戦ってきた私たちとしては、色んなことはあっても [続きを読む]
  • 共謀罪法案、続く重要法案
  • 共謀罪法案について、今日の衆議院本会議は、与党の強行的な運営の中で開催され与党多数のもとで可決されました。私たちは審議を拒否することなくしっかりと反対の討論をし、意思表示をしましたが、最後の本会議まで与党の数の横暴による強行運営であったことには強い憤りをおぼえます。共謀罪法案は今後参議院での審議に移りますが、参議院でも法案の問題点を徹底的に指摘して廃案に追い込んでいきたいと思います。一方で、今日の [続きを読む]
  • 共謀罪・・国連特別報告者に抗議する不可思議
  • 共謀罪法案に対して、国連特別報告者ケナタッチ氏は、懸念を示す書簡を日本政府に対して送りました。菅官房長官によると、政府としてこれに抗議をしたとのこと。 我が党はもともと共謀罪法案について、国際犯罪防止条約を締結するためには共謀罪法案のような一般法を作らずとも十分可能と考えています。条約にも、「国内法の基本に沿って」という条文がしっかり書き込まれていますから。 政府は「いやいや、共謀罪法案を [続きを読む]
  • 天皇退位問題の議論の結論をどう得ていくか
  • 天皇退位にかかる法案については、明後日の「次の内閣」で党としての方針をある程度確認して、さらに各党間での協議を続けていかなければなりません。我が党としては、女性宮家にかかる検討を期限を区切って答えを出していくことが重要だと思っています。与党側は違う考えのようですが。天皇退位の問題は、政治的な論争の中に入れるべきではありません。しかし、党としての考えを主張すべきは主張すべきだと考えます。そのバランス [続きを読む]
  • 意味なし、松野文科大臣記者会見
  • 昨日の、加計学園関係の文書の存否に関する松野文科大臣の記者会見は全く説得力なし。チョロチョロと省内調査をして、「そんなものはなかった」と結論ありきの内容で、評価にすら値しません。関係職員にも聞き取りをしたと言いますが、ほんの数名。しかも、そこにも「総理官邸に都合の悪いことは言えない」といった、極めて分かりやすい「忖度」が働いたんだろうと、誰しも思います。そんなことも意に介さず、しゃあしゃあと「なか [続きを読む]
  • 共謀罪法案、強行採決
  • 思い返してみると、こんなひどい法案審議は他にあっただろうか?共謀罪法案についてです。今日安倍政権は、数を頼んだ強行採決で衆議院における委員会審議を打ち切りました。共謀罪法案については、今国会冒頭から、つまり法案が提出される前から、そもそもこのような国民の内心を監視して罰するような法律が本当に必要なのかという観点から、予算委員会等で激しい議論となりました。その途中で、金田法務大臣は何度も答弁に行き詰 [続きを読む]
  • 天皇退位問題における各党間の「つめ」
  • 天皇退位の法整備について、我が党は明日、法案についての二回目の議員間討議を行います。 各党間での議論を行いながらここまで来ましたが、全ての論点が各党間でおさまった上で法案となっているわけではありません。付帯決議をどう書くかについて与野党間でこれから議論をつめなければならない「女性宮家」の問題もあれば、その他にも、しっかり国会で議論をしながら答弁で確認していかなければならない論点もあります。&nbs [続きを読む]
  • 加計学園問題でも「忖度」か
  • 加計学園に対する、国家戦略特区としての獣医学部新設は、「総理のご意向」で可能となったのか。今朝の朝日新聞報道を受けて、今日この点は国会でも取り上げられました。政府側からは明らかな答弁は出てきませんが、今日の報道でもあった文部科学省で作ったと思われるペーパー、私も直接見ましたが、いかにも役所が作りそうなペーパーであり、そこには「総理のご意向」と明らかに書かれており、役所側の「忖度」が、強く推認されま [続きを読む]
  • 天皇退位に関する法律の取り扱い
  • 天皇の退位にかかる課題について、今法案要綱が各党との話し合いも踏まえて作成され、我が党でも議論をしています。 また、法案を議論する場が、衆議院では議院運営委員会、参議院では特別委員会という方向も見えてきました。 現在の法案要綱が、実際の法案になる中で我が党としてもしっかり議論していきたいと思います。 ただ、法案要綱にいたる過程では各党が密に議論をしながらまとめてきました。ところが実際の [続きを読む]
  • サイバー攻撃の脅威
  • 100カ国に及ぶサイバー攻撃は衝撃的でした。この広域的な被害。しかしこれを見て思うのは、世界の平和と安全に対する危機は何かと。いとも簡単に仕掛けられるこれほど大規模なサイバー攻撃。もちろん北朝鮮の核実験、ミサイル発射も非常に憂慮されます。しかし現代においてはサイバー上の攻撃を有効に仕掛けられたら、例えば世界一の装備を誇る米国の軍隊でさえ非常に厳しい状態に陥るのではないかと。現代の真の危機はここにあり [続きを読む]
  • 都議選と憲法改正を同一視するのか
  • 安倍総理が突然言い出した憲法9条改正問題に関して、昨日報道番組に一緒に出演した下村自民党幹事長代行が、都議選を勝たなければ憲法改正にも影響すると発言しています。これには大変驚きました。都議選はあくまで都政の今後を決めていくもの。国政の課題、ましては憲法改正の議論は無関係です。これをあえて関係があると言うのは、とにかく選挙に勝って数で勝ればいいじゃないかという安倍総理の強行路線そのものです。地方選と [続きを読む]
  • 9条改正に緊急性はあるのか
  • BSフジの、「プライムニュース」に出演しました。私の他、自民、公明、維新という参加者でしたが、安倍総理の先の憲法9条改正発言に、自民や公明から、「この改正は緊急性がある」との発言が続いたのは驚きでした。もちろん、今の自衛隊、そして自衛隊の皆さんが身を賭して我が国の安全を守ってくれている存在であり、災害などの際にも献身的に復興復旧に力を注いでくれていることには、私も大変感謝し、深い敬意を抱いています。 [続きを読む]
  • 9条改憲論VS解散権制限論
  • 安倍総理の突然の憲法9条改正論に、自民党内からも、岸田外務大臣をはじめ異論が出ています。私は常識的な判断だと思います。 自民党内でさえ、しかも、安倍内閣の重要閣僚との間でさえ、議論がまとまっていない中で、私たちに対して「民進党においても提案を出してもらって」などと、安倍総理はよく言えたものです。 例えば、憲法に規定されている総理大臣による衆議院の解散権について、内閣不信任案可決の場合以外に [続きを読む]
  • 共謀罪法案にかわる個別的法整備
  • 共謀罪法案については、明後日金曜日からまた審議が衆議院法務委員会で進みます。私たちはそもそも、国際組織犯罪防止条約締結のためには、共謀罪法案のような一般的な法整備は必要ない、仮に必要なものがあるとしても個別的に法整備をすることが適切とのスタンスです。その上で、個別な法整備の具体化として、私たちとしては、航空保安法の強化、組織的詐欺・人身売買についての予備罪の整備を提案していきたいと思います。明日の [続きを読む]
  • 憲法9条についての安倍総理の考え
  • 安倍総理は昨日の衆議院予算委員会で、長妻議員から憲法改正についての自身の発言について問われた際、全く答えず、それどころか「読売新聞を熟読してくれ」などと発言しました。これは全くもって言語道断。 その一方で、今日は共産党の小池書記長から具体的に憲法9条改正について問われた際、それなりにつっこんだ答弁をしていました。これに私はやや驚きましたが、今日の安倍総理の答弁をきっかけに、憲法9条に自衛隊を位 [続きを読む]
  • 安倍総理の「二枚舌」に心底驚きました
  • 安倍総理の今日の衆議院予算委員会での、憲法問題に関する答弁には驚きました。5月3日にはあれだけはっきりと、憲法9条改正、期限は2020年施行と主張しながら、今日の予算委員会で問われたら、「あれは自民党総裁選として言ったのであって、今は総理としてここに立っているから答えられません」と。こんな不誠実な二枚舌、許されるわけがありません。ましていわんや、国民の生活の根本を決める憲法の問題に関して、こんないい加減 [続きを読む]
  • 論点の多い予算委員会集中審議
  • 明日は衆議院予算委員会、そして明後日は参議院予算委員会での集中審議です。最近の大臣他政務三役の不適切な言動に見られる安倍政権の「緩み・おごり」、北朝鮮情勢、森友学園問題、共謀罪、さらには安倍総理自身が訴えた憲法改正問題など、取り上げるべき課題が大変多くあります。明日質疑予定の長妻筆頭理事や、明後日の予定の蓮舫代表らとも相談しながら質疑の内容を固めていっています。特に憲法改正問題は、安倍総理自身がわ [続きを読む]
  • アジア開発銀行に期待するところ大
  • アジア開発銀行(ADB)の年次総会が横浜で開催されています。最近は何かと中国が主導して設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)が注目を浴びていますが、私はもっともっとアジア開発銀行には頑張ってもらいたいと思います。もともとアジア開発銀行は、日本がかなり主体的な関わりをもって設立された公的投資を行うための開発銀行です。本拠地こそフィリピンのマニラにありますが、総裁は歴代、日本から輩出してきています。銀 [続きを読む]
  • 新たに憲法上位置付ける自衛隊は集団的自衛権を行使するのか
  • 安倍総理が言い出した、憲法9条1項、2項をそのままにしながら、自衛隊を憲法に位置付ける新たな規定を置く、という考え方にさらに一言。具体的に考えて、どのような内容の規定とすることを安倍総理は考えているのか。すなわち自衛隊をどのような任務を帯びるものとし位置付けようとしているのか。例えば、集団的自衛権はどうか。新しく位置付けられる自衛隊は集団的自衛権を行使するのか。安倍総理は、集団的自衛権を憲法解釈の変 [続きを読む]
  • 総理主導の改憲論議自体が誤り
  • 昨日の安倍総理の憲法改正に関するインタビュー報道、そして発言に対してもう一言。これまでも安倍総理は、改憲派の集会などに行った時に、改憲に向けて具体的な条項も含めて威勢よく意欲を語りながら、その後国会で真意を問われると「国会で議論をして欲しい」と言葉を濁すということを繰り返して来ました。また、自民党の改憲草案について国会で見解を問われた際にも、何度問われても「私は総理大臣の立場なので言えない、憲法審 [続きを読む]
  • 安倍総理の権力維持のための改憲論議か
  • 憲法記念日の今日、各地で憲法を考える集会が開催されました。そして今日の新聞朝刊に、安倍総理のインタビュー記事があり、安倍総理としては2020年に新憲法を施行できるようにしたい、その際には憲法9条に自衛隊に関する規定を書き込む形で改正することを目指したいと述べていました。私はこれを見て、安倍総理は総理としての自分の「レガシー」作りのために、憲法改正の議論を弄んでるように思えました。そもそも振り返って見る [続きを読む]