とっかり さん プロフィール

  •  
とっかりさん: 子宮筋腫の症状と治療
ハンドル名とっかり さん
ブログタイトル子宮筋腫の症状と治療
ブログURLhttp://aboutshikyukinsyu.blog.fc2.com/
サイト紹介文子宮筋腫の症状や治療方法、改善方法について紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/03/11 18:28

とっかり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • プレ更年期の冷えが続く
  • プレ更年期によるものと思える冷えが続いています。とくに足の冷えがひどいです。お風呂に入って温まっても冷えています。足先を触ると、まるで氷のような冷たさです。更年期が近づくにつれて女性ホルモンが減少するのは子宮筋腫が大きくなるのを防いでくれるのでよいのですが、他の不調がいろいろと出てきて困っています。 [続きを読む]
  • 更年期と冷え
  • ホルモンバランスが乱れると、女性のからだにはいろいろな症状が現れます。冷えもそのひとつです。わたしはもともと冷え性でしたが、ここ半年くらいはさらに悪化しています。とくに足が冷えて冷えて仕方ありません。いままではお風呂に入ると足の冷えが一時的に改善しましたが、いまはお風呂に入っても冷えたままです。足が冷えると寝つきも悪くなるので、就寝前にはストーブなどで足を暖めてから床に就きます。更年期の諸症状がい [続きを読む]
  • 更年期と腰痛
  • ここ数か月、腰痛に悩まされています。慢性的な痛みがあります。日常生活は何とかできているものの、重いものを持ったりすると、後から痛みが倍増します。腰痛について調べていると、更年期とも関係があることがわかりました。更年期障害の症状で、腰痛があるそうです。わたしのこの腰痛は、プレ更年期が原因なのかもしれません。そうなると、本格的な更年期が始まると、腰痛が悪化するのでは…と子宮筋腫の悩みの他に新たな悩みも [続きを読む]
  • 大豆製品再び中止に
  • プレ更年期に入ったみたいなので、大好きなお豆腐などの大豆製品を再び食べ始めました。ご存じ、大豆には女性ホルモンに似た作用のある大豆イソフラボンが含まれています。女性ホルモンが少ない人が進んで摂取した方がよいものが、豆腐や豆乳などの大豆製品です。逆に、子宮筋腫の方は女性ホルモンが多いので、大豆製品は避けた方がよいといわれています。わたしも数年の間、大豆製品を食べないようにしていましたが、ここ最近食べ [続きを読む]
  • 大豆製品を解禁したものの・・・
  • プレ更年期のような体調が続いていたので、大豆製品を解禁しました。大好きなお豆腐をはじめ、大豆製品を食べ始めていきました。すると・・・。大豆製品摂取と関係あるのか、朝に軽い下腹部痛を感じる日が増えてきました。大豆製品摂取前は、そんなことはなかったのですが。プレ更年期で女性ホルモンが減少していくであろうと推測したのは、時期尚早だったのでしょうか。大豆製品解禁は、もう少し様子を見た方がよいのかもしれませ [続きを読む]
  • 女性ホルモンが減っているだろうから
  • プレ更年期のような体調が続いています。年齢的にも該当しているので、プレ更年期で間違いないと思います。更年期になると、女性ホルモンが減りますよね。子宮筋腫は女性ホルモンが原因とされています。女性ホルモンが多いと、子宮筋腫も悪化してしまいます。プレ更年期となると、これから女性ホルモンは減少していきます。というわけで、ここ数年大豆製品を食べないようにしていたのをやめてもいいかな?と思っています。ちなみに [続きを読む]
  • プレ更年期が続いている
  • 今年に入ってから、プレ更年期のような体調が続いています。生理周期が乱れがちになってきました。もともと生理不順ではありましたが、今の方が若いころよりも不順になっています。そのうえ、人間関係でストレスが溜まる状況に陥っているので、生理不順に拍車をかけているようにも思えます。そして、更年期とは別問題で、老眼が始まってしまいました。老眼が始まるまでの視力はとてもよかったので(両眼とも裸眼で常に1.0以上でし [続きを読む]
  • 夏の冷えと下腹部痛
  • 毎年、夏になると、下腹部痛が他の季節よりもよく起こるようになります。以前、婦人科の医師にそのことを相談すると、それは冷房でからだが冷えてしまっているせいだと指摘されました。言われてみれば、そうかもしれません。寒い冬は体を温めよう、温めようとしますが、夏は逆ですもんね。冷房が効いている部屋では、足先が冷たかったりしますし。夏に下腹部痛を起こさないためにも、冷房の温度調整は大切ですね。それから、つい冷 [続きを読む]
  • プレ更年期?
  • ここ半年くらい、イライラしたり、眠れなかったりする日が増えたように思えます。生理周期にも少し乱れが出ています。もしかして、これがプレ更年期というものなのかもしれませんね。ただ、プレ更年期は更年期とは違い、卵巣機能の老化が原因ではないようです。老化とまではいかなくても、緩やかに卵巣機能は低下している状態です。そして、日ごろから溜まっているストレスなどが合わさって、プレ更年期を起こしているそうです。 [続きを読む]
  • 子宮筋腫と更年期
  • 更年期にさしかかっている知人がいます。今まで順調だった生理周期が更年期が近づくにつれ、乱れているそうです。生理周期は短くなったというよりも長くなっているようです。また、汗をかきやすくなったうえ、のぼせやすくもなっているそうです。その知人は子宮筋腫を持っていますが特に症状が出ていないので、ずっと放置しているそうです。子宮筋腫と更年期。つらい更年期をクリアできれば、女性ホルモンの減少に伴って子宮筋腫 [続きを読む]
  • 子宮筋腫で手術を必要とする率
  • 子宮筋腫は、30歳以上の女性の約20%が持っているといわれています。30歳以上の女性の5人に1人という、実に高い割合ですね。しかも、自覚症状がない場合も多く、自分自身が子宮筋腫持ちであることを知らない人もいます。子宮がん検診などのついでに見つかるというケースも少なくありません。そして、子宮筋腫を持っている女性のなかで、実際に症状が出たり、手術を必要とされるのは、約1〜2%のようです。子宮筋腫を持っている女 [続きを読む]
  • 診療報酬改定メモ
  • 子宮筋腫の経過観察中で、定期的に婦人科へ通院しています。通院のたびに、下腹部痛や生理痛を緩和させてくれる桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方などを処方してもらっています。婦人科で会計を済ませたあと、隣接している調剤薬局で薬を出してもらっています。さて、2016年4月から診療報酬の改定が始まりました。この改定により、おくすり手帳を持っている人は、薬を処方してもらう時に手帳を持参した方が薬代が少し [続きを読む]
  • 子宮筋腫と肌
  • 子宮筋腫を悪化させないために、大豆製品を食べないようにしています。ご存知、大豆には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。子宮筋腫は女性ホルモンと密接な関係にあるので、子宮筋腫を大きくさせないためには大豆製品は避けた方がよいのです。しかし、その半面、女性ホルモンは美肌にも関係しています。女性ホルモンが多ければ、肌もきれいになる傾向にあります。大豆製品断ちをして、5年くらいの [続きを読む]
  • 子宮筋腫と大豆イソフラボン
  • 知人から大豆イソフラボンを摂取することをすすめられました。その知り合いは年齢のわりに肌がとてもきれいなので、美容のアドバイスを尋ねたところ、大豆イソフラボン含有のサプリメントをすすめてくれたわけです。しかし、私は子宮筋腫の経過観察中。医師からも豆腐などの大豆製品はできる限り食べない方がよいと言われています。そういうわけで、肌によいとされる大豆イソフラボンは避けなければなりません。美肌のために摂取 [続きを読む]
  • 手術をするかしないか
  • 知人が子宮筋腫の手術をするかしないかで迷っているそうです。大きさは6センチ弱で、筋層内筋腫とのことです。生理2日目の経血量が多く、痛みもけっこう強いみたいです。2日目以外は、がまんのできる程度のようです。本人は、手術の微妙なボーダーラインだと言っています。あと5年くらいで閉経になるだろうし、そこまで待つべきか悩んでいるそうです。子宮筋腫の手術を受けるか受けないかは、日常生活に支障をきたすほどの経血量 [続きを読む]
  • 子宮筋腫と生理周期
  • 子宮筋腫のおもな症状に、頻発月経があります。頻発月経とは月経周期が短くて、25日未満で繰り返すことをいいます。私は生理が不順な方です。決まって後の方へずれます。前の方にずれこむことはめったにありませんでした。しかし、ここ半年くらいは毎回、前の方にずれています。それ以前は平均すると、33日周期でしたが、この半年間は28日周期になりました。定期通院している婦人科の医師に相談してみましたが、他に目立った症状 [続きを読む]
  • 子宮筋腫と食事制限のストレス
  • 子宮筋腫を大きくさせないために、大豆製品断ちをここ数年続けています。大豆には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれているため、子宮筋腫持ちの人は食べない方がよいとされています。子宮筋腫は女性ホルモンによって発達してしまいますからね。とはいえ、日本の食卓は大豆製品を数多く使っているので、これが厄介です。豆腐や味噌汁、甘いもの系では餡子を使ったものを避けるようにしています。豆乳も飲まないよ [続きを読む]
  • 子宮筋腫の大きさの測り方
  • 先日、経過観察中の子宮筋腫のため、通院しました。こちらのクリニックでは、半年おきに内診で子宮筋腫の大きさを測ります。前回の内診から半年が過ぎていたので、今回は内診となりました。測った結果、大きさは29ミリでした。前回とほとんど変化がなく、引き続き経過観察となりました。以前通院していたクリニックでは、お腹の上から超音波で子宮筋腫の大きさを測りました。そのクリニックでは、子宮筋腫の大きさは50ミリ〜60ミ [続きを読む]
  • 子宮筋腫の経過観察中に思うこと
  • 子宮筋腫の経過観察が4年以上続いています。子宮筋腫の症状でよくみられる強い月経痛や経血量の多さなどの症状はなく、日常生活に支障なく過ごせています。そういうわけで、ふつうに生活をおくれているせいもあり、最近では通院することを億劫に感じています。症状が表れたら再び通院すればいいのでは・・・と思ってしまうこともあります。しかし、それは自分のからだによいことではありませんね。面倒ではありますが、近いうちに [続きを読む]
  • 子宮筋腫は昔からあった
  • 30歳以上の女性のおよそ4人に1人が持っているといわれている子宮筋腫。最も持っている年齢層は、40代だともいわれています。それだけ、子宮筋腫は誰にでもありえる病気なのです。昔から多くの女性達は、子宮筋腫に悩まされていました。しかし、今のように医学が進歩していなかったので、子宮筋腫と気付かずに一生を終えた人も少なくありません。子宮筋腫とは知らずに、単に毎月の生理が重くてつらいと思っていたのではないでしょ [続きを読む]
  • 閉経後の子宮筋腫の治療
  • 30歳以上の女性が10人集まっていたとします。そのうちの2〜3人は、子宮筋腫を持っているともいわれているくらい、子宮筋腫は多くの女性の悩みでもあります。強い痛みや過多月経など、日常生活に支障をきたしていなければ、または妊娠を望んでいなければ、多くのケースは経過観察で済みます。閉経後に子宮筋腫の治療をした人が、私の周りに何人かいます。閉経後ということもあり、全員が全員、子宮全摘術を受けました。閉経後に子 [続きを読む]
  • 過去の記事 …