Kiri さん プロフィール

  •  
Kiriさん: プロ家庭教師のKiri
ハンドル名Kiri さん
ブログタイトルプロ家庭教師のKiri
ブログURLhttp://ameblo.jp/protutor-kiri/
サイト紹介文奈良・大阪での、個人契約、大学受験、高校受験、数学、プロ家庭教師は、Kiriの指導!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/03/05 00:00

Kiri さんのブログ記事

  • 親の愛情
  • 先日、国公立の前期の結果が出そろいましたね。 息子3人を東大理Ⅲに合格させた佐藤涼子さんは、今年なんと娘も東大理Ⅲに合格させたそうです。厳しい理系の国公立受験の中でも、東大理Ⅲと京大医学部は別格です。それにもかかわらず、4人全員が東大理Ⅲって、本当にすごいですね・・・。ありえないです。 早速、頑張ったのは本人だとか、結局は遺伝子だとかいうコメントをしている方々がいますが、それだけで全員東大 [続きを読む]
  • チャートかフォーカスゴールドか②
  • 随分前に書いた「チャートかフォーカスゴールドか」という記事をご覧の方が比較的多いようなので、2つ目を書いてみたいと思います。 青チャートがメジャーであることに変わりはないですが、一方でフォーカスゴールドを採用する進学校が徐々に増えている気がします。 フォーカスゴールドは、青チャートと比較して難易度の高いものが多いです。数列なんかは終盤あたりで、東大・京大の問題や、それに匹敵するレベルの問題 [続きを読む]
  • 岡山大学の数学
  • いよいよ明日が国公立の入試ですね。今日は受験生は移動日の方が多いのではないでしょうか。 本番で大事なことは、覚悟を決めることです。駄目なときは駄目と腹をくくり、特別なことはせず、解ける問題から解く、やれることをやる。 頑張ってください。 今回は医学部設置の岡山大学の数学について書きます。 岡山大学の数学は、120分で大問4つ。 岡山大学の数学の特徴は、難易度が非常に易しいこと [続きを読む]
  • 滋賀医科大学の数学
  • いよいよ国公立の前期入試があと1週間ほどに迫りました。今回は医学部の単科大学の1つ、滋賀医科大学の数学について書きたいと思います。 滋賀医科大学の数学は、120分で大問4つ。2010年までは5つありましたが、2011年から4つになりました。 完全記述式です。おそらくですが、基本的に大問1つあたり、A4サイズの用紙の表面に解答を書かなければいけません。裏は下書きと書かれています。ボリュームの割にかなりせまい [続きを読む]
  • 国際医療福祉大学(医学部) 正規合格!
  • 数日前、「国際医療福祉大学(医学部) 一次合格!」で紹介した生徒ですが、先週に2次の面接を終え、 昨日合格発表がありました。 結果は、見事 合格でした! これで彼女は、医学部の道に進めることが決定しました。 本当にホッとしました。 本人分析だと当日の出来具合が良くなかったようでした。 数学はできたけど、化学がかなり難しかったとか。& [続きを読む]
  • 大阪医科大学の数学
  • 大阪医科大学は2/11(土)に1次試験があります。 大阪医科大学の数学は、100分で大問5つ。穴埋めは一切なく、完全記述式です。 1題20分しか取れず、しかも完全記述ということで、時間制約は相当に厳しいテストになっています。 ですが、この大学の良いところは難易度がちょうどよいものだけで構成されていることです。超難問・奇問といった類のものはなく、かといって定番すぎる簡単な問題のものも少ない。計算に関 [続きを読む]
  • 国際医療福祉大学(医学部) 一次合格!
  • 本日、国際医療福祉大学の医学部に1次試験を無事通過したとの連絡が入りました!生徒は1浪の女の子で、Nさんとしておきます。 国際医療福祉大学は、今年度から医学部が新設されます。こちらの医学部の注目は、何と言っても、6年間で1800万程度という学費です。 慶應の医学部よりも安い、つまりは私立の中で最安の学費ということになります。1800万であれば、一般家庭でも払えないというほどの金額ではありません。Nさ [続きを読む]
  • 関西医科大学の数学
  • 私立の医学部の入試がぼちぼちと始まってきており、すでに、近大や今年開設の国際福祉医療大学などは1次試験が実施されました。 関西医科大学は、1/28(土)に1次試験があります。 関西医科大学の数学は、90分で大問4つ。2012年までは一部記述もありましたが、2013年以降は完全に穴埋めのみになっているようです。 私立の医学部らしく、時間制約がかなり厳しめの試験です。 大問1は小問集合で、たまに標準レ [続きを読む]
  • 中学受験プロ講師(九州の虎先生)のご紹介
  • 本日から当ブログで、中学受験指導を希望のご家庭も募集することにしました。 担当は私ではなく、私の知り合いの講師「九州の虎」先生をご紹介させていただく形となります。 九州の虎先生は、浜学園,日能研,馬渕教室の元講師です。 進学実績は、灘中学,東大寺学園中学,甲陽学院中学,大阪星光学院中学,西大和学園中学,洛南高校附属中学,四天王寺中学,清風南海中学,白陵中学,須磨学園中学 など。&n [続きを読む]
  • センター数学2017の分析(ⅡB)
  • ⅡBの分析です。 ここのところ難しい続きのⅡBでしたが、今年で明らかに易化しました。時間は相変わらず厳しいですが、難易度的に厳しい問題というのは1つもなかったと思います。昨年で平均47くらいなので、今年は平均50台にのるのはほぼ間違いなさそう。50後半もありえます。 第1問 (三角関数、指数対数)特筆すべきところがありません。誘導も親切で、全部簡単でした。最後の常用対数の値で手間どる子がいるかなぁ [続きを読む]
  • センター数学2017の分析(ⅠA)
  • 早速解きました。 今年のⅠAの特徴は、必答問題が易化し,選択問題がやや難化したことです。必答問題の方が配点が高いので、全体としては易化したと言えそうです。昨年の平均が55くらいなので、今年は60くらい? 第1問 (数と式、2次関数)[2](1)の命題の必要十分条件のところは、問い方が色々ある割におもしろみのない解答で、何か裏があるのかと勘ぐってしまいそうです。[3]の2次関数の頂点のy座標の最小値で、tの [続きを読む]
  • センター数学 心構え
  • 明けましておめでとうございます。新年が明け、そしてセンター試験が目前に迫っています。 毎年書いていますが、センター数学で絶対に守ってほしいことは 「詰まったら飛ばせ!」 です。今年の受験生にもすでに何回も言っています。 時間に余裕のないセンター数学では、1つの問題にこだわればあっという間に時間がなくなります。時間がなくなると、解き方が雑になり、正解するはずの問題もミスをしたり、パニッ [続きを読む]
  • 医学部の厳しい現実
  • 2か月ぶりに更新です。かなり忙しくて、授業して帰って,授業準備して,寝ての繰り返しです。こないだ東進の英語の先生に密着した番組を見たんですが、彼らは徹夜で準備をすることも多いそうですね。さすがに徹夜をすると、私の場合、授業に影響が出ますのでやりませんけど、見習って頑張っていかないとなぁと思っています。 さて、ここのところの医学部が異常なほど人気になってきています。ついに、私立の医学部でも最低偏 [続きを読む]
  • 親の力の大きさ
  • よく、「息子・娘を東大に行かせた親は子供をこう育てた」なんていう記事がヤフーなどのネットニュースにあがりますよね。 そこで必ずコメントされるのが、「東大に行けたのは子供が努力したからであって、親の力ではない」というもの。 正論ですが、私はこの意見はほぼほぼ賛同できません。 理由を問われると、ご家庭を沢山見てきて、優秀なご家庭の親が全然違うのを見てきたとしか言い様がないのですが。 &n [続きを読む]
  • 集団の仕組み
  • 久々更新です。気が付けば、2か月くらいブログ放置状態になってしまいました。夏休みは朝〜晩まで授業があって、家帰ったら授業準備という感じで、忙しく過ごしてたのですが、最近ようやく落ち着いてきました。特に今日は台風で、ほぼお休み状態です。また、ぼちぼちと書いていきたいと思います。最近、こんな記事がネットのニュースで上がってたので読みました。名門校進学を巡る裁判が示した、「エスカレーター式」の真実 どん [続きを読む]
  • 東大寺学園と西大和学園⑤
  • 今回は西大和学園を中心に書きます。たまたまですが、今年は西大和の生徒を多く担当しています。西大和の中学部に女子コースができましたが、クラスは1クラスだけのようです。人数が少ないから優秀な子が集まっているのか、女の子はきっちりしている子が多いからなのか分かりませんが、男子と女子のテストの平均点を見ると、女子が圧倒的に上みたいですね。頑張れ男子。あと西大和のシステムが女の子には合っているかもしれません [続きを読む]
  • 受験生はコツコツ、淡々と
  • 期末テストが終了すると、いよいよ夏休み。受験生にとって、非常に大切な時期ですね。ここでどれだけ頑張れるか、どれだけ質の高い勉強ができるかで、合格・不合格が左右すると言っても大げさではありません。自分のできないところをしっかり見極め、そこから逃げないようにしましょう。そして、出来る限りの演習を行いましょう。今日は、一喜一憂タイプの子について書いてみます。一喜一憂する子は、人として付き合う上では感情 [続きを読む]
  • 日々の演習
  • こないだの中間テストで100点の子が出て、喜んでいる私です。進学校で平均60台後半の高校内容のテストですから、難しいとは言えないかもしれませんが、簡単すぎでもないテストです。テストは得点ではないと思いつつも、100点という得点は気持ちいいものだなぁと思いました。もう片方の数学は、かなり平均点が低かったのですが、平均点の倍以上の得点を取るなど抜群の成績を残してくれました。彼に限らず、担当生徒には基本的に、日 [続きを読む]
  • 医学部予備校は必要か
  • 最近、医学部予備校がどんどんできています。医学部予備校とは、主に私立の医学部を目指すご家庭を対象に、非常に高額な授業料をとり、少人数指導で、質の高い指導と、徹底的な生徒管理を行う予備校のことです。メディカルラボ、メビオ、ビッグバンなどが有名です。授業料は予備校によって様々ですが、1年間で大体500万〜800万というびっくりするくらいの金額です。私立医学部の1年分より高いじゃんというツッコミを誰もが入れてい [続きを読む]
  • ペットとの別れ
  • これまで、ブログの記事は徹底して、数学のことや受験の関連に終始してきました。一講師の個人的なことなど書いてもおもしろくないだろうし、自己満足になりがちと考えてきたからです。ただ、今回は受験とは全く関係のない個人的な内容になります。記録として残しておきたいと思ったからです。内容は、タイトルの通りです。長いし、明るい内容でもありませんし、これによって何かを言いたいわけでもありません。自己満足的に書くと [続きを読む]
  • 数学はできるだけ楽に書く
  • 息子3人を東大理Ⅲに合格させた佐藤涼子さんが、何かの番組で末っ子の書き方を小学生のときに矯正したと語っていたことがありました。字を濃く書く癖があったのを、濃く書かないように矯正したということです。理由の1つに消しゴムで消しても跡が残ってしまい、見辛くなってミスを生み出してしまうと言われていました。当時それを見ていて、さすがだなぁと思いました。私は、数学においては字を濃く意味は全くないと思っています [続きを読む]
  • 計算は暗算力より記憶力
  • 暗算力をつけたいからという理由で、計算を頭でじっと考えて行う子がたまにいます。筆算を書くのが面倒だからという側面もあると思いますが、個人的にはこれは良くないことだと思っています。計算で大切にしなければならないことは、できるだけ頭を使わないことです。頭を使うにしても、どのように計算すれば効率的か、本当に合っているかの確認などに使うべきで、単純な計算に頭を使ってはいけません。そんなことをしていると、後 [続きを読む]
  • とにかく解きまくる
  • この間、さんまと東大生40人が出ている番組、「日曜ファミリア・さんまの東大方程式」を見ました。東大生の凄さや悩みなどをVTRで紹介し、超天才的な人や個性的なキャラをした現役東大生たちを、さんまが上手くいじって盛り上げたりします。かなりおもしろかったです。番組のためでしょうけど、非常に偏った東大の方々が多く出演されていて、世間の東大生に対する偏見がますます固定化されそうだなぁと思いました。受験に対するア [続きを読む]
  • ゲームの是非
  • 担当生徒と話をしていると、男子生徒の大半はゲームをしているという話を聞きます。昔から色々悪く言われることの多いゲームではありますが、趣味が多様化している今でも全然プレイ人口が減る気配がありません。ゲームってやらせてもいいのか、やらせない方がいいのか、どちらなんでしょうか。東大卒のプロゲーマーの方が最近記事になっていました。<ゲーム毎日8時間、東大も攻略 プロゲーマーときどさん >中高の頃はゲームに [続きを読む]
  • 体系問題集かプライム数学か
  • 前回と似たような内容で、中高一貫校の中学数学の教材について書いてみます。採用率の高い教材は、体系問題集。数研出版の教材です。標準と発展に分かれていて、進学校では発展編がよく使われています。中学数学の基本的な内容〜標準的な内容、さらに発展的な内容まで幅広く対応しています。問題の配列なども気が利いており、階段が細かく、解答があれば1人でも勉強しやすいと思います。標準的な内容は、全パターンをほぼ網羅して [続きを読む]