Kiri さん プロフィール

  •  
Kiriさん: プロ家庭教師のKiri
ハンドル名Kiri さん
ブログタイトルプロ家庭教師のKiri
ブログURLhttps://ameblo.jp/protutor-kiri/
サイト紹介文奈良・大阪での、個人契約、大学受験、高校受験、数学、プロ家庭教師は、Kiriの指導!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/03/05 00:00

Kiri さんのブログ記事

  • 浪人するなら覚悟をもって
  • 医学部受験は、本当に過酷です。受験生の平均浪人年数は、2.5浪くらい。 この世界にいると普通になってしまっていますが、冷静に考えれば浪人ってすごいことですよね。世間的にはその1年がなかったことになるわけですから。もちろん受かればよいですが、医学部受験の場合は、多浪した末に,あきらめるなんてことはざらにあります。ストレートに言うならば、その数年が世間的にはニートの方々と特に違いがないことになります。 [続きを読む]
  • 河合・駿台の模試
  • お盆に入り、夏休みも半分ほどを終えました。そして、今日は受験生は河合マーク模試です。 同じマーク模試でも、河合模試と駿台模試は難易度が違います。やはり駿台の方が難しいです。 駿台は、駿台単独のものと,駿台ベネッセ共催のものがあります。素直な問題は少なく,何が言いたいのか考えながら解かないと後半は解けないようになっています。また計算力を要する箇所があえて用意されており、誘導が不親切の場面も多いです。 [続きを読む]
  • 計算が苦手な子の共通点
  • 数学ができるためには、3つの力が必要だとブログ開始当初に書きました。①計算力 ②基礎力 ③思考力です。 数学が苦手な子は大抵、①の力、つまり計算力が不足しています。毎年計算力がない子を沢山担当しています。 計算が苦手な子を観察していると、色々な共通点があることが分かります。①全体的に大雑把②集中がこまめに切れる③記憶をしない他も色々ありますが、今回はこの3つにしぼります。 ①作業自体が大雑把であるこ [続きを読む]
  • ゲームの是非②
  • 夏休みが始まっていつにも増して忙しくなり、暑さもあって、さすがに今週は結構疲れましたKiriです(^-^;)そんなわけで今日は授業準備を早々に終わらせてブレイクモードです。昨日、ドラクエ11というゲームが発売になったのでやりこんでます。本格的にゲームをやったのは何年ぶりかというところです。 以前、「ゲームの是非」という記事で、子供にゲームはできるだけやらせない方がよいという記事を書きましたが、今もそのスタン [続きを読む]
  • 受験を通して成長すること
  • 医学部予備校にはチューターとして、アルバイトの医学生の方がいます。 プロと学生は働いている時間帯が違うのと、私も忙しいので、なかなか話ができる機会がありません。ですが、先日国公立の医学部に在学中のお2人と話す機会がありました。 もちろん、人によると言えばそうなのですが、やっぱりすごくしっかりしてる子が多いんですよね。現実をしっかり見ていて、一言では説明しづらい複雑な事情を察しています。大人と話してい [続きを読む]
  • テストの目的
  • 昨日、ある生徒がある模試の結果を持ってきてびっくりしました。模試で全国1位を取ってきたのです(^^;)私立の進学校だけが受ける模試なので まぐれとは言いませんが、偏差値80とかなってて、なんじゃこりゃ・・・と私だけでなく本人も驚いていました。 そんな彼ですが、定期テストの数学では、1つは平均+40でこれまたダントツで良かったのですが、1つは平均−5でコケました。コケた理由はテストの配点が悪かったこと(1つミス [続きを読む]
  • 高校数学ⅠAⅡBⅢの難易度 ②
  • こんにちは。エアコンを買い替えて、スッキリ気分のkiriでございます(´∀`) 前回の「高校数学の難易度 ①」の続きです。 <数学B>①平面ベクトル ②空間ベクトル ③数列 ここからは、本質を理解していることが大前提であり,本質を理解していても難しい内容へ突入していきます。 特にベクトルはこれまでにない新しい内容であり、直感的に捉えられない部分も出てきますので、慣れるまで大変です。空間ベクトルの前半は、平面ベ [続きを読む]
  • 高校数学ⅠAⅡBⅢの難易度 ①
  • こんにちは。この蒸し蒸しして暑い中、エアコンが壊れたkiriでございます(-人-;) 今日は高校数学の私なりの難易度というか、評価というかそういうものを書いてみます。 <数学Ⅰ>①数と式 ②2次関数 ③三角比 ④データの分析 数Ⅰは高校数学の中で最も簡単です。パターン暗記で数学をこなしている子でも、数Ⅰのうちは何とかなる子は多いです。難しいのは、2次関数の後半くらいです。 2次関数は、今後ずっと必要となる重要 [続きを読む]
  • 合格者から学ぶ
  • 医学部予備校で務めていると、チューターの医学生と接する機会があります。なかなかないのですが、チャンスがあれば彼ら,彼女らはどのようにして医学部に合格したのか、その体験談を聞くようにしています。 聞いてみるとやっぱり思うのが、彼らは努力で合格を勝ち取っているということです。 医学部に受かる子って、「頭脳が天才的で結局出来が違うんだろう」って思われがちですよね。そういう側面が全くないとは言いませんが、実 [続きを読む]
  • あなたの本気度は?
  • 受験生にとって6月は、魔の6月と呼ばれるほどの辛い時期です。 気持ち新たに気合いを入れ、4月のうちは何とか頑張りぬける人がほとんどだと思います。 しかし、その気持ちも5月頃から薄れ始めていきます。新鮮な気持ちがなくなり、予備校に通っている浪人生も予備校に慣れ始めます。気温も徐々に上がり、体調がすぐれないこともでてきます。 そして、魔の6月。新鮮な気持ちもすっかりなくなり、予備校にもすっかり慣れ、受験 [続きを読む]
  • 圧倒的感謝
  • 今日はちょっとブレイク記事。たまには自分のことを書いてみようと思います。受験的な内容はなくて、ただの私の過去を書き連ねてるだけの内容です。しかも、やたらに長くなりました(^-^;) 興味ない人はスルーして、下の猫ちゃんたちだけでもご覧ください。 私の指導の売りはズバリ分かりやすさです。生徒から、めちゃめちゃ分かりやすい,初めて意味が分かったなどの評価をもうしょっちゅうもらっています。もはや当たり前になっ [続きを読む]
  • できる子は努力している
  • 現在担当している子の中に、超進学校に関わらずトップ10に入る子がいます。確かに能力はそれなりに高いのですが、天才的というほどではなく、どちらかと言えば秀才タイプです。コツコツと努力して、頑張って結果を出しています。見ていて分かりますが、それほど勉強は好きではありません。 与えられた課題を期日までにこなすことはもちろん、日々,予習と復習をこなし、定期テスト勉強は必ず2週間前から開始し、テスト直前にはき [続きを読む]
  • 集団と個別のデメリット ②
  • 前回の続きです。 今回は個別のデメリットに目を向けてみます。個別はデメリットがないと思われがちですが、そんなことはありません。 ・生徒のペースになりすぎる集団は講師のペースで授業が進んでいきますが、個別はどうしても生徒のペースで進んでいきます。理想は、本人が少ししんどいと思うペースで進むことです。まわりに人の目があると、自然とそうできる部分があるのですが、人の目がないとなかなかそれができません。最悪 [続きを読む]
  • 集団と個別のデメリット ①
  • 5月が間もなく、終わりますね。気温が急激に変化しているからか、体調を崩す子が多くなっています。みなさんもお気をつけください。 今日は、集団指導と個別指導のデメリットに目を向けます。メリットではなく、デメリットのみに、です。短所を把握することによって、それぞれに上手く向き合う方法を見つけられるのではないかと思います。 集団指導のデメリットはほとんどの方が感じられていることだろうと思います。 ・1問あた [続きを読む]
  • テスト本番 速さと冷静さのバランス
  • 先日、高3の河合マーク模試がありました。毎年マーク模試を受けると必ず何人かいるのが、本番に弱いタイプです。そして、このタイプは女の子の割合が非常に高いです。 今年も数人発覚しまして、全員が女の子です(^-^;)もうほとんどは原因が同じで、、速く解こうとしすぎていること、全部解こうとしすぎていることです。 「簡単な問題を速く解いて、分からない問題に時間をかけなきゃ!」「こんな序盤で詰まっていたら全部解けない [続きを読む]
  • 進学校は自由型・面倒見型のどちらがよいか ②
  • 前回の続きです。 個別指導をしている側から見ると、自由型の進学校に通っている子よりも、面倒見型の進学校に通っている子の方が伸びにくいと書きました。 その理由として、拘束時間が長く,演習ができないこと、短い自由時間の中で大量の課題を目の当りにすることによって,自然と勉強の質が落ちる子が多いことなどを挙げました。 後、自由型の進学校の親御様は,鍛えられているケースが多いです。自由型の学校は、自由で時間が [続きを読む]
  • 進学校は自由型・面倒見型のどちらがよいか ①
  • 学校が始まり、1か月が経ちました。この頃になると、新入生は学校に慣れ始め,他学年は新学期開始前の決意も忘れ始め,気が緩む時期になります。 かなり前に進学校、自由型・面倒見型①進学校、自由型・面倒見型②進学校、自由型・面倒見型③という記事を書きました。 中高一貫の進学校は、本当にそれぞれに個性があるのですが、勉強面に関しては主に、自由型と面倒見型の2つに分かれると思っています。 自由型の学校は、東大寺 [続きを読む]
  • 講義では伸びない
  • 学校が始まって、約2週間が経ちました。この2週間の指導は、生徒が休みボケで,学校のペースになかなか慣れず、疲れている子たちが非常に多くて大変でした(^^; 本題ですが、この仕事でずっと前から思っていることは、講義だけで成績が伸びることはほとんどないということです。 説明だけでどの程度理解できるかは、講師の力量や,子供の能力,やる気によって変わってきますが、大抵の場合は10説明しても、10理解することはな [続きを読む]
  • 志望校選び
  • こないだある進学校の生徒から、あるデータを見せてもらいました。そのデータは、卒業生がセンターでどのくらいの点数を取ったか,どの大学のどの学部を受けたか,結果は合格だったか不合格だったかというものです。 国公立医学部のところを見ていると、センター試験が9割なくても合格している人や,逆に9割あっても不合格になっている人など色々いました。 この学校ではないですが、推薦を上手く利用して8割で合格した人なんか [続きを読む]
  • ミーちゃん一周忌
  • 今日は前猫ミーちゃんの命日です。 19年間、一緒に過ごした子です。チロくんやツグちゃんと過ごしている今でも、この子のことは忘れられず、時々思い出します。 特に思い出すのは、亡くなる1週間くらい前のことです。 ミーはもともと構われすぎるのが好きじゃないクールな子でした。寝るときは布団には来るのですが、必ず足元で寝てました。横で寝たり、布団の中に入ったりは、元気な頃でもあまりなかったです。 私の部屋は2階 [続きを読む]
  • 謙虚さを忘れずに
  • 色々な生徒を見ていると、受験に上手くいくタイプ,いかないタイプの違いがどんどん見えてきます。 違いの1つの例として、今ある環境に感謝しているタイプと、当たり前だと思っているタイプです。 我々講師が、質を高めることや,生徒のために色々なフォローをするのはもちろん当たり前です。ご両親が、子供のために色々なサポートをするのは、人によっては当たり前と言われるかもしれません。 しかし上手くいく子 [続きを読む]
  • 目標設定をする
  • もうすぐ新学年ですね。新入生,受験生を中心に、気持ち新たに頑張ろうと思っている人が多いのではないでしょうか。 次の定期テストで○○点取るとか,○○大に合格するとか、色々な目標を設定している方が多いと思います。大きな目標を決めたら、逆算して具体的な目標設定も行っていきましょう。 ○○大に合格するために、○○という参考書をいつまでに仕上げなければいけないのか、そのためには1日あたりどのくらい解 [続きを読む]
  • 親の愛情
  • 先日、国公立の前期の結果が出そろいましたね。 息子3人を東大理Ⅲに合格させた佐藤涼子さんは、今年なんと娘も東大理Ⅲに合格させたそうです。厳しい理系の国公立受験の中でも、東大理Ⅲと京大医学部は別格です。それにもかかわらず、4人全員が東大理Ⅲって、本当にすごいですね・・・。ありえないです。 早速、頑張ったのは本人だとか、結局は遺伝子だとかいうコメントをしている方々がいますが、それだけで全員東大 [続きを読む]
  • チャートかフォーカスゴールドか②
  • 随分前に書いた「チャートかフォーカスゴールドか」という記事をご覧の方が比較的多いようなので、2つ目を書いてみたいと思います。 青チャートがメジャーであることに変わりはないですが、一方でフォーカスゴールドを採用する進学校が徐々に増えている気がします。 フォーカスゴールドは、青チャートと比較して難易度の高いものが多いです。数列なんかは終盤あたりで、東大・京大の問題や、それに匹敵するレベルの問題 [続きを読む]
  • 岡山大学の数学
  • いよいよ明日が国公立の入試ですね。今日は受験生は移動日の方が多いのではないでしょうか。 本番で大事なことは、覚悟を決めることです。駄目なときは駄目と腹をくくり、特別なことはせず、解ける問題から解く、やれることをやる。 頑張ってください。 今回は医学部設置の岡山大学の数学について書きます。 岡山大学の数学は、120分で大問4つ。 岡山大学の数学の特徴は、難易度が非常に易しいこと [続きを読む]