atsutarou2013 さん プロフィール

  •  
atsutarou2013さん: Atsutakoの「アトピー」「脱ステ」「豊富温泉」回想録
ハンドル名atsutarou2013 さん
ブログタイトルAtsutakoの「アトピー」「脱ステ」「豊富温泉」回想録
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/atsutarou2013
サイト紹介文阪南中央病院で脱ステ、豊富温泉の湯治を経てほぼ健康な皮膚を取り戻しました。アトピー治療の参考に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/03/06 23:42

atsutarou2013 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 豊富温泉から帰宅後の皮膚の悪化を防ぐには
  • 以前にご紹介した新刊本『豊富温泉〜ミライノトウジへ行こう』は大変に素晴らしい本なのですが、ひとつだけ書いていない大変に重要な事柄があるので、ここで補足したいと思います。それは「豊富温泉から帰宅後の皮膚の悪化を防ぐにはどうすればよいか」という事です。*****************************************************************************豊富温泉での一定期間の湯治は、アトピーの治療に対して(一部の人を除き)驚く [続きを読む]
  • 豊富温泉に関連する書籍2点ご紹介<追記あり>
  • 知らないうちに豊富温泉に関連する書籍が2点も刊行されていました。さっそく購入して読んでみたので、ここでご紹介したいと思います。①『豊富温泉ミライノトウジへ行こう』ムック: 168ページ 出版社: 子どもの未来社 (2017/2/23) ¥1,512※amazonの商品ページ→こちらこれ一冊あれば豊富温泉での湯治に関してはすべてわかるという、今年2月に出たばかりの究極の湯治マニュアル本!お薦めです!編著は、自らも豊富温泉でアトピー [続きを読む]
  • 久し振りの豊富温泉
  • 本当〜に久し振りの豊富温泉です。毎年3月から4月にかけて皮膚が荒れます。おそらく花粉の影響かと思うのですが、今年は悪くなるのを見越して、あらかじめ豊富温泉5泊6日で航空券と宿を予約しておきました。稚内空港からバスとJRを乗り継いで豊富へ。お迎えの車で宿に到着すると、すぐにふれあいセンターに行って湯治スタートです。久し振りに豊富温泉に浸かると、濃い温泉成分が皮膚にジワーッと沁み込んでいくのが実感できます。 [続きを読む]
  • 豊富温泉と脱保湿について
  • こんなコメントをいただきました。阪南中央病院の治療方針としては「脱保湿」を薦めている。けれども豊富温泉における湯治は明らかに「保湿」になる。整合性が取れていないのでは?実は私の中でもはっきりしないものがあって、確かにこうだと言えるわけではないのですが、説明してみたいと思います。ステロイドを長年使用しているとステロイド依存症に陥ります。そのためステロイドの使用をやめる(つまり「脱ステ」する)とものす [続きを読む]
  • 豊富温泉と脱保湿との整合性について
  • こんな内容のコメント(非公開希望)をいただきました。******************************************************************阪南中央病院の治療方針としては「脱保湿」を薦めている。けれども豊富温泉における湯治は明らかに「保湿」になる。整合性が取れていないのでは?*******************************************************************別に批判的なコメントではなく、丁寧にご質問されているので、私なりにお答えしたい [続きを読む]
  • 豊富温泉の「源泉」宅配サービス
  • 豊富温泉の「源泉」(原油ではなく)の宅配サービスについてお知らせします。以前にこのブログでも「豊富原油」(温泉の表面に浮いている黒い油)について紹介しました。(→こちら)。この豊富原油は、乾癬の人にはよく効くものの、アトピーの人が付けると痒くなってしまうという欠点がありました。▲豊富原油でも、実はこの黒い「原油」はふれあいセンターの方が湯船に毎朝入れているもので、元々の「源泉」には油はほとんど含ま [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その12>
  • ◆2011年11月10日(入院第10日目)入院したことによって一番よかったのは、ダメージを受けた皮膚が回復していく過程を、自分自身でじっくり観察できたことかもしれない。回復していく過程を知っていれば、皮膚の状態が変化した時に「悪化」なのか「回復」なのかが自分でも分かるので、余計な心配をすることがなくなる。逆にこれを知らないと、皮疹がせっかく乾燥(実は「回復」の兆し)してきたのに「悪化」だと思い込んで落ち込ん [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その11>
  • ◆2011年11月9日(入院第9日目)昨日、シャワーを浴び終わってから、身体中の皮膚がいっせいに縮み始め、縄で縛られたような痛みを感じたことを、朝の回診の際に佐藤先生に話すと、サラッとこんな答えが返って来た。「そういう時は、ベッドで肩まですっぽり布団をかぶったらええ。一時的に保湿になるから痛みが和らぐはずや」。(実際、この日のシャワーの後で実践してみたら本当に痛まずにすんだので驚いた。もっと早く言ってくれ [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その10>
  • ◆2011年11月8日(入院第8日目その2)<前回から続き>シャワーを浴びるべきかやめるべきか迷っていた。佐藤先生からは、「痂皮(カサブタ)をこすり取るクセをなくすことがまず第一や」といつも言われていた。もちろん日常生活でもそうだし、お風呂(あるいはシャワー)の際にも同じだ。ただし皮膚は水分を含むとふやけて柔らかくなるので、引っかいたりこすり取ったりという衝撃に対して極端に弱くなっている。だから、お風呂( [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その9>
  • ◆2011年11月8日(入院第8日目)前日、軽い運動をしてシャワーを浴びるはずだったのだが、午後からまた微熱が出てきたため見送ることとなった。そして今朝、だるさもなかったので、決心して午後2時頃から屋外に出てみることに。なるべく陽に当たらないように佐藤先生から言われていたので、長袖に手袋、マスクに帽子という格好で、病院の近くの「大泉緑地」まで行くことにした。ナースステーションで外出届けに記入してから病院を [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その8>
  • ◆2011年11月7日(入院第7日目)入院してからちょうど一週間が過ぎた。熱はすでに平熱になっていた。身体の赤みもだいぶ引いて、白いカサブタでほとんどが覆われていた。朝の回診の際、佐藤先生がおっしゃった。「どや、そろそろ運動して、シャワーでも浴びてみるか?」「は、はあ…」赤みはだいぶ引いていたが、この状態で汗をかくのが怖かった。そしてシャワーも。あれだけお風呂に入るのが楽しみだったのに、お風呂に入らない生 [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その7>
  • ◆2011年11月6日(入院第6日目)入院して初めての日曜日。やはり病院は外来の人も無く、車の音もせず淋しい。午後、だるさが少し収まってきたので、初めて病院内を探検することに。私の個室があった西棟4階の反対側にはアトピー患者さん(男性)用の4人部屋が3つほどあった。のぞいてみたら、昼間だったせいか部屋は誰もいなかった。女性のアトピー患者さんの部屋は別の病棟にあるようだ。私の個室の左には東棟への連絡通路になっ [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その6>
  • ◆2011年11月5日(入院第5日目)身体中の赤みがだいぶ引いてきたが、その分カサブタ部分は増えてきた。まだ皮膚の所どころがグジュグジュの状態で、黄色い浸出液が出ている。特に首の後ろがひどく、毎朝起きると枕がべっとりと黄色くなっている。その他では、腕から肩にかけてと臀部がひどく下着が肌にへばりついてしまい、はがすととても痛い。それと、乳首が悪化していてとても気持ち悪い。下手すると乳首が根元からもげてしまい [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その5>
  • ◆2011年11月4日(入院第4日目)昨晩は入院して初めてぐっすり眠れたような気がする。熱も少しさがってきて、だるさも少し取れてきたように思う。でも相変わらず喉が渇く。水分制限がきつい。朝、一日振りの佐藤先生の診察。背中や腹、足などを見て「少し赤みが引いてきたな。痒みは?」「まだ痒いです」「そうか。もう少しすると痒みが収まってくると思う。運動でもしてみるか?」(この状態で運動などしたらどうなってしまうのか [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その4>
  • ◆2011年11月3日(入院第3日目)昨晩も痒みであまり眠れなかった。ウトウトしながら朝食のアナウンスで起きた。配膳を取りに行くと、病院内の様子が少し違う。ナースステーションにいる看護婦さんの数が少ないし、見回りも無い。そして8時半に決まって来てくださる佐藤先生の回診もいくら待っても無い。で、よくよく考えてみると、今日は「文化の日」で祝日だった。どうりで病院内も人が少ないわけだ。もちろん入院患者はいるので3 [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その3>
  • ◆2011年11月2日(入院第2日目)入院初日の晩は一睡もできなかった。マイズリー(睡眠薬)を飲んだのに、全身の痒みに襲われてずっと掻きむしっていた。夜中の3時頃に見回りの看護婦さんが来てくれて「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたのを覚えている。お風呂に入らなかったので、よけいに痒かったのかもしれない。今まではお風呂に入って存分に掻いていたので、ある意味ストレス発散にもなっていたのだと思う。また昨日から始 [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その2>
  • ◆2011年11月1日(入院第1日目)②<前のブログから続く>1時間ほど妻と個室で待っていると、佐藤健二先生が入ってこられた。「よろしくお願いします」と言ってベッドから起き上がろうとすると「そのままでかまへん、かまへん」。あらかじめ用意しておいた今までのアトピー歴を書いた紙を渡すと、しばらくじっくりと読まれていた。「プロトピックも使っとったんやな」「はい、顔だけですが…」「そうか、それやと治るまで少し時間 [続きを読む]
  • 阪南中央病院 入院体験記<その1>
  • 久し振りの投稿です。先日atopicの友だちと会って話す機会があったのですが、その時、阪南中央病院に入院していた頃の話になり、あの頃をとても懐かしく思い出しました。実は今、花粉症の延長かアトピーが悪化しています。毎年春には少し悪化するものの、今年は退院してからの4年半で一番の悪化です。そんな事もあり、入院していた頃のことを思い出すためにも、「阪南中央病院 入院体験記」を書こうと思いました。なにしろ4年半も [続きを読む]
  • 総統閣下は、「安保法制」審議にお怒りのようです
  • 久し振りの投稿です。先日atopicの友だちと会って話す機会があったのですが、その時、阪南中央病院に入院していた頃の話になり、あの頃をとても懐かしく思い出しました。実は今、花粉症の延長かアトピーが悪化しています。毎年春には少し悪化するものの、今年は退院してからの4年半で一番の悪化です。そんな事もあり、入院していた頃のことを思い出すためにも、「阪南中央病院 入院体験記」を書こうと思いました。なにしろ4年半も [続きを読む]
  • 過去の記事 …