アマミちゃん さん プロフィール

  •  
アマミちゃんさん: アマミちゃんのお気楽にもほどがある日々
ハンドル名アマミちゃん さん
ブログタイトルアマミちゃんのお気楽にもほどがある日々
ブログURLhttp://ameblo.jp/amamikyo77/
サイト紹介文煩悩即菩提!自由を愛する女神の下僕・アマミちゃんの別館の中のひきこもり部屋です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供559回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2013/03/07 22:16

アマミちゃん さんのブログ記事

  • ぽえむん「心の中の画用紙」
  • 小さい頃 私の心は灰色だった 私の心に色はなかった 見る夢の景色はいつも真夜中で いつも色がなかった 真っ暗ななかに自分がいたり誰かがいた 明るい世界はなかった 目が覚めた世界は夢とは違う意味で暗い 学校は私にとって苦しみの場所でしかなかった 家庭はあたたかいのになぜかいつも怖くて寂しかった 世界は何色なのだろう 私の斜視は存在し [続きを読む]
  • 親子の会話
  • 今日、野暮用で実家に行った。 私「やぁ父上!お元気でしたか」 父「お前まだ生きとったのか」 私「娘に対して出会い頭になんちゅう冗談いっとんじゃコラ〜〜〜」 父「見てみろ!お前の母親が●●から送られてきた酒を一本隠してたぞ!今頃出してきやがってあのいやらしい女・・・」 (母ちゃん後ろで「出してたらどうせ飲んだくれるでしょうが!」と叫んでる) 私「あんたの嫁が隠してくれてたおか [続きを読む]
  • なぜか気になる渋染一揆メモ
  • なぜか「渋染一揆」ときてるので、調べてみる。 といっても、私はそういうの全然分からんというよりむしろ奄美の歴史と神道一部と古代史以外に興味まるでないので、 まさにメモのみ。 私にとって部落差別とは身近なものではない。 奄美には部落差別はないからです。 私にとっての部落差別のエピソードは、 鹿児島育ちの祖母が部落差別発言をしたのに当時高校生だった父が激高し部 [続きを読む]
  • ぽえむん「イサナさんにおまかせ」
  • お招きをいただきありがとうございます。 私のような者の拙き言葉が、少しでも皆様のお役に立てましたら幸いでございます。 本日は「合わせる音」の力についてご説明させていただきたいと思います。 この者(野崎梨乃)は知っているでしょうけれども、重ねる音というものは、それのみの音よりも大きな力を発します。 たとえば、手と手を合わせた柏手の音、 金属を打ち鳴らす音、 木と木を打ち合わせ [続きを読む]
  • 祀ることと仏性の拝み出しと「感謝・崇敬」の力 メモ
  • 注・これはあくまで自分用メモです。支離滅裂です。 いろんなところのいろんなモノを読んでて、最強の力というのは「信仰」であるというのはもうそのとおりなんですが、 これは信じる力(確信波動)ということで当然すぎる話でありまして、 不信というものがいかにヤバイかというのは、 自分への不信が自分の力を思い切り弱めるからなんですね。 だから、自分を信じるということと、神仏や周 [続きを読む]
  • マッサージメモ
  • 昨夜は常連のAさん。 この方はお体が無意識に邪気を抜かれるのを拒否するので、(オバケが抵抗してるのではなく、ご本人が緊張反応が強い) 緊張反応が起きるとぬこうとしてた邪気が途中で止まる。 たとえば、肩の邪気を取ろうと引っ張っても、手首で止まるとかね。 今まではそれを抜くときは念を乗せて抜いてた(これすると格段に抜けるけど私が疲れる)けど、 昨日は、あまりにヘロヘロだったので、違 [続きを読む]
  • 一人で戦うな
  • とある本土某県在住の信者さんからお電話をいただいた。 (もう、うちのブログに登場する人はいちいち身元明かせない人が多いwww) どうも、前いた会社からずーっと嫌がらせを受けてるらしい。 お前はレプロか!と(笑)(←ここは笑うところです) ふむふむとお話をお聞きして、いくつかお伝えして、 それでも納得出来ておられないというか不安そうなご様子だったので、 地元 [続きを読む]
  • マッサージ備忘録
  • 2日前、とあるところから呼び出しを受けた私は、とあるところに行ってまいりました。 とあるお客様・Aさん宅。 いつもうちでマッサージをお受けになるAさん。そのAさんが、私に来て欲しいとははじめてのこと。 Aさん「この前のマッサージで、野崎さんに《嫉妬の念が憑いてる》と言われたんだけど」 私「私がそんなあやしいことを言ったんですか!」 Aさん「うん、言ってた(笑)それでね、 [続きを読む]
  • 女子会はいつものあそこで
  • こちらをご覧くださってる奇特な一般読者様・Aさんが某県から来島。(お仕事での来島です) それに合わせてBさんも召喚し、3人でオリバーズカフェで女子会。 そしてのちにはCさんも合流!!! 計4人で、これでもかとスピネタの嵐!!!!(笑) いろんなお話をさせていただきました。 楽しかったー!! Aさん、Bさん、Cさん、本当にありがとうございましたー!!! Aさん、Bさん、お土産あり [続きを読む]
  • 今朝の夢
  • 最近は、あまり夢は書かないようにしてたけど、今朝とんでもないものを見たというか明らかに見せられたので、どこからのどういう意図なのかはしらんけどメモメモ。 ・小さい男の子となにか話している。内容は不明・うちの実家の裏山の向こうに超デカい鳥居が何本も立っている。コンクリートでつくった、「これ、何メートルあるんだよ!」というくらい大きな鳥居。私が知ってるコンクリ鳥居では一番でかい赤坂山王 [続きを読む]
  • 歴史について 星さんより
  • 私もHSアンチの左翼と戦う時に、絶対に「宗教ヘイト」という言葉は使わないようにしています 被害者意識は富から最も遠い 歴史教育の基本は仏性を知ることであり その土地の光を知ることから始まります。 己の光を知らない人に人の光は見えません。 その土地の持つ使命と、長所、仏性を学ぶということが、最初の基本であるべきだと思います。 他者との関 [続きを読む]
  • 歴史はほどほどに付き合え!
  • 愛知県人さん、コメントありがとうございます!ヽ(・∀・)ノ そうなんです!今でもモンペ的なの着けてます(笑) すいません、コメントでお返事しないといけないんですが、余力がありません・・・・。 もう少し待って〜〜〜〜 前記事の内容をおさむんに話したら、 「それはちょっと薩摩に対して厳しすぎるんじゃないかなぁ」 と言っておられたので、 ちょこっと歴史に [続きを読む]
  • 歴史のもんもん
  • そもそも私は真面目なキャラでもおキレイなキャラでもなんでもないんですよ。 アンサイクロペディアも見れないヤツとは酒飲めないんですよ!わかりますかぁ! (良い子は見てはいけません) ですから、私はこれからも清濁を自分に都合よく併せ飲んでいきたい!!!!(`・ω・´)シャキーン 前々記事で琉球にブチぎれてるノロ系の霊がいると書きましたが、 このノロさん自身は琉 [続きを読む]
  • 業務連絡
  • Xさん、コメントいただきありがとうございましたー!!!! ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ いつかお会いしたいですね〜〜〜〜(*>ωω 私の胡散臭い小ネタでよろしければ、当会のどこかでちっさくお役に立てたら幸いです(笑) 私はヨーロッパとかもそうですが、日本語が通じない場所はすべて怖いという小心者なので、 外国に長年住んでおられる方は心からご尊敬申し上げます!!! そうそう、アメ [続きを読む]
  • はずかぴー(/ω\*)
  • 本土某県在住で、テンザシ(霊告)を受けた方Aさん(一般の方)からLINEをいただいた。 私のブログ記事がお役に立てたとありがたいご報告をいただいたので、しーまのどこの記事かな?と思いながらお聞きしたら、 なんとここォォォォオオオオオ!!! ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル あの・・・Aさん、ありがたいんですけど、くれぐれもここでの私の情報を鵜呑みにしないでね!(笑) たしかにここはかなり奄 [続きを読む]
  • 自分と関わる古代史メモ
  • 注・これは私のあくまで自分メモです。自分大好きモード100%なのでスルーしてください。私にとって都合のいい情報しかありませんので、鵜呑み厳禁です 数年前に女性の霊能者さんが、私を通して見えたと内容を思い出していた。 ・竜宮の乙姫(これは私の守護霊と判明したので今は除外。天平装束が乙姫っぽく見えた)・真名井神社・菊理媛・大きな亀。真上からデカい甲羅を中心にして見ているビ [続きを読む]
  • 生き念かわし法初級
  • 先日、ここで 「男性のなまねんがきてる」 という話を書きました。 すると、なまねんさんが反応したらしく、 症状が悪化した(笑) (春分に入ってるので敏感になってるからなおさら分かる) なるほど、ここを読んでる人なのねと思いながら、 拠点でお祈りさせていただいていると、 ご本尊からインスピをいただいた。 “その念はそのまま返してはならない” (つまり、通常の生 [続きを読む]
  • 古代史メモメモ
  • 本メモはなんの根拠もありませんから鵜呑みダメ、ゼッタイ。 責任とりません。 ・出雲族は自らを「竜蛇族」と名乗る・出雲族の本来の信仰対象は「龍」(海蛇)・スサノオも大国主も出雲においては客人神・出雲の竜神信仰は奄美から竜神信仰が伝播したという説あり・天照大神はその本当の姿を「白龍」とする説あり・伊勢神宮では白蛇は「天照大神の化身」とされる・瓊瓊杵尊は海軍を率いて高天原に降り [続きを読む]
  • ぽえむん「イサナさん今までごめん」
  • 乞われてあなたにかつての名を名乗りましたが 本来名前などは必要ございません 私共は本来神の端女でございますれば お仕えする御方の御名が尊ばれることこそ 喜びでございます ですから 私をどのように呼んでもかまわぬのです 私を呼ぶのにその名が必要であればその名をお呼びくださっても結構 その名を略していただいても結構 私にはその名だけではない名もあります ですから [続きを読む]
  • ぽえむん「いつか会おう」
  • いつの頃からか おそらくはもうずっと 心に空白が出来る時に 知らず知らずのうちに つぶやいている 「すまない」 と 繰り返しくりかえし つぶやいている 「すまない」 と 鏡の向こうに問う あんたは一体誰に謝ってるんだ? 鏡の向こうの私は何も説明してはくれない ただ一つ分かるのは 謝罪しているのは男で 届けたい相手は女 [続きを読む]
  • けふの午睡の夢 某県某所と土建屋の社長さん
  • 前記事の何かが何かにふれたのか、こんな夢をみた。 あまりにリアルすぎてメッセージ性こめられまくりだったのでメモ。 私が本土で2人の男性と話している。 1人は土建屋の社長さんで、もう1人は作家(本当は違う職業だったけど、思い出せない)。 どうやら、作家の男性が、某県の「立ち入ってはいけない土地」に入ってしまったらしく、 (一見そこは森の中の小さな集落 [続きを読む]
  • 奄美メモ
  • 個人的なメモです。 いろんなところから集めたいろんな情報の寄せ集めなので、汎用性があるものではありません。 (ムー時代お呼びムー後継時代は本内容では除外) ・古代陰陽道では日本は奄美まで注:琉球王朝成立までは歴史的には奄美側の勢力が強かったので、当時は沖縄の方が奄美の一部と認識されていた可能性もある ・古代海人族の本拠地として奄美が機能していた(とある日本の古文書に出てくる。 [続きを読む]
  • ファンキー自動書記
  • 注・本内容はあくまでアレなので、アレ程度に受け流してください。 本当は私が質問して沸いた答えを書いてるので、厳密には自動書記じゃないんですが、一度「自動書記」という言葉を使ってみたかっただけだ(笑) 昨夜ご飯食べてると、またムズムズする。 も〜、いいかげんにしてくれ〜〜〜〜 でも聴いてやらないといつまでも続くので、 昨日と同じようにしてみることにした。&n [続きを読む]
  • 私信
  • 愛知県某支部のAさん、さきほどはお電話ありがとうございました〜! そして美味しい湯豆腐セットまでいただき、重ねてありがとうございました・・・・・ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 昔私が組み直しさせていただいたブレスレットを今もお気に召してくださり、まことに恐縮です!! お姉さまが私とのやりとりでエル像をいただいてたなんて知らんかったー!!! まさか永代護持奉納のあとエル像までいただ [続きを読む]