michelpoyo さん プロフィール

  •  
michelpoyoさん: ねこのいえ
ハンドル名michelpoyo さん
ブログタイトルねこのいえ
ブログURLhttp://green.ap.teacup.com/millefeuilles/
サイト紹介文34匹の色々な種類の猫達が、人間を眺めて分析し、人間の心の癒しを探しています。考える猫達の言葉です。
自由文アメリカン・ショートヘア、トンキニーズ、セルカーク・レックス、シャルトリュー、スフィンクス、ブリティッシュ・ショートヘア、ラ・パーマ、シンガプーラ、アメリカン・カール、マンチカン、スクークム、雑種猫達が、一緒に暮らす人間を毎日観察し、分析し、生きることとは何か、癒しとは何かを思索しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1096回 / 365日(平均21.0回/週) - 参加 2013/03/08 21:29

michelpoyo さんのブログ記事

  • 僕、エルミット!初めてのことがいっぱい。
  • 僕、エルミット!僕、まだ子供の猫。大して物事、知らないよ。だから、初めてのことがいっぱい。で、初めてのことなら、僕、すぐに覚えようとする。新しいことなら、知りたいなと思うんだ。そして、少しずつ僕なりに経験が増えてきたんだ。この時間だとご飯が出るぞとか、あの猫は僕をからかって遊ぶぞなんて、いろんなことを知ってきたんだ。僕、まだ子供だけど、これが普通なんだと思うことが増えてきている。子供のくせに、常識 [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!本当に今のことなの?
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!強い感情が迸り出たら、ちょっと考えて。それが本当に今のことなのか、今目の前にいる相手やその物事に対する感情かどうかを考えて。怒りが止まらなくなったら、それは現実の今の問題なのか、それとも類似性の過去の問題なのかを考えて。友達に約束を破られたと強く激しく怒るなら、子供の頃に親に約束を破られた強い怒りを隠していなかったかと考えて。子供の頃の怒りを今目の前にいる相手にぶ [続きを読む]
  • ぼく、リケ!生物の本来のあり方を取り戻そうよ。
  • ぼく、リケ!生物って、自分にとって居心地の良い状態を求めるように本能が働く筈だよね。嫌な状態から必死で逃れようとするのが、普通の生物のあり方だよね。だけど、人間って、ちょっと違うのかな?自分は鬱だから仕方ない、自分は辛い状態にあって当然なんて思っている人もいるみたいだね。嫌な状態から離れて居心地の良い状態を求めようとしない人がいるって、僕、不思議だな。嫌な状態を変えようとしないのって、PTSDの人なら [続きを読む]
  • 僕、ティクヴァ!結果を残そうと焦ると。
  • 僕、ティクヴァ!結果を残そうと焦ると、独りよがりになりかねないよ。自分は他の人達のためにこうしているんですなんて言ってたって、結局は自分の功績を残して他人に評価されたいということにとらわれているんだよ。これって、自己満足の追求なんだよね。自己満足にとらわれていると、周りが見えなくなるよ。周りの反応がわからなくなるよ。本当に評価されているのかどうか、気づかなくなるよ。そして、狭い視野のままで、一人突 [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!遊び仲間に愚痴るよりも。
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!日本って、以前は、男の世界は女にはわからないということで、男は男だけで遊んでいたわよね。今では、女も自分の世界を主張して、ママ友でランチをしたりと、女性同士で遊んだりもするわよね。結婚しても、遊ぶのは男は男、女は女と別れているなんて、あたし、ちょっと不思議。ヨーロッパなら、夫婦同士で一緒に付き合い、楽しむってこと、結構あるんだけどな。夫婦やパートナーって、最高の友 [続きを読む]
  • おいら、ルクルス!自分で自分をどう評価するかなんだよ。
  • おいら、ルクルス! 見知らぬ多くの人からの褒め言葉より、身近な数人の褒め言葉の方が嬉しい人が多いよ。見知らぬ多くの人の前で恥をかくより、身近な一人の前で恥をかく方がキツイと感じる人が多いよ。知らない人は、空気のようなものだよ。知っている人は、身近であればあるほど、自分の感情を動かすよ。大きなことをして周りから賞賛されたいと思っていても、本音は身近な人から褒められたいだけなんだよ。小さな失敗でも、隠 [続きを読む]
  • 僕たち、三匹!三匹とも違うんだ。
  • 僕たち、三匹!僕たち、2月12日生まれ。ママは、アリシー。僕たちの兄弟二匹は、すでにお空にいっちゃった。遺伝子異常があるかもしれないと言われつつも、僕たち三匹、頑張ってるんだ。僕たち、似たような色だけど、ちょっとずつ違うよ。一番上の写真の猫は、体が大きく見えるけど、体重はまだ軽いんだ。二番目の写真の猫は、ちょこちょこ歩き回るけど、まだ自分で水しか飲めないんだ。一番下の写真の猫は、三匹の中で一番小さい [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!対等な立場で。
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!子育てって、大変よね。うちでは、今、アリシーとオールの二匹が子育て中よ。二匹で、協力しているの。片方がご飯を食べている時は、片方が子猫の見張りをしているの。若いオス猫達が遊んで暴れると、二匹で暴れ猫に突進するの。突進して、ぶん殴るの。オス猫より母猫の方が強いわよ。自分の子猫、相手の子猫なんて区別せずに、子猫達を守るために、母猫同士で協力しているの。ねえ、他人が信じ [続きを読む]
  • ぼくたち、六匹!大丈夫だなんて言ってたら。
  • ぼくたち、六匹!ぼくたち、一昨日生まれたオールの子供!黒三匹とその他三匹。黒一匹はストレートヘアだけど、後の子はセルカーク・レックスの遺伝子のせいか巻き毛になりそうだよ。一昨日と昨日、昨日の今日なんて、大した変化はないと思っちゃう人は多いかもしれないけど、子供にとっての一日は、大人にとっての何週間にもあたるんだよ。ママのオールの母乳の出が悪いから、ぼくたち人間にミルクを飲ませてもらってるけど、生ま [続きを読む]
  • わしゃ、ボナじゃ〜!誰かが困っておったら。
  • わしゃ、ボナじゃ〜!誰かが困っておったら、手を差し伸べるのじゃ。自分の出来ることを考え、相手に伝えるんじゃ。相手に迷惑かもしれない、余計なことをしたら嫌がられるなんて思わずに、まず相手に打診してみてもいいんじゃないかのお。拒絶されるのが嫌だなんちゅうのは、自分のプライドじゃよ。手を差し伸べて、相手の意向を聞くのじゃ。相手が断ったら、無理強いしなきゃいいだけじゃ。気持ちの押し付けは、自立した相手には [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!古い習慣から離れて。
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!古い葡萄酒は古い皮袋に、新しい葡萄酒は新しい皮袋に入れなければいけないって、『新約聖書』の有名なたとえ話よね。このことは、『新約聖書』の中の『マタイによる福音書(9-17)』にも、『マルコによる福音書(2-22)』にも、『ルカによる福音書(5-37)』にも書かれているの。新しい葡萄酒を古い皮袋に入れたら、古い皮袋は裂けてしまい、新しい葡萄酒はダメになっちゃうってことなの。古いユダヤ [続きを読む]
  • あたし、オール!産んだわよ!
  • あたし、オール!待ってた甲斐があったの!あたし、昨日の午後2時過ぎから産気づいて、30分ほどで、一匹目を産んだの。産む直前に、あたし、トイレに行き、力んだら子猫が出てきたので、子猫を半分以上あたしの体の外に出しながらトイレから引き上げ、人間に子猫を抜き出してもらったの。それからしばらくたったら、また陣痛が起こったの。でも、あたし、ンコがしたくなったのよね。ンコを出してスッキリした後、また陣痛が起こっ [続きを読む]
  • おいら、シュアン!世間を知らないと馬鹿にしてくる奴。
  • おいら、シュアン!お前は世の中を知らない、お前は世間の常識を知らないなんて、相手を見下す奴がいるど。こんな奴に限って、大して世の中を知らないど。自分の狭い経験を駆使して、世間のイメージを妄想の中で作っているだけだど。語る世間は嘘ばかりだど。自分の狭い経験から抽出した常識は、その人の思い込みに過ぎないど。他の人に押し付けることは、難しいど。だけど、こんな奴は、自分の世界が全てだど。自分の世界に同調し [続きを読む]
  • あたし、シュエット!強がりの人へ。
  • あたし、シュエット!強がりの人って、大変よね。他人に負けたくないから、何か失敗しても、自分の落ち度を指摘されても、肩肘張って自己正当化しなきゃいけないのよね。そして、自分一人になると、めちゃくちゃ落ち込んだりするのよね。このような人って、他人は敵だと思い込んでいるのよね。自分の弱みを見せたら、他人に攻撃されると思い込んでるのよね。これって、小さい頃に仕込まれた癖のようなものなのよね。ねぇ、大人にな [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!恥って。
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!人前に出るのが恥ずかしい、人前で話すことが恥ずかしい、失敗したら恥ずかしいなんて、恥ずかしい気持ちにとらわれてしまう人っているわよね。そして、恥ずかしいからと身動きできなくなっちゃう人っているわよね。でも、あたし、恥ずかしい気持ちで縮こまってしまうより、恥ずかしい気持ちを利用したらどうかと思うの。日本人は、ユダヤ・キリスト教徒のような契約思想を持っていないと言われ [続きを読む]
  • あたし、オール!あたし、待つの。
  • あたし、オール!あたし、2週間ほど前に最初の陣痛が起きたの。でも、周りの状況が悪かったので、陣痛は止まってしまったの。それ以降何度も陣痛が起きたけど、産めないまま今に至ってるの。そして、この数日、陣痛は起きないの。あたし、しっかり食べて、しっかり寝ている。体調が悪い兆候は一応見られないと、人間は言うの。あたしの子宮の中で胎児が死んで、吸収が始まったのではないかと、人間は疑っているの。確かにこの家で [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!嫌だと過去を否定していたら。
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!嫌なこと、辛いことは忘れたいと思っている人は、結構多いんでしょうね。忘れることで、自分の気持ちの安定、安心を求めるのでしょうね。でも、あたし、嫌なことや辛いことを忘れてはもったいないんじゃないかと思うの。そこから何かを学ばなければ、自分の経験を無駄にすることになるんじゃないかと思うの。第二次大戦を経験した人は、もうわずかなお年寄りだけになってしまったでしょうけど、 [続きを読む]
  • 俺、ウィンウィン二世!一人で自分の感情を減らすんだ。
  • 俺、ウィンウィン!どうして自分はこんな環境に生まれてきたんだろう、どうして自分はこんな状態で生まれてきたんだろうと、憤ったり、悲しんだりしたことがある人は、多いんじゃないかな。なぜ自分はこんな目にあわなきゃいけないんだろう、なぜ自分は理解されないんだろうなんて、怒りを抱いたり、落ち込んだりしたことのある人も、多いんじゃないかな。俺、このような人に言いたい。こんなことを思っちゃいけないと、自分の怒り [続きを読む]
  • あたし、エラン!自分の人生の意味を作るのは、自分なの!
  • あたし、エラン!苦しく辛い時って、こんな思いをするのはどんな意味があるのだろうと思わず考えてしまうことってあるわよね。一番苦しいのは、その苦しさが無意味だと思うことなのよね。だから、自分の苦しみの意味を知れば、その苦しさを乗り越える力が湧くかもしれないわよね。だけど、あたし、自分の人生の意味を考えている人に、もう一つ考えてほしいことがあるの。自分の人生に意味を与えることができるのは、自分だというこ [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!過去よりも。
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!自分は子供の頃には神童と呼ばれていた、自分は若い頃には異性にモテた、自分は大きな仕事を任されて成功した、自分は外国に行って評価されたことがあるなど、自分の自慢をしたがる人っているけど、あたし、そのような人の自慢を聞くと、寂しくなることがある。だって、それは皆、過去のことでしょう?自慢ばかりしたがる人って、現在のことをあまり語らないし、将来のことはほとんど語らないの [続きを読む]
  • 私、ディアーヌ!国語力が必要なのです。
  • 私、ディアーヌ!日本人って、理数系の人の方が文系より頭がいいと思っていることが多いみたいですね。でも、数学ができるから頭が良いとは限らないのです。物理や化学ができるから頭が良いとは限らないのです。確かに数学とは、論理思考です。物理や科学も、抽象思考を必要とします。しかし、それだけでは、ただの技術屋なのです。人間ではなく、機械で代用が効く可能性があるのです。私、思うのですが、人間を他の動物より卓越し [続きを読む]
  • 僕、ヴィタル!劣等感を隠している人の下にいると。
  • 僕、ヴィタル!強い劣等感を隠している人を自分の教師や上司として持つと大変だよ。劣等感を強く持っている人は、特に自分で自分の劣等感を自覚していない人は、他人を潰すことで、他人を蔑むことで、自分の劣等感をなしにしようとするんだ。自分の卒業した学校、学歴などに劣等感を抱いている教師は、自分の教えてる生徒達を見下すんだ。これは、職場の上司でも同様だよ。相手が自分の上に出ることを恐れているから、揚げ足取りで [続きを読む]
  • あたし、アンジェリュス!疑うって。
  • あたし、アンジェリュス!アンジュ!疑ってはいけないと思っている人に、あたし、尋ねたい。あなたは、小学校の時に自分のテストを見直すときに疑いを持った目で見ていなかった?特に算数ならわかりやすいかもしれないわ。この回答でよかったかどうか、疑いの目で見なければ、正しいか間違いかの確認や判断ができなかったんじゃない?疑いの目で見るって、疑いの中に相手への拒絶や見下しの気持ちが入っていたら、判断が狂うと、あ [続きを読む]
  • わしゃ、ボナじゃ〜!互いに違うんじゃ。
  • わしゃ、ボナじゃ〜!わし、昨日、おもちゃにハマっちまったんじゃ。一時間ほど咥え、唸っていたら、うちのお母さんにも他の猫達にも、呆れられてしまったんじゃ。わし、おもちゃを獲物と見立てて、狩りごっこをしてただけなんじゃがのお。わしの想像の世界は、他の奴らには理解してもらえなかったんじゃ。自分の想像の世界、妄想の世界もあるかもしれんが、それは、他人には分からないものじゃ。自分が楽しいこと、嫌なことなんて [続きを読む]
  • 俺、ウィンウィン二世!自分の自由を守りたかったら。
  • 俺、ウィンウィン!18世紀のヨーロッパは、啓蒙の時代と呼ばれているんだ。正確に言うと、17世紀後半から18世紀にかけてだけどな。今まで教育を受けずにきた民衆に知識を与えようという運動のようなものさ。フランスでは百科全書が出版され、知識は特別な階級の人達のものではなく、すべての人達のものだと捉えられるようになったんだ。知識を得て、自分で考えることを知った人々は、自分たちの置かれている状況が不当ではないかと [続きを読む]