はなクリエイト さん プロフィール

  •  
はなクリエイトさん: はなクリエイト*
ハンドル名はなクリエイト さん
ブログタイトルはなクリエイト*
ブログURLhttp://ameblo.jp/hannah-create/
サイト紹介文如月マヤさん、そしてアカシック手相観こみながともこさんのセミナー、鑑定会情報です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/03/09 01:05

はなクリエイト さんのブログ記事

  • 未来の自分を考えてみる
  • 17日に行なわれた魂にふれるワークとお話。今の自分から未来が導き出されることを考えて生きているか。大切な未来につながる一歩を、自分の手で消し去ってはいないか。自分の魂は今、何を訴えかけているのか。深く考えた、とてもとても濃い時間でした。その後のワーク。今まで何度も行なったワークなのですが、Yは今回、初めての体験をしました。いつものように、マヤさんの誘導でワークが進み、自分の人生の最期を感じる部分。こ [続きを読む]
  • 感動!
  • 昨日、如月マヤ氏の個人相談でした。 オフィス・マヤのワークに準じて、はなクリエイト* が行なう個人相談(個人ワーク同様)も、料金は1時間10万円。 そしてお申し込みいただいた個人相談。その時間を終えて部屋を出ていく時の、相談者の方の姿に、Yはただただ、感動。 そして、今度は定番ワークを2つほど。 今回の「魂にふれるワークとお話」は、「世相について少し話すことになるので、私の伝え方 [続きを読む]
  • 春ですね。
  • Yさん、こんにちは。春ですね。まだ寒いですけれどね。山の湖は凍ったままです。雪の中に鹿の足跡を見つけたのですが、緑色がかった糞が転がっていたので、フキノトウでも食べたのでしょうか。そんなところにも春の訪れを感じる今日この頃。昨年取材を受けた本が刊行されて、今月30日(木)には東京の紀伊國屋新宿本店で、著者のトーク&サイン会があるそうです。自然界も人間界もアクティブですね。春ですからね。 そんなわ [続きを読む]
  • やっぱり、これ! 今こそ、これ!
  • 今年になって、二度ほど、またセミナーをする機会にめぐまれました。今回の「会」は、今までのものと違っていて、個人個人の問題に直接ふれ、そしてワークで修正していくというものでした。いただきました参加者からの感想メールも、とても興味深いものでした(すべて如月マヤさんに転送済みです)。指摘されたところに焦点をしぼり、そこを自分の力でグイグイ見ていく。つらいけど、見ていく。そして、原点に戻る。 Yも、同 [続きを読む]
  • 魂にふれるワークとは
  • 先日、二回目のセミナーが終わりました。毎度のことながら、Yは思うのです。 魂にふれるワークは、シンプル。それなのに、ダイレクト。自分の魂としっかりつながるとともに、人生を終える瞬間の自分との対話も、鍵となります。セミナー中の、如月マヤの言葉を思い出します。この顔、この身体、この声で生きるのは、たった一度、この人生だけ。たった一度きりのこの人生を、今終えようとしている自分が、何を思い、何を感じて [続きを読む]
  • 思いついたこと
  • Y、最近ふと思いついたことがあるのです。マヤさんに、雑誌のページ作りを教えてみてはどうかな、と。 Yがやっている仕事のひとつが、雑誌のページ作り。先日、棲み分けの落し物と思われる展開で、新しくやらせてもらったページがあるのですが、マヤさんとの雑談中、ちらっとその話をしたんです。するとマヤさん。サラリと面白いアイデアを口にするではありませんか。実はよくあるんです。こういうこと。 Yは思いました [続きを読む]
  • そこそこ
  • 今日、久しぶりにマヤさんのセミナーを聞いて、思ったんです。魂にふれる。やっぱり、これって、いい!全体のお話の内容も、個人個人にマヤさんがするお話も、非常に心に、そして魂にしみるんです。初めてマヤさんのセミナーを聞いたとき、Yは「こんなにいいものが、どうして世の中に知られていないんだろう?」と思ったものです。「一般論で言えば、如月マヤは鼻につく。でも、魂にふれるという、これはいい!」と、マヤさんに言 [続きを読む]
  • そういえば
  • そういえば、Y、最近また棲み分けの落し物を拾ったんです。人にも仕事にもいいご縁がつながって、それにふさわしい自分になるように、いい努力もさせてもらっているところです。こういう努力も、自分の在り方によっては、つらくてしんどい重荷になり得ることを思うと、つくづく、自分の在り方を見直してしまうんですよね…。でも、見直すたびに、やはり、少しずつ少しずつ、自分に向き合うことが楽になってきているような気がしま [続きを読む]
  • 在り方を見直す
  • 前回からの続きです。日を改めて、Yはマヤさんにきいてみたんです。そして、マヤさんの語り口は淡々と、静かでした。「自分を変えることだね」 「自分を変えるんだよ。魂の体感において生きることを反射的に選ぶ人間に、自分を変えるんだ」 「そもそも、魂の体感において生きることを選ばなかったからこそ、『その都度、必ず、魂の体感に戻る』ことをしなかったわけだから。魂の体感において生きる人にとっての『すべき [続きを読む]
  • 戻りたい人
  • 先日、今年初めてマヤさんと会って、お茶をした時のことです。今さらだけれど、棲み分けはなぜ起こったんだろう?Yがふと口にしたところ、マヤさんは相変わらず素っ気なく、ひと言。「私なりの見解はあるけれど、ナーバスになる人もいるだろうから、言わないでおく」「あ、でも、オフィス通信のネタにさせてもらおっかな〜」というわけで、お茶代はマヤさんのおごりに。 「結局は、今は誰もが、自分が何を幸せとしているか、 [続きを読む]
  • 2017年
  • Yさん、こんにちは新しい年になろうと何だろうと、時間だけは過ぎ去っていきますね。今日はもう、いったい何日になっているんでしょうか(笑) ところで、初夢は楽しみましたか?夢解きも、魂の体感において。そうすれば、夢の意味は自ずとわかります。ついでに、その夢がどこからやってきたのか、何が自分にその夢を見させたのかも、わかっていたほうがいいですね。「解釈」ではなく、「その意味が自ずとわかる」。そういう夢 [続きを読む]
  • 魂の体感において生きている人は、今どうなっているべきか
  • 年の瀬が近づいています。 Yは、かねてから訊いてみたかったことを、マヤさんに尋ねてみました。意識が棲み分けた今、魂の体感において生きている人は、今どうなっていればいいのか?「あ〜、そりゃあ、もちろん…」もちろんマヤさん即答…かと思いきや、今回は、 あくまでも、この世に無数にある価値観のうち、「魂の体感(=すべてはひとつの在り方)において生きる」という価値観で実生活を送っている人に限って言えば [続きを読む]
  • 自分のなかのちいさな自分
  • 前回のブログを書いたあとのこと。ある日、ほんとうにふとした瞬間に、自分の魂がよろこんでいるのがわかったんです。自分の口から自然に出た言葉に(しかも、それは独り言…若干、歳を感じますが)、魂がフワッとよろこんだのです。それが温かい塊となって胸のあたりに沸き、そこでハッと、気づいたY。あ、魂がよろこんでいる!!!!これだ! これなんだ!そのときの心地よさ。幸せ感。魂とのつながり…。なにものにも代えがたい [続きを読む]
  • 特別感、ふたたび。
  • Y、落ち込んでいました。過去記事を見て、マヤさんと出会って、魂に触れ、セミナーや会で魂に響く話を聞き、こんなにもたくさんの体験をして、感じることもたくさんあったはずのY。それなのに、エゴに負けちゃってました。そういう出来事があったのです。非常にショックでした。エゴに負けちゃっている部分を、すっぽり隠して、見えなくしちゃっていたワケです。自分という人間の傾向もはっきりと見えて、なおしたいのに、なおっ [続きを読む]
  • 「神本!」
  • 本を読むのが好きなY。次に読む本がないと寂しいので、「何かおすすめの本はありませんか?」と人に尋ねることもしばしばです。人にすすめてもらった本は、自分では手に取らないものだったりすることがあって、思いがけず自分の世界が広がったりするんですよね。つい先日、マヤさんにも尋ねてみました。するとマヤさん、 「あるよ。これ、神本」相変わらず、短いセンテンスで即答です。そして、「この『形』が趣味に合えば、 [続きを読む]
  • 心の反応
  • 先日の、こみながともこさんのお手紙、たくさんの方にご応募いただきました。ともさんは、投函も終了とのこと。メールをくださった方々、そしてこみながともこさん、ありがとうございました^^とても楽しい企画でしたね。 折しも、Yの元にマヤさんからのお便りが届きました。それがこちらです。****Yさん、こんにちは。なんだか、秋の情緒を味わう間もなく、季節はもう冬に切り替わってしまったみたいですね。先日、とある [続きを読む]
  • 伝えられるべき話
  • Yの友人がマヤさんの個人相談を受けました。 夏の帰省で、Yは久しぶりに彼女に会ったのです。正直、娘が生まれてから一度も会ってなかったような気がする…ほど、ご無沙汰だった友人です。 どんな会話からそこにたどり着いたのか覚えていないのですが、話の流れに沿っているうちに、マヤさんのこと。魂のこと。すべてはひとつという考え方のことなどを、図に描きながら、その友人に話している自分がいました。実は彼女、 [続きを読む]
  • こみながともこ お手紙キャンペーン♪
  • 【キャンペーンは終了しております】みなさん、こんにちは。暑さがぶり返しましたね。そんななか、手相観ともさんからメールがきましたよ♪ともさんが、過去に手相を観た人に(対象=希望者)手紙を書くのだそうです。何だか楽しそう☆以下、そのメールです!*************Yさん、少し仕事に余裕ができ、秋の夜長に手紙を書く気になってきました。そこでふと思いついたことがあります。今まではなクリエイト*さんで [続きを読む]
  • Yが拾ったもの
  • 個人的なお話です。Yは少し前から、あることにこつこつと取り組んでいるのですが、それが軌道に乗ってきたように思える今日この頃。そして、そのことについて考えてみたんです。これはもともと、わたしがやる予定の仕事ではなかったはず。この役回りは、別の人がやることになっていたはずなのでは?この話が、その「別の人」に持ち掛けられた時にその場にいたYは、当然その人がやるものだと思っていました。それなのに、ふと気づ [続きを読む]
  • 「聞きたくない」について
  • 先日、マヤさんとお茶しました。最近では、「この時代になったから、一人ひとりの個人に注力する働きかたになったんだよね」ということで、マヤさんは個人相談を主に、ご縁のあった人たちのところに、足を運んでいるようです。そんな話をしているとき、マヤさん、突然こんなことを言い出しました。「そういえばこの前、スズメバチの巣を駆除したんだよね。まだ巣が小さかったから、素手で駆除できちゃったよ〜」ハチの巣って素手で [続きを読む]
  • 「特別感」
  • ただいま帰省中のYです。暑いですねー。マヤさんのところは「コオロギが鳴いてて夜風が肌寒いよ」とのことですが、マヤさんのことです。怪談で人の背筋を寒くしているに違いありません。そう突っ込むと、「トイレに行くのが怖くなったって言われるんだけどさー。でも、わたし、トイレの怖い話はしてないんだよね(笑)それだったらさー、用もないのに押入を開けるのとか、目を開けたまま3度目の寝返りを打つとかのほうが怖くなり [続きを読む]
  • 選択とその結果
  • 前回記事でミステリーツアーのことを書いたものだから、「遊んでばかりじゃないよ。仕事だってしてるもん」と、マヤさんは言っていました。そのお子ちゃまのような言い方はさて置き、マヤさんの働き方は、表からは見えにくい。「黒子だから」 と本人も常々言っていますしね。マヤさんが必要とされているところで、人助けをしているのは確かなんですけれどね。でも、どのケースでも、マヤさんは常に、具体的な最初の一歩をアドバイ [続きを読む]
  • 棲み分け後の‥‥
  • はなクリエイト* のブログでは、最近よく「棲み分けた」と書いています。選択はすでに終わって、道はもう決まってしまっている…。「どの人も、自分の選択において幸せならいいだけ。 心が平穏で自由自在ならば」マヤさんの言葉を、この間、ブログに書きました。マヤさんがよく言っていたのが、「誰でも、自分の乗りたい電車に乗る。 乗った電車が、結局は自分の乗りたい電車。発車した後で周りを見回して、同じ電車に乗って [続きを読む]
  • 世相の行方
  • どうしようか迷いましたが、思い切って書いちゃいます。心の声が「今が書く時!」なんて言ってるような気がしますしね。今年の春ごろ、マヤさんが普通にこう言いました。「ここのところ、また、UFOがよく出るようになってきたよね」焼きそばではありません。しかも、「よね」と同意を求められても・・・。そのときは返事に困ったYでしたが、ちょっとそのことが心に引っかかっていたんです。なので、先日、何気なく、たずねてみまし [続きを読む]
  • ある日のこと。
  • 先日、マヤさんが取材を受けまして、Yも同行させてもらいました。聞きながら、改めて自分に照らし合わせてみたりして、わたし自身、とてもいい時間をもらいました。なかでも、話が死生観に及び、マヤさん自身の「生」「死」のとらえ方、覚悟について聞いたとき、心から「マヤさんらしいなぁ」と思った次第です。いやほんと、マヤさんという人をそのまま表していました。帰り道、ちょっとお話したなかにも、よりよく生きるためのヒ [続きを読む]