Kj_jyukucyo さん プロフィール

  •  
Kj_jyukucyoさん: 「考える塾Kj」鈴鹿白子教室(幼児教育〜高校生)
ハンドル名Kj_jyukucyo さん
ブログタイトル「考える塾Kj」鈴鹿白子教室(幼児教育〜高校生)
ブログURLhttp://ameblo.jp/kangaerujyukukj/
サイト紹介文個別指導の「考える塾Kj」が、新しく鈴鹿白子に開校しました!塾選びをどうしますか?ー「ここでしょ!」
自由文「先生の塾」。体当たり起業です!個別指導の学習・進学塾をオープンしました!しかし、それだけではありません。特に子供たち相互の関係で学習効果が高まる分野ではSR(スマート・ルーム)で、「中身が濃い!」少人数の質の高い授業を展開します。幼児教育、私立中学受験、国語能力UP、そして今話題のキャリア教育のCEPコースです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/03/09 08:51

Kj_jyukucyo さんのブログ記事

  • 自習の目的は・・・
  • なぜ、家でも勉強する必要があるのか?ということですが、 その狙いは、 塾や学校で勉強した「学び」を自分のものにすること、 理解を確認し、 定着を促進し、 発展的な学習をする、というわけですね。 時間は無限にあるわけではないので、 「効率」というのは必ずついて回ります。 良い自習のあり方を科学すると、 いろいろ見えてくるわけですが、 なかなかその場にいないとわからないことが多いですね。 例えば、一生懸命やって [続きを読む]
  • 自習で大事なこと
  • みんな自習しますね。 しなかった子がするようになった瞬間を除けば、 その目的と正しい方法が大事になります。 目的は、自分のものにすること。 そして、自分のものになったことを確かめるために、 点がとれるようにすること。 証明できなければ、思い込みかもしれないからですね。 そこで、証明できる力も必要になります。 そして、使える力、使える脳にすることです。 方法で大事なことは、正しくやっているかどうかです。 し [続きを読む]
  • 良くて当たり前
  • みなさんの保護者会のことを考えていたら、少し心配になってきました。・・・ うちでは、子どもの成績はいつも良かったですが、 良くて当たり前と言ったことは一回もありません。 まあ、あまりよくないなあという教科も、 まあまあよくがんばったわな、と言うわけです。 そして、なかなかできるようにならないことほど、 次に向けていっしょに考え、策を講じ、いっしょに取り組むようにします。 評価は、 結果ではなく、普段の姿勢や [続きを読む]
  • 明日から、夏期講習!
  • もう始まります! 夏休みは43日間、 夏期講習はそのうち37日間、 日曜以外は営業します! みんながいい2学期を迎えられるようにしたいですね。 夏休みはゆったりして、何かとサボりがち。 油断している気がなくても油断状態に陥ることが多いかもしれません。 そこをなんとか、「2学期につながる生活」にしたいですね。 暑いですが、頑張りましょう! [続きを読む]
  • あと3日で夏休み!
  • あと3日で、夏期講習! 手に汗にぎる勉強祭りが始まります! 今朝はまた、ひときわ暑い朝ですが、 みなさん、ご自愛ください。 及ばざるは、過ぎたるにまされりといいます。 体調が良くても続け過ぎないように、こまめな休憩をしてくださいね。 [続きを読む]
  • テスト勉強の自習って、実は結構難しい!
  • うちの塾では、自習も監督します。 が、自習は自習でしょ、と思うのが普通かもしれません。 自習って、監督が必要でしょうか? 自習中に騒ぐとか、自習しないとか、質問に答えられるとか、そういう次元の監督だけなら、 先生の存在があるだけでいいかもしれません。 しかし、成績を上げるための自習となると、チェックポイントはいくつもいくつもでてきます。 数学と英語は必ず毎日やるとか、 できるところだけやっていてはいけな [続きを読む]
  • テオ・ヤンセン展!!!
  • 県美でやってます! ちょっと昔は、美術館と言えばちょっとお高くて、 触るなどころか近づくことも規制されるのが普通でしたが、 今回テオ・ヤンセン展はスゴイ! 触れる、動かせる、解説を何度でも聞ける、本人がいる! ボクとしてはひっっっっっさしぶりの美術館でしたが、 感動でした!!! しかも、中身がもっとスゴイ! 夏休みの半日、ぜひ行かれてはいかがでしょうか? [続きを読む]
  • サピエンス全史が面白かったです!
  • ホモというのはラテン語で「人」、サピエンスというのは「賢い」だそうです。 10万年前にいた6種類のホモ属で、生き残ったのはサピエンスだけ。 その理由は、高度な言葉を持ち、細かい中身を伝え合うことができたから。 そして、 「ここにないものがある」ということ(フィクション)を共有できたから、というお話です。 ここにあるものしか見えないのではなく、 ここにないものを共有できるという認識は、こうやって書いているだ [続きを読む]
  • 入試改革 先行き不透明感は否めず
  • 少しずつ状況が確定しています。しかし、 それでどうなるの? の部分で、まだはっきりしない状況が残っています。 大学入試改革で、今のセンター入試に当たる試験で、 国語と数学で筆記を3問程度入れるということ。 配点は? 採点基準は? この辺は、きっと駿台予備校や河合塾や東進の先生の意見を聞いて決めるのだと思われます。 え?と思うかもしれませんが、 「ノウハウを持った専門家」ですから、文科省はそういうところの意 [続きを読む]
  • 三重県立高校の定員は・・・
  • 鈴鹿に関わる部分でいうと、白子高校の1クラス増がニュースですね。 人気校化して数年、そろそろ敬遠されるかなと思う頃に定員増で、 敬遠される理由が乏しくなりました。 絶妙ですね。 誰かが賢いですね。校長先生ですかね?職員のみなさんですかね? そういうことで、今年も白子高校は去年の流れでいきそうです。 あとは、桑西と桑北ですから、 中堅の私学、受け皿の私学や技能連携校が新入生を増やしそうな気配です。 それが四 [続きを読む]
  • 小学校3,4年から詰め込み教育は必要か?
  • 最近、小学生のお子様を持つお母さん方の間で、 早期教育についての危機感が広がっているようです。 しかし、本当に危機でしょうか?一部の塾に踊らされているのではないでしょうか? もとより、幼児教育〜小学校中学年までの早期教育の狙いは、資質をつくることです。 運動も勉強も何でも、このあたりの年齢では資質が重要。 資質でなければ何かというと、スキルとコンテンツです。 問題の解き方とか、どれだけ知っているかとか [続きを読む]
  • Kjメソッド、4つの科学とは?
  • Kjメソッドは、4つの科学から成り立っています。 そして、子どもたちのベストを引き出します! 成長を科学して、年齢や状況に応じた最適な指導をします。 学習法を科学して、わかる、できる、点になるやり方を指導します。 指導法を科学して、押しつけない、キレない、禍根を残さない指導で、居場所がある、自分を出せる、質問できる、状態をつくります。 勉強部屋を科学して、家庭学習につながる勉強の仕方、自学の方法を指導し [続きを読む]
  • 「覚える」と「考える」のバランスは・・・
  • 古典の勉強の仕方を考える時に、 「覚える」と「考える」のバランスが見えてきます。 古典を勉強するときに、 原文も口語訳も全部丸暗記して、 思い出して解くというやり方がありますね。 これは、一問一答式の問題に対して威力を発揮します。 また、古典を分解して、文法的に把握し、単語は単語で覚えて組み立てる力をつけるやり方がありますね。 理解問題、思考問題に対応できます。 それで、最終的にどちらの力が後まで使える [続きを読む]
  • 自習で何をしているのかな?
  • よく自習室というのがありますが、 高校生になったら、自由自在に自習室を利用できる人になっていたいですね。 でも、小中学生は、そうとは限りません。 「自習室はただじゃないんですか?」 と聞かれますが、うちはれっきとした有料指導の対象です。 自習がきちんとできるって、すごいことではないですか? 3時間の自学時間を、 何から始めて、どうやってつないで、どこで休憩して、行き詰まったらどうするか、 そもそも知らない [続きを読む]
  • 大学入試共通テスト、民間試験の受験機会は2回!
  • 民間試験の導入ですが、 高3の4月から12月の間に最大2回受験できるということだそうですね。 それまでに取得していてももう一度受けるのでしょうか? 浪人生は高3の時の結果を使いますかね? もう一度受けますか?受けてもいいですか? 替え玉受験対策は?面接試験の公平性の担保は? 民間の良心に任せて入試を実施するというのは狂気の沙汰。 やるなら絶対に厳密な基準を設けてから実施するべきですね。 恐いですね。不正をして [続きを読む]
  • 先取り学習か、基礎基本の徹底か?
  • 最近うかがったお話で、 小学校低学年のお母様方の間で、教育不安が広がっているということ。 先取り学習をしようとしているということですが、 それがいいか悪いか、 かみ合わせによりますね。 小学校3,4年生でつるかめ算が必要かといえば、いりません。 わかるかといえば、わかるかもしれませんがごくまれ。 できるかと言えば、これは繰り返せばできるようにはなります。 パソコンの中身はわからなくても、パソコンで入力する [続きを読む]
  • 夏期講習に向けて・・・
  • 夏期講習の説明会も終わました。 ご参加ありがとうございます。 Kjが良質の塾であることを、知っていただけたのではないかと思います。 さて、夏期講習に向けて、教材の整理等、進めているところです。 中学3年生、中学校生活最後の大会を目前にして、 高い気温にもかかわらず、汗まみれで楽しんでいることと思います。 ここのところは、ぜひ打ち込んでみて、悔いを残さないようにしてください。 あわせて、いつもどおりの勉強も [続きを読む]
  • そうだな、そっか!
  • うちの塾では、 大事なことの意識化を図ります。 そのためには、単純接触効果を使います。 偽薬効果も後光効果も使います。 「そうだな」、「そっか!」と思うように指導します。 浸透させるために必要な技能をいろいろ使いますが、 やることがいろいろある反面、 やらないこともいくつか決めてあります。 まず、押しつけること。これはやりません。イヤだと言えば、理由は聞きますが、宿題も出しません。 キレません。指導はしま [続きを読む]
  • ともかく今はルール違反
  • 高校の越境入学について、いろんな立場で意見が出されています。 中日新聞、朝刊の話です。 表沙汰になったからこそ、意見の場ができて、これはいいことですね。 こそこそやっているのは、本当にいけません。 そもそも、県立高校は県が設置し、県の税金を投入してやっています。 県立高校ではどこでも県が「県内在住」と決めているので、 この約束を破ることは、意味としては大問題なわけです。 例えば、愛知県と三重県が越境入学 [続きを読む]
  • 使える脳、使えない脳
  • 何をするかを理解し、どうするかを選択実行できる脳は使える脳ですね。 3分の1足す3分の2は1を計算できるけど説明できない脳は、使えない脳ですね。 これまでのコンピュータは使えない脳でした。 AIが高性能になってきて、使われる脳から使える脳になっていくと思いきや、 これからもコンピュータは使われる脳のようです。 AIは、説明できないそうですから。 つまり、自分が何をしているのか、わかっていないということです。 そ [続きを読む]
  • 忖度が始まります!
  • 地方の教育界でも、忖度が始まります。 今回の教育改革は、指導要領の改訂は小幅です。 学習内容を増やした前回の改訂をそのまま引き継ぐ形での改革なので、変わるところといえば、 指導法の改善としてアクティブラーニングの全教科への導入、道徳の教科化、小学校英語の3年生への前倒し、小学校英語の5,6年生教科化、小学校からプログラミング必修化、高大接続の見直し、高校で2つの新テスト、センター試験の見直し、英語外部検 [続きを読む]
  • なぜ、国語の勉強が大事なのか?
  • なぜ国語の勉強が大事なのでしょうか? 普通に日本語をしゃべれるし、普通に新聞は読める。 会話に問題がない状態になっても、なぜ勉強するのでしょうか? 一つは、コンテンツとして、知識を広げるためです。 言葉によって しかし、それなら音声や映像の方が生き生きとした情報を吸収できるのではないか。 そう思うかもしれません。 そうですね。でも、そういう媒体がなかった頃の記録の一次情報に触れるためには、 言葉が必要に [続きを読む]
  • 先生の数が足りない!とNHKで、朝から・・・
  • 先生の数が足りない!とNHKで、朝から・・・ いっていましたが、 今に始まったことではありません。 ずっと前からあったことの1つです。 しかし、臨時が見つかりにくいのは、世の中のどこでも同じですからね。 期限付き採用でも、7月30日と3月30日にいったん雇い止めになったり、 ブラックな状況は前からあるわけです。 じゃあ、正規職員を増やせばいいということになると、 子どもは減っていくので、 今度は増えすぎをおこします。 [続きを読む]