解体サポート さん プロフィール

  •  
解体サポートさん: 解体業界の透明化に日々奮闘するスタッフブログ
ハンドル名解体サポート さん
ブログタイトル解体業界の透明化に日々奮闘するスタッフブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/support-staff-guel/
サイト紹介文2万人に選ばれNHKで取り上げられた解体サポート 解体業者のご紹介、見積り相談などご利用は無料
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/03/11 17:59

解体サポート さんのブログ記事

  • お盆休みも受付しています!
  • 明日の「山の日」からからお盆休みに入る方々が多いようですが、解体サポートは休まずにご相談をお受けいたしますというのも、お盆休みで帰省された折に『ご家族会議』をされる方が多いのか、この期間でも解体サポートへのご相談は多いからです。その中でもここ数年で増えている内容としては、ご自宅とは離れた地域に空き家をお持ちでお困りの方や、建替えする際に、解体工事の費用を少しでも抑えたいという方からのお問い合わせで [続きを読む]
  • 気は優しくて力持ち
  • 先日、新宿区の解体現場へお邪魔してきました。当日は解体初日で(解体業界ではいわゆる「乗り込み」とも言われています)、主に建物内部の取り壊し作業(内装解体)がメインでした。 この時期(8月上旬)の内装解体は本当に大変です。私も10年以上前に何度か解体現場で実際に作業をさせて頂いたことがありますが、それはもう暑い暑い!キツイキツイッ!こまめに休憩をとりながらの水部補給は欠かせませんが、職人さん達は概ね「 [続きを読む]
  • 解体小説
  • 解体サポートには解体工事をお考え中の方や空き家を今後どのようにしようかと思案中の方に対して、さまざまなコンテンツをご用意しております。その中でも最近人気のコンテンツは「解体小説」です。 これから初めて経験されるであろう解体工事について、たくさんの方に楽しみながら学んでいただけるよう、比較的ご相談の多い事例をもとに、物語形式にしてお届けしております。解体サポートからの解説も同時にご説明してありますの [続きを読む]
  • 外構工事(エクステリア)も分離発注
  • 解体サポートは今年で14年目を迎えておりますが、サービス開始以前の15年位前までは、お家の建替えをする際には建てる業者さん(ハウスメーカーや工務店)に解体工事も一緒にお願いすることがごく当たり前とされていました。しかし、解体業者さんをご自身で探す方々が年々少しずつ増え、現在ではハウスメーカーの営業さんも「うちで解体すると高くなってしまうから、いいところがあるようでしたら インターネットなどでご自身で探 [続きを読む]
  • ※ご注意下さい! 〜3社一括見積もりサイトの価格操作について〜
  • 解体工事とは最終的に何もなくなる状態にするという、成果やその過程が見えにくい工事ですので、どんな解体業者を選んだらいいかの判断基準は往々にして『見積もり金額』となる事が多いようです。ここ数年でインターネット上に「3社一括見積もりサイト」などが乱立し、それ自体が悪いというわけでは全くないですが、「ヒドイ解体業者を紹介された!」というクレームが間違えてこちら(解体サポート)に入るという事が増えてきている [続きを読む]
  • 解体工事のダンドリ 完全マニュアル!
  • 解体工事をお考えの方は初めて経験される方が大半で、「何から手を付ければいいのか…」とお悩みになる事が多いようです。そんな方々向けに解体サポートのホームページには様々なコンテンツを用意しておりますが、なかでも最近ご好評なコンテンツは「解体工事のダンドリ 完全マニュアル」です。 解体サポートHP:解体工事のダンドリ完全マニュアル お見積もりを依頼されてから、ご契約、解体工事着工前の準備、お引渡し、解体工 [続きを読む]
  • 空き家管理のチェックリスト
  • ここ数年、解体サポートには以下のようなお問合せがとても増えてきています。「空き家になったままの実家。ご近所からのクレームも。どうしよう…。」「空き家を相続したのですが、解体するかそのまま残すか考え中なんです。」全国には約820万戸の空き家があり、そのうち使用目的や管理が明確化されていない空き家は約35%を占め、その数は250万戸以上との事!関連する行政機関や各自治体もこの「空き家問題」にさまざまな対応を強 [続きを読む]
  • 建物解体の背景にある物語
  • 先日は東京都内へ解体現場の初日にお邪魔してきました。解体業界では通称「乗り込み」と呼ばれる工事開始日ですが、職人さんへの明確な現場指示、ライフライン撤去依頼など大切な日です。 当日はお施主様もいらっしゃいました。「この建物は親父が50年位前に会社を創業してからずっと一緒に頑張ってきました。新たなスタートには変わりませんが、寂しい気持ちもありますね。」 と感慨深げにお話しをされておりました。少しの間現 [続きを読む]
  • 一味も二味も違う!
  • 先日、東京都内の解体現場へお邪魔してきました。 現場はでは重機を使うオペレーターの方とその手元の職人さんがキビキビと作業をされていました。 実際に現場に行ってみると、本当の意味での「解体業者さんの質、レベル」というものが分かります。この解体業者さんの一つ目の特徴は職人さんのコミュニケーション能力の高さ!ハードな解体工事中でも、爽やかに挨拶をしていただき、ご近所や通行人の方もの同様の対応。このような [続きを読む]
  • 解体工事に際して
  • 住む人がいなくなってしまった家の解体をしたいというご相談は数多くいただきますが、それに関連し名義変更していなくても解体は可能ですか?とのご質問をお受けすることがあります。結論から申し上げますと工事は可能です。ただ全ての法定相続人の承諾を得てから執り行わないと、後々トラブルになりかねないので注意が必要です。その際も書面でもらっておくと良いでしょう。また建物を解体した後に行う建物滅失登記についてですが [続きを読む]
  • 空き家はコワイ…?
  • 先日のニュースで、宇都宮市の空き家が火災に遭ってしまったとの事。しかもその原因は落雷によるものらしいです。このような落雷による火災は滅多にないかとは思いますが、長年の間、火災原因のトップは「放火」によるものとされています。建物の周りに燃えやすい物やゴミを放置することは放火の防止策と言われていますので、空き家をお持ちの方はなるべく早めに対策をとっていただいたほうがいいかと思います。また、以下のような [続きを読む]
  • 整骨院の内装解体現場へ
  • 先日は千葉県流山市にある整骨院の内装解体現場へお邪魔してきました。   つくばエクスプレス(通称:TX)流山セントラルパーク駅のほど近く通称「※A工事」と言われる電気設備・配線はそのまま残すので、その取り回しがとにかく大変!それでも現場の職人さん達は手慣れた様子で、黙々と連携良く作業を進めていました。 現場みなさんの邪魔にならないように少しだけお話しを伺うと、「予定通り順調に進んでいます。事前にオーナ [続きを読む]
  • 歯科医院の内装解体
  • 先日は東京都内にある歯科医院の内装解体現場へお邪魔してきました。 当日は内装材を解体しながら、トラックへの積み込み作業(搬出)が主な工程でしたが、2階部分にある200坪の広い歯科医院の内装解体という事もあり、15人もの解体職人さんが黙々とそしてキビキビと作業をされていました。細かな廃材は袋に入れて運びます。(これが結構重いっ)外階段を使い、廃材の搬出、トラックへの積み込みをします。 内装解体の場合、一般 [続きを読む]
  • 都電に乗って解体現場へ
  • 先日、東京都北区の解体現場へお邪魔してきました。解体現場が面している前の道幅が狭く、トラックを停めておくスペースまでは人力で廃材を運搬しなければならないのでそれはそれはタフな現場です。当日はなんと7人の職人さんが建物内部の解体と運び出しの工程を黙々とされていました。(木造の建物ですと通常は4人位が一般的です。)また、どうしても汚れてしまう搬出経路に関しても、その日の工程が終わる前だけではく、随時掃除 [続きを読む]
  • 解体以外のご提案も可能です!
  • 「建物を解体した後、駐車場にしたいのでアスファルト舗装まで一緒にやっていただけますか?」 「倉庫を撤去してもらった後にガレージを新設しようと思っているんですがそこまで提案してもらうことはできますか?」 ここ最近、上記のようなお問合せが多くなっています。 解体サポートが提携して解体業者さんの中にはこのようなご要望に対して一括で行っていただけるところもございます。 当然、別々の業者さんにお願いするより費用 [続きを読む]
  • テクニックの違いは仕上げで分かる
  • 本日は千葉県市川市の解体現場へ最終確認も踏まえてお邪魔してきました。 解体工事の最終日ですので、上屋、基礎などは全て解体・撤去済で、当日は最後の仕上げと確認作業の日。 まずは手元の職人さん達のキビキビした動きが◎!ともすれば、職長さん(重機オペレーター兼務が多い)の指示待ちの時間ができてしまうこともままありますが、率先して動きながらも無言の連携が取れていました。 熊手を使って小石を集めて丁寧に手で拾 [続きを読む]
  • 空き家を減らすための政策  〜空き家抑制特例措置〜
  • 日本全国の空き家はどのくらいあると思いますか?なんと、820万戸もの空き家があると言われています!(総務省統計調査より)いわゆる「迷惑空き家」ともなると、景観・治安の悪化はもとより、倒壊、崩落や火災発生のリスクも出てくるので、地域住民にとっては身近な脅威となりえるものですので、大きな行政課題ともなっています。 そんななか、空き家の発生を抑制するための特例措置として、被相続人が居住していた家屋を相続した [続きを読む]
  • 火災現場の解体工事について
  • 3月に入りましたが、まだまだ火災現場の解体(片付け)に関するお問合せは後を絶ちません。火災に遭ってしまった場合、燃え殻が風で飛散してしまう事や周辺に漂うにおいなどによるご近隣への影響を考えると緊急性を要することが多いので、どうしても「知り合いの紹介」や「地元の解体業者」にお願いすることが大半のようです。 しかし…。そういったところにお願いして、トラブルや高額な解体費用に困惑された方々からのご相 [続きを読む]
  • 熊本へ出張!〜負けんばい熊本〜
  • 先日、熊本市内周辺の提携業者さんにお会いしに行ってきました。 熊本地震前の状況にまで落ちつくまではまだしばらくかかりそうですが、じっくりとお話しを伺ったその熊本の解体業者さんのお考えが素晴らしい! 「実は地元では色んな事が起きています。公費での解体(補助)を待てずに解体する方に対して、法外な値段で請け負う解体業者やブローカーなどがはびこっているような状況だったんです。ただ、私たちは地元で長 [続きを読む]
  • 店舗やオフィスの内装解体
  • 3月末の年度末を間近に控えるなか、2月に入り内装解体のお問合せが顕著に増えてきております。 店舗を閉店して新たな人生のスタートを切る方や、オフィスの移転をされる企業様、マンションのリノベーションに伴うスケルトン工事など、ご事情はさまざまです。 そこで、人気コンテンツ「解体費用例」の内装解体ページをプチリニューアルして、ご覧頂きやすいページにしました。【解体サポート 内装解体 費用例集 】http: [続きを読む]
  • 激安解体のツケ…
  • 先日のご相談内容より。========================「近所で解体工事をやっているのですが、その解体業者がひどいんです。 (※解サポからご紹介した業者さんではないです。)仮囲い(足場・シート養生)をせずに工事をしていて、水も撒いていないので土埃がひどく、うちの車が真っ白になるくらいなんです。あと、騒音と振動が尋常じゃないくらいなので、現場の職人に話そうとしたら、外国人だけで日本語が [続きを読む]
  • 解体工事中の事故について
  • 先日、福岡市内で解体工事中のビルが倒壊したとのニュースがありました。奇跡的にケガ人はいませんでしたが商店街沿いに建っていただけに一歩間違えれば大惨事になっていたかもしれません。まだ事故の詳しい原因は分かっていないようですが人通りが多い場所にもかかわらずガードマンを配置していなかったなど現場の管理がしっかりできていなかった可能性があります。聞くところによると福岡市内では価格競争が非常に激しいとのこと [続きを読む]
  • 「気配り」と「連携力」
  • 先日、東京都内の解体現場にお邪魔してきました。廃材は種類ごとに分別します手間がかかり大変な作業ですが、この分別の徹底により「下ゴミ」と呼ばれるこれ以上分別が出来ない混合廃棄物の量を最小限に減らすことが出来ます。なぜ手間をかけてしっかりと分別するかというと…。「廃材のリサイクル率を高めると地球にやさしい」という事もありますが、解体業者さんという事業活動の本質的な部分として、利益を確保するためでもあり [続きを読む]
  • ビルやマンションの解体工事
  • 年が明けてそろそろ1ヶ月が過ぎようとしていますが、今年は昨年よりも多くのご相談を全国各地の方からお受けしております。なかでも増えてきているのが「ビルやマンションの解体工事」です。昭和40年代に建てられた多くのビルやマンションの建替え時期に入っている影響が出始めているのかもしれませんが、一般的な住宅の解体と比べて、大規模な建物の解体工事には様々な注意点があります。■取得している許可解体工事の請負金額が5 [続きを読む]
  • 現場確認〜鉄筋コンクリート(RC)編
  • 前回に引き続き、世田谷区の解体現場にお邪魔させていただきました。この現場は鉄筋コンクリート3階建てに加えて地下ピットもあるので難易度の高い工事ですが、何事もなく順調に進められていてほっとひと安心です。この「何事もなく」というのはいっけん当たり前のことのように思われがちですが、大きな音や振動が出やすい解体工事では非常に難しい問題です。着工前に近隣の方への工事説明や工事期間中の挨拶など近隣対策がしっか [続きを読む]