ゴンタ さん プロフィール

  •  
ゴンタさん: Darts ダーツ
ハンドル名ゴンタ さん
ブログタイトルDarts ダーツ
ブログURLhttp://shelterfromthestorm8.blog.fc2.com/
サイト紹介文ダーツ関連
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 351日(平均1.0回/週) - 参加 2013/03/14 11:34

ゴンタ さんのブログ記事

  • PENTATHLON・・・・バレル変えたら、上手くいくこともあるんだなぁ〜と。
  •  ドーモ。酔いどれです。今、俺は身体中が痒い。原因は判っている。公園で酔って寝ていたからだ。当たり前だが、季節は夏。蚊とかダニとかノミとか・・・・いろんな吸血虫の餌食になってしまったからだ。もう、顔までボコボコになって酷い状態だ。もう二度と酒など飲む気はない。さて、本題。  ダーツバーで出会った人と501ゲームで闘いながら、ダーツバレルの話になった。その人は同じバレルを5セット購入したという。なぜ [続きを読む]
  • 動画紹介。
  • ドーモ。酔いどれです。 先日の事だ。とても良い動画(YouTube)を観て、とても爽やかな清々しい気分になったので皆さんにも観て欲しいんだ。特に、ダーツが楽しくて投げていたのに、いつの間にか、勝ちたくてたまらなくなってしまったり(俺な)、クソぉぉぉ〜って負けると顔を真っ赤にして怒っていたり、ダーツバーに何か義務でもあるかのように顔を出しに行くだけでダーツも義務みたいに投げてる人達に観て欲しいんだ。そして、初 [続きを読む]
  • もしかすると裏抜きは、俺には出来ないのかもしれない。
  • ドーモ〜。何だか、お久しぶりですね。酔いどれです。今日、酔ってダーツ投げてました。最初の対戦相手はダーツ歴25年のイギリス人でした。セットアップ時の制止動作が一瞬の…アンタ適当に投げてんじゃねーか?って感じの振り中投げプレイヤーです。負けました(泣)…それで、あまりにも悔しかったので、もう一度お願いしました。何だか悔しかったので、店のダーツバレルを借りました。ドルビート型です。もの凄く久しぶりに芯抜き [続きを読む]
  • 2017韓国summer festival ・・・・に行ってきたわ〜。
  • ドーモ〜酔いどれです。今年もPhoenix summer festivalに行ってきましたよ。相変わらず、酔ってどうにもならない状態でしたけれど・・・俺にとっては韓国で毎年、開催されるPhoenix summer festivalっていうのはダーツで知り合った、親切にしてくれた韓国人ダーツ仲間との再会を楽しむ大会なので、酔っていいのです(自己正当化)。   今回のダブルスパートナー・・・・・・以前紹介した→→ 昨年の李くん ←←の李くん(仮 [続きを読む]
  • シンガポールVSベルギーが面白かったわ。
  • ドーモ。今回は内容が無い…とにかくPDCの国別対抗戦は面白かった。個人的にはポールリム選手(63歳)の、まさかの活躍が印象に残った。ベルギーのハイブレクト兄弟に敗れたけれど、俺の中でポールリム選手は、これほど凄い人ではなかった。アベ100を出せる選手ではなかった。イメージとしては、スクリーンゴルフ好きなオジさんで、若い女性には手取り足取り丁寧にダーツを教えるが男には……とにかく、ダーツを楽しんでいるオジさん [続きを読む]
  • フライトプロテクターに効果はあるのか?その②
  •  どーも〜。 酔いどれです。 相変わらず、目が覚めたら昼過ぎだった・・・こんな生活を続けていてはダメだ・・・判っているんだが。 さて、折れたポイントはまだ溶けそうにないので、しつこいですが、何度目かのフライトプロテクターに効果があるのか?の結果だけです。しつこいですが、実験サンプルは多いほど真理に近づくし、どうせ2セットのダーツセットを左手に持ち、1セットはT20にもう1セットはT19に投げるという練習を [続きを読む]
  • 1937年Silver Comet 
  • どーも〜酔いどれです。 スティールダーツに関して、明るい素敵な未来について話がしたい。日本ではスティールダーツというのは競技人口が少なくて人気もない競技だ。だが、しかし・・・イギリスではサッカーやテニスに次ぐ競技人口がいるほど人気がある競技だ(オランダでも、とても人気がある競技である)。そのイギリスは最近、EU(欧州連合)から離脱問題で揺れているがイギリスは明るい近未来が約束された国である・・・・20 [続きを読む]
  • 指先のコンディションについて。
  • 感時花濺涙。 桜は、美しい……。パッと咲いて、潔く美しく散るところに俺は自分の理想とする人生観を重ね合わせてしまって共感してしまう。未練たらしさを、まったく感じさせない爽やかな散り方が素晴らしい。恩着せがましさを感じさせず、爽やかに笑顔で……俺もそういう死に方を選びたい。 ドーモ。 ビックリするほど健康で体力も筋力も人並み以上にある…酔いどれです。 今回は指のお手入れについてです。 俺は以 [続きを読む]
  • ダーツケースは何が良いのだろうか?その①
  • ドーモ。春宵一刻値千金・・・・などと言いつつ、今宵も酔うであろう酔いどれです。 少し前に、紙フライト愛用者達の間で話題になったダーツケースを今更だが、俺も買ってみたので紹介したい。 BULLSという日本では無名のダーツ用品メーカー製品だ。 ジュラルミン製で、コンパクトに作られている。 フライト、シャフト、バレルを分解せずに収納するダーツケースとしては最小のモノだろう。 素材が軽金属ということもあり、日 [続きを読む]
  • ギャリー・アンダーソン的なポイントについて・・・思うこと。
  • 今は酔っていない・・。書きながら酔うと思うが・・・。ドーモ。酔いどれです。 俺の周囲には、いろんなダーツプレーヤーがいる。面白い人もいるし、つまらない人もいる。職業も様々だ・・・税理士、建築士、土建屋、工場従業員、電気工事士、高校教師、医師、小企業経営者・・・。そんな人達が仕事中に遭遇した奇妙な出来事や酷い目にあったことを(おそらく、多少面白おかしく変えて)俺に話してくれる。面白ければ、俺は誰より [続きを読む]
  • 酔いどれ日記……
  • ハイサイ‼? 酔いどれです。ホントに酔っている。いつも酔っている。 今回はダーツなど関係のない話だ。 昨日の事だ。俺は両親の様子を見に実家に帰っていた。ちょっと用事があり、電車に乗っていると……女性に話しかけられた。ああ、見た瞬間に誰かは分かったよ。俺が十代の頃、仲が良かった女性だ。別に付き合っていた訳ではない。2度、2人で飯食べに行った事はある。彼女は、決して美人ではなかったけれど、何というか…か [続きを読む]
  • ポイントの表記サイズについて。
  • ドーモ。酔いどれです。今回の記事は、経験年数の少ない俺と同じようなスティールダーツプレーヤーさんならば、参考になるだろう。 以前の話だ。俺はスティールダーツバレルのポイント(先端の針ね)を交換しようと考えた。標準装備のポイントよりも、少し長いポイントに変えたかったのだ。だ、もんで〜標準装備されているダーツバレルのポイントの長さを測定した。バレル先端から、ポイントの先端までの寸法は26mmだった。俺は→ [続きを読む]
  • ダーツは関係ないが・・・ライト買い換えた・・
  • ドーモ。酔いどれです。 もう春だから、大丈夫だろうと思い、公園で酔いつぶれて寝ていたのですが・・・・寒くて2時間くらいしか眠れませんでしたよ。お外で寝るのも久しぶりだったので、身体のあちこちが痛む。公園のベンチも最近では肘掛みたいなのが追加設置されていて、上手く横たわることが出来ないし、俺のような酔いどれやホームレスの様な人達を社会は排除しようとしているんだな〜と実感しました。ちっぽけな、寛容とい [続きを読む]
  • BDOダーツバレル
  • どーも。酔いどれです。BDO(British Darts Organisation)ブリティシュ・ダーツ・オーガナイゼイションというダーツ団体がイギリスにある。設立は1973年であり、現在も世界チャンピオンは・・・・割愛。まぁー、スティールダーツプレーヤーならば、知らない人などいない。ご存知ないならば、検索して調べて欲しい。この団体が設立されたから現在のダーツがある。とにかくイギリスにあるBDOというダーツ団体が万人にオススメする [続きを読む]
  • これはオシャレ〜!
  • ドーモ!相変わらず。ヨレヨレと千鳥足でダーツを投げに行くと・・・。オシャレ〜な、人が居ました。服装もかなりのコダワリがある方ですねー。そういう方っていうのは、大抵の場合持ち物もオシャレです。まさかのシャフトとバレルの間にフライトリング‼?これはオシャレですねー。真似します!写真 で観れます。ゴメン酔ってるから画像縮小出来ない・・・ [続きを読む]
  • 久しぶりにシャフトを染めてみた・・・
  •  ドーモ〜。 昨日と違い、本日は酔っていない。そもそも以前と違って、最近の俺は酒を飲まないのだ。 最近、一部の方々の間でシャフトとフライトをブラックカラーにする黒セッティングというのが良いと言われている。1投目や2投目のボードに刺さったダーツが目立たず、気にならないので視界の邪魔になりにくいそうだ。実際に試してみると、俺はなるほどなぁ〜と思うのだ。確かに良い気がする。 しかし・・・そう思ったのは俺 [続きを読む]
  • バレル単体重量40g・・・・はスゴイぞ!
  •  ドーモ〜。最初に言っておかねばならないことがある・・・俺は今・・とても酔っている。しばらくの間、禁酒というかビール2杯だけにして、「強い酒は飲まない」というレイモンド・チャンドラー作品の主人公のような信条を持った男になる予定であったが、ウィスキーをボトル2/3・・いや、もっと飲んでしまったからだ。その前にビールを2杯飲んでいるので、頭の中はキラキラと輝くパラダイス状態である。ゆえに、書いていること [続きを読む]
  • シャフトの選び方は・・・未だに判らない。
  •  ドーモ〜。 生活の大部分をスティールダーツが占めるようになってしまった男です。 今回はシャフトの長さで何が変わるというのだろうか・・・と題して書きます。最近はプログリップシャフトの34.0mmを愛用しています。理由は、俺が真似したいと思い日夜動画を観続けているエイドリアン・ルイスが短なシャフトを使っていたから・・・という何ともカッコ悪い理由です。愛用しているターゲット社のプログリップシャフトも34.0mmか [続きを読む]
  • フライトの選び方・・・・今現在。
  •  ドーモ〜。 今回は昔の自分はバカだったって話です。 1年ほど前と、今の俺ではダーツの飛びは大きく異なる。今では、裏抜きと呼ばれる投げ方になった。まずは極端な裏抜きから始めて、少しずつ今の形にして行った。俺は不器用でセンスもないから、裏抜きである程度投げれるようになるまで非常に苦しみ、1年以上の時間が必要だった。ちなみに上方向に向かって芯抜きで投げながら、自分は裏抜きだと思っている人は非常に多い… [続きを読む]
  • MVG !!!
  • ドーモ〜。  今回もくだらい話である。いつものことである。  俺は、どちらかと言えばモノが好きだ。何であれ、購入する時は誰か尊敬に値する人や、カッコいいと憧れた人の愛用品を見た時に同じモノや似たようなモノを徹底的に調べ、それよりも良いと判断したモノを購入してきた。モノに執着というか愛着を持って、自分と共に年齢を重ねることが出来るモノを買って生きてきた。服でも靴でも日用品でも・・何でも。一生モノやハ [続きを読む]
  • くだらない雑知識……。
  • どーも〜。 今回は、とてもくだらない事です。ホントに、そんなこと知ってても何の役に立たない知識です。 ダーツバーで、時折会って話す事があるベテランダーツプレイヤーさんがいるのですが、その方が最近ターゲット社のピンチグリップというシャフトが入手出来ないから困っていると言っていました。ムダにダーツ用品に詳しい俺は、同じ構造のチタニウム製で、同じようにスペアトップが別売販売されているPOWER-TITANIUM GEN-2 [続きを読む]