あわぞう さん プロフィール

  •  
あわぞうさん: あわぞうの覗き穴
ハンドル名あわぞう さん
ブログタイトルあわぞうの覗き穴
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/awahiro
サイト紹介文思いついたとき、気が向いたときに 覗いて見る穴、 何が見えるかは、覗く人のお眼めで決まる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/03/14 20:19

あわぞう さんのブログ記事

  • 雨をたずねて:6
  • 雨が冷気に包まれると雹になります。噛みくだくと中から甘い水やウイスキーの出てくるあの砂糖菓子のように、雹の中に雨水が入っているわけではないのに、包という字を使っているのは、包には、外側から包むだけでなくひとまとめにしてしまう意味があるということなのでしょうか。外からの見かけだけでまとまっているうちは、雹になりきれません。"ひょう"という読みの響きには、どこかきつそうなところがあって、それが激しく降れ [続きを読む]
  • 雨をたずねて:5
  • 雨と方の組み合わせは、"ホウ"という文字、これは文語専用の形容詞で、訓読みはありません。雨や雪が四方に乱れ広がるさまとされています。この文字は、"たり"ということばをつなげて"ホウたり"としなければ、言葉としての意味が完成しません。"たり"と断定せずに、そうであるのかないのか、どちらにもとれるような保険表現は、新聞の見出しにもときどき見られますが、予報でなく今降っている雨や雪には無用なものです。"ホウたり" [続きを読む]
  • 雨をたずねて:4
  • 雲はたびたび美しく、ときに激しい文様を見せてくれます。雨と文を組み合わせると "モン" あるいは "ブン" という、雲の美しい模様を意味する字になります。これ一文字で使った文章をまだ見たことがありませんが、華を添えた "ぶんか" という言葉があるようです。これを「もんか」と読むと、その名にふさわしくない行状が話題にされている、あちらさまを連想してしまいますが、雲の模様が時々刻々移り変わることからすれば、革命 [続きを読む]
  • 雨をたずねて:3
  • 雨粒が細かくなっていくと"きり"になります。雨を分けると"雰"、きりという字です。きりにはもっと画数の多い霧があって、なぜかその面倒な字のほうが常用漢字になっています。もやもやしたふんいきには"霧"のほうが合っているのでしょうか。しかし、ふんいきを漢字で書くと雰囲気。あたまがもやもやしてきます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雨をたずねて:2
  • 普通に使われている漢字、つまり常用漢字は、いちいち見ずに飛ばしていきます。雨の下に下を書くと雫、しずくになります。音読みはナ、それと鼻の詰まった読み方のようなダです。この文字の意味を、「曲線を描いて水のしたたるさま」と解説している藤堂漢和には、「中国でもこの字をつかうが、しずくの意味に用いる場合は国字」となっています。ところが、Google の翻訳で中国語に雫と入れてみると、日本語はしずく。さあわからな [続きを読む]
  • 雨をたずねて:1
  • 雨の季節になりました。しばらくは、雨をたずねて歩きまわることにします。雨は空の上から降ってくるので、たずねる先はその下ということになります。雨冠の下が変わるとどういう字になるか、あらためてそれをたずねてみようというわけです。なんと、初手からまだ書いたことのなかった字に出会いました。雨の下に于の異体字を置くと 「ウ」"あまごい"という字になります。于は、わあああという嘆息の声で、雨を求めてわあああと嘆 [続きを読む]
  • 歌は世につれ:30
  • お隣さんには 知らん顔隣の国から 狙われながら押しかけられるのを ただ待っていてしかたがないと 諦めればよいのかせっせと納税 そのカネが声の大きい ずるがしこい国に吸い盗られていくしかたがないと 諦めればよいのかにほんブログ村 [続きを読む]
  • 季節感覚醒:1
  • 季節は 繰り返し訪れるが季節感は 待っていてもやって来ない同じところに 座り込んでいて近頃は季節が感じられなくなったなどと呟いてみたところで満たされるものは 何もない竹藪は 踏み込んでみたいと思わせないほど 厳粛だったにほんブログ村 [続きを読む]
  • 歌は世につれ:28
  • 一対一、同等なものの対峙は、人々の心をとらえやすい。愚かな質問に区切りをつけさせる「一日一番」の決め台詞の効果も、ワン・ワンという鳴き声の可愛さも、一と一が続くからか。しかし、一帯一路という、字面雄大内心即覇権のあの言葉には、一事が万事、安易に乗せられないよう用心しなければならない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 歌は世につれ:27
  • 海は 海のままがよい他国の近海に散らばる島々をつなぎ合わせて基地にし海に線を引いてしまおうという勝手気ままを見過ごしているとそのうちに 海が怒りだすにほんブログ村 [続きを読む]
  • 歌は世につれ:26
  • SNSに発信された情報は、誤字があれば本人が書いたものという判定ができるそうです。ライターがついている場合は、間違った字を載せてしまうことがないからという理由で。わざと間違ったものは、どうなるのでしょう。にほんブログ村 [続きを読む]