dragon1 さん プロフィール

  •  
dragon1さん: 目指せ!海外生活! to Russia
ハンドル名dragon1 さん
ブログタイトル目指せ!海外生活! to Russia
ブログURLhttp://ameblo.jp/dragon1-k
サイト紹介文海外放浪や語学勉強の経験から海外での生活(ロシア)を目指すdragon1のブログ。ロシア語を独学中。
自由文海外25カ国訪問、そして社会人になってから海外で働くことを目指しています。英語はある程度会話できるようになり、中国語も多少、、、現在はモスクワへの移住を目指し、ロシア語を独学で養成しながらいろいろ勉強しています。
ただ寝るのが大好きで休みの日はなかなか起きられません・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/03/14 21:18

dragon1 さんのブログ記事

  • マイルの使用 (Korean Air)
  • いよいよ、大韓航空のマイルを使うことができました!マイレージカード(スカイパス)を作って9年ぐらいか。そろそろ失効するマイルがでてくるので使いたいところでした。約77,000マイルあり、繁忙期でなければ、70,000マイルを使えば、欧州・中東・北米に行けます。色々と悩みましたが、中東に決めました。何故かというと、まだ行き先を決めておらず、ドバイやアブダビまで行き、そこから先に行きたかったからです。航空券を2枚手配 [続きを読む]
  • 航空会社マイルの有効期限が・・・
  • 飛行機を利用するときに利用しているのがマイレージカード。ぼくはJAL(Oneworld)とKAL(Skyteam)のマイルカードを持っています。(AN●は空港でAN●の利用時にカードを申し込んだのに家に届かないことがあり、うんざりして持っていません。) JALは25,000マイルほど、KALは75,000マイルほど持っています。仕事でよく乗るOneworld、アエロフロートとデルタ利用のおかげでマイルが貯まったSkyteamといった構図です。有効期限はそ [続きを読む]
  • ロシアでのスーツケース破損
  • 先日、極東からの飛行機を利用したところ、スーツケースが壊されました。実は1月にも壊されて、この春に新しいのに変えたばかりの悲劇。 1回目の破損では中央部に移動したときにパリッとヒビが、2回目の破損ではスーツの上の過度にボコッと直せないぐらいに深いくぼみをつけられました。下は2回目の写真です。 ロシアの空港は荷物の扱いがひどいようです。おそらく、管理者が見ていないところでは、作業員は楽をしようとしてい [続きを読む]
  • ウラジオストク・ハバロフスク
  • ウラジオストクとハバロフスク、ロシア極東の2大都市ですが、街の規模が似ているので、とても興味深いです。ぼくはウラジオストクに5か月間住み、またこの1年に4回ほどハバロフスクの町を歩く機会がありました。 人口はどちらも約60万人。しかし、それぞれに特徴があり、比較すると非常に面白いです。(規模は違えど、北京と上海、みたいな。)比較するとこんな感じです。[ウラジオストク]・海岸の町(日本海に面する)・2012 [続きを読む]
  • ロシア極東の田舎へ出張
  • 久々の更新となりました、、、 実は4週間ほど、ロシア極東の田舎へ出張に行ってました。場所を言うと仕事が特定されてしまいそうなので、控えさせていただきますが、本当に田舎です。日本の生活からは想像できないぐらいに。まず、道路。アスファルトなんてものはありません。砂利道。村には野良犬だけなく野良牛、野良馬もいます。しかし、一部の仔犬・飼い犬を除いて、みな臆病です。そして、水。上下水道なんてもんはないです。 [続きを読む]
  • 帰国
  • 2か月以上ブログの更新をしておらず時間がかなりたってしまいました・・・。 遅い報告となりましたが、2/28に日本に帰国をしました。帰国をしてから、家を探し、引越しをし、部屋の片付けをし、とかなりバタバタです。そして帰国時には既に仕事の繁忙期に入っており、バタバタして土日もいっぱい睡眠をとるもまたバタバタしての生活です・・・。そして、また近々に仕事でロシア極東に行かないといけないかも・・・。 こんな状態で [続きを読む]
  • とっくに2017年が始まってました、、、
  • またまた長らく更新できず、すみません。そして2017年になってしまいました。あけましておめでとうございますm(._.)m最近はウラジオストクから中国、日本へとウロウロしていましたが、またウラジオストクに戻りました。ウラジオストクも冬真っ盛りで、戻ってからは気温が-20度を下回る日もありました。-20度と聞くと恐ろしい感じがしますか。日本の真冬の格好に体の先を守れば、外を歩けます。マフラーつければ尚良しです。0度も-2 [続きを読む]
  • ウラジオストクのバーガーキング
  • 新天地での生活で欠かせないのは "自分の居場所" ではないでしょうか?自宅はもちろんですが、それ以外にも自分の居場所があるとその街での生活がよりよくなると思います。 ウラジオストクでの "自分の場所" の1つがバーガーキングです。笑われるかもしれませんが(^_^;)ウラジオストクの中心部に2店舗あります。ネットで調べたら、次に近いのがウスリースクに1店舗、その次が遥か先のクラスノヤルスクのようです。なぜバーガーキン [続きを読む]
  • ロシア旅行 〜 ナホトカ旅行 〜 ①
  • 9月の下旬に1泊2日でナホトカに行ってきました! ナホトカはウラジオストクから200kmほど離れた港町です。ソ連時代にウラジオストクが閉鎖都市だったときには、"アジア側の玄関口" という役割を果たし、昔は横浜からも定期船が出ていました。 電車でも行けますが、朝早くと夕方しか便がない&時間も掛かるために、バスで行くことにしました。 まずはウラジオストクの中心部から、バスターミナルへ・・・。バスターミナルは市の郊外 [続きを読む]
  • ウラジオストクでマトリョーシカを購入
  • ロシアの土産と言えば、マトリョーシカが真っ先に出てくるのではないでしょうか?日本のこけしがルーツと言われている木製の1つの人形の中にいくつかの人形が入っているものです。 先日、ウラジオストクでマトリョーシカを購入しました。 自分の中では、、、 ・少しぐらい高くてもクオリティの高いマトリョーシカがほしい。 ・一番小さいものもきれいなマトリョーシカがほしい。 ・大きなマトリョーシカはいらない。 それをモッ [続きを読む]
  • ロシアの地図アプリ
  • 街を歩く中で、スマホの地図アプリは非常に便利なものだと思います。知らない場所を歩くときは尚更です。 ロシア(ウクライナなども一部あり)の都市を歩くときに便利な地図アプリがあります。それが "2ГИС (ギス) " です。このアプリの最大の特徴は何と言ってもネット環境が不要であること。さらに、GPSの情報も落とし込まれるので、現在地の把握もできます。 アプリをダウンロードしたあと、都市ごとのマップをダウンロードし [続きを読む]
  • ウラジオストクの大型ショッピングセンター
  • ウラジオストクの空港から中心部に向かう道路に大きなショッピングセンター "セダンカシティー" があります。そのホームページの中で、KFCがあると記載があったので、行ってみることにしました。前から、このショッピングセンターは気になってましたしね。http://sedanka.city/ ちなみにウラジオストクにはバーガーキングが何店舗かあります。中心部にも2店舗あります。しかし、マクドナルドやKFCは未進出です。スタバもあり [続きを読む]
  • 吹雪いてます、ウラジオストク。
  • 外を見ると、今現在、吹雪いてます!金土日はロシアで3連休でして、シベリアに行ってきました。金の時点で、雪は積もってなかったんです。(1週間くらい前の小規模な雪が少し残ってるぐらい。)それが、今日の早朝にウラジオストクに戻った時には、積もっていました。温度も一気に氷点下を切りました。 そして、夜になり、吹雪です。写真撮影時よりも吹雪いてます。 明日、どれだけ積もるのか、楽しみです(笑) &n [続きを読む]
  • 北朝鮮国営レストラン "平壌"
  • 日本料理を味わいたい中での、日本料理店 "とよ原" の閉店という事実に直面。その後、ふと北朝鮮国営レストラン "平壌" の存在を思い出しました。 「確かこのあたりだったな?」と地図アプリで確認!調べたら "とよ原" からさらに先(ウラジオストク駅から見て)に進むとあるようです。 さらに10分ほどだか歩いて到着です!ピョンヤン! ご存じのとおり、日本と国交がない北朝鮮 [続きを読む]
  • 日本料理店を目指すが、、、
  • 外国に住んでいると、ついつい食べたくなるのが日本料理。 そんなことで金曜日の勤務後に出掛けてみました。目的地は "とよ原" という日本料理店。ユジノサハリンスクにある店の支店のとのことです。 久々の日本料理で楽しみでした。ウラジオストク駅からさらに15分ほどか、歩きました。 しかしガイドブックに載っている住所に辿り着いても見つからず??日本総領事館の建物にあるとのことでしたが、、、その中にレ [続きを読む]
  • ウラジオストク駅
  • ウラジオストクというと、シベリア鉄道をイメージする人が多いかと思います。英語で言うと、Trans-Siberian Railwayですね!市内にはシベリア鉄道の終点(日本から見れば始まりのイメージですが)であるウラジオストク駅があります。建物はロシア風です。写真にはないのですが、内装もかなり豪華です。(この写真は昨冬のものです。) 駅舎内に入るには、機械での荷物検査を通らなければなりません。このあたりは日本よりしっ [続きを読む]
  • ウラジオストクの初雪
  • 10月22日、いよいよウラジオストクに雪が降り始めました。長い冬の始まりです。 と、いっても午前中の数時間だけの降雪となり、積もらず。午後には日が射しました。 ウラジオストクはロシアの中では冬の温度は高い方らしいです。しかし、ロシアでは珍しい沿岸地帯。海風が吹きます。そのため体感温度は実際の気温より低い、と現地の人から何度も言われました。 いずれにしても、これから長い長〜い冬が始まります! [続きを読む]
  • 民俗村 カイニラン
  • カムチャッカの最大都市、ペトロパブロフスク = カムチャッキーから車で1時間弱の場所に原住民の文化に触れることができる場所があります。カイニラン(Каиныран)という場所です。旅行会社に訪問を申し込んでもらって、行ってきました。「村」と呼ばれていますが、個人的な印象は「民族交流施設」といった感じです。敷地内に入ると、馬が6頭ほどいて、草をむしゃむしゃとべています。そんな中、暖かく出迎えてくれたのが、 [続きを読む]
  • 11月に連休!
  • 11月4日はロシアでは民族統一の日、ということで祝日です。この日は金曜日!そのため、金〜日と3連休になります(^O^)6月中旬にロシアに入ってから祝日が1日もありませんでしたので、初めての3連休! せっかくなので、3連休だからできることを考えたら、やはり旅行となりました。行先を考えたところ、ノヴォシビルスクにしました!ウラジオストクからも直行便が多く飛んでいる&仲間もいるモスクワへも行けなくなかったのです [続きを読む]
  • 食料品購入
  • あまりに日常的すぎるネタで、ごめんなさい。購入したばかりの食料品がどれぐらいの値段をするのか、+"おまけ" を紹介したく、この記事にしました。 さっそくですが、まず、今日買った食料品の写真です。右上から、、、青空市場で買った、玉ねぎ2つ、モルス(ベリー系のジュース)、はちみつ、スーパーで買った、ピーマン、ザクロジュース、ノイチゴ味とイチジク味のヨーグルト、卵10個、パン、スイカカット、さて、合計でい [続きを読む]
  • ダイドー製品の自動販売機
  • 先日、晴天のウラジオストク市内を散歩していたところ、自動販売機を見つけました。場所は市中心部にある水族館(ルースキー島の水族館ではない)の付近です。 見事にダイドー製品が並んでいます。しかし、自動販売機の横にあるダイドーマークはないのが日本と違います。また、モスクワにはダイドーの自動販売機があるのは知っていましたが、ウラジオストクにもあるのは知りませんでした。 中を見ると、、、仲間外れのRe [続きを読む]
  • 今日の昼ごはん
  • 昼休みも作業せざるを得なかったので、ランチタイムが16時30分近くとなってしまいました、、、昼を抜かして時間が経つと、逆にたくさん食べる気がなくなります。と、いうわけで、事務所近くの食堂で以下を注文♪・魚のスープ 50ルーブル・ジャム入りのパン 10ルーブル・モスクワピロシキ 10ルーブル (普通の砂糖味のパンだった)・コカコーラ250ml 40ルーブルなんと、合計で110ルーブル!!!少量とはいえ、200円しませ [続きを読む]
  • 中国人と韓国人が多いウラジオストク
  • ウラジオストクに移住してから2週間が経ちました。2週間が経ち、分かったことは、"中国人と韓国人が非常に多いこと" です。市の中心部や商業施設、観光地に行くとだいたい見かけます。毎日見かけます。(ちなみに、日本人は自分の仕事関連で会った人を除いて2組しかまだ見てないです。)また、韓国系のビルで仕事をしていることもあってか、現地で働く韓国人も多く見かけます。中国については、距離が近いことと、人口が多いことか [続きを読む]
  • ウラジオストク到着
  • 9/20に無事にウラジオストクに到着しました!当日は、台風が近づいて飛行機が飛ぶか心配でしたが、無事に飛びました。気圧の影響からか成田空港からウラジオストク空港までの飛行時間はわずか1時間35分ほどでした(笑)現地オフィスにアパートも手配してもらい & 買い出しも手伝ってもらい、生活が落ち着きつつあります。人口60万人ほどと都会とは言えないような街ですが、先日まで住んでいたペトロパブロフスク = カムチャッキー [続きを読む]
  • 移民が多いカムチャッカ
  • カムチャッカに来て驚いたことが、思いのほかに移民(出稼ぎ労働者)が多かったこと。市場に行くと、商品を売っている人の多くが "ロシア人ではない人" でした。旧ソ連のウズベキスタン、タジキスタン、キルギス、アゼルバイジャンの人、さらには中国人(ぼくが確認した人はみな東北地方の人たち)もいました。市場以外でも、工場などにこれらの国の人たちが多く働いているようです。中国は別として、どうして中央アジアの人たちが [続きを読む]