TOMAKI さん プロフィール

  •  
TOMAKIさん: 日曜アーティストの工房
ハンドル名TOMAKI さん
ブログタイトル日曜アーティストの工房
ブログURLhttp://tomaki.exblog.jp
サイト紹介文本業はWEBプロデューサ。週末は日曜アーティスト。創作活動を中心にいろいろ書いてます。
自由文最近は、ブロガーイベントに参加してみたり、ブログを通じていろいろな人と知り合いになれるのが楽しいです。
思わぬ企画に発展したり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供679回 / 365日(平均13.0回/週) - 参加 2013/03/15 11:17

TOMAKI さんのブログ記事

  • 釣り記事を書くのである(文字通りの)
  • やっぱり、釣り好きならヘラブナ釣りにチャレンジしないと。そして、ヘラブナを釣るなら竿はやっぱり天然の竹を使ったものの方がしっかりと引きの手応えを感じられる。そういう意味で、紀州へら竿はかなり良いと思うんですよ。高野山の麓の竹を使い、竿師が半年かけて130もの工程を経てつくりあげた芸術作品のような竿。ここ最近、毎月コツコツ釣り記事を書いてます。釣り記事って言ってもあれだよ。インパクトあるタイトルで読者 [続きを読む]
  • 「いざという時のジャケット」を買ってみたけど、面白いねコレ
  • 週に2,3回、4時間くらいだけオープンする「SUPER CLASSIC ギャラリー&ストア」に行ってきました。薄い財布とか、とれるカメラバッグ、ひらくPCバッグ、保存するメモ帳とか、知る人ぞ知る的な良品がいろいろ置いてあって、買うこともできます。今回、この期間限定のお店に行ったのは、発売直後の「いざという時のジャケット」を買うため。どんなジャケットなのかと言うと、その商品名どおり、いざという時に役立つジャケットなので [続きを読む]
  • 「いざという時のジャケット」をリアル店舗で購入
  • abrAsusの「薄い財布」を誕生日に買ってもらったのが2011年。あれから毎日ずっと使い続けてもう6年、と。表参道にその財布を販売するSUPER CLASSICの期間限定のショップがオープンしてるっていうので、行ってきました。お目当ては、小さく折りたたんで持ち歩ける「いざという時のスーツ」。今度、急に海外出張が決まったので、その時に持って行こうかと。試着してみたら、Lでは小さかったので、XLを購入。薄い財布の方も、いろんな [続きを読む]
  • 2012年に仕込んだ「マイウイスキー」の同樽会
  • 僕が初めてお酒を飲んだのはいつだったか覚えてないけど、ウイスキーが好きになった日のことは覚えてる。2012年4月22日。北海道の余市で、ウイスキーづくり体験をした日。樽の中で年を重ねていくウイスキーの、5年、10年、20年と味が熟成されてまろやかになってくのを味わった時、なんかこう、俺も人間として成長しなきゃと思ったんだよね。で、その直後に転職した。あれから、もうすぐ5年が経つ。あの時作ったウイスキーが手元に [続きを読む]
  • もう5年、まだ5年
  • もう5年、まだ5年。ウイスキーをしみじみ飲んでると、「人生とはなにか」とか考えたくならない?2012年に北海道の余市で「マイウイスキー」をつくった仲間たちとニッカ ブレンダーズバーで飲んでたら、さらにまた5年ぶりの再会と出会いがあったりして、もうなにがなにやらわからないけど、すごく幸せな1日でした。あの時の人生の選択は、間違ってなかったんだなと思う。僕らのつくったウイスキーが手元に届くまで、あと5年。もう5 [続きを読む]
  • 透明アクリルとレーザーカッターでグッズをつくろう!
  • 先日、「webメディアびっくりセール」っていう、webメデイアが集う同人フリマ的なイベントに参加させていただきました。当日、別件で予定があったので、僕自身は会場には行けず、作品だけの参加なのですが。今回作品を置かせてもらったのが、「レビューズ」っていう製品レビューなどを書くブロガーさんたちが集まるメディアのブース。それにあわせて「製品レビューあるある」をテーマにネタを考え、レーザー加工機でつくりました。 [続きを読む]
  • #アガる香港 キャンペーンでグッズや本をいただいた
  • #アガる香港 キャンペーンで香港に関するグッズや本をいただいて、香港熱が高まってるところ。あの、写真でよく見かける益昌大廈(Yoc Cheong Building)に行ってみたいな。中国の深センとも近いようなので、両方を訪れるのも面白そう。カフェで本を読みながら、妄想旅行の夢が広がる。カフェで読むのにぴったりな本。#アガる香港 キャンペーンでいただきました。ここ、行ってみたいんだよね。香港のフォトジェニックなスポット、 [続きを読む]
  • 誕生日のメッセージありがとうございます
  • 43。42の次、44の手前。年齢は、とりあえずまぁ置いといて、今までと変わらず走り続けようと思うわけです。誕生日のメッセージ、ありがとうございます。一緒に、面白そうなところに飛び込んでいきましょう。そして、世の中は面白そうなことで溢れてる。さて、次は何をしようか。 [続きを読む]
  • マシュマロフォンダントに挑戦
  • didycoのモニターに参加しています。というわけで、親子でマシュマロフォンダントをつくってみましたよ。マシュマロをレンジで溶かし、アイシングシュガーを加えて適度な硬さの生地に。で、それをいろんなツールを使いながら、デコレーション。カップケーキにを飾り付けてみました。なぜか、最後になにやらとても奇抜なものができましたが。つくるのは楽しかったですよ。このキット、良いですね。 [続きを読む]
  • 【AD】ことばをそろえるパズルゲーム「ことぱずらっ」で遊んでみた
  • こどばをそろえるパズルゲーム「ことぱずらっ」で遊んでみましたので、その使用感や感想など。レビューブログのモニターに参加しています。さてさて。スマホゲームといえば、だいたいアプリをダウンロードするのが一般的ですが、このゲームはインストールも登録も不要で、すぐに始めることが出来るのが特長。パソコン、Android、iOSなどのブラウザ上で動くゲームなので、対象のブラウザであればすぐに遊べます。登録せずに「ゲスト [続きを読む]
  • 銀座モダンアートへ、久しぶりに
  • 銀座にある、築80年以上の元アパート。ここだけ、時間が止まってるような感じ。画廊がテナントとしていくつも入ってて、知り合いの作品展を見に来たのがこの場所と出会ったきっかけ。で、四年前に『ARTISTS' CAFE vol.3』っていうグループ展に僕も参加した、と。その後、回を重ねてvol.10の時がちょうど僕の誕生日だったので、一日中ここで絵を描いて過ごしました。すごく好きな場所。今開催中なのが、なんと『ARTISTS' CAFE vol.2 [続きを読む]
  • GINZA SIXの初日、15分だけ
  • 閉店ギリギリの時間でしたが、GINZA SIXのオープン初日に行ってみました。内覧会でいただいたコーヒーが美味しかったのでそれを買いに。あと、オトナプラザも見てきた。草間彌生さんのオブジェもね。蔦屋書店も良い感じ。15分で見られたのは、そんなくらい。会社帰りの寄り道、また来てみようかね。オープンしたので、来てみたよ。コーヒー買った。オトナプラザは、だいぶ大人な雰囲気でした。蔦屋書店も良い感じ。今度、ゆっくり [続きを読む]
  • 文章を書き続ける武者修行
  • 割と昔から書くのが好きな方なので、ほっとくと何時間でもずっと書き続けていられる。昨年は、ブログも年間で860本以上の記事を書いて公開したけど、その他にもいろんなウェブメディアに寄稿もしたり。「武者修行」として、来るもの拒まずでひたすら書きまくった。旅行系の記事の他、製品レビューや、イベント・スポット系。女性向けのメディアにもコスメや恋愛系の記事を(このおじさんが)書いたりもしてた。依頼されるままに、 [続きを読む]
  • 堀部安嗣さんの展示を見て、建築ってやっぱりすげぇなと思った
  • 建築デザインって、すげぇなと思うんですよ。だって、建築物をつくるのって、妥協ができないでしょ。細部まで設計し、それを確実に安全に滞りなく形にするまでがプロジェクト。場所によって歴史や気候とかも考慮しつつ。住みやすさや快適さも考えつつ、建築法などにもきちんと準拠しつつ、かつ予算内にも抑えなければいけない。その中で、自分の個性を出すということ。たくさんの人が関わるし、途中で調整も必要だろうし、いろんな [続きを読む]
  • 閲覧注意の超危険CM
  • まったくもう、あんな危ないことよくCMで流すよね。だって、ハイタッチだよ!高速で自分の手と相手の手をぶつけ合う危険行為。本人たちが腕や肘を痛める危険性があるだけでなく、周りの人に手が当たったらどうするんだろうか。子供が真似したらどうするんだ。まったく。三ツ矢サイダーが、CMを取りやめたのも当然だよ。っていうのは冗談として。管楽器を吹いてる人に女の子二人がふざけて笑いながらぶつかったシーンが、実は楽器演 [続きを読む]
  • 世界遺産に泊まりながら「旅」の偶然と必然について考えた
  • 一瞬開け方が分からず戸惑うような、古めかしいドアノブ。16世紀に建てられたチェコのリトミシュル城。世界文化遺産になっているその敷地内に泊まれるってのがすごい。明らかに後からとってつけたようなバスルームと、建てつけが間違っている浴室内の扉。まるで、現実が現実でないかのような、明晰夢の中にいるかのような不思議な感覚がする。どこからか、音楽が聴こえてくる。屋外で音楽イベントをやっているようだ。何の気なしに [続きを読む]