Aloha!Moana さん プロフィール

  •  
Aloha!Moanaさん: TEAM THE HORIZON
ハンドル名Aloha!Moana さん
ブログタイトルTEAM THE HORIZON
ブログURLhttp://teamthehorizon.blogspot.jp/
サイト紹介文ウルトラランナーの生き様
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/03/15 11:22

Aloha!Moana さんのブログ記事

  • 暗号通貨 起こるべくして起きた
  • 暗号通過の暴落は「起こるべくして起きた」と考えるのが普通である。特にここ 3〜4種間ほどのビットコインの急騰ぶりを思い出していただきたい。5月1日時点でのビットコイン価格は 15万円前後、対して最も大きな時価総額を記録した 25日は 33万円。わずか 1ヶ月足らずの間に時価総額が 2倍以上に増加している。( 22%増)この数値は通常の株式投資や為替では絶対にありえない異常値であり、どこかのタイミングで調整が入るのは当然 [続きを読む]
  • ビットコイン急落からのナイアガラが全コインに波及してます
  • 何やらビットコイン急落からのナイアガラが全コインに波及してますが、仮想通貨の動きはいつもこんなものですし、想定内な動きですね。上がり最速ですが下りも最速ですw 初心者の方は余剰資金を少し入れてお試しください。なかなか厳しい世界です。現物の方はホールドで7/1を迎えましょう。仮想通貨全体の時価総額が今後も増加する事に賭ける投資家は、狼狽売りの暴落は「ただひたすら買い」。 20%より下に指値をひたすら入れて [続きを読む]
  • 挨拶の無い世界
  • ボクの住むマンションに、隣の部屋に新たな住人が引っ越ししてきた。しかし、それから一週間過ぎても挨拶もない。ボクが数十年前に引っ越しした時は隣の部屋だけでなく上下階の住人にも挨拶したものだ。どないなってんねん! [続きを読む]
  • 全体の2割で十分で8割は断捨離する。
  • パレード理論が好きで、ほとんどのことは上位2割がある8割を占めるみたいな話です。たとえば、あなたは「パレートの法則」と呼ばれる一説をご存知でしょうか?別名「80:20の法則」とも呼ばれています。まずはその内容から確認して頂きたい。アリは、集団のうち2割が食べ物の8割を集めてくる。勤勉な2割の個体だけを取り出して集団にすると、 そこにもやはり「80対20の法則」が出現する。つまり、 働きアリと思われたものの [続きを読む]
  • (無題)
  • 四国霊場を1400kmを野宿しながら走る遍路として22日間で結願した。走り終えて、今思うことは考え方の変化がありますね!!でも、私も神でなく生身の人間です。いわんや高貴な僧であっても、昔から僧侶同士で好き嫌いや喧嘩があります。同じく弘法大師もひとりの人間であり、伝道師でもあります。確かに弘法大師にも人間として感情あります。感謝することに感謝する。その反対は、相手に感謝しながら反面教師で学びます!遍路とは [続きを読む]
  • 忘備録:Day3 走る遍路 道の駅日和佐〜シレスト室戸室戸
  • Day 3:Shikoku Pilgrimage 四国霊場108番所巡礼乃旅1400km 修行の道場旅 程: 23番:薬王寺 道の駅日和佐(野宿)〜(別格04鯖大師:八坂寺)〜シレスト室戸(野宿)行程:約104km** 日付:2016年5月19日  天気:晴れはじめに四国霊場108 総延長1400kmを野宿をしながら、走る遍路として22日間で巡拝しました。宿はとらず、走りそして歩きが基本の走る遍路ランナーです。これはその忘備録として公開します。 3日目201 [続きを読む]
  • Day 3 忘備録;四国霊場 野宿で走る遍路 
  • Day 3 本日の遍路道コース旅 程22:平等寺〜23番:薬王寺〜(別格04鯖大師:八坂寺)〜24番:最御崎寺行程は約104km** 2016年5月19日 晴れ はじめに四国霊場108総延長1400kmを野宿をしながら、走る遍路として22日間で巡拝しました。宿はとらず、走りそして歩きが基本の走る遍路ランナーです。これはその忘備録として公開します。なお、今回は写真のみ3日目2016年5月19日四国遍路巡礼走り旅中JR桑原駅からおはよ [続きを読む]
  • 再編集 忘備録 四国霊場108 走る遍路 Day2
  • 旅 程 行程は約64km13番:大日寺〜(国別格20霊場第2番童学山寺)〜14番:常楽寺〜15番:國分寺〜16番:観音寺〜17番:井戸寺〜18番:恩山寺〜19番:立江寺〜20番:鶴林寺〜21番:大龍寺〜道の駅わじら(四国別格20霊場第2番童学山寺巡拝) 2016年5月18日 曇り はじめに四国霊場108総延長1400kmを野宿をしながら、走る遍路として22日間で巡拝しました。宿はとらず、走りそして歩きが基本の走る遍路ランナーです。これ [続きを読む]
  • 忘備録;野宿で走る遍路 2Day
  • 四国霊場108 野宿で走る遍路;Day 2四国霊場108総延長1400kmを野宿をしながら、走る遍路として22日間で巡拝しました。宿はとらず、走りそして歩きが基本の走る遍路ランナーです。これはその忘備録として公開します。なお、今回は写真のみまずは2日目2016年4月28日十番札所切幡寺から第17番札所井戸寺まで野宿;新町温泉付近四国遍路巡礼走り旅中第14番札所 常楽寺岩の上の寺   四国遍路巡礼走り旅中第15 [続きを読む]
  • 忘備録;四国霊場108 野宿で走る遍路;Day 1
  • 四国霊場108 野宿で走る遍路;Day 1四国霊場108総延長1400kmを野宿をしながら、走る遍路として22日間で巡拝しました。宿はとらず、走りそして歩きが基本の走る遍路ランナーです。これはその忘備録として公開します。なお、今回は写真のみまずは1日目一番札所霊山寺〜十番札所切幡寺まで野宿;JRあさかわしま駅内おはようございます! 土佐沖は晴天ですよ!オシャン東九フェリー乗船中日和佐沖航行中風は冷たしオシャン東 [続きを読む]
  • 笠、金剛杖、そして白衣
  • 笠、金剛杖、そして白衣を着れば、お遍路さんと言われ、お接待を受け、野宿をすることが認められる。真夜中に歩いていようが、軒下に身体を横たえていようが、公衆トイレで身体を拭いていようが、許される。そういう意味では四国は住みやすいかもしれない。ボクが今住んでいる町の公園でテントを張ったとしたら、きっと警察に通報する人もいるだろう。そしてそういう野宿者が毎日のように現れたとしたら、「野宿禁止、キャンプ禁止 [続きを読む]
  • Day12 四国霊場108札所野宿巡礼走り旅 一番の試練
  • Day12 四国霊場108札所野宿巡礼走り旅 一番の試練旅程:40番札所 観自在寺〜愛媛県愛南町(野宿)日付:2016年5月28日土曜日天気 雨 累計距離 約歩行距離歩行距離682km四国霊場第40番札所観在見寺第40番札所観自在寺Map 境内に強い雨と風を四国特有の天気らしくて、境内に敷かれた敷石に大きな雨粒が叩き砕ける様子を一時間も二時間も。。。時間の感覚を失くしていた。雨宿りするために境内にある宿坊の軒下のベンチに [続きを読む]
  • 大山鳴動して鼠一匹
  • 大山鳴動して鼠一匹の意味をご存知でしょうか?答えは事前の騒ぎばかりが大きくて、実際の結果が小さいこと。百合子東京都知事ですが、東京オリンピックでもそうですが実際の結果は一体何??築地移転問題も同様です。早急な築地移転をすべきことが今の行政の使命でしょう!損害賠償されても当然ですし、その損害金は都税で支払うことになります。大衆迎合主義の小池東京都知事にはジャーナリストではない!!築地の水産仲卸業者が [続きを読む]
  • 大事なのはしっかり自分でいること。
  • 仕事がうまくいかない。お金が回らない。そんな経験したことある人多いと思う。会社潰して、お金も失い、家族とも離れた。一生懸命やっても結果が出ないこともある。人からの信用を失うこともある。そこで、他人目線で焦ってもダメなんだ大事なのはしっかり自分でいること。 [続きを読む]
  • 男泣だぜ!俺的走る遍路だ!
  • 2016年春に、お遍路で88カ所すべてを「通し打ち」(途中で中断せずに毎日連続して巡礼を続けること)したのが俺だ!!歩き遍路ではないぞ!!走る遍路だ!!この巡礼のための移動手段はすべて徒歩のみその大半は走り移動だ。全行程約1400kmを22日16時間04分で踏破し(これを「結願」と言う)したのだ!! 約1400kmの遍路道だが、弘法大師が歩いた遍路道を辿ったわけでショートカットもしないで忠実な遍路道は、かなりやばいぞ起伏 [続きを読む]
  • 四国霊場108野宿で走る遍路:第51番札所 石手寺
  • 2016年春野宿で四国霊場1400kmを走る遍路として、22日間で結願しました。第51番札所石手寺巡拝です日本最古といわれる道後温泉の近く。参道が回廊形式となり仲見世のみやげ店が並ぶ。境内は、巡礼者よりも地元のお大師さん信者や観光客が多い霊場である。そのもう一つの要因は、境内ほとんどの堂塔が国宝、国の重要文化財に指定されている壮観さで、それに寺宝を常時展示している宝物館を備えており、四国霊場では随一ともいえる [続きを読む]
  • 仏になること
  • 2016初夏発心四国霊場1400kmを野宿で、そして歩き遍路でなくて走る遍路で四国一周をして22日間で結願しました。四国の雄大な自然と人々の優しさに触れた巡拝でした。不覚にも観音寺付近で膝を痛めて2日間停滞したのが心残りです。そして、感謝の二文字が常に脳裏に記憶されます。空と海まさに四国霊場そのものです。歩き遍路の孤独孤独を理解したり、功徳を得るのは何もお遍路の回数だけではない縁あって、いまお大師さんに呼ば [続きを読む]
  • 桜の樹の下には屍体したいが埋まっている!
  • 今まさに満開の桜儚く散る桜花に人の命が重なり、日本人が愛してやまない花は他にありません。知っていまいたか?お墓には桜が似合うのです。国文学者の柳田国男氏の説明なんですが、古来、桜と名のつく地名のところは、死体捨て場だったそうです。桜の木は春になると、死者の魂を咲かせ、はらはらと散っていく。その潔さもこの世のものとは思えぬ美しさを思わせたようです。夜桜は、物凄く青光りして見えますしね。死者の顔色のよ [続きを読む]
  • 食べるスタイル;一日一食
  • 1日は朝昼晩3回の食事をとるということを私達は教えられて生きて来ました。それが普通だという認識の方が強いですね。そして1日2食や朝食を抜くとたくさんの人がそれではいけない、健康ではないということを言います。しかしそんな常識が最近覆されつつあります。1日3食食べるという習慣が出来たのは栄養不足が深刻化していた時代があったからです。そのため1日3食バランスよく食べるということが当たり前になっていました。しかし [続きを読む]
  • お接待をする理由
  • お接待をする理由として「お遍路さんは自分の代わりに四国八十八カ所霊場にお参りをしてくれるのだから、ありがたい存在だ」という考え方だ。「お遍路さんは『同行二人』としてお大師さまと一緒に巡礼している。そのお遍路さんをお接待することは自分の功徳になる」という説明も聞いたことがある。 だけど、こうした理由だけでは十分に説明しきれない気がした。もっと奉仕に近いような感覚というのか。あるいはお接待すること自体 [続きを読む]
  • 鈍い鈍痛と言いようのない寂しさ
  • ただ歩く。歩くだけ。自分が、今、何処にいるのかも分からない。毎日、毎日、それが日課。痛いのは、足だけではない。何故か心も痺れて、鈍い鈍痛  来たこともない。知らない!馴染みのない、ありふれた風景が、何故か懐かしい。水が流れ、雲が行く。人家、集落を離れ、山峡、山間部のありふれた国道歩き。遍路小屋があって、視界の開けた天地に出た。広がる田園風景を、遍路標識は左折。そこは田園の中の農道、一本道。何処へ連 [続きを読む]