りん♪ さん プロフィール

  •  
りん♪さん: りん♪の「穏やかに、軽やかに、晴れやかに」
ハンドル名りん♪ さん
ブログタイトルりん♪の「穏やかに、軽やかに、晴れやかに」
ブログURLhttp://ameblo.jp/114gokigen/
サイト紹介文観劇、読書、俳句、ヨガ、時々断捨離でごきげんに!50代女子です。よろしく♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2013/03/15 22:10

りん♪ さんのブログ記事

  • 「肉体のエリート」「運命のエリート」
  • こんばんは。 今日、春の叙勲受賞者が発表され、私は読んでいませんが、「九十歳。何がめでたい」がヒット中の93歳の作家 佐藤愛子さんには旭日小綬賞が贈られるとのこと。 九十歳。何がめでたい/佐藤愛子【1000円以上送料無料】1,296円楽天 先日読んだ林真理子さんの「下衆の極み」の「大人げなくても」の章に以下の文がある。 p251より 九十過ぎても健康で頭も冴え、原稿を書ける [続きを読む]
  • 映画に癒される。
  • こんばんは。 大型連休中に映画を観ようと思っている方も多いことでしょう。 一昨日、BS-TBSで放送された映画「駆込み女と駆出し男」観ました。2年前の今頃公開の映画ですね。 劇場では観ておらず、その後のWOWOWや日本映画専門チャンネルの放送の際も、全編をゆっくり観ることができず、過ぎてました。 鯵売りの「おみつ」役で出演された無名塾の円地晶子さんのブログで一昨日の放送を知り、今 [続きを読む]
  • ”KISSA SPORT”の靴
  • こんばんは。 また”KISSA SPORT"の靴を買ってしまいました。新作ではありませんが定番の型のを。 先日、ブログで知った別の履きやすそうな靴を、取扱店のデパートで履いてみたけど、 やはりこちらの方が好きで買ってしまった。 元々は故 高田喜佐さんが作ったブランドで、喜佐さんは著書も何冊かありますね。 【中古】 私の靴物語 /高田喜佐(著者) 【中古】afb348 [続きを読む]
  • 桜蘂降る(さくらしべふる)頃
  • こんにちは。 こちら地方、ソメイヨシノはすっかり散ってしまい、桜蘂降る(さくらしべふる:春の季語、桜の花が散った後、がくに残った蘂が散って落ちること)頃となりました。 今が見頃の八重桜が快晴の空に映えてます。 さて、震災後の復興を願う熊本では今日は快晴の空の下、航空自衛隊松島基地所属のアクロバット飛行隊(ブルーインパルス)が、復興の応援のため飛行したとのこと。 拙 [続きを読む]
  • 突然訪問した知人の家は、とっても片づいていた〜。
  • こんばんは。 先日、約4年前に知り合ったヨガ仲間の知人と初めてランチした帰り、急遽お宅を訪問する展開となりました。 知人が約4年かけて描いた油絵を見せてくれるということで。 油絵を習っていたことも知らなかったのですが、初めて大作を描いたとのことで、突然お邪魔する展開になったのです。 現在は、50代後半の夫婦と80代の母親の3人+犬1匹の暮らしだそ [続きを読む]
  • 「下に見る人」(酒井順子著)
  • こんばんは。 今日は、好きなエッセイストの酒井順子さんの本の話題。新刊の「an・anの嘘」を読もうとして、5年前に初版発行の「下に見る人」が目に入り、そちらを先に読んでみました。 下に見る人 [ 酒井順子 ]604円楽天 an・anの嘘/酒井順子【1000円以上送料無料】1,404円楽天 「下に見る人」は文庫本にもなっています。 皆さんの周りにもいませんか?何か言動がやだな [続きを読む]
  • 削ぎ落としの美学
  • こんばんは。 先日、俳句の吟行に初めて参加しました。 ※吟行:和歌や俳句の題材を求めて、名所・旧跡などに出かけること。(デジタル大辞林) 2年半前まで全くのビギナーだった私が、吟行に参加というだけでも驚きなのに、 吟行後、同年代のメンバー数名で”お茶”しつつ、皆で俳句について熱く語っていた・・・のは、もっと驚きでした。 しかも、メンバーは女性3人に男性1人、 [続きを読む]
  • ”スキ”や”イイ”の感覚を大事にしよう。
  • こんばんは。 大人になるとなかなか難しく、経済的な制限や周囲の影響で、好みの感覚そのものがあやふやになることもあるけど、 やはり自身の「何かスキ」とか「何かイイ」といった感覚は大事にしたいもの。 何がどうだからスキなのか、どこがどうだからイイのか、ちゃんと説明できなくても、やっぱり”スキ”や”イイ”はしっかりある。 その感覚は人、モノ、コトすべてにある。 大人 [続きを読む]
  • 世界一美しい!!
  • こんにちは。 数日ご無沙汰しました。ここ数日は、慌ただしかったのと、ブログ書きにもちょっと飽き気味だったので、暫しの”ペン休み”でした。 その間「世界一美しいスタバ」で有名な隣県富山の環水公園にも、初めて行って来ました。 この日は桜もまだ綺麗で、外国の風景のよう。 環水公園すぐ脇に、つい先日、富山県美術館が一部オープ [続きを読む]
  • ”熊本地震お見舞い申し上げます。”
  • こんばんは。 遠くから見守ることしかできません・・・。今日は過去記事を静かにリブログすることにします。 この記事を書いた時は、まだ次の大きな揺れが来ることはわかってなかったから、まだどこか実感が乏しい記事だった・・・。 お読み下さってありがとうございます。 以下のランキングに参加しています。 ポチッとして下さると嬉しいです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村 に [続きを読む]
  • 「家庭科が生きる力を養う」(by 陰山英男さん)
  • こんばんは。 桜、こちら地方、今日は本当に見頃です。 さて、今日も昨日ご紹介した陰山英男さんの「おとなの頭を磨く 生き方講座」から。 「家庭科が生きる力を養う」という項目がありました。 陰山先生は「保護者からすれば、国語や算数の学力や学歴が気になるところでしょうが、実際に生活する上で重要視すべき教科は、家庭科です」という旨を書かれています。 p124より [続きを読む]
  • 咲き出した〜。
  • こんばんは。 4日が気象台の開花発表だったこちら地方、一昨日までは蕾が脹らむばかりだったのに、昨日から近所でも一気に咲き始めました〜。 あっという間に3〜4分咲き。 桜の花とは関係ありませんが、 今日は俳優の仲代達矢さんも金沢入りされたようです。(ご本人の本日のツイッターより) 石川県知事に会いに金澤に来ました。谷本知事は昔からウマが合うので好きです。 あ [続きを読む]
  • 映画「海よりもまだ深く」
  • こんばんは。 先日、WOWOWで放送されていた映画「海よりもまだ深く」(是枝裕和監督作品)観ました。観に行きたかった作品です。 主演は、その少し前に同じくWOWOWで観た映画「エヴェレスト 神々の山嶺」の阿部寛さん。 都内の団地が舞台の「海よりもまだ深く」と、海外の世界最高峰の山が舞台の「エヴェレスト 神々の山嶺」。違い過ぎる背景。 主人公のキャラクターも、15年前に文学賞を取っ [続きを読む]
  • 情報過多の時代のアンバランス
  • こんばんは。 昨日、全然知らない人の情報をSNSで知ることができた件を書いたばかりですが、 昨夜、夫の知人のフェイスブックを見て、名前の前に「追悼」という文字の入っているのを初めて見ました。 合掌。 先々月亡くなられたということを、夫も昨日知ったそうで、ごく近しい方だけで送られたようです。後日の「お別れの会」の連絡が入って、皆、驚いたとのこと。 高 [続きを読む]
  • 情報過多の時代のアンバランス
  • こんばんは。 昨日、全然知らない人の情報をSNSで知ることができた件を書いたばかりですが、 昨夜、夫の知人のフェイスブックを見て、名前の前に「追悼」という文字の入っているのを初めて見ました。 合掌。 先々月亡くなられたということを、夫も昨日知ったそうで、ごく近しい方だけで送られたようです。後日の「お別れの会」の連絡が入って、皆、驚いたとのこと。 高 [続きを読む]
  • ちょっとドキドキ。
  • こんばんは。 唐突ですが、今日は名前の話。 自分と同じ名前の人が多くいるという方もいらっしゃるでしょうし、同じ名前の人には遭遇したことがないという方もいらっしゃるでしょう。 読んで下さっている方はいかがでしょうか。 私のファーストネーム(りん♪ではない)と同じ読み方の名前は、最近は結構あるけど、私が生まれた頃はまだ珍しく、未だに同じ字の名前の方には会ったことがありません [続きを読む]
  • 寝室を整える。
  • こんばんは。 こちら地方、桜はまだつぼみです。 昨日は天気がよかったので、久しぶりに寝室のカーテンを洗い、結露の影響で汚れていたエコ内窓も拭いてきれいに。 同じく結露の影響で汚くなっていた窓前の床も拭いてきれいに。 (雑巾が真っ黒になって、即捨てでした) ・・・で、調子が出て、埃が気になっていた寝室の照明も掃除機をかけ拭いてきれいに。 ちょっとし [続きを読む]
  • 通販での失敗
  • こんばんは。 ダブルガーゼの服の心地良さにはまり、先日、通販でガーゼの下着を見つけたので、買ってみました。 商品名は「やわらかガーゼ○○○○2枚組」 綿100%の素材なのに、身体に程良くフィットしてとても気持ちがいいんです。 これならあと2枚欲しいと思い、また注文。 よく見たつもりだったけど、その注文時の 商品名は「ふんわりガーゼ○○○○2枚組」 ・・・ [続きを読む]
  • 「刹那は永久に通ずる」
  • こんばんは。 「刹那は永久に通ずる」は、金沢出身の仏教学者 鈴木大拙の言葉だそうで、俳優の仲代達矢さんが一番好きな言葉だと、本日発行のインタビュー本にありました。 役者なんかおやめなさい [ 仲代達矢 ]1,620円楽天 だから、仲代さんは毎日毎日を大事に生きようと・・・心がけていらっしゃるようです。 他に印象に残った箇所は、第7章「スモールビューティーの時代へ」のp130より [続きを読む]
  • それぞれの道を楽しんで。
  • こんにちは。 春休みの帰省を終えて、娘は大学の寮に戻って行きました。 帰って来ていた間に、再チャレンジ組の元同級生の様子もわかったようで、 ・震災を乗り越えて合格を果たした友・再チャレンジでリベンジを果たした友・家庭環境の変化にめげず進路を決めた友 などいろいろでした。 勿論良い結果ばかりではなく、当初の思いからは離れた選択・決断をした人もいます。 ・・・が、それぞれ考 [続きを読む]
  • "上から目線”が苦手です。
  • こんばんは。 昨日も引用した岸本葉子さんのエッセイの中に、「人混みと甲高い声が苦手に」という項目がありました。 年齢とともに増えてくる苦手なことに、岸本さんは、人混み、甲高い声、大きなBGMを挙げておられました。 私も人混みは苦手で、公共のスペースの甲高い声や大きなBGMも苦手だけど、私がもっと苦手なのは、煙草の煙かな〜。 そして、年齢とともに増えてきた苦手なことに、”上から [続きを読む]
  • 揚げ物調理時の省力化のヒント
  • こんばんは。 昨日ご紹介した岸本葉子さんのエッセイの中に、下のような一文があって笑ってしまいました。 そんな母が今の私の料理を見たら、あまりの雑さに仰天するだろう。(中略)母に対しては気が引けるが、楽に元気に生きるためと許してもらおう。 私も同様で、年齢とともに面倒になって来た調理作業の省力化(手抜きとも言う)を編み出すこの頃・・・。 断捨離を伴う一例を挙げると、揚げ物専用鍋を処 [続きを読む]