kasumi32 さん プロフィール

  •  
kasumi32さん: kasumi30代半ばの2人目妊活ブログ
ハンドル名kasumi32 さん
ブログタイトルkasumi30代半ばの2人目妊活ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kasumi-i-imusak/
サイト紹介文医師で2人目妊活を始めました。産婦人科ではありません。
自由文ゴナールエフとタイミング療法を続け、2回の稽留流産の後、2014年4月に第1子出産。30代前半から30代半ばとなり、2015年6月から2人目妊活に向けて産婦人科外来の門を再び叩く。育児ブログではありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/03/16 20:27

kasumi32 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 9w3d(2人目)、最後のブログ?
  •     9w3d      前回の心拍確認から2週間後に受診をした。信じられない事に妊娠カ月に入った。胎児 21 mm 2等身 心拍あり 胎嚢測らず  9w1d相当で出産予定日は7月中旬くらい。やっと担当医からも母子手帳のお許しが出た。引き続き担当医は変わるが、同じ病院での妊婦検診となる。現在の症状としては第一子になかったつわりが出現。いまだ1日1〜2回は吐く。4〜6週は眠くてダルくて、しんどかった。今も [続きを読む]
  • 心拍確認6w6d(2人目)と妊娠初期の腹部エコー
  •    勝手に排卵hCG6000注射翌日を排卵日(2W)とて、6w6d (最終月経を0wとして、カウントにすると7w3d)心拍確認日が一番ドキドキする。5週後半になると最早で心拍確認できるのではとソワソワする(よく見てた心拍確認時期の論文)結果、心拍確認・・・できた胎芽 7  mm、胎嚢 21  mm心拍確認(1回目)できた 私の中では、心拍確認が1回ではなく、2回確認できるというのが、妊娠初期の最大目標なので、次の診 [続きを読む]
  • 4回目の妊娠の妊娠検査薬経過(※画像あり)
  •  0-10(排卵10日目、hCG6000単位の注射11日目)から自己流フライングするつもりだったが、忙しくてO-12からフライング(対して変わりない)ちなみに黄体賦活のhCG3000単位注射はO-7に施行。【陽性写真を下に添付】使用検査薬:wondfo 早期妊娠検査薬 :検出感度(25mIU/mL)※ただし使用期限を2年過ぎているhCG注射がどれくらい残るかという前の記事を超参考にしながら(黄体賦活のhCG3000単位注射が最長で注射後8日後にやっと陰 [続きを読む]
  • 胎嚢確認4w6d(2人目)と胎嚢の大きさについて
  • 勝手に排卵hCG6000注射翌日を排卵日(2W)とて、本日4w6d(最終月経カウントにすると5w3d)ちなみに週数の数え方は、私は排卵まで通常の2週間程度でなく、今回は19日かかったのでhCG注射の翌日の排卵日を2wとカウントしていた。主治医は排卵まで日数がかかっても、最終月経の日を0wとカウントしているので4日間ほどずれる。胎嚢確認・・・できた大きさ:7.9 mm次は2週間後に心拍確認予定  私の中では、心拍確認が1回ではなく、2回確 [続きを読む]
  • 2人目ゴナールエフ1週期目、、、まさかの陽性反応が出た。
  •  本日、生理予定日を1日だけ過ぎている。排卵16日目(O-16)であり、排卵12日目(O-12)から早期妊娠検査薬でフライングを開始し、徐々に濃い陽性となり、本日は判定ラインの約90%の濃さになってきた。今までの経過は6,7週の2回の稽留流産が続き、3回目の妊娠で出産まで至り、今回4回目の妊娠となる。頼む、うまくいってください! 前回も使ったフネの絵文字。来週5週になるので受診してみようと思う。まずは子宮内胎嚢確認でき [続きを読む]
  • 期限の切れた妊娠検査薬と排卵検査薬
  • 妊娠検査薬は2013年にネットで購入した海外の早期妊娠検査薬wondfo使用期限が2014年12月だった。まぁ遮光だし密閉だし、もったいないし、在庫分は使う事にした。最初に検査薬を大量注文する時はよく分からず排卵検査薬30本、妊娠検査薬70本の100本セットにしたけどhCG&エコーの排卵誘発なので排卵検査薬は使わないだろう。ネットでは排卵検査薬を妊娠検査薬代わりに使うと意見もあるが排卵検査薬で検出するLH(ホルモン)と妊娠検 [続きを読む]
  • 2人目ゴナールエフ1週期目 卵胞チェックまとめ
  • 2人目ゴナールエフ1週期目(2015.10月)D6からゴナールエフ75単位開始D11 総量 450単位  右卵 10mm 左 2mm  翌日から100単位へアップD14 総量 750単位  右卵 13mm  左数mm今回は右狙い、といっても成長遅し 100単位継続D18   総量 1050単位 右卵 18 mm 内膜 計測せず、     だがしっかり木の葉状。     hCG 6000単位ブスリ おっ痛くない。     D19(≒O-1)   hCG注射の翌日タイミング     [続きを読む]
  • リンカルとグリーンゼリーを使用してみた
  • 2人目、男児希望である。一応現代の医学で産み分けは不可能との見解であるが、できることだけやってみよう。もちろん女児でも大歓迎。贅沢な事を言っているのは重々承知。できれば何でも良いとか言ってたけど、とりあえず迷ったらやってみる方を選ぶタチである。生み分けネットから新規登録してリンカルとグリーンゼリーを購入。たっ、、高い! 会員登録料(5000円!)も入れたらリンカル4個とグリーンゼリー2本で42920円したリンカ [続きを読む]
  • 試験で東京さ来た!
  • 約2年振りの東京!専門医の試験で久々に東京入り、しかも今回の試験時間の都合でどうしても日帰りが出来ず、一泊する事に。出産後初めて子と離れて一泊! 解放感とか大丈夫かな、とか両方感情あるけど来たからには戻れないし、と飲む気満々で友人とおしゃれなイタリアン エリオ・ロカンダ・イタリアーナへGo給仕は外国人(イタリア人?)が多く、ほぼ万席で活気あり。デザートがうまかった  そして電気が消えて、店員がハッピバ [続きを読む]
  • 約2年振りのゴナールエフ再開
  • 今回から、出産から約1年半後で2人目妊活開始となった。D6に受診 担当医 「どうしますか?」  私 「では、今月からお願いします。ところで産み分けって可能なんですか?」担当医 「色々方法とかあるけど、現時点の医学では、無理です。」 私 「分かりました。」  やりとりはいつもシンプル、これが良い。診察なければいつも3分以内には問診は終了。という訳でゴナールエフ再び 連休挟んでのD6受診だったので、今まではD [続きを読む]
  • 妊娠した時の(流産含む)ゴナールエフの使用量(これまでの復習)
  • 参考は過去の記事   「ゴナールエフの量と経過 」     「妊娠した時のタイミングを振り返って」   「黄体賦活について」    「着床率を上げたい、ゆる〜い覚書」   「妊娠検査薬? 自己流フライング」ゴナールエフ3週期目(2012.11)D(生理)5から75単位から開始、総量 975 単位、注射 9 日間  (卵胞が育たず、途中から150単位に増量)D16  右卵 19 mm 内膜 9mm、hCG 6000単位注射 hCG注射当日、翌日にタ [続きを読む]
  • 出産後2回目の生理
  • 第一子出産後、1年5カ月にして初生理を薬(エストラーナテープとデュファストン)で起こさせて、今月は2回目の生理が来た。やっとまぁまぁの量、といっても多分これは他と比較しても圧倒的に少ないと思う。いつも少ない。2日目って何の事だレベル、そして3日目には数滴ってか終わってる。というわけで受診してきて、「生理が来ました」→「じゃ薬を出しましょう」の流れ挙児希望あれば前回と同じくゴナールエフとの予定であったが、 [続きを読む]
  • 出産後初の生理と副鼻腔炎
  • 初めてエストラーナテープ貼付とデュファストン内服で産後初の生理が来たエストラーナテープは2日に1回だから貼り忘れそうかなーと思ってたけど風呂入るとはげそうになるし、2日目最後はよれよれになったので意外と貼り忘れなかった。むしろデュファストンを飲み忘れた事が3回程あった。産後初の生理は、いつもの事だけど量も少なく3日ほどで終わった、まぁいいさ。という事で受診して、しばらくこれを続けましょう〜とたまたま重 [続きを読む]
  • まずは生理を起こさせる
  • 久々に出産後無月経 のために以前お世話になった産婦人科外来を受診した。担当の先生は出産後1年後にお礼に行ったので、割りとあまり間が空いていなかった。私 「出産後1回も生理が来ません、直近で妊娠を考えている訳ではありませんが、どうしたらよいでしょうか?」Dr 「やっぱり子宮の委縮とか考えると生理は定期的に起こした方が良いと思います。」ということで、以前もかなり内服していたルトラール(P)とプレマリン(E)を10 [続きを読む]
  • 出産後無月経
  • 1年9カ月振りにブログ復活!感慨深い (ブログお休み前の最終記事はこちら )2014年4月に無事出産し、今すぐに2人目を強くのぞむ、というよりは、ここ1年以内に妊娠できたらいいな、と考えている。2人目が授かるとは限らない。年の差とかはどうでも良くて、ただただ授かれば良いと思う。そのために今できる事として早めの準備として卵巣・子宮を整えたい。現在の状態としては、≪ 出産後1年と2カ月経過し、   さらに卒乳後4カ月 [続きを読む]
  • 過去の記事 …