ちぃじろう さん プロフィール

  •  
ちぃじろうさん: ちぃじろう日記
ハンドル名ちぃじろう さん
ブログタイトルちぃじろう日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/chi-jiro/
サイト紹介文2年3ヵ月間休職して青年海外協力隊へ。バングラデシュから帰国し、新宿と丸の内で生息中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/03/17 21:12

ちぃじろう さんのブログ記事

  • 冬休みもインドへ
  • もうすぐ古希を迎える両親が一緒に旅行に行きたいということで、旅行先をあれこれ話した結果、インドに決定した。両親はパックツアーで結構あちこち旅行していて、まだ行っていなくて比較的行き易いトコロがあまりなく、他に挙がった候補地はイスラエル&ヨルダン,ミャンマー,インドネシアなど。バガン遺跡やボロブドゥール遺跡へは割安なパックツアーが多いのとイスラエルやヨルダンは非常に魅力的なものの、昨今の情勢から少し [続きを読む]
  • PK
  • 昨日、2014年のボリウッド映画『PK』日本公開前の特別試写会が早稲田奉仕園で上映され、ちぃたろうと見に行ってきました。きっかけは、夏休みにラダックに行ったこともあって、日本で「パンゴン・ツォ」を一躍有名にした『きっと、うまくいく (3 Idiots)』とはどんな映画なのか見てみたところ、意外にも面白く、そんな時に試写会のご案内をいただいたからなのですが、平日の18:30上映開始という何とも微妙なスケジュールで、上司の [続きを読む]
  • バルセロナへ
  • 2016/09/17 (土)いつものごとく何の準備もしないまま旅行出発当日を迎えてしまい、大急ぎで冷蔵庫の中の食べ物を食べ尽くし、キッチンを掃除し、バタバタと荷造り。本を返しに図書館に寄りつつ丸ノ内線に飛び乗って銀座駅7:45時発の「THEアクセス成田」バスに乗る。さすがにシルバーウィーク初日、東京駅で満席になり、乗り切れない人多数。「ANA Lounge」でシャワーを浴び、とんこつラーメンをチャーシュー大盛りで搭乗準備万端。 [続きを読む]
  • 新旧協力隊員に遭遇@デリー
  • 2016/08/13 (土) 後半AI462 Amritsal 14:15 - Delhi 15:30約4年振りのデリー。ニューデリー駅まではメトロで。4年前の時点でもすでに開通していたけど、乗るのは今回が初めて、デリーらしさを感じさせない、快適すぎる移動に少々拍子抜け。ニューデリー駅からは「サンタナ・デリー」を目指す。コルカタ,プリーに続き、3ヵ所目の「サンタナ」、一息つくには日本人宿が一番。ベッドを確保したら、腹ごしらえに屋台をはしご。バン [続きを読む]
  • アムリトサル -2
  • 2016/08/12 (金) 後半-2「アターリー (インド) / ワガ (パキスタン) 国境」から帰ってきたら、軽く腹ごしらえにマクドナルドへ。ここのマックは肉類一切なしのベジ専門でした。「黄金寺院」前の広場で寝そべっている人たち、ゴロンとしているだけなのか、それともここで朝まで過ごすのか、夏は蚊の季節ではないとはいえ、快適ではないだろうに。靴を預けて中に入ると、ドンと輝いてます。ちょうど聖典が本殿から運び出されるところ [続きを読む]
  • アムリトサル -1
  • 2016/08/12 (金) 後半-1外出禁止令発令中のスリナガル訪問を断念して代わりの行き先にアムリトサルを選んだのは、「アターリー (インド) / ワガ (パキスタン) 国境」で繰り広げられるクロージング・セレモニーを見たかったから。急遽の旅程変更なので、ホテルの予約などしておらず、とりあえず「黄金寺院へ」。このカオスぶりを見て、7日目にして「インドに来たんだなぁ」と実感する。ラダックは所謂インドとは全然違いましたから [続きを読む]
  • シルバーウィークはスペインへ
  • いよいよシルバーウィーク。有給休暇取得奨励日なるもののおかげで多くの社員が9連休。加えて、40歳のご褒美でお休みが追加されて11連休に。そこそこ日数もあるので、今回はちょっと遠出してスペイン、バルセロナ、グラナダ、コルドバ、ロンダを訪れる。ゴールデンウィークと夏休みのインド旅行はちぃたろうを残して1人旅をさせてもらったので今回はちぃたろうの要望をすべて聞く予定。そのちぃたろうは、一足先にバルセロナ [続きを読む]
  • スパイスジェット
  • 2016/08/12 (金) 前半朝5時過ぎにゲストハウスを出て、野犬を避けつつポログラウンドへ。5時半発カルギル行きのバスに乗りレー空港で下車、値段も聞かず Rs20 を車掌へ渡す。国内線だから1時間半前に空港に着いておけば余裕かと思いきや、早朝のレー空港は大混雑。同じ時間帯にフライトが集中していて、ターミナル入り口でのチェック,チェックインカウンター,保安検査場すべてで大行列、完全に空港のキャパシティーをオーバー [続きを読む]
  • Budshah Inn Restaurant
  • 「ヒドゥン・ヒマラヤ」で教えてもらった、レーでおススメのレストラン。レー中心部にある酒屋の上にあります。前評判通り、ここのカレーはどれも美味い!みんなが「辛い」とヒィヒィ食べてるモノを適度な辛さと感じるのは、いまだにバングラ仕様の舌になっているということか。ここ、トリップアドバイザーでは「中国料理」に分類されているけど、完全に間違ってますね。ちょっとラッシーを飲みたくなったらここ、「ヒドゥン・ヒマ [続きを読む]
  • チェムレ & シェイ
  • 2016/08/11 (木)日の出前に起床、パンゴン・ツォで朝日を拝む。真夏にもかかわらず周囲の山には残雪があり、朝日に照らされるメラク村は美しかった。ホームステイ先で朝食を取り、8時前には出発。パンゴン・ツォに別れを告げ、レーへの道中に立ち寄るこの日の目的地はチェムレ。軽い偏頭痛が続いていたので、チャン・ラ峠は素通りしてもらった直後の光景、まぁ、これは、恐らく助かったでしょうね。往路にも車中から見た「チェム [続きを読む]
  • パンゴン・ツォ
  • 2016/08/10 (水) 後半ダライ・ラマ法王を一目見たところで、一路「パンゴン・ツォ」へ!次第に緑は無くなり、どんどん標高が上がっていく。そして、今回の旅の最高地点「チャン・ラ峠」、標高は5,320m。さらに進むと、崖下に車が3台転がっている。何でも、昨冬に軍の車列を雪崩が直撃し、3台6名が犠牲になったとのこと。夏でも土砂崩れの直撃を受ければ、同様の結果になることは明白、ちょっとゾッとする。その後、ちょっとし [続きを読む]
  • ダライ・ラマ14世
  • 2016/08/10 (水) 前半朝7時過ぎ、パンゴン・ツォに向けて出発。チャーター車のシェアは最終的に5人に増えてました。ちょうどこの日はダライ・ラマ法王の法話会がティクセで開かれているということで、寄り道。みんな正装をして、続々と集結しています。ちょっとしたセキュリティー・チェックを受け、パンと水を頂いて中へ。イスラム教徒用や外国人用のエリアも用意されている。第14世ダライ・ラマ法王、気さくなおじいちゃんっ [続きを読む]
  • アルチ
  • 2016/08/09 (火)朝、再び「ラマユル・ゴンパ」を散策し、朝食を食べてから宿を出発。ラマユルに来るとき、ラマユル到着の約20分前にレーへ向かうバスとすれ違ったので、逆算するとラマユルを8:50位に通過したはず、ということで、8:30には国道で待機。他にもバスを待つ人たちが10人くらいいるので、この時間にバスが通るはずのようだが、9:00を過ぎてもバスが来ない。そんな時、乗り合いタクシーのような車が通りかかり、運よ [続きを読む]
  • ラマユル
  • 2016/08/08 (月)早朝4:30過ぎにゲストハウスを出て、カルギル行きのバスが出発するポログラウンドへ。前日に購入したチケットには 5:30発 と記載されているのだけど、多くの人が「5:00発だ」と言うので、念のため早めに行ったのですが、記載通りの出発でした。それにしても、夜明け前の徒歩移動は超キケン!野犬がそこら中にいて、大抵は大人しいのだけど、中には群れをなして超威嚇してくる。已む無く迂回を強いられたりしました [続きを読む]
  • レー
  • 2016/08/07 (日) 後半高所順応のため、レーに着いた日はゲストハウスで大人しくしていることを推奨されていたが、特に体調に異変もなさそうだったので、さっそく街歩き。朝食にトゥクパを食べたばかりだというのに、メイン・バザールのカフェへ。屋上からは、いかにも、という眺め。アンズがシーズン真っ盛り。生アンズ、メチャクチャうまい!オールド・レーの細い路地から「レー王宮」へ。道なき道や崖を進んで行ったら、裏口から [続きを読む]
  • 外出禁止令発令中!?
  • 2016/08/07 (日) 前半レー空港からは、日本人2人組の方とタクシーをシェアしてもらい、市内中心部へ。適当に歩いて「ラマユル・レストラン」で朝食を取る。トゥクパ、麺類に外れ無し、といったところでしょうか。腹ごしらえを完了したところで宿探し。近くの「ジグメット・ゲストハウス&ホテル」で部屋を見せてもらったらなかなか良かったので即決、Rs800/泊、歩き方情報より安い。ホットシャワーと Wi-Fi が使えるので問題なし [続きを読む]
  • ラダックへ
  • 2016/08/06 (土)先月が仕事でバタバタ忙しく、先週は夜に立て続けに予定が入り、結局ラダック旅行の準備を全くできず、ホテルの予約も一切なし。加えて、出発前夜は、バングラの情勢悪化で特別任期短縮となったボランティア調整員の新たな任地への出発前の壮行会で、お世話になった方々と盛り上がっての2日酔い。何とかベッドから這い出て、急いで荷造りして、成田空港へ。NH829 Tokyo/Narita 12:30 - Mumbai 17:45この夏休みで一 [続きを読む]
  • 26-1 バングラ隊員 お帰りなさい
  • 1日に発生したテロ事件が発生する数時間前に、平成26年度1次隊のバングラ隊員2名は2年間の任期を全うしバングラを出国、翌2日に日本に帰国されました。同日には、日本への退避と任国変更を余儀なくされながらも無事に任期を全うされた元バングラ隊員もアフリカより帰国され、日曜日に「お帰りなさい会」が催されました。平成26年度1次隊の帰国により、残るバングラ隊員は8人に、2年前は70名以上の隊員が活動し、世界 [続きを読む]
  • なぜイタリア人と日本人ばかりなのか
  • はじめに、一昨日バングラデシュ北ダッカ市グルシャンのレストランで発生したテロ事件で犠牲となられた警察官やすべての方々に哀悼の意を表するとともに、事件の解決にご尽力くださったバングラデシュの方々に感謝申し上げます。今回の事件で犠牲となった方々のうち、イタリア人が9人と日本人が7人と国籍別ではこの2ヵ国が突出して多くなっています。この1年間にバングラで外国人が襲撃された事件は以下の3件、こちらもすべて [続きを読む]
  • バングラの情勢回復を願います
  • 昨晩未明に届いた「グルシャンのレストランに武装集団が押し入った」とのニュース。バングラ時間で朝7時半過ぎに治安部隊が突入したとのことで、今回の事件はとりあえず制圧されるのでしょうが、事件が発生している「Holey Artisan Bakery」は青年海外協力隊員のダッカでの滞在場所である隊員ハウスから直線距離でわずか400mほど、今までは外出しなければ安全が確保されていたけれど、押し入られる可能性まで考慮するとなると [続きを読む]
  • 3が7!
  • インドを旅する際に読めると便利なのがヒンディー語やマラーティー語の表記に用いられるデーヴァナーガリー文字。バスの行き先などはデーヴァナーガリー文字でしか書かれていないことも多いのですが、ベンガル文字を読めれば似ているところも多く、覚えるのはそんなに大変ではない。加えて大事なのは、デーヴァナーガリー数字を読めること。路線バスに乗る際、道行く人に「3番のバスだよ」などと教えてもらっても、バスの表記はデ [続きを読む]
  • 夏休みはラダックへ
  • GWにバーダーミとハンピへ行くと決めた時から、夏休みの目的地はラダックと決めていた。デリーまでのフライトをさくっと押さえ、ラダックまでの道程を検討。景色が素晴らしいとのことで陸路を検討するもののマナリからのルートは高山病になるリスクが高いのとそもそもマナリに入るまでに時間がかかることで断念。スリナガルまで飛行機で飛んでそこから陸路というのがラマユルあたりで途中下車できる点も考慮すると魅力的だったが [続きを読む]