Mor さん プロフィール

  •  
Morさん: じっちゃんの「空」
ハンドル名Mor さん
ブログタイトルじっちゃんの「空」
ブログURLhttp://ameblo.jp/morskyblue2013/
サイト紹介文父の「遠距離介護」をしながら、ママ学生になり、念願の介護士として、カナダで働き始めました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/03/18 01:05

Mor さんのブログ記事

  • ペースを保つこと
  • どんな状況に陥っても、冷静でいること。なかなかそう思っても、不安や心配が尽きないこともある。とにかく祈る、状態が上向きになるように....親友とのランチの約束は、敢えてキャンセルしなかった。親友だから、状況を理解してくれて、逆に一人で過ごすより、今日は正解だった。 [続きを読む]
  • 丁寧に生きたい
  • やっと日勤5日間が終わった〜転倒、病院送り、今週もハードだったな。最もハードなのは、同僚の愚痴や悪口を聞くことだけど自分の性格なのか、幼少の頃から、老若男女問わず、とにかく愚痴も含め、いろいろ相談される。相談されることは、頼りにされてるってこととポジティブに考えるけど、それが重なり続けると、やっぱり時にはヘビー適当に流せばいいんだろうが、丁寧に生きたいので、つい丁寧に聞いて、思い切り疲れてしまうそ [続きを読む]
  • 帯状疱疹
  • わぁが帯状疱疹になったらしい。じっちゃんのことで、相当疲れやストレスが溜まったんだろう。特に寺やお墓関連は、支出もデカいし、いろいろ注文も多いからなじっちゃんの百か日も控えてるし、早く体調が回復して欲しいもんだ。 [続きを読む]
  • 喜んでくれる人がいると....
  • 自分は夜勤の時は、一切食べ物は口にしないけど、モリモリ食べる同僚もいる。いつも自分の差し入れを大喜びしてくれるナース、日本料理大好きナースには、自分が食べなくても、つい何か作ってしまう。いつもケアする側の自分達、時には誰かにケアしてもらうと、嬉しいよね炊き込みご飯とキンピラを作った [続きを読む]
  • 頑張れる理由は、ちっちゃなこと
  • 仕事が終わって、短時間の間に、Marimoをデイケアに迎えに行って、宿題手伝って、洗濯して、夕飯の支度....働く母さんは皆やってることだと思うけど、ほ〜んと疲れるでも、「今日も美味しいご飯をありがとう自分達は、ママがいて、ラッキーだよ」な〜んて二人に言われるもんだから、いつも頑張れちゃうんだな〜じっちゃんの空を、今日も眺めながら帰宅。 [続きを読む]
  • たった1時間は、さすがに....
  • 日勤の時は朝5時起床。午前0時過ぎ、外の騒音で起こされた。そっから、「やべー、明日朝5時起きなのに、とっとと寝なきゃ」と思えば思うほど、寝れないもんで....気が付けば、午前4時さすがに眠い1日だったそれでもオフィスワークじゃなく、身体を動かす分、頑張って起きてられるけど。 [続きを読む]
  • ママとして、幸せ感じる1日
  • カジュアルスタッフには稼ぎ時の春休みでも、1日くらいデイケアに連れて行かずず、Marimoに何かしてあげたいと思い、今日は彼女の幼馴染と遊園地に行く。忙しく出かける準備をして、やっと腰掛けてコーヒーを飲んでいたら、「ママ、座っていて!私、ここのお皿洗ってしまうから。いつもママは忙しくって、休む暇ないものね。」娘にこんなこと言われたら、すごーく嬉しくなっちゃった。そんな朝でスタートし、子供達の笑顔を遊園地 [続きを読む]
  • オーガナイズ出来ない女は、ダメウーマン
  • ブルゾンちえみ、まだまだ勢いありそうだな〜今日はオフだったので、Marimoのバインダー整理を手伝う。新学期前にたまりまくったプリントの整理整頓。いつもMarimoに口を酸っぱくして言っている。「机の周り、バインダーをきれいにオーガナイズ出来る人は、仕事も大抵出来るもんだよ。あんたも、だらしなくしてるんじゃないよ。」うちのマネージャーが言い例、デスクの上はいっつもゴチャゴチャ、すぐに大切な書類を紛失する。何 [続きを読む]
  • 死なせて〜!
  • ランチを食べてたら、一人のレジデントがスタッフルームに飛び込んで来て、「大変、彼女が死ぬって、外飛び出しちゃったの〜!」指さす方向を見てみると、凄い勢いでWalkerを押しながら、大通りに突進して行く人が先輩同僚が先ず飛び出し、すぐ自分も後を追いかけた。「死なせて。死ぬ、死ぬ〜、車にひかれて死ぬ〜!」いつも弱いシニアも、こんな時の力は物凄い。二人で彼女を静止し、落ち着かせるのが大変だった自分の老化の憂 [続きを読む]
  • 北風と太陽の話
  • 介護の仕事の中で、レジデントを誘導したい時、イソップ寓話の「北風と太陽」を思い浮かべる時がある。北風のように強引に人を動かそうとすると、相手は余計動いてくれなくなる。太陽のように、じっくり暖かく照らし続けることで、相手は自分の意思で動き始める。自分は「太陽」ようになりたいと、いつも思っている。拒否している相手に無理強いをすることより、相手を優しく見守りながら、気長に警戒心をといていくのが、スムー [続きを読む]
  • 寿命は自分で決められないんだからさ....
  • 今朝担当したレジデント、「自分で思うように動けなくなって、人の世話になってばかりで、もう嫌だ。早く死にたい。運動も、身体が弱くなったから、面倒でしたくない〜。」エクササイズのプログラムに誘ったら、こんな回答。「でもさ、いっくら死にたいって思ってもさ、寿命は自分で決められないじゃん。毎日の運動を怠ったらさ、もっと弱くなるよ。足が弱くなったら転びやすくなる。転んで寝たきり、管に身体中つながれて、病院 [続きを読む]
  • エロおやじは、苦手じゃないです
  • 職場はナースを含め、女性が多い。レジデントのケア中、「セクハラ」を受けることもある。ただ「セクハラ」の定義も、人それぞれではある。手を握られたり、「キミに風呂入れてもらいたいな〜!」って言われただけで、血相変えてナースにレポートしてくる同僚もいる。今日も調子が悪くヨレヨレのレジデントがいたので、同僚と二人で部屋までエスコートした。本人歩くのが難儀でハアハアなのにも関わらず、女性二人に両腕を抱えら [続きを読む]
  • 陰性の検査結果で、まずは一安心
  • 先週の血液検査の結果で、ピロリ菌は「陰性」と出たそうだ。まずは、一安心。それじゃ、この痛みは???ピロリ菌のトリートメントの心配がなくなったので、併用出来ないと言われていた胃酸のコントロールの薬を、今日から飲める。Marimoも今日、同じピロリ菌がいるかの血液検査。Labに行く前に、予めネット予約しておいたので、30分以内で全て終了。これは正解!自分がどんどん賢くなって、どんどん積極的に、健康に貪欲にならな [続きを読む]
  • スキルス胃癌
  • 昨夜も、みぞおち辺りが激痛しずばあは、1996年秋にスキルス胃癌になり、その年の12月に手術。1997年秋に腸閉塞転移、余命3ヶ月の宣告を受けてから、1998年の2月に永眠した。55歳だった。人生やり残しが、たくさんあったと思う。Marimoや家族のために、まだまだ生きたいから、ちょっとでも胃痛が激しくなると、しずばあの最期を思い出し、不安が過る。どうか自分のことを、元気に生かして下さい。積極的に「健康」を考えよう!多 [続きを読む]
  • 東日本大震災から6年
  • 今日は、3月11日。東日本大震災から、6年も経つんだな。6年前のあの日、日本の家族や友達の安否が心配で、一睡もせずTVに釘付けで、一夜を明かした。日本とカナダと異なる福島原発の映像、カナダの映像の凄まじさに愕然とした。「俺は戦争を生き抜いたんだ、大丈夫だ!」心配して電話をする自分に、じっちゃんが言っていた言葉。当時の自分の日記には、じっちゃんや家族、友人のために、計画停電の時間を伝え続け、励ましていた記 [続きを読む]
  • ずっと気になってたこと....
  • 2017年の年が明け、何気に読んだ自分の今年の総体運は、「2017年は、完成と崩壊、そして、新しい始まりが訪れる運勢となっているのです。一時的に精神的に苦しいことがあるかもしれません。それは大切な人との別れかもしれませんし、仕事との別れ、家族との別れかもしれません。しかし、その苦しい変化こそが、産みの苦しみ。そこから新しいあなたの人生がスタートするのです。」こんな内容だった。「大切な人との別れ。家族との [続きを読む]
  • お父さんも、たまには息抜きどうぞ!
  • Farは滅多に飲みに出かけない。飲むのが嫌いなわけじゃないけど、仕事が終わると直帰の毎晩。「オレは、(酒は)飲まない。(煙草は)吸わない。ギャンブルしない。」じっちゃんは、自分がいかに優等生かをアピールする時に、いつも言っていたたまの職場の飲み会も、最後まで残らず、お金を多めにおいて退散。家から最寄りのバス停の前の酒屋で、酒でなく自分達のアイスクリームを買って、帰宅してくれる優しい父親だった。そんなじっ [続きを読む]
  • 郷に入れば、郷に従えと言うけれど....
  • 2月10日から胃痛がし、市販の胃薬、食事療法でも、効果が見れず、ファミリードクターへ電話。その時点で、2週間以降しか予約が取れなかった痛いけどイマージェンシーへ行くほど激痛ではないし、ウオークインクリニックは余り良い経験がないので、仕方なく予約が取れる日まで待つことにした。痛みがでてから約1ヶ月、痛みに耐えながら、職場のナースが勧めてくれた、マヌカハニーを舐め、ただひたすら、じっと待つやっと、やっとド [続きを読む]
  • 「ありがとう」と唱えること
  • じっちゃんが他界して、今まで以上に、「ありがとう」と言うことはもちろん、唱えることが多くなった。朝起きて、じっちゃんとしずばあの遺影に、線香を手向ける時。夜寝る前に、ベッドの中で、今日一日無事終えたことのお礼。「ありがとう」生きてることも含め、全てのことが当たり前と思ってないから、いつも感謝の気持ちでいっぱい [続きを読む]
  • たくさん食べて、よく笑う!
  • 元来引きこもり大好きな自分、悪天候だと拍車が掛かってしまっていた。この数日は、悪天候にも関わらず、友達から誘われたご飯は、出かけて行った。たくさん美味しいものを食べ、よく笑っておく。こういうことも、生きている中で、大切なことだ....毎日が、「ありがとう!」の日々。 [続きを読む]
  • また積雪....
  • 日本に住んでいる人から、カナダの冬は雪ばかりと思われがちだけど、少なくとも自分の住んでいるエリアは、例年雪なんて1、2回降る程度。が、しか〜し、また 雪 この冬は、記録的な降雪量だ雪は雨より、余計な通勤などの心配が増えるから、大大大嫌いMarimoが言う。「この冬は、もう本当に最悪。じっちゃんは死んじゃったし、雪ばっかりだし、大好きだったサラダボールは割れちゃうし、(昨夜遭遇した)ラクーンは車 [続きを読む]
  • ヨーロッパ路線って使えない!
  • 先日予約した、航空券の発券期限の日だった。Marimo達の搭乗予定の機材は、ボーイング777-200。となるとシートマップは、後部座席のデュオシート以外は、3 X 4 X 3シートになるので、隣に知らない人が座るのは免れられない。これにはMarimo、断固拒否ここで日本行きのJALとかなら、事前シート予約は無料だが、ほとんどのヨーロッパ路線は、各路線ごとにお一人様30ドルのリクエスト料がかかってしまう。しかも、3 X 4 X 3の配列じ [続きを読む]
  • 大切にしたい人
  • バスっとモノを言い、いつも1本スジが通っていて、ブレない、(他人に)なびかない。すっごい洞察力で、空気ジャンジャン読める。いつも向上心があって、人知れずとこで苦労人。こっちが窮地に陥ってる時は、どのタイミングで、どの言葉で人を励ますか心得、思いやりに溢れ、素直に甘えられる、かなり頼れる存在。こんな友達が、自分の生涯、ずーっと大切にしたい人。たくさんの交友関係より、自分を本当に理解してくれる、そんな人 [続きを読む]