プロ野球探偵ホームズ さん プロフィール

  •  
プロ野球探偵ホームズさん: プロ野球の謎を解くブログ
ハンドル名プロ野球探偵ホームズ さん
ブログタイトルプロ野球の謎を解くブログ
ブログURLhttp://japanbaseballnews.info/
サイト紹介文選手の凄さとは?移籍の裏側は?確執の原因は?小さな疑問から重大事件の闇まで、プロ野球の謎を解明します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/03/24 18:15

プロ野球探偵ホームズ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ソフトバンク・田中正義の欠点とは?
  • 本日、平成28年10月20日に、ドラフト会議が開催され、最大の目玉である創価大・田中正義は、ソフトバンクに決まりました。ただでさえ巨大戦力のソフトバンクが、ますます強くなってしまうという印象です。それはさておき、当初、12球団すべてが田中を指名するとまで言われていましたが、当日、下位球団から指名していくのですが、意外と田中が指名されず、どうしたことかと思っていたら、7球団目のロッテでようやく指名さ [続きを読む]
  • 西武の宮本慎也監督に失敗の予感
  • 田辺監督の退任が決まっている西武が、次期監督に宮本慎也氏に正式オファーをしたと報じられました。なぜ、西武OBの秋山幸二や潮崎哲也の名前が挙がっていた中、なぜ、ヤクルト一筋の宮本なのか?という疑問が湧きましたが、西武系列のプリンスホテル野球部出身だからだそうです。しかし、就任決定前から、早くも失敗するのではないかという声が、ネット上で上がっています。その理由を探ってみました。■口やかましい西武黄金時代 [続きを読む]
  • マエケンが抜けても広島が優勝した理由
  • 9月10日、広島カープが25年ぶりの優勝を決めました。黒田が先発の試合で優勝するという、これ以上ないドラマでした。しかし、下馬評では、昨シーズン、15勝しリーグ最多勝のタイトルを獲得したマエケンが抜けた広島に、優勝は厳しいと思われていました。マエケンが抜けても広島が優勝できた理由とは、何でしょうか?■ポスティングの移籍金昨年、マエケンがポスティングで移籍したことにより、球団には移籍金2000万ドル [続きを読む]
  • 日ハム・中田翔が不調の理由
  • 球団新記録となる15連勝を達成した日本ハムですが、そんな中、1人不調をかこつのが主砲の中田翔です。15連勝中は50打数9安打、5打点。打率.180で、ホームラン0。チームの足を引っ張っていたというのが実情です。プレミア12で大活躍し、今シーズンはさらなる飛躍が期待されたところでしたが、チームにとって、大誤算となっています。中田翔の不調の理由は何でしょうか?■ケガ今シーズン、中田翔は5月13日の西武 [続きを読む]
  • 涌井秀章が162キロを出した?
  • 平成28年6月27日のソフトバンク戦で、ロッテ・涌井秀章が162キロを出したと話題になっています。9回、柳田相手に投げ込んだ球が、スピードガンに162キロと表示されました。昨シーズン、大谷とともに最多勝を受賞したとき、涌井は、「(大谷くんの)162キロ投げてみたいです」とたたえ、来季は「162キロとまではいきませんが、頑張りたい」と、大谷をイジっていました。それが期せずして達成された格好です。もちろん、これはス [続きを読む]
  • 金本は監督として無能なのか?
  • 平成28年7月3日、金本監督率いる阪神が、最下位に転落しました。事前予想では、優勝の呼び声が大きかっただけに、この結果は意外と言ってもいいでしょう。「超変革」を掲げて、若手中心の起用をしてきた金本監督ですが、それが、成績には反映されていません。ただ、現状は、現役時代の輝かしい実績もあってか、それほどの批判には発展していません。あえて、金本監督の采配の欠点を書いてみます。■日替わり打線金本監督は、仰木監 [続きを読む]
  • 鳥谷敬の不調の理由
  • 阪神・鳥谷敬が2016年7月2日終了時点で、打率.236と苦しんでいます。鳥谷は、ベストナイン6回、ゴールデングラブ賞4回と、安定した成績を残してきましたが、今シーズンは、開幕から不調で、出口の見えない状況です。鳥谷の不調の理由を探ってみました。■視力の低下一番考えられるのは、加齢による視力の低下です。今シーズンの鳥谷は、バッティングだけでなく、守備でも今まででは考えられないようなプレーが目立ちます。 イージ [続きを読む]
  • 3000本安打のイチローの最大の挫折
  • イチローのメジャー3000本安打が決定的となっています。3000本安打達成について、メジャーでは、3000本安打クラブと呼ばれ、非常な名誉となっています。達成者はイチローを含め、30人しかいません。メジャーでも、シーズン歴代最多安打(262本)、最多安打7回、首位打者2回、盗塁王1回など、輝かしい成績を残してきました。そんなイチローの最大の挫折と言えるのが、2012年、バッシングの末に、マリナーズからヤンキースに移籍した事 [続きを読む]
  • 『日本プロ野球改造論』並木 裕太/日本衰退の縮図
  • 1995年には、日米のプロ野球の総収益はともに1,000億円程度で、変わらないレベルにありました。しかし、現在では、4倍以上の開きが出てしまっています。その理由を知りたくて、本書を読みました。そこには、日本衰退の縮図がありました。■リーグビジネスメジャーには、各チームで行う「チームビジネス」のほかに、「リーグビジネス」があります。「リーグビジネス」には、全国ネットの放映権、オンラインビデオ放送、海外向け興行 [続きを読む]
  • イチローと田中将大が反対するルール変更をメジャーがやろうする理由
  • 6月19日に閉会したMLBオーナー会議の競技委員会で、二つのルール改正が合意されたと報じられました。その二つとは、「敬遠四球」と「ストライクゾーンの変更」です。イチローは「敬遠四球」に反対、田中将大は「ストライクゾーンの変更」に反対、と報じられています。二つのルール改正を行おうとするメジャーの意図とは何でしょうか?■敬遠四球ボールを4球投げなくても、ピッチャーが球審に敬遠の意思を伝えれば、打者を歩かせる [続きを読む]
  • 2000本安打を達成した福留孝介に悪いイメージがある理由
  • 平成28年6月25日、福留孝介が日米通算2000本安打を達成しました。日米通算2000本安打は、日本人選手として史上6人目の快挙ですが、その一方で福留には、ヒールのイメージもあります。その理由を探ってみました。■入団の経緯福留は名門・PL学園で1年秋から四番に定着。甲子園に3度出場。高校通算40本塁打を記録。95年のドラフト会議では、7球団が指名。近鉄が交渉権を獲得しました。しかし、入団拒否。意中の球団は、巨人 [続きを読む]
  • ピート・ローズのイチロー発言で唯一反論できないところ
  • メジャー歴代最多安打の記録を持つピート・ローズが、イチローの日米通算安打記録を頑なに認めず、物議を醸しています。「皆が俺をヒット・キングではなくヒット・クイーンにおとしめようとしている」「日本での1278本を加えるなら、俺がマイナーで打った427本も加えてくれよ」「高校時代に放った安打をカウントしている」などなど。野球賭博でメジャーを永久追放されているピート・ローズの発言には、人間の器の小ささがあらわれ [続きを読む]
  • ヤクルト・山田哲人がメジャーで通用しないと言われる理由
  • 今シーズンも絶好調の山田哲人ですが、メジャーでは通用しないと言われています。侍ジャパンの中でも、柳田>坂本>中田>筒香>山田だという評価の声もあるそうです。これほどの活躍を見せる山田が、どうして評価が低いのでしょうか?■足をあげるフォーム山田は足を高く上げるバッティングフォームです。こういうフォームはメジャーでは通用しないと言われています。メジャーでは、スピードが速く、小さく変化するムービングボールが [続きを読む]
  • 早稲田実業・清宮幸太郎の4つの欠点とは?
  • 早稲田実業・清宮幸太郎が話題をさらっています。実は、清宮に関しては、中学時代から知っていました。甲子園マニアで知られるアンジャッシュ・渡部が、中学在籍時の清宮を未来の甲子園のスターとして紹介していたからです。中学時代からテレビで話題になっている選手というのは、ちょっと記憶にありません。例によって、清原和博・松井秀喜以来のスラッガーだと言われています。そんな清宮ですが、清原・松井ほどではないと、弱点 [続きを読む]
  • 過去の記事 …