あさびじ さん プロフィール

  •  
あさびじさん: 日刊あさびじ
ハンドル名あさびじ さん
ブログタイトル日刊あさびじ
ブログURLhttp://www.asadakaikei.co.jp/archives/category/asabizi
サイト紹介文早朝からビジネスに役立つ情報を分かりやすくほぼ日で発信します。税務、法律、資金繰り、本の紹介など。
自由文専門家が書くブログは難しくなりがちです。『日刊あさびじ』では、分かりやすく、それでいて本質に迫る記事を書いて、一般の方に楽しんでいただけることを目指しています。『あさびじ』とは「朝からビジネスに役立つ情報を発信する」という意味と、会社名である「アサダビジネスサービス」の略称の意味があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2013/03/19 22:58

あさびじ さんのブログ記事

  • 4つの利益①
  •  新聞の決算発表を見ていると「経常利益」「当期純利益」など利益に関して様々な用語が出てきます。次の4つの利益についてそれぞれどういう目的があってどう見ていけばいいのでしょうか。① 売上総利益② 営業利益③ 経常利益④ 当期純利益 ① 売上総利益(別名:粗利)<計算>売上−売上原価(仕入、製造コスト、工事原価)<何が分かる?>商品力によってどれだけの利益を稼いでいるかが分かります。<誰が注目?>自社 [続きを読む]
  • 相続の分割はいつまで?②
  •  配偶者の税額軽減や小規模宅地の評価減といった相続税が安くなる特例を受けるには遺産分割ができていることが前提です。10ヶ月の申告期限内に分割できていない場合には一旦未分割の状態で申告して3年以内に分割を合意すれば特例の適用を受けられます。では3年経ってもまとまらない場合はどうなるのでしょうか。  その場合は「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」を提出すればさらに [続きを読む]
  • 相続の分割はいつまで?
  •  相続があった場合、遺言がなければ話し合いで分割を決めることになりますがいつまでに話をまとめればいいのでしょうか。  実は法律上の期限はありません。  ただし相続税の申告期限が亡くなってから10ヶ月以内なので、分割できてなくても相続税が発生する場合は申告しなければなりません。そして分割ができていることを条件に相続税を安くする特例があるため、未分割のままだと相続税は大幅に高くなります。 特例 [続きを読む]
  • 庭にも相続税!?
  •  相続税の相談でご自宅に伺った際によく聞かれるのが「庭にも税金がかかるんですか?」 確かに旧家の庭園は手もかかっていて値打ちありそうやなぁと思うものもありますが相続税はかかるのでしょうか。 <通達による評価> 評価の指針となる財産評価基本通達にはこう書かれています。「庭園設備(庭木、庭石、あずまや、庭池等をいう。)の価額は、その庭園設備の調達価額(課税時期においてその財産をその財産の現況により [続きを読む]
  • マイルは誰のもの?
  •  クレジットカードやスタンプカードなどでポイントやマイルを貯めておられる方は多いと思いますが、楽天リサーチの調査によると1人当たり5.3種類を持っているそうです。何と21種類以上という猛者も3.3%おられます。男女の比較では男性が4.4種類、女性が6.2種類でやはり女性の方がしっかり貯めているようです。  ところで会社の経費を個人で立て替えた場合に個人のカードにポイントやマイルが貯まることがあ [続きを読む]
  • 死後離婚と相続
  •  ”死後離婚”という言葉からは夫が亡くなったあとに離婚するというイメージがありますが制度上亡くなった人と離婚するということはあり得ません。”死後離婚”はあくまで造語で、正確に言うと「夫の死後に姻族関係終了届を出すことで夫の義父母等と親戚でなくなる」手続きと言えます。  その意味では夫と結婚していたことから発生する権利は”死後離婚”してもなくなることはありません。具体的には遺族年金の受給権と相続 [続きを読む]
  • 死後離婚とは
  •  巷で話題!?の「死後離婚」ですがどういった制度なんでしょうか。また税金への影響はあるのでしょうか。夫が亡くなったあとの妻を例にQ&Aで見ていきます。 Q1 一言でいうと?A1夫の死亡後に届出をして夫の親戚と縁を切る手続き。 Q2親族の同意は必要?A2夫の親族などの同意は不要で妻の意思のみで提出可能。親族には通知もされません。 Q3必要書類A3・姻族関係終了届(要印鑑)・戸籍謄本(夫の死 [続きを読む]
  • 債権放棄の注意点
  •  昨日の「役員借入金」のところで役員の相続財産が増加するという影響を紹介しました。会社への貸付金は相続財産になり、100%評価されて対策しにくい上に換金性が低いという問題点がありました。確かに対策はしにくいですが方法はあります。その1つが「貸付金を諦める」つまり「債権放棄して0にする」ことですが注意点もあります。 ① 法人税がかかる 借入金を免除してもらった会社としてはラッキーなわけですがそれ [続きを読む]
  • 役員借入金の意味
  •  昨日は「役員貸付金」について見ていきましたが、今日はその逆で「役員借入金」の意味合いについて見ていきます。 <役員借入金>① 税務署:お金はどこから出てきたのか役員貸付金の場合は貸した会社が営利団体であるため金利が必要でしたが、その逆で役員が会社に貸した場合は金利は原則必要ありません。会社が大変な時に役員がお金を貸して助けるというのはいわば当たり前のことで営利目的どうこうという話ではないため [続きを読む]
  • 役員貸付金の意味
  •  会社が役員からお金を借りたり、逆に役員に貸付けたりすることがあります。これはどういう意味合いがあるのでしょうか。見る人の立場によってどこに着目するかが変わってくるのでそれぞれ見ていきます。 <役員貸付金>① 税務署:金利を取っているかどうか会社は営利団体であるため、お金を貸すなら金利を取るという原則があります。これは相手が第3者であれ、役員であれ同じです。金利は経済合理性から考えると会社の調 [続きを読む]
  • 設立届の簡素化
  •  会社を設立等した場合に税務署に届出を出しますがこういった手続きが平成29年度改正で簡素化されています。 ① 登記事項証明書の添付省略<改正前>設立届に登記簿謄本のコピーを添付。電子で設立届を出しても謄本だけ別途郵送が必要。<改正後>登記簿謄本の提出が不要に。 ② 異動届のワンストップ化<改正前>個人や法人が移転した場合に異動前及び異動後の両方に「異動届」を提出。<改正後>異動前のみでOK&n [続きを読む]
  • 相続登記の注意点②
  •  昨日の続きで相続登記の注意点を見ていきます。 3.遺産分割協議書による登記<必要書類> 以下の書類が必要ですが死亡後に取ったものであれば3ヶ月を過ぎていても構いません。銀行の名義変更では印鑑証明は3ヶ月以内でないといけませんが相続登記はそこまで言われません。・被相続人の戸籍謄本(出生〜死亡までさかのぼる)・被相続人の住民票の除票又は戸籍の附表・相続人全員の戸籍謄本(現在のもののみ)・相続人全 [続きを読む]
  • 相続登記の注意点①
  •  ”相続”と言うと「遺産分割」と「相続税」にまず意識が行きますが、相続登記にも様々な注意点があります。 1.義務も期限もない 相続税は税額があれば申告義務が発生し、期限も10ヶ月以内と決まっていますが、相続登記は義務も期限もありません。だからと言って放置しておくと次のようなデメリットがあります。・第3者への対抗要件がない(法的に自分の権利を主張できない)。・先送りすると相続人が増えて手続きが複 [続きを読む]
  • 公売に絶版バイク!?
  •  国税庁のインターネット公売に絶版車を含む希少価値の高いバイクが出品されています。最低入札価格が最も高いのは「カワサキ Z1100GP」で180万円。他にも「ドゥカティ PS1000LE」90万円、「スズキ GS1200SS」72万円、「ホンダ CBR600RR」72万円、「ヤマハ SR400」72万円などが出品されています。 「インターネット公売」とは税金を滞納した場合に差し押さえられたも [続きを読む]
  • 増収増益
  •  売上を増やすというのは簡単なことではありませんが、さらに難しいのが利益を増やし続けることです。すばらしい商品やサービスがあっても、同業者との競争や原材料の高騰、為替の変動、時代の変化など様々なことが起こります。  そんな中、増収増益をし続ける企業もあります。上場企業の中では1位はニトリの30期、2位はヤオコー(食品スーパー)の28期、3位はドン・キホーテの27期、4位はオービック(システム開 [続きを読む]
  • 会計ソフトのシェア
  •  商売を始めた時に経理面で気になるのがどんな会計ソフトを使えばいいのかという点。我々もよく聞かれますがこれがなかなか難しい。プロでも判断に困るのぐらいなので一般の方はもっと難しいと思います。 何が難しいかというと会計ソフトの導入形態が違うだけに比較しにくいのですが、いろんな情報をつなぎ合わせながら特徴やシェア(推定)を見ていきます。 1.オフコン系 パソコンがない時代に会計事務所が導入していた [続きを読む]
  • あさびじのネタ元
  •  GWの中日でお休みの方もおられるかと思いますので軽めのネタで。書き始めて約5年になる『あさびじ』ですが「どうやってネタ考えてんの?」と時々聞かれるのでネタ元をご紹介します。 ① 日経新聞新聞には皆さんが気になる時事ネタが載ってるのでそれを元に税務的に掘り下げていきます。日経の電子版だとMyニュースでキーワード登録しておけば関係あるニュースが集まってきます。 ② 税務通信税務の専門誌はいろい [続きを読む]
  • 期ズレとは②
  •  昨日に続いて「期ズレ」について見ていきます。対銀行や認可の関係で利益を多く出したい場合に期ズレの処理をすることがあります。 <利益を増やすための期ズレ>① 手法・売上の前倒し・経費の先送り ② 税務上の論点・売上の前倒し利益を多くして税金を多く払っているので税務署は文句は言いません。・経費の先送り同じく利益を多くして税金を多く払ってるので税務署は文句は言いません。 ③ 調査対応 法人税 [続きを読む]
  • 期ズレとは①
  •  税務調査の場面で「期ズレ」という言葉を使うことがあります。これはその名の通り「期がずれる」つまり売上や経費を計上すべき時期が本来とずれていることを言います。 この期ズレには2つのパターンがあり、1つは利益を圧縮するため、もう1つは利益を増やすためのものです。それぞれの内容と論点について見ていきます。 <利益を圧縮するための期ズレ> ① 手法・売上の先送り・経費の前倒し ② 税務上の論点 [続きを読む]
  • 教育資金贈与の改善
  •  父母や祖父母から教育資金の一括贈与を受けた場合に1500万円まで非課税となる「教育資金贈与」について平成29年度改正により利便性がやや向上します。 従来は教育にかかった費用の領収書を紙で提出する必要がありましたが、電子的記録、具体的にはスキャンデータや携帯で撮った写真での提出でOKになります。  制度自体は平成25年に導入され、累計では17万件、信託財産額も1兆2000億円近くになっています [続きを読む]
  • 民泊と税金2
  •  去年の今頃、民泊の税金について取り上げましたが続報です。<前回のおさらい>① 所得税・儲けが年間20万円超で雑所得として確定申告必要。・事業的規模(5棟又は10室以上)なら不動産所得。・住宅ローン控除は受けられない。② 消費税・宿泊料は課税(年1000万円超で2年後に納税義務)。 <最近の状況>・ホストの標準的な年間収入は約100万円、貸し出し日数は年89泊。・都市部や観光地では1泊2〜3万円 [続きを読む]
  • マイナンバーのない申告書
  •  今年の確定申告や法定調書の提出からマイナンバーの記載が義務化されましたが、書かずに提出したケースもあったと思います。取引先に聞きにくい、管理されているようで嫌だ、時間的に間に合わなかった、などが主な理由でしょう。 では税務署はマイナンバーの記載なしでほっとくかというとそんなことはなく「共通番号管理システム」を使って氏名や住所からマイナンバーを把握しています。「じゃあ何で書かすねん!」と言いたいと [続きを読む]
  • 電子申告の義務化!?
  •  法人税の電子申告が2019年度から義務化される方向で検討されています。現状での普及率は約75%で意外にも大企業の普及率は約52%に留まります。効率化を考えて大企業の方が熱心かと思いきや、独自の会計システムを構築しているだけに税務署のシステムに合わせる手間がネックになっているようです。 義務化に向けては罰則をどうするか、経過措置や例外規定を置くのかという点が課題になってきます。具体的にはパソコンす [続きを読む]
  • 地方税の延滞税軽減
  •  税金の滞納というと消費税がテーマになることが多いですが、税収の4割を占める地方税でもかなりの額になります。2015年度で滞納された地方税のうち約1割にあたる1237億円が回収不能になっているようです。1割ということはこの10倍の滞納額があることになり、国税全体の滞納額約9800億円を上回ります。自治体が回収不能と判断する理由としては会社であれば倒産、個人であれば生活保護世帯分が多くなっています。 [続きを読む]
  • タワーマンションの増税
  •  報道によると首都圏でのマンション販売が減速しており、特に「億ション」と呼ばれるような高級マンションは契約率が7割に留まっているようです。原因として海外投資家の買い手が減ったことや株高効果が後退したこともありますが、”タワマン増税”の影響も大きいと考えられます。 昨年秋に増税の報道が出た時は、固定資産税と相続税の両方を増税するというものでしたが最終的には固定資産税のみが増税され、相続税は増税にはな [続きを読む]