しん@こべるん さん プロフィール

  •  
しん@こべるんさん: こべるん〜変化していく神戸〜
ハンドル名しん@こべるん さん
ブログタイトルこべるん〜変化していく神戸〜
ブログURLhttp://koberun.blog56.fc2.com/
サイト紹介文再開発によって日々変化する神戸の街並みを追いかけています。
自由文再開発によって変貌を遂げていく神戸の街並みを取材しています。神戸の街造りが抱える課題やポテンシャル等にも深く切り込んでいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2013/03/19 22:27

しん@こべるん さんのブログ記事

  • (仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画
  • ファミリア本社跡地で計画されている三菱地所レジデンスのタワーマンション。既存建物の解体が進められていましたが、新築建物の着工は今春を予定しています。本社屋、ファミリアホール共にすっかり姿を消した現場。瓦礫の山と化した敷地内です。更地化されてみると、かなり広い敷地である事が分かります。基礎等の地中障害物の撤去まで終わった状態でしょうか。着工予定は4月1日です。杭打工事が予定通り始まる事を期待したいです [続きを読む]
  • 新長田合同庁舎のパース公開
  • 神戸市と兵庫県が共同で建設する新長田合同庁舎の完成予想パースが建物の運用を担う神戸すまいまちづくり公社から公開されました。建物は地上8階 延床面積19,080平方メートル 高さ39.9m。今年11月に着工し、2019年6月末に竣工予定です。設計は日本設計が担当。プロポーザルの段階から庁舎として相応しい外観が求められていましたが、過不足なく庁舎らしい質実剛健なデザインとなりました。大通りに面した東側のエントランス周り。 [続きを読む]
  • 神戸阪急ビル東館解体工事と神戸阪急ビル増築工事
  • 解体工事の進む阪急神戸三宮駅ビルである神戸阪急ビル東館。解体が難工事の為、新ビルの着工は年末まで後退しています。現場では先行して地上部の解体が進んだ既存ビル東側の地中障害物撤去や地下鉄三宮駅構内への連絡路の解体も進められているようです。仮囲いの設置されている現場が以前よりすっきりと明るくなりました。その理由は建設地前にあった神戸市バスの停留所が100m程南の高架下に移設された事によるものです。お陰でこ [続きを読む]
  • 近畿大阪銀行神戸支店新築工事
  • みなと元町駅東出口に近接した敷地で建設の進められていた近畿大阪銀行神戸支店ビルの新築工事。遂にベールを脱ぎ捨て外観が顕になりました。ファサードはアルミカーテンウォールを基材とし、フレームは黒で統一。ガラスをブラウンのフレームで囲むデザインはシンプルながらもデザイン性が高く、色調もシックでなかなかお洒落な銀行支店ビルとなりました。栄町通に面する南側と元町商店街側の北側はデザインを異としているのもこの [続きを読む]
  • りそな神戸ビルの解体工事が始まる (仮称)神戸元町解体計画
  • りそな銀行神戸支店がJR三ノ宮駅前の三宮ビル北館に移転し、それまで支店が営業していた栄町通にあったりそな神戸ビルは共立メンテナンスに土地と共に譲渡されました。南京町の南側入口角地に面したこのビルは観光拠点としても最高の立地にあります。老朽化したオフィスビルをこの場所に所有していてもあまりメリットはありません。譲渡からすでに1年以上が経過していましたが、ようやく建物の解体撤去工事が始まりました。解体工 [続きを読む]
  • メリケンパーク再整備 全面開放は4月5日(水)に決定
  • リニューアル工事中のメリケンパークですが、神戸市は公園のリニューアル完成と全面開放を4月5日(水)に行うと公式に発表しました。残りあと約2週間となります。リニューアル工事は完成に向けて大詰めを迎えています。花壇の植栽や照明設備の設置が着々と進んでいます。園内の外周を縦横断するシティループバスの専用道路の北側エントンラスも完成しました。TOOTH TOOTHカフェの裏側を南に向けて真っすぐに道路が伸びています。南側 [続きを読む]
  • イオンモール神戸南の開業が三度延期 6月末から9月末へ
  • 神戸市中央卸売市場本場跡地で建設中のイオンモール神戸南ですが、イオンモールが神戸市に三度となる再度の開業時期延期の申請を行ったと神戸新聞が報じました。開業時期は当初予定の6月末から3ヶ月遅れの9月末になるとの事です。延期の理由はあろう事かテナント誘致難航による工期の遅れだそうです。140区画の内、まだ半数が埋まらず、特にアパレル系のテナント集めに苦戦を強いられているとの事。やはりumieから約2kmという至近 [続きを読む]
  • 波止場町のプロムナード整備
  • メリケンパークと新港第一突堤基部を結ぶ波止場岸壁に整備中のプロムナード。なんともうすでに街灯の設置が始まっていました。4月末の完成を考えれば当然かもしれません。街灯はダークグリーンの塗装が施されたガス灯調のデザインです。思ったより小ぶりなサイズでした。すでに全街灯の設置が完了しているようです。路面の嵩上げ作業も行われています。全長250mの歩道すべてが嵩上げされるのでしょうか。パースには描かれていませ [続きを読む]
  • 商船三井ビルにフレッドシーガルが開業
  • 神戸旧居留地で最大の近代建築・レトロビルである商船三井ビル。低層部を大丸神戸店が賃借し、これまでは大丸のインテリア館として機能していましたが、テコ入れが行われて関西初の出店となるアメリカ西海岸発祥のライフスタイルショップ「フレッドシーガル」を誘致。3月18日に華々しく開業しました。フレッドシーガルの日本国内進出は2015年。東京・代官山に初上陸を果たし、続いて2号店を横浜に開店。神戸店は3号店となり、関西 [続きを読む]
  • 神戸BALが全面改装オープン
  • トアロードの商業施設「神戸BAL」が昨夏より進められてきた開業以来初の一連の改装工事がすべて完了し、3月17日に全面開業を果たしました。ANNEX Iの建て替えて規模拡大を実施した他、本館の外装リニューアルを実施。内部は各フロアを順次改装し、テナントの再配置や新規テナントの誘致が行われました。「上質な時間消費を提案するショッピングタウン」をコンセプトとして、神戸BAL全体を改装。外観は大正・昭和初期の洋館をイメー [続きを読む]
  • 地域探訪 -金沢① 北陸最大都市としての風格ある駅前
  • 人口47万人を抱える北陸地方最大の都市である金沢市。北陸新幹線の開通で俄かに人気観光都市として活況に沸いている金沢。是非とも一度、訪れてみたい都市と思っていました。短時間ではありますが、念願叶ってこの街の触りの部分を見る事が出来ました。今回はそんな古都・金沢の風格ある駅前地区をご紹介したいと思います。これから進む三宮の再整備の参考という視点で観察しました。抽象的な「神戸らしさ」という言葉の呪縛に捉わ [続きを読む]
  • イオンモール神戸北を改めて検証
  • 旧中央市場卸本場跡地に建設中の(仮称)イオンモール神戸南がいよいよあと3ヶ月(?)で開業するの前に改めて我々神戸市民にとっては現在、唯一の現代型(米国型)ショッピングモールであるイオンモール神戸北を訪問してきました。神戸は都心部の存在が大きく、それ以外の拠点にも大小数多くの既存商業施設が点在し、郊外型の大型ショッピングモールの進出を阻んできました。加えて舞子と神戸北には人気アウトレットモールもあり、唯一、 [続きを読む]
  • (仮称)神戸アイセンター新築工事
  • 順調に基礎工事が進んでいる(仮称)神戸アイセンター新築工事。東側の仮囲いにこれまで未公開だった完成予想パースが掲示されました。建物を真正面から捉えて描かれたパースです。接続する歩行者デッキとの間に吹き抜け空間が設けられます。現場では基礎工事の最終工程が行われていました。1階床のコンクリート打設です。コンクリートの表面を綺麗にならしています。一部の床がまだ完成していませんが、近々、鉄骨建方の準備が開始 [続きを読む]
  • 鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業
  • 神鉄鈴蘭台駅前で進行中の大規模再開発である「鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業」。地上7階建て 延床面積21,820.70平方メートルで商業施設と北区役所、駅コンコース、駐車場から構成される駅ビルを建設しています。施設名も公募によって「Bellst(ベルスト)」に決定しました。鈴蘭台の鈴(ベル、bell)にstation(駅)・start(出発)の“st”を組み合わせた造語とのことです。先行して建設の進められていた駐車場棟はすでに完 [続きを読む]
  • 東京インテリア家具神戸ポートアイランド店新築工事
  • イズミヤ跡地で建設中の東京インテリア家具。先日、関西初出店となる大阪本店が開業したばかりです。IKEAの隣接地に進出というビジネスモデルは神戸でも踏襲されます。二つの大型家具店が集積することによる相乗効果が期待できますが、さて、大阪の状況は神戸を占う教本となります。神戸店の建設も順調に進捗しているようで、すでに外装工事は終盤に差し掛かり、内装や電気工事に中軸が移りつつあります。新規出店となる同店の店舗 [続きを読む]
  • バナナリパブリック神戸店が撤退 The 45thの活用法は?
  • バナナリパブリック神戸元町店がひっそりと閉店していました。時を同じくしてumieのOLD NAVYも閉店。両者とも米国のファションブランドGAPの展開する上位と下位ブランドです。OLD NAVYは日本国内からの完全撤退が決定されていましたが、バナナリパブリックは残すと思われていました。全店閉鎖になった訳ではありませんが、かなりの縮小を断行した模様です。これも時代の流れですね。一時は一世を風靡したブランドも流行と共に消え [続きを読む]
  • 兵庫県信用組合本部増築工事
  • 栄町通で建設中の兵庫信用組合本店ビルの増築工事の様子です。JR神戸駅近くに移転した神戸博愛病院跡地は、兵信の本店ビルと本店営業部ビルに挟まれていました。これを購入して本店ビルの増築を図ります。昨年末、ボヤ騒ぎなどもあって工期への影響が心配されましたが、遂に建設中の建物を覆っていた足場やネットが取り払われました。デザインとしては増築工事とあって本店ビルの外観をほぼ踏襲しているようです。もちろん、最新ビ [続きを読む]
  • 波止場町プロムナード
  • メリケンパークと第一突堤基部を結ぶ波止場岸壁に整備中のプロムナード。路面ブロックの敷設や照明設備の設置が行われています。照明設備用の電気ケーブル埋設工事が進行しているようです。このようにスロープを設け、路面の高さを一段底上げする事で、ケーブルの埋設スペースを確保するようてす。等間隔にケーブルが飛び出しています。ガス灯風の街路灯が設置される予定です。先行して防潮壁の高さが嵩増しされました。プロムナー [続きを読む]
  • JR西日本が三宮ターミナルビル閉館を公式発表!
  • JR西日本がプレスリリースにて公式に三宮ターミナルビルの閉館を発表しました。いよいよこの時がやって来たと思うと何とも感慨深いです。三宮ターミナルビルは1981年3月開業の建物で築14年で震災に遭遇。復旧工事を経て営業を再開し、今日に至ります。老朽化が進んできたとは言え、築36年と老朽化のより進む多くの駅ビルからすると比較的まだ新しい感はあります。しかし三宮のターミナル性からすると小規模であり、政令市のJR駅ビ [続きを読む]
  • サンシティタワー神戸新築工事
  • HAT神戸の新たなランドマークタワーとして現在、実質的に神戸市内で建設されている唯一の超高層ビルである「サンシティタワー神戸」。地上35階建て 高さ131.8m 延床面積57,900平方メートルの高齢者マンションです。いよいよ完成が近づいてきました。浅井健建築設計事務所が手掛けたデザインによって威風堂々としたフォルムを身に纏っています。最上階2層は鉄骨造でオフィスビルのようにアルミカーテンウォールに覆われています。 [続きを読む]
  • (仮称)神戸市中央区雲井通4丁目ビル 新築工事
  • 雲井通4丁目の立体駐車場「朝日パーキング」を運営する朝日興業は、同駐車場を解体し、この敷地にビジネスホテルを建設する計画です。計画地には兵庫県の景観条例に基づき、完成予想パースと計画概要が掲示されました。建物は鉄骨造の地上13階建て、延床面積7,163.79平方メートル、客室数219室のホテルとなります。神戸未進出の全国ホテルチェーンが誘致されるのでしょうか。この計画を加えて神戸のホテル開業ラッシュにまた拍車が [続きを読む]
  • 三宮ゼロゲート(仮称)の開業は2017年度
  • アパレル大手のワールドが保有・運営していた三宮2丁目交差点にある商業施設「メディテラス」をJ・フロントリテイリング傘下のパルコに33.3億円で売却されてから早1年が経過しました。閉店後、店舗ビルは閉鎖されて手付かずの状態が続いていましたが、昨年10月より「神戸別品博覧会」と称する期間限定の商品展示サロンとして活用されています。このイベントはGW明けの5月までを開催予定期間としています。気になるのはその後です [続きを読む]