coco さん プロフィール

  •  
cocoさん: Coco日記: シャイな犬の成長記
ハンドル名coco さん
ブログタイトルCoco日記: シャイな犬の成長記
ブログURLhttp://www.tabitomo.org/coco/
サイト紹介文興奮犬の弟分も乱入。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/03/20 14:20

coco さんのブログ記事

  • エルム街の散歩
  • 愚痴です。いつもの自然一杯のコースばっかり歩くのもよくないかなぁと思ったので、強烈な面々(犬たち)が多いコースですがジェイクの遅れた社会化練習をかねて新しい散歩コースを歩いていました。ミニピン2匹にの激吠えを浴び、繋がれたサモエドとハスキーの吠えにも耐えました。次は、遠吠えするビーグル2匹に、ジェイク似の超ハイパーな犬。この犬はビデオに撮りたいぐらい激しんです。まぁ、ジェイクも庭に出しっ放しだった [続きを読む]
  • 犬仕様の車
  • Nissan X-Trail 4 Dogs、犬とのアクティブなライフスタイルのための車というコンセプトのようです。車の説明より、犬の反応が興味深い。コメントでビデオの犬の悪口を書いている人たちが結構いるけど、初めてだったらこういう反応で当たり前だと思います。ゴールデンの飼い主をイメージしてデザインされたのか、その層をターゲットに売りたいのか、この車を便利だと思うのはゴールデン(水が好きで、毛の長い大型犬)の飼い主ぐら [続きを読む]
  • ココレーダー
  • ココには見慣れないものを発見する精密なレーダーが備わっています。石が落ちているだけだと平気ですが、人為的なものは怖いみたいです。2015年のキャンプ場にて呪いをかけられたら困るから、慎重にならないとね。人間にとって有益な犬の特質だったのだとおもいますが、現代のペット犬にはつらいだけかなぁとおもうことがあります。今月の初めにやったポリ袋のトレーニングがちょっと効果あったかなぁと思うことがありました。 [続きを読む]
  • イカツイおやじがすごいセクシー
  • MPSとよばれる砂糖を分解できない病気のAyitaちゃんをレスキューし、Ayitaちゃんのパパになったイカツイおやじがセクシーすぎる。70年代で止まってしまってようなファッションもカッコいいと思ってしまう。イカツイおやじがすごくセクシーにみえる画像MPSは、体が変形したり、筋肉にダメージをあたえる遺伝病で、余命は2年ほどだそうです。でも、愛をそそがれただけ長く生きるとも言われているそうです。Ayitaちゃんのパパは、 [続きを読む]
  • ターキーの手羽元
  • イースターの後だったのでターキーの手羽元が売られていました。チキンより大きくって犬用によいサイズでした。でも、これをココとジェイクでシェアしろっていっても無理だろうし、かといって2本買うにはちょっと高かったので、自分用に1本買いました。家にあったスィートポテトと一緒に焼きました。自分用と言っても、ビーチ散歩の時にココとジェイクとシェアするので味付けはなし。ジェイクは、食べ物は大好きだけど、食べ物で [続きを読む]
  • 妄想:犬と暮らす家
  • もともと住むところには拘らないタイプでしたが、犬と暮らしていると犬と暮らす夢の家をよく妄想するようになりました。宝くじも買うようになりました。犬と暮らす家で欲しいのは中庭。大きな中庭のある家ってそうそうないし、カスタムで建てるにしてもなんか想像つかない。最近流行ってきたコンテナの家なら、レゴみたいにコンテナを並べたら簡単に中庭できるんじゃないかと思いつき、妄想に火が付きました。中国からの輸入が増え [続きを読む]
  • ドックパークで会ったボーダーコリー
  • ジェニファーさんの本を読んでいて、ドックパークであったボーダーコリーのことを思い出しました。サービス犬で人の言葉を理解できると言っていました。その時の印象を「トレーニングはされていないようだけど、飼い主への集中とか素質がいい感じ。」と書いていました。オビディアンスを使ったトレーニングがされてなかったので、訓練された犬にみえなかったんだなぁと今思うと納得。その時飼い主さんが、「ジェントル(加減しなさ [続きを読む]
  • カメラ目線
  • ジェイクは、写真を撮るときはパパラッチに追われるセレブのような態度なので、なかなかカメラ目線の写真が撮れません。好きなおもちゃでつってみました。おもちゃをくわえてうっとりなジェイク。カメラ目線もバッチリ!でも、すぐにフレームの外へ・・・。これが一番ジェイクらしさをとらえていると思います。(苦笑)ココとジェイクに応援のポチッをお願いします〜。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 本:Love Is All You Need
  • Love Is All You Need: The Revolutionary Bond-Based Approach to Educating Your Dogネットで話した人が奨めてくれたJennifer ArnoldのBond-Based法の本です。彼女曰く、頑固な犬にも効果あった、家族にも奨めているということです。前書きは女優のジュリア・ロバーツさんです。食べ物、力を使わない関係ベースのトレーニングは、口うるさいお母さんのしつけのイメージだったり、ラブやゴールデンなどのサービス犬に使われている [続きを読む]
  • トイレの回数
  • 犬のトイレで気になっていたことがありました。男子なのに足をあげないジェイク、女子なのに足をあげるココ。ココの場合、足をあげたり、トイレ座りの姿勢で前進しながらというスタイルと普通に座ってシャーというスタイルがあります。ジェイクは、散歩のはじめか、終盤にまとめてシャーとします。後ろ足は、右左どちらをあげるか決まってないみたいで、途中であげる足を変えることがあります。あげるといっても、1センチ浮いてい [続きを読む]
  • みちくさ
  • ジェイクは、中距離の散歩コースになるとみちくさが激しくなります。犬の散歩なので、ジェイクにとっては「みちくさ」が目的なのかもしれません。木の根っこをみつけてご機嫌です。ココだけの散歩の2倍の時間はかかってます。時々諦めることを教えているところですが、これはじっくり堪能したいようです。さすがに、待ちつかれてスマオで時間つぶしました。キャンプ場を歩いていたら、「ボクサー?かっこいい。」って言われました [続きを読む]
  • ロスト・イン・トランスレーション?
  • 犬オタクネタです。日本のサイトの犬情報を読んでいて、日本へ情報が入った時に、日本流にアレンジされたのか、翻訳で伝わらない部分もあったのか、誤訳なのか、不自然に感じる情報があると書いたことがありますが、やっぱり情報の元は「カーミング・シグナル(犬語)」のルーガスのようです。日本でも、ルーガス派と呼んでいる人もいるみたいですが、ホリスティック系と呼ばれるようになったカテゴリーになるかと思います。特徴は [続きを読む]
  • ソーシャルな散歩
  • 単独散歩、多頭引き散歩いろいろ試しているジェイクです。社交的な性格なのに人や犬との接点がほとんどない生活なので、ココが相手ですがソーシャルな散歩を開始しました。でも、狩りに没頭したり、単独行動、マイペースなジェイク。私は出来るだけココに合わせるように歩きました。ジェイクも、ココと同じ場所を嗅ぐようになってきました。ココは、ソーシャルな散歩にはあまり興味ないみたいです。やっとシンクして歩くようになり [続きを読む]
  • レーザークラムの季節
  • レーザークラムの季節になり、いつものビーチが人や車でいっぱいになります。こんな状態だとジェイクはオフリードに出来ません・・・丸く砂が浮いているところが、貝がいる目印です。シャベルや丸い筒のようなもので掘り起こします。おっさんだけ、ライセンスを買いました。綺麗にする作業が大変です。油も衣も充分な量なかったので上手くできなかったけど、レーザークラムの定番のフライにしました。レストランで初めて食べたとき [続きを読む]
  • ガーン、うっかりトラウマ
  • ポリ袋の練習をしてからは、また自信を取り戻したのか、オドオドな反応も出なくなっていたココですが、ちょっとしたアクシデントが・・・私が食事を食べ終わった後、おねだりをしてきたので、「もうないよ」と丼をみせました。その時、丼からスプーンが音をたてて飛び出してしまいました。それも、おねだり禁止のコレクションだったら、パーフェクトなタイミング。ココはすぐに1メートルぐらい逃げたのであたらなかったけど、かな [続きを読む]
  • アメリカンマット
  • 里親募集サイトみているとジェイク似の犬たちがいろんな犬種でリスティングされています。どの犬種でリスティングするかは保護団体それぞれで戦略があるのかもしれません。ちなみにジェイクは、ラブ X キャトルドック ミックスでした。ピットブル#1ラブ#1プロットハウンド#1ピットブル#2ラブ#2プロットハウンド#2ピットブルやプロットハウンドなどアメリカ産の犬種に見える雑種で普通以上にフレンドリーな犬は、アメリ [続きを読む]
  • 苦手克服 散歩編
  • 注:素人飼い主の覚書です。情報の検索の短縮程度に思ってください。犬も飼い主も楽しめない散歩つらいですね。散歩が全部トレーニングで終わってしまったり、逆に犬に引っ張りまわされたり、他の犬や人に吠える状態だと人もストレスで散歩が億劫に感じてしまいます。ココがうちにきたころ、「ナイスドック、グットラック」という嫌味もいわれたこともありました。このスーザン・ギャレット(アジリティのトレーナーです)のオンラ [続きを読む]
  • 苦手克服 音編
  • 注:素人飼い主の覚書です。情報の検索の短縮程度に思ってください。サービス犬を育てる団体を運営していて、新しいトレーニング法を提唱している人の本で、iCalmという商品が紹介されていました。犬をリラックスさせたり、人との関係を強めるもの、分離不安対策、音フォビア対策用の音楽が入っているペット用のiPodのようなものだそうです。ユニットだけだとそんなに高くないんですが、ソフト(音源)をそろえるとかなり高額にな [続きを読む]
  • 苦手克服 物編
  • 注:素人飼い主の覚書です。情報の検索の短縮程度に思ってください。ココのオドオドの反応(怖がっているというより、びっくりした様子で過敏に反応するだけです。)が酷くなってきたので、苦手克服のトレーニングをすることにしました。苦手な刺激を使った方法は程度を間違うとトラウマになることもあるのであまりすすめられていないようですが、強すぎる刺激を与えるのではなく、ちょっと難しい程度なら頭の体操にもなるかなぁと [続きを読む]
  • 馬だって咬む 2
  • 馬の扱いが悪い人を辛口のトークで告発しているyoutubeチャンネルからのビデオです。最近は犬の世界でもカーミングシグナルやボディーランゲージを読むということが頻繁に聞かれるようになってきましたが、馬のほうが犬よりスペースの問題がはっきりしていて分かりやすいので勉強になると思いました。スペースの問題、プレッシャー&リリースって、動物共通だと思うのですが、人間は感覚が鈍くなってしまったのかなぁとおもいます [続きを読む]
  • 犬笛 (2)
  • トレーニングメモです。ジェイクにやったら性格が曲がってしまうんじゃないかと心配していた犬笛のトレーニングですが、ココはすでにクリッカートレーニングされているので特に影響は出ないだろうということで、犬笛のトレーニングを開始しました。何を心配しているかというと、使うご褒美の食べ物がはんぱない・・・。犬教室に行っても、アメリカ人のトリーツをあげる量ってすごいからそうそう驚かないけど、質も、量もWOWと思わ [続きを読む]
  • 舞台裏は?
  • スペインのSanti Serraさん(顔写真サーチしたらなかなかのイケメンでした)の馬のショウのビデオへのコメントを読んでいろいろ考えるところがありました。(犬は2:45から、犬は天敵に対する恐怖も克服させていることを見せているのだと思います。)馬好きと思われる人たちからは、「信頼がなければこんなこと出来ない」、「すばらしい」というコメントが多かったんですが、「どうしてムチつかってるの」(指示を出すだけのものだ [続きを読む]
  • 吟味
  • いつものようにドックパークでボールをみつけたココ。投げてと催促。(拾ったボールに触るのは抵抗あるので蹴ります。)ワンプロ道場にはたくさんボールが落ちてますが、ココなりの基準があるようです。ボールトライアングルの中心で至福のひと時。形をうしなったボール・・・これもボールだと認識したんでしょうか?そして、駐車場で「まだ帰らない!」とグズります。前足、踏ん張ってます・・・(リードからのプレッシャーとりま [続きを読む]
  • トレーニング用シャツ
  • トレーニング用に、こういうスタイルのシャツを探していました。手ぶらで犬の散歩するのにもよさそう。トリーツバックをつけるのが恥ずかしい男性にもよいかも。出来れば、ウエットなトリーツを入れても大丈夫なように取り外せるライナーをつけて欲しかったなぁ。でも、大人がこうやっておもちゃ隠し持つってなんか恥ずかしいかも・・・。また、アジリティはじめたら欲しいかなぁ〜。ココとジェイクに応援のポチッをお願いします〜 [続きを読む]
  • 断食明けだったので
  • 犬の断食はどうなのかと考えていたら、自分がやったほうがよさそうだったので急に思い立って24時間断食をしてみました。食事抜かすって悪いイメージを持っていましたが、ここ4,5年で食に対する考え方がすごく変わっていたんですね。コーヒー、お茶などOKな方法だったので思っていたより楽でした。「カロリー計算もいらない、料理しなくてもいい、買い物へ行く回数も減る、食費も使わない。」- Dr. Fung食器洗いが減るが私にとって [続きを読む]