NPO法人青少年生活就労自立サポートセンター名古屋 さん プロフィール

  •  
NPO法人青少年生活就労自立サポートセンター名古屋さん: 発達障害な僕たちから
ハンドル名NPO法人青少年生活就労自立サポートセンター名古屋 さん
ブログタイトル発達障害な僕たちから
ブログURLhttp://smilehousejapan.hatenablog.com/
サイト紹介文発達障害の二次障がいでひきこもりになったヒロ、他が支援を受けながら、社会復帰目指しての奮闘記です。
自由文サポートセンター名古屋のスタッフ日記です
http://supportcenternagoya.blog.fc2.com/
NPO法人青少年生活就労自立サポートセンター名古屋のHP
http://www.youthsupport.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2013/03/20 17:38

NPO法人青少年生活就労自立サポートセンター名古屋 さんのブログ記事

  • 校長先生の笑顔で僕は卒業できました。ヒロ
  • 友達。みんなで笑った。みんなでカラオケに行った。そんなことがうれしいヒロさんは何をしているの?就職したという報告書は上がっていないですね。元気でやっていますか?7年前のインターナショナルハイスクールの校長は今でも校長をしてみえる。俺はスタッフの付き添いで母校に来た。しかし、事務所前で足が止まってしまった。俺は就職できていないから。俺だけ取り残されたかもしれないと思うと強い悲しみが俺 [続きを読む]
  • 僕から始まった発達障害支援のいろは ヒロ。
  • 元大学で教えていた英語教師。めでたくサポートセンタースタッフに。はい、どうも。今日はアメリカンボーイのことを書こうと思っている。なぜなら昨日、スタッフ会議が行われたんだ。東大さんも一目置いた、天才児。ギフテッド。将来はアメリカに行き、ITの世界ですごいことをするそうだ。一部どうしても手が離させないスタッフをのぞいて全員が集まった。つわものたちが勢揃いだ。その様は圧巻だ。毛穴とい [続きを読む]
  • 古着を必要としています。 ヒロ
  •      みんなで手分けして選別していますよ。皆様から頂く古着は日本で選別してフィリピンに送られます。日本の事務所では、長い間、ひきこもって社会に出られなかったり、家庭内暴力で家族と一緒に住めなくなっていた人たちが、古着の選別を行ってくれています。日本で選別された古着は、フィリピンに送られて、そこで再びより細かく選別されます。少し汚れているものは洗濯機で洗ったり、染抜きなど [続きを読む]
  • 貧しさの中に豊かさを見た。ヒロ
  • お菓子に大喜びの子どもたち。感謝です。ありがとうな。僕はもう直ぐ29才になります。青木さんにお世話になって早13年目です。中学の時にアスペルガーと診断されました。衝動性をコントロールすることを第一に考えなさいと言われました。で、いろいろな団体でお世話になったけれど、ダメでした。お世話になったそれぞれの団体がダメなわけではなく、僕には合わなかったということだけです。それで、最終的に流 [続きを読む]
  • 兄弟たちへの魂の叫び For 東大さん ヒロ
  • フィリピンで恋人が待っています。早めのご帰還お待ちいたしております。        ※ 写真は彼女ではありません。30年間ひきこもっていた人がもう一度生きる気力を獲得した。そして、ひきこもりから脱出して「生きたい」と願った。それから、家を出て、外の世界に一歩踏み出した。支援を受けてからそこまでに数年がたっている。年齢は50代後半になった。世間の多くは同情しながらも、「あまり無理せずに [続きを読む]
  • 30年間のひきこもりで50代の人たちに希望はあるのか ヒロ
  •         お呼びがくるまで、あと少しです!! お急ぎください。該当者はサポートセンターで3名です。3名の方々が30年間のひきこもりですでに50代となっています。どこかに就職したという経験は皆無です。アルバイトの経験もない。ひたすら30年間ご自宅にひきこもっていた。だから友達もいない。ましてや彼女なんかいるわけがない。健康的な成人男性ならば当然性欲はあります。その程度は人によって [続きを読む]
  • 30年間ひきこもったポケモンさん ヒロ
  • こんな風に試着して選ぶのです。笑ってますね。56才です。30年近くひきこもって今は50代。東大さんも同じです。で今話題にしている50代の人をポケモンさんとします。なぜなら、ポケモンのイラストがついているバッグを持って自宅からサポートセンター名古屋の事務所まで通っていたから。50代の男性がポケモンのイラストが描かれてあるバッグを満員電車に揺られる中で持ち歩いている姿。信じられないですよね。 [続きを読む]
  • どうか子どもの気持ちを理解してください。ヒロ
  • 東大さんのご両親は理解ある人だったんですね。30年間ひきこもっていた人が、もう一度やりなおしたいと思っている。でもお母さんは、「毎日作業所に行けて、周りの皆さんと仲良くして貰えばそれで十分です。」「今更、やり直すと言ってももう50歳ですからね。」この言葉を聞いて俺は腹がたった。はらわたが煮えくり返りそうになった。ふざけるな。50をすぎてももう一度なんとかやり直したいという当事者の気持 [続きを読む]
  • 30年ぶりに聞いた息子の声。 ヒロ
  • 元祖ひきこもり30年選手東大さん。朝から深夜まで勉強に追われています。30年ひきこもり続けたのは東大さんだけではないんだ。まだいらっしゃるひきこもり30年組。ある人がフィリピンで学校にいくという決断をしました。昨年フィリピンに来ておられます。そして様々なことにカルチャーショックを受けて帰国。帰国してからの変わりように驚いているスタッフ達です。今はサポートセンターの名古屋事務所で [続きを読む]
  • 日本は素晴らしい国です。 ヒロ
  • とても悲しい。涙が出そう。僕は程度の悪いアスペルガーな男。28歳。少し前までは、小、中と不登校。17歳で二桁の足し算や引き算ができなかった。頼まれてお使いに行くとよく間違えることが多かった。それだけだったら、まだ日本で生きていけたかもしれない。だれも傷つけていないから。でも周りの人たちが、俺を無視したり、バカにしたりし続けたので、俺の性格はひんまがっちまった。そして、周りの人たちを [続きを読む]
  • このブログを是非読んでください。子育てに悩む方へ。 ヒロ
  • ここはフィリピンの南の果て。もう少しで赤道に手が届く辺境地。年中太陽さんが俺たちを攻撃しやがる。昼さがり、暑さに負けた俺はぐたーとしていた。隣ではスタッフがパソコンの画面を覗いている。ふと、スタッフの方を見たら、スタッフが泣いているじゃないか。「どうしたんですか?」「いやあ」なんか俺に泣いている姿を見られて、恥ずかしくなったみたいだ。「俺でできることでしたら、何でも言って [続きを読む]
  • 程度の悪いアスぺな俺、飲食店で見習いをします。 ヒロ
  • 過去、学校が長期の休みに俺が任せられた仕事は飲食店。調理師として働いた。もちろん調理師の特訓を徹底的にやらされた。でも俺がつくる料理は唐揚げのみ。唐揚げだけやれば良いと言われたんだ。それは俺の特性にとってはとても良かったことなんだ。店の営業時間は午前11時から2時までの前半。お昼休みを挟んで、後半は午後5時から10時までの営業。後半担当の俺の出勤時間は午後3時から11時まで。俺は料理には [続きを読む]
  • 程度の悪いアスぺな俺ができる仕事とは ヒロ
  • スタッフから電話がかかってきた。「◯◯さんに電話をかけ続けているんだけれど、電話に出ないんです。ヒロさんさっきまで一緒だったでしょ。◯◯さんは今どこにいるかわかりますか」「10分ほど前に別れましたよ。」「シャワーでもしているんじゃないですか。汗、めちゃくちゃかいてしましたから。」「そうしたら、ヒロさん。◯◯さんに伝言してくれないかな。」「自分でしたらどうですか。もう少ししたら、 [続きを読む]
  • 失敗して成長するしか方法がない。 程度の悪いアスぺな俺 ヒロ
  • いろいろなことをやって失敗した。失敗が続くと落ち込む。さらに失敗が続くとご飯が食べられななったり、眠ることができなくなったりした。そのうちにやっぱり自分は生きていてはダメなんじゃないかと思い始めた。そんな考えが自分の中に出てきたら、たちまち周りのスタッフやブログを読み続けている人たちから励ましが入った。人の優しさを受け入れることはできるまでには回復している俺。だからたくさんの人 [続きを読む]
  • 程度の悪いアスペな俺 スマイルは0円。 ヒロ
  • 失敗続きで、嫌になって暴れてしまった俺です。暴れたと言っても、人を殴ったり物を壊したりしたわけではない。誰かを傷つけるような言葉を発したわけでもない。自分を罵るような言葉を言っただけだ。しかし、それですらよくないことなんだ。でもがまんできなかった。自分の心の中にあるいろいろな思いをスタッフにぶちまけたんだ。本当はもっと冷静に自分が抱えている問題をスタッフの皆さんと共有できればよかっ [続きを読む]
  • 程度の悪いアスペルガーな俺 28歳にして覚醒 ヒロ
  • 俺はインターナーショナルハイスクールを卒業した。そして大学に進み卒業した。7年間という時間を学校にささげた感じだ。その7年間での目標は2つだった。1、大学を卒業すること2、友達をつくることそしてその目標は達成できた。俺は変わった。日本にいた頃、俺の唯一の友達は警察官だった。いつも俺の話を親身に長時間聞いてくれた。味気ないスチール机にクッションが効いていない椅子に座りながら何時間 [続きを読む]
  • 程度の悪いアスペルガー、人生は学習の日々 ヒロ
  • 本当にいろいろな出来事があったおれの人生。ありすぎだ!!しかし、なんとか刑務所に入らずに、ひきこもらずに毎日を過ごすことができている。それもこれもみんなサポートセンターのスタッフたちのおかげだと思っています。昔のことを思い出すと、感謝の気持ちが出てきます。しかし、忘れてしまいます。昔のこと。よくしてもらったこと。僕は暴力性をなくすためにインターナショナルハイスクールに行った。 [続きを読む]
  • 程度の悪いアスペルガー簡単に暴力性はなくならない ヒロ
  • でも、どうかしている。俺はほんと、おかしな人間だ。自分でインターナショナルに行きたいとスタッフに懇願したんだ。それを忘れて、「高校に行かずに社会的なスキルの練習に当てたら、もっと今よりよくなっていたのに、行かせたスタッフたちが悪い。」と批判した。頭がおかしいんだ。認知の歪みが半端ない。まあ、俺だけではないんだ。当事者は多かれ、少なかれ、俺みたいな状況だから。それで、言った [続きを読む]
  • 暴力的で程度の悪いアスペルガーの俺が変わった理由 ヒロ
  • 1年間、英会話の家庭教師以外に算数の先生もつけてもらった。二桁の足し算と引き算から俺は学び直した。「死んでも勉強なんかするものか」と言っていた俺が突然変わったのかと疑問に思う人もいるでしょう。はい、その理由。1、スタッフにとても俺のことを可愛がってくれる女性スタッフがいたんだ。俺は恋心のようなものをその人に感じていたんだと思う。  俺が20歳の時だから今から8年前の写真です。時は流れ [続きを読む]
  • IQ70オール1のアスペルガーが海外の高校に進学する ヒロ
  • 英会話の家庭教師を一年つけて、英会話にならしてから、英会話学校に行くという支援計画を立てていたスタッフたち。英会話学校は高校や大学と違い、人間関係はとても緩やかだけれど、そのくらいが俺には一番良いと判断したスタッフたち。しかし、まさかインターナショナルハイスクールに行きたいと言い出すとは思っていなかったスタッフたち。どうやって、インターナショナルハイスクールを諦めさせて、英会話学 [続きを読む]
  • 程度の悪いアスペルガーで暴力的だった俺 ヒロ
  • 暴力的なものをなくす為に、俺は高校に行った。それがスタッフのみかた。「俺は勉強がしてみたい。」という思いでフィリピンの高校に行きたかった。日本で小、中と授業中は寝ていた。寝たくて寝ていたわけではない。授業が何もわからなかったから、寝るしかなかった。悲しかったのは、先生が俺を怠け者だとみていたこと。違うんだよ。授業中寝ている子の多くは、本当はみんなと一緒に勉強したい子なんだよ。で [続きを読む]
  • 大学では優等生、社会で落ちこぼれなアスペルガーな僕 ヒロ
  • 日々失敗続きの連続。俺の少額自信貯金も底をつき始めた。考えすぎて眠れなくなった。ご飯も食べられなくなった。そうしている間も失敗は続く。スタッフが俺の限界を悟り始めて、俺に声をかけた。俺はハゲとスタッフとの3者面談をおこなった。俺は聞きたかったんだ。なぜ、こんなにも失敗するのか。大学ではみんなから好かれていて、こんなに注意を受けることは3年時の後半からはほとんどなかった。こ [続きを読む]
  • 僕は程度の悪いアスペルガー 失敗つづきな日々 ヒロ
  • おかしい。大学生活はそれなりにうまく過ごせたのに、今は最低、最悪の日々だ。もちろん大学1年、2年とうまくいかないことがたくさんあった。でもスタッフたちに丁寧に教えられて、徐々に僕は変わっていった。大学の代表にも担ぎ出されたり、卒業式では、良いこともあった。しかし、大学から一般の社会に場所を移したら、大変な日々だ。どうしてこんなにも違うのか。こんな失敗をした。スタッフや支援し [続きを読む]