マルコ さん プロフィール

  •  
マルコさん: マルコの手紙
ハンドル名マルコ さん
ブログタイトルマルコの手紙
ブログURLhttp://ameblo.jp/kundokufamily
サイト紹介文統一教会員とリーダーに対する訴え。良心をひらけ。不義を見て見ぬふりをするのはもうやめましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/03/22 09:30

マルコ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 新しい世界(その1)
  •  今まで想像もできなかった世界が、今そこまで来ている。このレポートは、2013年に様々な集会で発表したものだが、それから3年後の今日ではもっとその革命的変化が見える形になっている。  ここではその変化が何によってもたらされるのか、そしてそれがどのような新しい世界をもたらすのかを見ていきたい。それは奇しくも、お父様が展望しておられた超宗教・超国家の世界であり、「弁護士も、検事も、さらには判事も必 [続きを読む]
  • 二世を殺すな! (2、お父様と顕進様に学ぶ)
  •  先回は、徳野会長を中心とする奴隷文化の統一教会では、二世に希望を与え、神様の摂理を推し進める二世を育てることはできないこと、それどころか、統一教会の奴隷文化に埋没すればするほど、革命的大転換期の現代において、その二世は落伍者の道を歩むことになるだろうことを明らかにした。 今回は、お父様がどのように子女様(特にを顕進様)を育てられたのか、そして顕進様がどのように子女様(お孫様)や二世、三世を育てよ [続きを読む]
  • 二世を殺すな! (1、二世をダメにする統一教会)
  •  先回、「徳野会長をはじめとする統一教会幹部は、カイン・アベル理論によって教会員を搾取する奴隷文化に満ちている」[i]ことを明らかにした。 今も公文とやらを乱発し、CARPリーダーの訴えを封殺し、神山会長追慕の集会にも「出席するな!」と圧力をかけているという。 しかし、いくら弁明しても、お母様ご自身が「6000年ぶりに誕生した独生女が自分だ」「お父様は原罪を持って生まれたが、私は原罪なしで生まれた」と、 [続きを読む]
  • 徳野会長を糾弾する! (その3、統一奴隷教会)
  •   2004年5月、お父様は、後天時代出発を宣布され、「蕩減復帰時代が過ぎ去り、後天開闢時代が到来し」[i]、その「後天開闢時代は、これ以上蕩減復帰原理にしばられないで、万王の王の直権で霊界肉界を治理する時代」[ii]だといわれている。  徳野会長は、自分が入教するはるか以前に、日本統一教会の基盤を作ってきた12双などの先輩家庭に対しても、傲慢にも「私がアベルだ。従え」と言っているようだ。  し [続きを読む]
  • 徳野会長を糾弾する! (その2、裏切りが得意?)
  •  徳野会長の出発式での別の発言を検証してみる。 1、「顕進様が教会を出られた時、カープの責任者をやっていたので、顕進様についていくべきか、お父様についていくべきか、3カ月ぐらい迷った。主張することが180度異なるから。お父様が『顕進様は間違っている』と言われたので、お父様についていった」[i]  本当にこんなことを言ったのだろうか?徳野会長が日本CARP会長だったのは、1995年から2001 [続きを読む]
  • 徳野会長を糾弾する! (その1、嘘つきなのか?阿保なのか?)
  •  徳野会長が出発式で講話をしたとのこと。その動画を見た人々の投稿によると、顕進様について次のような話をしたという。 「ご子女様はお母様に会いに来ようとしない。お母様が間違っているというのなら、直接会って指摘すればよい。ピーターキムやチョンウォンジュ室長がブロックして会えないようにしていると吹聴しているようだが、そんな事実はない」[i] 「三男はお母様に会いに行かないのが決定的問題。避けて通っ [続きを読む]
  • いよいよ始まった、統一教会のお母様下ろし(その3)
  • いよいよ始まった、統一教会のお母様下ろし(その3)  (その2)で止めておこうと考えていたが、その後の急展開で事態が急変しそうなので続編を書くことになった。 「急展開」というのは、年末年始のお母様の独生女発言とその影響だ。お母様が自滅しそうで、統一教会幹部などによる引きずり下ろしが早まりそうなのである。 1、アメリカでの敗北 ①お母様は、昨年の11月30日に、アメリカ上院議員会館で [続きを読む]
  • いよいよ始まった、統一教会のお母様下ろし(その1)
  • 1、悪神の働き  9月に「悪神の業と家庭連合(統一教会)」[i] 、10月には「天使長に操られた統一教会」[ii] という記事を書いた。  そこには、「真の家庭は、お父様の勝利ばかりでなく、三代圏(お母様、子女様、お孫様)がそれぞれの責任分担を勝利することによって、はじめてお父様は真の家庭王となり、氏族王、民族王、国家王となることができる」とある。  ところが、亨進様、国進様は長子である顕進様 [続きを読む]
  • 松崎氏の嘘:ダンベリー裁判の真実
  • 家庭連合(統一教会)の公式サイトにアップされた「松崎裕史先生の講話『神山威氏について』」を見て唖然とした。 松崎氏は、「(神山氏とは)個人的には、因縁も深く、恩恵も感謝することも多い」と言いながら、お父様がダンベリー刑務所に入るようになったのは、神山氏一人のせいであるかのように結論付け、「(神山氏は)モーゼのように血気怒気に走った。お父様から愛されたため、メシアのような気分になっ [続きを読む]
  • 後天時代と祝福家庭
  • 先回は、カイン・アベルの関係を通じた「堕落性を脱ぐための蕩減条件」は、「創造本性を復帰するため」のものであることを述べた。そして、祝福家庭は、子女様(特に長子である顕進様)を兄として一つとなり、父母様を支える基台となるべきだったこと、しかし、多くの一世は原理的観点から顕進様に接することができず、顕進様を追い出すことに加担し、ルーシェルと同じ失敗をしてしまったことを説明した。 1、後天時代とカイ [続きを読む]
  • 天使長に操られた統一教会
  •  統一教会では、「堕落性を脱ぐための蕩減条件」理論は、中心者であるアベルが教会員であるカインを「絶対服従」させるのに絶大な力を持っている。特に日本はそうである。そのためか、ネット上でもアベル・カイン論争がやむことがない。その代表的なものは、「カイン・アベルは原則だ」という主張と、「蕩減時代が終わったのだから、カイン・アベルもなくなった」という主張だ。しかし、双方とも「蕩減復帰」の本質を見落としてい [続きを読む]
  • 終末に於ける人類の決意(原理解説より)
  • この様に神は全て備え給うた。天にも地にも時が来た。天国が近ずいた。二千年前叫ばれたイエス様の御声が今日も聞えて来る。夢ならぬ夢の成就する成約時代の新世紀は明ける。神を信じる神の子達、善に生きる良心家達よ!今は思う存分心を開いて戦え!遠くなくサタンの勢力は滅ぼされ、罪と悪のない世界は神の導きで我等によって建設される。 今迄は理想郷を望みつつも、これは不可能な事として、又遠い距離にあるものとして諦 [続きを読む]
  • 国進様のフリーダム・ソサエティー(続き)
  • 国進様のフリーダム・ソサエティー(前記事から続き) 4、リバタリアニズム(自由至上主義) アメリカには、個人的な自由、経済的な自由の双方を重視し、他者の権利を侵害しない限り、各個人の自由を最大限尊重すべきだと考える自由至上主義、自由原理主義ともいうべき思想、リバタリアニズムがある。日本では新自由主義と称されることもある。 リバタリアニズムは、古典的自由主義と同様、レッセフェール(自由 [続きを読む]
  • 国進様のフリーダム・ソサエティー(再掲)
  • 前記事で引用した「国進様のフリーダム・ソサエティー」の記事を参考のために再掲します。(長文のため2回に分けます) 国進様のフリーダム・ソサエティーhttp://cafe.daum.net/W-CARPKorea/eEpL/361 国進様のフリーダム・ソサエティー  国進様は、韓国で「自由社会:神様の理想世界建設へのビジョン」(Freedom Society: A Vision for Building God’s Ideal World)という講演をされ、7月1日にはロンドンで同 [続きを読む]
  • 悪神の業と家庭連合(統一教会)
  • しばらく投稿を控えていたが、顕進様の7年間に及ぶ苦難の年月も終わり、希望の第二次七年路程が出発したので再開したい。といっても、祝福家庭、特に先輩家庭に対し決意を求める文と、その後、二世に希望のある話を数回述べるだけである。1、悪神の業と家庭連合(統一教会) まず、最近の家庭連合(統一教会)についてであるが、゛悪神″に支配されているのではないかと思う。ここで言う“悪神”とは、「サタンと、サタンの側に [続きを読む]
  • ブログを再開します
  • しばらく投稿を控えていたが、顕進様の7年間に及ぶ苦難の年月も終わり、希望の第二次七年路程が出発したので再開したい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 文亨進様への質問
  • 亨進様の激しい説教で、心を動かされる人も多いという。他方では、これまでの亨進様の言動に疑問を持つ人も多いようだ。私も亨進様の説教で、お母様や教会が言っていたことが、決してお父様の願いではなかったということが明らかになったという点では良かったと思うが、同時に亨進様が果たしてお父様の願いを本当に実現されるのかと一抹の不安を感じる。そこで、私は一週間前(9月20日)に「亨進様への質問」を、「三代王権・真 [続きを読む]
  • 過去の記事 …