あわぞう さん プロフィール

  •  
あわぞうさん: うっかりユーザーのパソコン奮闘記
ハンドル名あわぞう さん
ブログタイトルうっかりユーザーのパソコン奮闘記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/awazoh
サイト紹介文パソコンを使っていて感じたあんなこと、こんなこと、気ままに書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/03/22 20:20

あわぞう さんのブログ記事

  • 出会いかしら:29
  • 妙なことを発見してしまいました。パソコンを使うのに勉強はいらない、ということです。義務教育の時期を過ぎれば、したくない人がする勉強は、ただ時間の浪費です。パソコンの勉強は、あたまにPがついても、騒音の坩堝に飛び込んだようなパチンコよりはまし、ぐらいのところです。勉強の用具でなく、別の楽しみの用具に使えば、時間は生き返ります。ところが、それには始末の悪いことがあります。楽しみは自分で見つけなければ味 [続きを読む]
  • Word 詳細設定:115
  • Word オプション「セキュリティ センター」の2番めは「信頼できる場所」です。システムのセキュリティレベルを下げずに、しかも、ファイルの種類にかかわらず、いちいちチェック〜許可という手続きをせずに素早く開くには、信頼できるフォルダーを決めておいてそこに入れておけばよいということのようです。信頼できるその場所でも、そこに入れてよいかどうか、見分けをしっかりしなければ、工作員出入り自由の党本部のようになっ [続きを読む]
  • 出会いかしら:28
  • かな入力で頑張る人にとって、記号入力は厄介なことです。?!「 」要領を覚えてしまえばちょっと面倒なだけで、どうということのない操作でも、ローマ字を覚えきれない人には大変なことです。その記号の打ち込み場面に遭遇するたびに、わからないと叫んで助けを呼びます。2段操作だから厄介なので、キーを見つけたらとにかく打ってすぐ変換、単純操作にしておけばと、単語登録を試みました。め⇒変換⇒?ぬ⇒変換⇒!__゜⇒変換 [続きを読む]
  • Word 詳細設定:114
  • Word オプション「詳細設定」「セキュリティ センター」には [セキュリティ センターの設定] というボタンがあります。このボタンで現れる「セキュリ ティセンター」の項目の最初は「信頼できる発行元」です。同じ名前が三つも重なると、もう少し名付け方に工夫はないのかとも思いますが、何度も呼ばせるのはだいじなことだからと、理屈はどうにでも付けられます。発行元とは、Office 関連のマクロ、ActiveX コントロール、アドイ [続きを読む]
  • 出会いかしら:27
  • 取り込んだはずのデータが見えなくなったとき、保存先を探し当てるのに、ここではないかとパソコンに言わせる方法を、Oさんから教えていただきました。来た道をもう一度引き返してみれば、案内先が示されるので、そこで行き先の見当がつくという調べ方です。たとえばSDカードから取り込んだデータならば、何か別のものでもよいから同じ種類のデータの入ったカードを挿し込んでみると、「保存先はここでよいか」と聞いてきます。モ [続きを読む]
  • Word 詳細設定:113
  • Word オプション「詳細設定」「アドイン」の次は「セキュリティ センター」、これで Word のオプションはひととおり終わりです。ここにもよくわからない言葉が出てきます。2行の2か所に書かれている「この設定」は、指している対象が同じなのか違うのか、いちいち書きませんが、いろいろな読み方ができます。なるべく既定のままにしておいてほしいという、販売者側の気分だけはわかります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 出会いかしら:26
  • 旅先での会話を録音したデータを、いったんパソコンに入れて、それをCDに移したつもりだれれど、それが見つからないという相談が持ち込まれました。CDをパソコンに入れて確かめると、中は空。パソコンのHDには、「新しいフォルダー」という名のフォルダーがあちこちに10個近くあって、それが全部中空。「ファイルの名前はおぼえていらっしゃいますか?」答えは「名前は付けていない」「マイピクチャ」のいくつかのフォルダーを開け [続きを読む]
  • Word 詳細設定:112
  • Word オプション「詳細設定」 「クイック アクセス ツールバー」の次は「アドイン」です。アドインは、Office のプログラムに、ユーザー設定のコマンドや新しい機能を追加する機能です。このオプション画面を開くと、どういうアドインがどこに格納されているかを知ることができます。欄内最終行には、「無効なアプリケーション アドイン」という項目があります。そこには Office プログラムのクラッシュ原因となる困りものを、自動 [続きを読む]
  • 出会いかしら:25
  • かな−漢字変換で、 [F7] キーがカタカナへの近道であることは、パソコンをふつうに使っていれば知らない人のほうが少ないと思いますが、それをできなくしてある海外産のパソコンもあるそうです。メールマガジンでやってきた「F7でカタカナにならないIMEの手なづけ方」でその存在を知りました。日本で売る日本向けのパソコンに、なぜカタカナへの変換キー割り当てをはぶいてあるのか。手抜きではなく、いずれ思惑があってのこ [続きを読む]
  • Word 詳細設定:111
  • Word オプション「詳細設定」 「リボンのユーザー設定」の次は「クイック アクセス ツールバー」のカスタマイズです。初期設定は、[上書き保存][元に戻す][やり直し][タッチ/マウス モードの切り替え]の4つボタンになっています。ファイル操作や印刷など、よく使うコマンドを、クイックアクセスツールバーに登録しておけば、いちいち「ファイル」メニュに戻って大げさな画面から選択しなくてもよいので便利です。にほんブ [続きを読む]
  • 出会いかしら:24
  • 使う頻度の多いリボンのボタンは、探さなくてもすぐ押せるところに置き換えると便利です。わかりにくければ、そうしてわかりやすくカスタマイズすればよいのに、ほとんどの人は我慢して使っています。カスタマイズの邪魔をしているのは何だろうと考えていたら、見つかりました。「○○○○の使い方」という本です。その種の本に書かれている使い方が多少面倒でも、慣れてしまえばたいしたことはありません。参考本は、既定からはず [続きを読む]
  • Word 詳細設定:110
  • Word オプション「詳細設定」の次は 「リボンのユーザー設定」です。慣れるまではわかりにくいことの多いリボンです。まずフォルダー型のボタンのいくつかがが目につきますが、このなかで一目でスッとわかるのは「開く」ボタンだけです。「閉じる」は、気がついてみるとこのボタンでファイルを閉じたことが一度もありません。「貼り付け」は、ボタンを押してからがまた厄介で、どういう貼り付け方をするかとうるさく聞いてきます。 [続きを読む]
  • 出会いかしら:23
  • Office のオプションの中には、はじめの設定が普通の状態でなく、その状態を解除する項目があります。街でときどき耳にする、「そうしてもらっていいですか?」という、さも丁寧そうな、あの要求の仕方と通じるものがあるような気がします。そうしてほしい、いやとは言わせない、それでも決めたのはあなたという、責転習性をマニュアル化したような、まことに奇妙な言い回しです。どこからやってきたのか、あるいは横文字マナーの [続きを読む]
  • Word 詳細設定:109
  • Word オプション「詳細設定」 「全般」の24番め最終項目は互換性オプションの適用先 [ (文書名)  ]です。新機能を使って作られた文書は、古いバージョンの Word では読み取れない部分ができます。古いバージョンを使っているユーザーと文書を共有する場合は、互換モードで、文書を読み取り編集可能なファイル形式のままにしておかなければなりません。互換性の必要な文書を選別しておく、それがこの項目のようです。 [続きを読む]
  • 出会いかしら:22
  • 4月6日の詳細設定:104に、行間のことを書きましたが、この行間の設定について、プルダウンメニュの読解記事を見つけました。□ 1 行 : 行の中で最も大きいフォントが収まる高さより少し大きい値を行間にする。□ 1.5 行 : 1 行の 1.5 倍の行間にする。 □ 2 行 : 1 行の 2 倍の行間にする。 □ 最小値 : 行の中で最も大きいフォントが収まる最小の間隔を行間にする。 □ 固定値 : [間隔] で指定した値に行間を固定し、 [続きを読む]
  • Word 詳細設定:108
  • Word オプション「詳細設定」 「全般」の23番めは□ 文字の下に下線のための余分なスペースを挿入するというものです。行間隔を極端に狭くしていると、通常の文字よりはみ出す下線の入る余地がなくなってしまうので、そうならないようにというオプションでしょう。そこに設けるスペースが余分なものと言えるのかどうか、予は余が嫌いじゃというお方はお気に召さないのかもしれません。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 出会いかしら:21
  • 日常の感覚では、ONが能動、OFFはその逆で、こういうオプションがあると言われれば、何か能動的なものを感じさせられます。しかし、Office のオプションには、ある動作をさせなくするのもあり、既定ではONになっていて、それをOFFにする操作がそのオプションの選択適用であるという、ややこしさが入り交じっています。Windows8 のタイル群が、だめだとすぐ気づいたように、リボン、ヘルプ、オプション、これらの構成が、 [続きを読む]
  • Word 詳細設定:107
  • Word オプション「詳細設定」 「全般」の22番めは□ 表中では行の高さをグリッド線 (格子) の高さに合わせるというものです。「行の高さをグリッド線 (格子) の高さに合わせる」、これと同じような文言を、どこかで見たような気がすると思ったら、もう何度もお世話になっていた「段落」の設定で、行間を縮めるときにチェックを外しに行っていたあの窓でした。電車の座席を詰め合うように、表の中でもうすこし行間が狭くなって [続きを読む]
  • 出会いかしら:20
  • 文字を書き込んだら、ディスプレイの左上のとんでもないところに書き込まれてしまったことはありませんか。対処法は見当がついても、原因がわからないと気持ちが悪いものです。これは、種をまく場所をつくっておいたのに、気付かないうちに種が飛び散って、あさってのほうで芽を出した、そんな現象のようです。キーを打つ指先以外の紙やそで口などがどこかに触ってしまうと、ポインターが飛び去ってしまうことがあります。キーボー [続きを読む]
  • Word 詳細設定:106
  • Word オプション「詳細設定」 「全般」の21番めは□ 半角文字と全角文字の文字幅を調整するというものです。このオプションのON/OFF状態を、英数半全角の文字を入力して比べてみましたが何も変わりません。いったいどういうことなのでしょうか。どうやら、文字幅を調整するという機能に、違う解釈をしているようです。どなたか教えてください、よろしくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Word 詳細設定:105
  • Word オプション「詳細設定」 「全般」の20番めは□ 行末のスペースには下線を引くというものです。行末に下線入りのスペース、そんなものがわざわざ必要なのはどういう場合なのかと、キョロキョロ見回すと、___ありました。書き込みをしてもらうところには、それもあり。逆に、線が見えて邪魔なら消す方法もあるのに、これがオプションなのかなあ。ひとつひとつが疑問です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Word 詳細設定:104
  • Word オプション「詳細設定」 「全般」の19番めは□ 行間が固定値の行を中央揃えにしないというものです。行間を固定値にすると、フォントサイズを大きくしても小さくしても指定した行間サイズが固定され、自由に行間隔を指定できます。こうしておいたとき、その行を中央揃えにしないとはどういうことなのか、これも判読の難しいオプションです。にほんブログ村 [続きを読む]