あわぞう さん プロフィール

  •  
あわぞうさん: うっかりユーザーのパソコン奮闘記
ハンドル名あわぞう さん
ブログタイトルうっかりユーザーのパソコン奮闘記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/awazoh
サイト紹介文パソコンを使っていて感じたあんなこと、こんなこと、気ままに書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/03/22 20:20

あわぞう さんのブログ記事

  • 日に一歩:24
  • 若草の次は「桜花」、それなら簡単だろうと思いましたが、横長の画面となると、これが案外少ないのです。花見といえば、人はどうしても咲いた桜のすぐ下に集まりたがるもの、桜並木を横方向にひと目でという見かたはなかなかしないからでしょう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−9
  • [Shift]+[F5]にエディターは無反応です。◆Excel では 「検索と置換」のウィザードが現れました。「検索」か「置換」か、どちらかの操作ができる共用窓口のようです。◆Word ではどうでしょうか。 [Shift]+[F5] で、行末にあったカーソルが行頭に移動、もう一度 [Shift]+[F5] とやったら文字列全体が範囲指定状態になりました。範囲指定状態に戻るところが、何とも腑に落ちません。念のために新しい文書で [Shift]+[F5] と書き込ん [続きを読む]
  • 日に一歩:23
  • 白雪の次は「若草」、これならすぐ見つかりそうです。お望みの点景が入った画像がみつからないときには、画像の「透過」が役に立ちます。.gif または .png 画像は、単色の背景を除いてしまう「透過」処理を施せば、主要部分だけをコピペできます。点景なしの横長画像にも、お好みの点景を配することができ、応用範囲がぐっと広がりますます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−8
  • [Shift]+[F4]にエディターは無反応です。◆Excel ではアクティブセルが A1 にジャンプします。超大シートの場合には、スクロール不要なこの操作は便利です。◆Word ではどうでしょうか。行末にあったカーソルが、行頭にジャンプしました。複数行の場合は、第1行の頭まで飛びます。複数ページの場合にも、第1行の頭まで飛びます。最初のページには行きません。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日に一歩:22
  • 初日の次は「白雪」です。白雪という清酒が古くからあります。つくっているのは伊丹の小西酒造、キャッチフレーズは「誰も歩いていない道を行く」というもの。これに合った画像をと探してみましたが、雪に足を踏み入れれば足跡がつくので、歩いていない、道を行くという言葉に合った雪景色を切り貼りでつくるのはなかなかの難事です。しかたなく、また富士に助けを乞うことになりました。富士のお山はありがたきかなにほんブログ村 [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−7
  • [Shift]+[F3] にエディターは無反応です。たぶんそうなるだろうと思って書き始めたところで [Shift]+[F3] とやってみたら、この前の [Shift]+[F2] と同じ奇妙な現象。この現象に疑問はあっても、わざわざほじり返して理由を知る必要のないことなので、かかわらないことにしてすぐさま退散。◆Excel では関数の挿入ウイザードが現れました。同じ関数を繰り返し使うときや、関数名の文字の記憶があやふやなときには便利です。◆Word [続きを読む]
  • 日に一歩:21
  • 「初日」の背景づくりで、左に日の出なら右はやはり富士かなと、Google-画像からそれらしいものを拝借、切り取ってみましたが、5.5×95 の横長画像にいきなりなるはずもなく、左右半分ずつをデフォルメしながらつなぎ合わせることにしました。真ん中がうまくつながっていませんが、そんなことは何でもありません。そこには月表示のボックスを乗せてしまいますから。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−6
  • [Shift]+[F2] にエディターは無反応です。これが事実と違うときもあります。実験の初回には、テキストデータ内のとんでもないところへジャンプしたのです。ジャンプ先の文字は「M」で、そこには検索文字を探り当てたときのような塗りつぶしがかかっていました。特定の文字にジャンプするのは、それをキーワードにして検索した場合なので、ツールメニュから「検索」を呼び出してみると [検索する文字列] の欄に、書き入れた覚えのな [続きを読む]
  • 日に一歩:20
  • 「季節の色合い」と仮題をつけた表づくりで、図柄部分を順に考えていくことにします。まず1月の「初日」、もちろん"しょにち"ではなく、これは"はつひ"、元旦のお日さまです。図柄は、5.5×95 の横長で、テーマを左右に振り分けなければなりません。日の出を二つ入れるわけにはいかないので、どちらか一方になります。左側に入れるとすれば右には何を。雲か山かと考えているとき、頼山陽の天草の洋に泊すを吟じていた先輩 [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−5
  • ローマ字入力で [Shift]+[記号] は、それぞれそのものずばりなので、 [Shift]+[Fx] に足を向けてみます。[Shift]+[F1] にエディターは無反応でした。Shift+F1 で Web 検索したら、そういう名の Facebook に出会いました。Wordでは「書式の詳細設定」というウイザードが現れました。文字列の範囲を指定しておいて、書式のそれぞれの項目をいっぺんに設定変更できるという仕組みのようですが、どの程度利用価値があるのか、使う機会 [続きを読む]
  • 日に一歩:19
  • カレンダーの月表示の背景は、季節に合ったものをその都度選んでもよいのですが、年間ライブラリ風のものを作っておくのも一興でしょう。書き換え作り替えのときに考えればよいことでも、そのとき面倒な気分のこともあるので、興の冷めないうちにまとめておけば、季節はずれを引きずって過ごさないための手立てになりそうです。Excel でこんな表を作ってみました。「季節の色合い」思いつきでぱっと作ってみたまでなので、もっと好 [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−4
  • かな入力で [Shift]+ 記号を使うには、モードの一時切り替えをしなければならないので大変面倒です。ところが、モード切り替えも、 [Shift]+ もなしにやってのける方法があります。たとえば「!」では「びっくり」から変換というやりかたです。ただ、これを使うには「びっくり」という読みを覚えていて、いざというときにすぐ思い出さなければなりません。そのくらい覚えればよいではないかという考えは、[覚える ]⇒ [思い出す]と [続きを読む]
  • 日に一歩:18
  • カレンダーの月表示に、枠の図形と月の文字を重ねて入れるところまで進んだとき、これまでにしていた無駄なことに気付きました。背景を挿入するとき、画像を左右二つに分割しましたが、その必要はなく、長い一連画像で、真ん中にだいじなものを入れない構図であればよかったのです。真ん中に座るとき、割って入るのでなく、黙って座に着いたときすぐに主役になって、しかも全体の調和がくずれないという、望ましいリーダーの風格は [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−3
  • [Shift]+ には記号の割り当てがあって、!”#$%&’()=〜|‘{+*}<>?_を入力できるようになっていますが、そのとおりにいかないことがあります。それは、ローマ字入力を嫌い、かな入力で頑張っている人の場合です。じっと我慢しながら不便きわまるかな入力を続ける人は、!()=〜「」?を打ち込むのに一苦労です。[Caps Lock 英数] キーでモードを切り替えておかなければ、いきなり [Shift]+[!] と打っても!は現 [続きを読む]
  • 日に一歩:17
  • カレンダーの月表示枠は、図柄より太い単線がよさそうなので、図形メニュから端の欠けた方形を選び出しました。テキストボックスの文字は、同じフォントサイズにすると、数字が月の字より極端に小さくなるので、数字のほうを2P大きくしてみました。これならば、背景に合わせて線と塗りつぶしの色を変えるだけで簡単に入れ替えできます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−2
  • [Shift]+[A] 〜 [Shift]+[Z] の大文字入力以外のキーには、!から_までいろいろな記号が組み込まれています。中にひとつだけ、 [Shift]+ では何も入力できないキーがありました。ここでキーボードを見る前に目をつぶってそれが何かを即答できる人は、ベテランの域に達していると言ってよいでしょう。見ればわかることを書いても仕方がないので、それが何かはわざわざ書きません。ひとつだけそうなっている理由も、見ればなるほど [続きを読む]
  • 日に一歩:16
  • カレンダーの、幅の狭い最上行に文字を重ねるとき、頭がつかえて入らなければどうするか、ことは簡単でした。奥行きの違う家具を部屋に並べるとき、手前の面をそろえるにはどうするか、後ろに隙間を作ればよい、それと同じで、文字の頭がつかえたら上に空行を入れればよかったのです。印刷したとき白い部分が増えないか、そんな心配はいりません。空行を印刷範囲に入れなければよいのです。文字を入れたボックスが、印刷範囲からは [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:2−1
  • [Ctrl]+ には、まだ踏みもみずOのその先を残しながら、ひとまず区切りをつけることにします。途中でやめることへの異論は、凋落への揶揄としてなら甘んじて受けますが、続行への慫慂には応じません。あえて意固地ぶりを見せるのは、31という区切り方が成り立たなくなるのを嫌うからです。区切りをつけずにとにかく続ける、それでは継続が力にもなってくれません。世界の趨勢の風で千切れ去ってしまっている亡霊のような名称を、 [続きを読む]
  • 日に一歩:15
  • カレンダーの月表示に選んだ額縁を、サイズを縮めて近づけてみましたが、ここでいくつかの問題に気付きました。▼背景の横長画像との図柄、色彩の調和がとれていません。▼文字を後から重ねるにはテキストボックスかワ−ドアートということになりますが、幅の狭い最上行には、大きめの字の場合頭がつかえて入りません。額縁は、単純な枠線型がよさそうです。月表示文字は、その画像に先に書き入れておかないとうまくいかないのかど [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:31
  • エディターで [Ctrl]+[O] はファイル−オープンでした。これはどのアプリにも共通なようです。わかりにくくなった Office で「ファイル」メニュを探し回るよりずっと早い操作ができます。ショートカットは、総じて要るときにすぐ思い出すかどうかが便利さの決め手です。ふだん使っていなければなかなか思いだせません。この種のものは、ちょっとの便利さをバカにするかしないかが別れ道になります。なぜ必要かなどと理屈を先に考 [続きを読む]
  • 日に一歩:14
  • カレンダーの月表示セルに、単純な塗りつぶしで着色してみましたが、どこかもの足りません。店の看板も、ただべたっと色を塗ったものがよいかどうか、シンプル・イズ・ベストなどと気取ってみたところで、不精の言い訳にしかならないこともあります。今はたいそう便利な世の中、Googe-画像から検索すると、額縁ばかりを集めたサイトが見つかります。どういう画像がお好みか、厭きれば入れ替えできるので、ここではあれこれ迷わずに [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:30
  • エディターで [Ctrl]+[N] は無反応でした。ブラウザで [Ctrl]+[N] を試したら、新しいタブ、私の場合は 「Google」のトップがあらわれました。どこかのサイトを閲覧中に、別のサイトを検索したくなったとき、ブックマーク上の [Google] を [Ctrl]+ で呼び出すよりも、こちらのほうがスマートなようです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日に一歩:13
  • 月表示セルに飾り画像を入れたしおりカレンダーを印刷してみたら、9P2行の上段が欠けています。行高25.1では無理なのかとよく見ると、縦の罫線が途切れ途切れになっています。罫線と一緒に文字も途切れたのかもしれません。インクヘッドの清掃をして、プリンターのプロパティの指示どおり、ワ−ドパッドでテキストデータを印刷してみたら、やはり横一直線に何段か印刷されない部分が出ます。念のため Windows のテスト印刷ペ [続きを読む]
  • 寄り道のすすめ:29
  • [Ctrl]+ のキー割り当ても、アルファベットの真ん中あたりになると、アプリケーションごと、あるいはバージョンごとに縦横無尽になっています。人間が考えてすることですから、実際にその場で確かめておかないと、どういう働きをしてくれるのかわかりません。自由にできる行いは、それを必要とされる頻度、実際にやってみる人の数、その結果が人々にどういう影響を及ぼすかによって、習慣として定着するかどうかが決まっていくので [続きを読む]
  • 日に一歩:12
  • カレンダーの月表示セルには、横長画像を挿入することにしました。これなら周りに白縁が残っても気にならないでしょう。長めの画像を左右半分ずつ二つに区切って別名にし、それぞれ月の文字の両側に挿入しました。月表示セルを左右の画像と釣り合いのとれる色調で塗りつぶせば、スッと引き締まります。にほんブログ村 [続きを読む]