あっけらかん さん プロフィール

  •  
あっけらかんさん: 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活
ハンドル名あっけらかん さん
ブログタイトル闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活
ブログURLhttp://toubyou-sisyou.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文2012年2月に視床出血で左半身が完全に麻痺。リハビリ病院などで「奇跡的回復」とかいわれた闘病の記録。
自由文2012年2月に視床出血で左半身が完全に麻痺しました。リハビリ病院や訪問リハビリなどで「奇跡的回復」とかいわれた闘病の記録です。より良いリハビリを目指して、経験や調べたことを基礎に投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/03/24 10:08

あっけらかん さんのブログ記事

  • 「完全子会社」という話ね。
  •  「完全子会社」という話ね。 ビジネス版「悪魔の辞典」にあったものです。 配偶者に通帳とキャッシュカードを管理されるというものね。 基本的には夫婦の仲がよい場合には所有権が主張できて、離婚時には婚姻期間中に稼いだ両方の資産を足して1/2というのが財産分与の出発点ですよね。 稼いだ分ね。 遺産相続等の分は除外されるとね。 離婚の前日に宝くじを購入して離婚後の抽選で当選金があった場合も分与の対象になる [続きを読む]
  • 私の脳内出血、視床出血について。その前に視床についてね。
  •  私の脳内出血、視床出血について。その前に視床についてね。 視床は間脳にあります。 大脳ではないです。 間脳の多くの部分を視床と視床下部で占められています。 視床下部は自律神経系とホルモン分泌系の中枢です。 大切な脳なので頭のどの方向からみても一番奥にあります。 ですから、よほどでない限り、視床は手術の対象外です。 視床も感覚の中継だけではなく、大脳と小脳等と連携して動作の滑らかさに関与しています [続きを読む]
  • お外歩きの基本は関節可動域。
  •  お外歩きの基本は関節可動域。 お外はリハビリ室と違ってデコボコや坂、傾斜だらけですね。 お家もだけどね。 車道も歩道も水平ではなく水はけ等の関係で傾斜がありますよね。 さらに、坂道もね。 公園の遊歩道もですよ。 公園での遊歩道以外は、もっと、デコボコ、傾斜等がありますね。草が生えていたりとかね。 これらを、無理なく歩くには「関節可動域」が必要になります。 「動画と静止画」カテゴリーに少しアップし [続きを読む]
  • ある方がちょっと普通と違う歩行をされているというのです。
  •  ある方がちょっと普通と違う歩行をされているというのです。 傘を持つのに横歩きです。 頑張ってね。 でもね、発症直後の方、フニャフニャの体を適切に維持して関節可動域を確保の上、健常者風歩行の方が楽だと思いますけどね。 発症直後は関節可動域があるのですよ。 以前も投稿しているように痙縮等の方はボトックス療法等で痙縮から脱出してね。 筋肉が柔軟になって関節可動域があれば、世界は大きく広がりますよ。 そ [続きを読む]
  • チョコチョコと歩いているのに歩道のある道路は当然歩道ね。
  •  チョコチョコと歩いているのに歩道のある道路は当然歩道ね。 生活道路は別にして緑道もよく活用しています。 歩道のあるような道での道路横断は信号機のあるところか、横断報道を使っています。 歩道橋のあるところはちょくちょく歩道橋利用ね。 行程全体を考えての活用ですよ。 昨日投稿のようにチョイチョイ転んでいるので、直ぐに立ち上がれるといっても時間は掛かるのでね。 その割には近隣公園では道なきところをわん [続きを読む]
  • 歩行中転倒したことがありますか。
  •  歩行中転倒したことがありますか。 私は年に1回程度はしている計算になります。 別段、転倒に恐怖はありませんが、最近のはわんこを潰すかもという恐怖がありました。 柴ですから、犬の上に転ぶと悲惨ですよね。 というのはありましたが、転んでも立ち上がればよいだけです。 それだけです。 擦りむき傷をしましたが。 発症直後のフニャフニャを適切に維持できたのでリハビリ病院入院中に床からの何も利用せずに立ち上が [続きを読む]
  • 四肢等のリハビリ動作で思うこと。
  •  四肢等のリハビリ動作で思うこと。 リハビリには将来の回復目指しての基礎的なのと作業や歩行などの具体的回復目指してというのがあると思っています。 将来の回復目指しては「楽な外力による関節可動域確保動作」ができるかどうかですよね。 そして、自発的でも楽な筋力での動作で関節可動域全般を無理なくできるということだと思っています。 四肢の動作は関節動作ですからね。 関節動作のためには筋肉は柔軟である必要が [続きを読む]
  • 認知状況と動作について。
  •  認知状況と動作について。 以前から不思議に思っているのがホーキング博士ね。 指が少し動かせるということのようですね。 それで、世界的な学者ですよね。 それを維持していますね。 また、日本では某医療法人の設立者で、ほとんど身動きできなくなったのに認知症になることなく、指示を出されているようですね。 でもね、普通の人は骨格筋を使うということが認知機能維持に重要みたいですね。 「朝からあくび」は寝不足 [続きを読む]
  • 重症度と医師の言動、出血量、入院期間等についてね。
  •  重症度と医師の言動、出血量、入院期間等についてね。 「一生車椅子云々」は多くの方がいわれていますよ。 私もいわれましたしね。 中にはリハビリ病院で歩行のリハビリをされているのに「歩行は諦めてください」とかいわれたと投稿されていた方もいました。 その方は現在時々一日に20000歩とか歩かれていますよ。(ブログより。) 重症の方にともかくいうみたいですからね。 他の病気の説明でも想定される最悪のこと [続きを読む]