ソルジャー さん プロフィール

  •  
ソルジャーさん: Moriokaドライブ日記
ハンドル名ソルジャー さん
ブログタイトルMoriokaドライブ日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/soulja3113
サイト紹介文盛岡/岩手/雫石/滝沢/経済/ドライブ/景色/ショッピング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供375回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/03/24 09:53

ソルジャー さんのブログ記事

  • ホームセンターサンデー盛岡本宮店
  • 盛岡市本宮に建設を進めているホームセンターサンデー盛岡本宮店。今秋のオープンに向けて建物の鉄骨が現れた。隣接する結婚式会場側の方に入り口が設けられるようだ。また、求人紙より、自動車整備のエリアも設置するようだ。ホームセンターで自動車整備エリア併設のホームセンターは市内初進出だろう。店舗面積は、同店の盛岡前潟店を越える面積らしい。 [続きを読む]
  • 盛岡大付、甲子園へ 高校野球岩手大会
  • 第99回全国高校野球選手権岩手大会は24日、盛岡市三ツ割の県営球場で決勝が行われ、第1シード盛岡大付が9−0で第2シード久慈を下し、2年連続10度目の優勝と甲子園切符を手にした。連覇は2003、04年の盛岡大付以来。3季連続の甲子園出場は県勢初。 盛岡大付は二回1死から松田夏生(3年)が左越え二塁打。次打者の内野ゴロで三進し、須藤颯(3年)の中前打で1点を先制した。四回には松田がソロ本塁打を放ち、 [続きを読む]
  • 岩手県内に警報相次ぐ。
  • 岩手県内の気象警報・注意報 (平成29年7月23日10時07分 盛岡地方気象台発表) 内陸、沿岸北部では、23日夜のはじめ頃まで土砂災害に、23日夕方まで河川の増水に警戒してください。内陸では、23日夕方まで低い土地の浸水に警戒してください。市町村名警報・注意報盛岡市 [警報]大雨、洪水 [注意報]雷、濃霧宮古市 [警報]大雨 [注意報]雷、強風、洪水、高潮、濃霧大船渡市 [警報]なし [注意報〕雷、強 [続きを読む]
  • 岩手県立大が「IPU」使用取りやめ 商標権侵害指摘受け
  • 滝沢市の県立大(遠藤達雄理事長、鈴木厚人学長)のロゴマークなどに使われている「岩手県立大」の英語略称「IPU」が商標権侵害の指摘を受け、同大が使用を取りやめる方針であることが20日、分かった。ロゴマークは名刺や封筒、案内板、大学旗などに使用し、広報誌や大学祭は「IPU」を用いた名称にしていた。来年度に開学20周年を迎え、同大を示す略称として浸透していたが、ロゴマークデザインの見直しなどの対応が求め [続きを読む]
  • バスセンター跡地を無償貸与 盛岡市、イベントなど開催へ
  • 盛岡市は、市街地のにぎわい創出のため、同市中ノ橋通の盛岡バスセンター跡地の一部1060平方メートルを施設整備着工までの約2年間、地元住民団体に無償貸与する。事業を担う盛岡バスセンターおよび周辺地区活性化協議会(豊岡卓司会長)は市民の活動発表や飲食などのイベントを開催する方針で「住民の力と知恵を合わせて活気を呼び込む」と有効活用を目指す。 同協議会は肴町商店街振興組合など住民団体7団体で構成。借りた [続きを読む]
  • 北上市ロゴにアジサイ 「総選挙」で決定
  • 市民がデザインを「総選挙」で選んだ北上市のロゴマークが17日、決定した。同じく総選挙で決まった市のブランドメッセージ「KitaComing(キタカミング)!北上市」をデザインした3案のうち、各地域が自立しつつ相互連携で発展を目指そうと市が取り組む「あじさい都市構想」を表したデザインが採用された。ロゴは使用基準を定めた上で市民や団体、企業が北上の魅力発信に活用する。 同市新穀町の市民交流プラザで同日 [続きを読む]
  • 7月前半の暑さ、記録更新 盛岡、最高平均30.7度
  • 盛岡の7月前半(1〜15日)の最高気温の平均が30・7度となり、盛岡地方気象台の観測統計が残る1924(大正13)年以降、最高を更新した。平年を5・5度上回る。同気象台によると、今後も真夏日は続く見込み。夏本番はこれからで、熱中症に注意が必要だ。 県内は7〜15日、高気圧に覆われて晴れた日が多く、日本海や南からの暖気の影響で暑かった。盛岡の最高気温30度以上の真夏日は16日で途切れたが、15日まで [続きを読む]
  • カブトムシ観察しよう 雫石の川長山荘「おうち」開設
  • 雫石町鶯宿の鶯宿温泉川長山荘(小笠原百合子社長)は敷地内に「カブト虫のおうち」コーナーを設けており、カブトムシとの触れ合いが楽しめる。 カブトムシは雄雌計300匹以上。ネットで覆った広さ16・5平方メートル、高さ1・7メートルのケージ内で、観察や雄同士を戦わせて遊ぶことができる。1人にかご1個が渡され、気に入ったカブトムシを2匹まで持ち帰ることもできる。 午前10時〜午後5時。1人1回600円(税 [続きを読む]
  • 手代森トンネル貫通 都南川目道路
  • 復興支援道路として国が整備を進める宮古盛岡横断道路・都南川目道路(6キロ)の「手代森トンネル(仮称)」(2625メートル)の貫通式は14日、盛岡市手代森の現地で行われた。トンネルを含む田の沢インターチェンジ(IC)−手代森IC間(3・4キロ)は2019年度の開通を見込む。 行政や施工業者ら約60人が出席。神事に続き、山下容弘岩手復興局長、谷藤裕明盛岡市長らがくす玉を割って貫通を祝った。 同道路は盛 [続きを読む]
  • IGR青山駅の南側に建設へ 盛岡の災害公営住宅
  • 県は盛岡市内で整備を計画する東日本大震災の内陸避難者向け災害公営住宅について、同市南青山町のIGRいわて銀河鉄道の社有地に建設する方針を固めた。内陸の災害公営住宅としては県内最大規模の4棟112戸を見込む。近く仮入居募集を行い、関係機関と協議を進めた上で2019年度内の完成を目指す。 建設予定地は、青山駅南側の線路沿いにある鉄道林。吹雪で線路上に雪だまりができることを防ぐために明治時代に植えられた [続きを読む]
  • 震災6年、宮古運動公園が復活
  • 東日本大震災で全壊した宮古市赤前の宮古運動公園が再建され12日、現地で落成式が行われた。本県沿岸では初となる日本陸連第3種公認の陸上競技場のほか、野球場、多目的広場などを整備。震災から6年4カ月。市のスポーツの拠点施設が復活し、競技力向上や憩いの場としての活用に期待が集まる。 落成式は関係者約350人が出席して行われ、山本正徳市長が「スポーツレクリエーション活動の拠点となる宮古運動公園の再建は、市 [続きを読む]
  • 岩泉、台風被災の災害公営住宅
  • 岩泉町が昨夏の台風10号豪雨の被災者向けに整備する災害公営住宅は、年明け以降に順次着工し、早ければ来年夏から入居開始できる見通しとなったことが11日分かった。入居希望者は少なくとも74世帯で、さらに増える可能性もある。災害から10カ月余。住まいの再建にめどが立つことで、岩泉の復興が大きく前進しそうだ。 町によると、建設予定地は岩泉地区の上町(かみまち)、三本松(2カ所)、小川地区の袰綿(ほろわた) [続きを読む]
  • 県内で今年初の猛暑日
  • 10日の県内は高気圧に覆われて晴れ、暖気の影響もあり、奥州・江刺35・5度(平年比9・7度高)、盛岡35・1度(同9・8度高)など36観測地点中3地点で最高気温35度以上の猛暑日となった。県内の猛暑日は今年初。盛岡は観測史上最速の35度以上観測となった。各消防本部によると、7市町で47人が熱中症の疑いで病院に運ばれた。 最高気温は北上35・2度(同9・5度高)、大船渡29・6度(同5・7度高)、宮 [続きを読む]
  • 一関などで34度
  • 8日の県内は高気圧に覆われて晴れ、西から暖気も入った影響で、奥州・江刺34・3度(平年比8・7度高)など36観測地点中26地点で最高気温30度以上の真夏日となった。盛岡地方気象台によると、県内は9日も酷暑が続く見込み。梅雨前線がすぐに北上する状況ではなく、しばらくは高温が続きそうだ。 一関は今年最高となる最高気温34・2度(同8・3度高)。一関市厳美町の真湯温泉近くにある「ジャブジャブ広場」では、 [続きを読む]
  • 滝沢スイカサイダー発売
  • 滝沢市の農園「アートファーム」の代表を務める三上恒史さん(33)は、滝沢スイカを使った炭酸飲料「たきざわスイカスパークリング」を発売した。地域の特産を市内外にPRしようと考案。夏らしくすっきりとした味わいに仕上げ「滝沢スイカを食べてみようと思うきっかけになれば」と期待を寄せる。 飲料は、傷が付いたり収穫の時期が遅くなった果実を有効活用して、搾った果汁を使用。地サイダーを製造販売する仙台市のトレボン [続きを読む]
  • 県に匿名で寄付、なんと1千万円 「復興に役立てて」
  • 東日本大震災の復興に役立ててほしいと、県に匿名で現金1千万円の寄付があった。匿名の寄付としては震災後最高額で、県は震災遺児らの就学を支援するいわての学び希望基金などに充てる。 県によると寄付者は6月27日、盛岡市内丸の県庁1階の出納局を訪れて袋に入った現金を差し出し「震災復興のために役立ててほしい」と語りすぐに立ち去った。県は「寄付者の思いに配慮したい」として性別や風貌などを明らかにしていない。  [続きを読む]
  • アジサイ雨に鮮やか 一関のあじさい園で見ごろ
  • 3日の県内は、梅雨前線が停滞した影響で全域で雨となった。一関市舞川のみちのくあじさい園(伊藤達朗園主)では早咲きのアジサイが見頃を迎えている。 約15ヘクタールの杉林で、400種、4万株を栽培。同日は早咲きのクロヒメ、アナベルなどが雨にしっとりとぬれ、鮮やかさを増した。 同園ではみちのくあじさいまつり(あじさいの郷づくり推進協議会主催)を31日まで開催中。郷土芸能など催しも予定されている。 [続きを読む]
  • 岩手山山開き 荒天の中、1500人頂へ
  • 八幡平、滝沢、雫石の3市町にまたがる岩手山(2038メートル)の山開きは1日行われ、約1500人の登山愛好家でにぎわった。スポーツ庁の鈴木大地長官(50)や昨年8月の台風10号災害に見舞われた岩泉町の児童らも挑戦。荒天にもひるむことなく歩を進め、山頂で喜びを分かち合った。 午前6時。焼走り、馬返し、御神坂の各登山口で神事の後、登山者は山頂を目指して出発。県山岳協会(高橋時夫会長)の招待を受けた岩泉 [続きを読む]
  • 北上市のロゴマーク選ぼう 7日まで投票呼び掛け
  • 北上市は7日まで、ロゴマークのデザインを市民が決める「総選挙」を実施している。まちづくりの理念や地域資源などをイメージした3案に対し、市のホームページ(HP)などを通じて投票でき、選ばれたマークは行政の配布物や職員の名刺に印刷してまちの発信に一役買うほか、基準を定めた上で市民が活用できるようにする。 3案はいずれも、今回同様に総選挙で決めた市のブランドメッセージ「KitaComing!(きたかみん [続きを読む]