かんちゃん さん プロフィール

  •  
かんちゃんさん: 青森の風景・文化風土記
ハンドル名かんちゃん さん
ブログタイトル青森の風景・文化風土記
ブログURLhttp://kannota.blog.fc2.com/
サイト紹介文青森を主とした風景・文化を写真を中心に紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/03/25 20:26

かんちゃん さんのブログ記事

  • 津軽の虫たち
  • 津軽の虫たち 津軽地方では、田植えが終わると、各部落で五穀豊穣と無病息災を祈願する「虫送り」が行われています。そして、その虫を今度は部落の外れのところに、魔除けを兼ねて飾っておきます。昔に比べれば、その数は少なくなっているそうですが、虫の形はその部落独特な物なので、見ていて飽きないです。 昔からの特色ある伝統行事が続いているのは、本当にうれしいものですね。 [続きを読む]
  • のどかな弘前公園
  • のどかな弘前公園 弘前公園の夏は、桜も終わったし、紅葉もまだ先なので、どちらかというと観光客は少ないです。 あまり変化のない時期ですが、訪れてみるとのんびりとした光景が広がっていて、本当に日本は平和だなと思いました。 [続きを読む]
  • 岩舘海岸
  • 岩舘海岸 岩舘海岸は青森県から秋田県に入ったところにある八森地区にある海岸です。秋田県の自然県立公園にも指定されていて、岩浜を防波堤で区切った海浜プールもあり、どのポイントからも美しい夕陽が見られるということで、夏は大変賑わうそうです。 訪れたときは、真夏前だったので、そう人はいませんでした。それ故、ゆったりと爽快な気持ちで青い空と海を満喫しました。 [続きを読む]
  • 夕暮れの津軽富士見湖
  • 夕暮れの津軽富士見湖 大人の休日倶楽部の吉永小百合ポスターから、津軽富士見湖は本当に観光客が多くなりました。 日中は、写真を撮るのに、観光客を入れるか入れないか大変苦労するのですが、夕暮れに訪れるとさすが人は少なくなるので、ゆっくりと撮ることが出来ます。 適当な夕焼け雲があると、湖面を赤く染め、情緒がますので、夕方は気持ちが落ち着きますね。 [続きを読む]
  • えきどてプロムナード
  • えきどてプロムナード 弘前市は江戸時代の城下町の町割りが残っているので、市内のどこを歩いても近代的な街はありませんでした。 でも、例外が一つあります。 弘前駅から中心街の土手町に抜ける遊歩道「えきどてプロムナード」です。 レンガ通りに、いろいろなモニュメントが造られているので、飽きないで歩いて行けます。 都会には特色のある街並みがたくさんありますが、津軽地方にはここしかないというのが残念ですね。 [続きを読む]
  • 田茂萢湿原
  • 田茂萢湿原 田茂萢岳の頂上付近に湿原があります。約1時間ぐらいで一周できる散策路が整備されているので、様々な湿原植物・高山植物を気楽に見ることが出来ます。 残念ながら、訪れたときは湿原植物の花はもう終わって見られませんでしたが、緑のじゅうたんを堪能できたので良かったです。 [続きを読む]
  • 田茂萢岳 展望
  • 田茂萢岳 展望 青森県の中心部にそびえ立つ八甲田山は、一つの単独峰ではなく、18の山々からなる火山群です。 田茂萢岳はその一つで、冬は八甲田スキー場となっています。 そのため、八甲田ロープウェイが造られており、いつでも気楽に頂上に行くことが出来ます。  山頂から見下ろすと、遠く青森市方面がみられ、その反対側は、八甲田のほかの山々が見られます。 この日は、あいにくもやがかかっていて見通しは悪かったのです [続きを読む]
  • 菊ヶ丘公園 花菖蒲
  • 菊ヶ丘公園 花菖蒲 津軽地方で花菖蒲が有名な所は結構ありますが、私の身近なところは五所川原市の菊ヶ丘公園です。 私の所から車で約5分で行けるので、この時期よく行きます。 花菖蒲祭りが行われているときは、人がたくさんいるので、好きではありません。 やはり、花菖蒲の清々しさを感じるには、人があまりいない時間帯をねらっていくのが最高ですね。 [続きを読む]
  • 三厩漁港
  • 三厩漁港 三厩漁港は津軽半島の陸奥湾側、外ヶ浜町の三厩地区にある小さな漁港です。写真を撮っていると、細々と生活している漁民の様子も、見えてくるような気がしてきましたよ。 [続きを読む]
  • 初夏の虹の湖公園
  • 初夏の虹の湖公園 虹の湖公園は黒石市の浅瀬石川に造られたダム湖、虹の湖にある公園です。広大な敷地には、フィールドアスレチックやパターゴルフ場、ジャンボ滑り台など、またレストランや屋台村もあり、安くて一日中遊べる道の駅として家族連れに人気のあるところです。 ちょうど今の時期はシャクヤクが咲いていて、そう暑くもなく、遊ぶには最高の時だと思いました。 [続きを読む]
  • 深緑の長沼
  • 深緑の長沼 青森市から十和田湖へ行く途中の八甲田山中に一軒宿の蔦温泉があります。 その宿の周囲には「蔦の七沼」と称される湖沼群が点在しており、散策路があって一周できるようになっています。 七沼のなかで、一番長いのが名前の通り、長沼です。 新緑が残っているのかなと思って行ったのですが、深緑に近かったです。 深緑になりかかった緑だったので、生き生きしていました。 それにしても、日曜日に行ったのにもかかわら [続きを読む]
  • 十和田湖 奥入瀬渓流の滝
  • 十和田湖 奥入瀬渓流の滝 十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流には、代表的な9つの滝をはじめ、無数の滝があります。9つの滝は奥入瀬渓流の散策路を歩いて行くと見えるので、気楽に楽しむことが出来ます。 奥入瀬渓流は気軽に行けて、森林浴を楽しむには最高の場所だと思いますね。 [続きを読む]
  • 十和田湖 銀山地区
  • 十和田湖 銀山地区 十和田湖は休屋地区が観光の中心ですが、十和田湖を一周すると隠れた名所がたくさんあります。その一つが銀山地区です。明治時代に銀山があったことから呼ばれているところです。 本当に小さい湖畔ですが、観光客が少ないこともあって落ち着くところですよ。。 [続きを読む]
  • 大群落のスイレン咲く「大開ため池」
  • 大群落のスイレン咲く「大開ため池」 大開ため池は鶴田町の妙堂?地区にある小さなため池です。このため池には昔からスイレンの大群落があります。津軽地方でこれだけの大群落はありません。 スイレンからは清楚な感じを受けるので、行くたびごとに爽やかな気持ちになりますね。 [続きを読む]
  • 藻川の虫送り
  • 藻川の虫送り 田植えが終わると、津軽地方では五穀豊穣と無病息災を祈願する「虫おくり」が行われます。これは木彫りの竜の頭に、稲わらの胴体で作られた「虫」を若者が担いで、囃子とともに村中を練り歩き、村はずれの一番高い木の枝に「虫」をかけ祈願する行事です。昔はどこの部落でも行われていたのですが、農家の若者が少なくなって、廃れていったところが珍しくありません。 今は、観光化して地方自治体が主体となってやっ [続きを読む]
  • 深緑の狼野長根公園
  • 深緑の狼野長根公園 狼野長根公園は五所川原市から青森市に行く途中にある公園です。30分くらいで一周できる散策路が整備されているので、地元の人にとっては、気楽に森林浴を楽しめるところです。 私も時々行って、運動を兼ねて森林浴を楽しんでいますが、その都度雰囲気が変わっているので、飽きないところですよ。 [続きを読む]
  • 白神大然自然公園
  • 白神大然自然公園 白神大然自然公園は世界遺産白神山地の日本海側、鰺ヶ沢町の赤石川上流一ツ森地区にある公園です。 この公園には白神山地に関する各種展示物、ビデオ、書籍などが置いてある「ハロー白神」があり、キャンプできるので、夏場は結構にぎわいます。 周りには人家がない、本当の山の中の公園なので、大自然の息吹を味わうのに最高の所です。 訪れたときも誰もいなかったので、大自然の空気を十分に吸って帰ってき [続きを読む]
  • 赤倉霊場 津軽赤倉山神社
  • 赤倉霊場 津軽赤倉山神社 岩木山の中腹に、ちょっと変わった神社が建っています。赤倉霊場と呼ばれている津軽赤倉山神社です。昔から赤倉という場所は津軽のゴミソ、またはカミサマと呼ばれる人達の多くが崇める聖地です。そして、それぞれのカミサマ達が造営した霊堂が隣から隣へと点在しています。 ここは国有林なので一般の建物は建てられないそうですが、カミサマの霊堂だけが例外的に貸し付けられて建っているとのことです [続きを読む]
  • 志賀坊森林公園
  • 志賀坊森林公園 志賀坊森林公園は平川市の十和田湖側の山すそ、 標高350mくらいのところにあり、そこから は津軽の秀峰・岩木山と豊かな穀倉地帯である広大な津軽平野を一望できるので人気のあるところです。 公園内には標高差の少ない散策路が整備されているので、気楽に散策できます。 森林公園というだけあって、散策路は森林の中にあります。マイナスイオンを充分に味わいながら、新緑の中を散策できたので、気分は最高でし [続きを読む]
  • 田んぼの夕景
  • 田んぼの夕景 今、津軽地方では田植えの真っ最中です。 津軽の田んぼに水が入ると、巨大な水がめが出現します。 夕焼け時に訪れると、一面に赤の世界が現れ、幻想的な光景が見れます。 田舎に住んでいるからこそ、見れる特権かもしれませんね。 [続きを読む]
  • 新緑の浅瀬石川
  • 新緑の浅瀬石川 浅瀬石川は十和田湖の外輪山から黒石市に流れ出てくる川です。 黒石市から十和田湖に行く国道102号線に沿って流れているので行きやすい川です。 十和田湖に行く道路はたくさんあって、その中でここの道路は比較的交通量が少ないので、ゆっくりと写真を撮ることが出来ました。 清々しい空気の下、悠々と流れている光景を見ていると、本当にさっぱりしました。 [続きを読む]
  • つがるあすなろライン 新緑
  • つがるあすなろライン 新緑 つがるあすなろラインは五所川原市の飯詰地区から、津軽半島の山を越えて青森市の野木和地区に出る県道26号線の愛称です。 アスナロとはヒノキ科の常緑針葉樹で、青森県では「ヒバ」とよばれ、青森県を代表する木材です。そのヒバの木がたくさん植えられているので、あすなろラインとよばれているのです。 実際に通ってみるとヒバ以外に、広葉樹林が結構あります。その広葉樹林が、新緑の美しさを [続きを読む]
  • 青森りんご 花・真っ盛り
  • 青森りんご 花・真っ盛り 今、青森県のりんごの花が真っ盛りです。 桜の花が散った後、間もなくりんごの花が咲き始めました。 桜に比べるとボリュウーム感は少し足りませんが、それでもりんご畑が真っ白になる時があるので、見ごたえがあります。 りんご畑でところどころ真っ白でないのは、花づみといって中心の花を残してそれ以外の花を手で取ってしまうからです。 薬掛けも定期的に行い、リンゴ農家にとってはこれから休む暇も [続きを読む]
  • 花と岩木山のコラボレーション
  • 花と岩木山のコラボレーション 津軽地方は桜が咲くと、間もなくしてリンゴ、菜の花が咲きだします。 この時期、岩木山をバックにこれらの花を見ると、また一味違う花見ができます。 津軽に住んでいる人たちにとっては、やはり岩木山は特別な山だからそう思うのかもしれませんね。 [続きを読む]