kintaro さん プロフィール

  •  
kintaroさん: お金を借りる案内所
ハンドル名kintaro さん
ブログタイトルお金を借りる案内所
ブログURLhttp://tibidebuhage409.blog.fc2.com/
サイト紹介文初めての借入から破産・債務整理後・総量規制下での借入を詳しく解説します。
自由文初めての借入から、自己破産・債務整理をしていても(いわゆるブラック)借入できる消費者金融の案内まで、また総量規制でも借入できる方法など「お金を借りる(キャッシング)」をテーマに詳しく解説しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/03/25 23:57

kintaro さんのブログ記事

  • キャッシングで上位表示のサイトは信用できるか
  • 今の時代、何かを調べる時はまずインターネットで、という人がほとんどだと思います。特に、最近ではスマートフォンの普及により、その場に居ながらにして、かなり詳しい情報を得ることが可能です。キャッシングも例外ではなく、インターネットで情報を仕入れて、借入れ先を探す人は多いと思います。例えば、「キャッシング」と検索すれば、様々な情報サイトが、ランキング形式で借入れ先の紹介をしています。当サイトも、そのよう [続きを読む]
  • 銀行の自主規制が消費者金融業界に与える影響
  • 近年、銀行が消費者ローンに力を入れていたことはご存知の方も多いと思います。かつて銀行は、消費者ローンの分野では消費者金融に市場を譲っていましたが、改正貸金業法施行後は消費者金融に取って代わる新たな受け皿として、小口融資を右肩上がりに伸ばし、2016年3月末には、ついに消費者金融など貸金業者の融資残高を上回るまでになりました。しかし、最近になって、その銀行カードローンの過剰融資が問題視されてきています。 [続きを読む]
  • キャッシングにおける知人紹介の評価
  • 当然のことですが、消費者金融を営業していても、全く宣伝をしなければ、申込みは発生しません。どうするにしても、まずは申込みがなければ、はじまらないので。有効な広告媒体を確保することは、消費者金融にとっては、ある意味、生命線となります。もちろん経費も限られているので、より安い単価で優良客の獲得をすることが必要です。どこの会社でも、「1顧客あたりの獲得単価」くらいは計算しています。キャッシング会社によっ [続きを読む]
  • 貴方にとって「おまとめローン」は本当に必要ですか!?
  • 「複数の借入れを1本化して、月々の負担を軽減する。」一般的な「おまとめローン」の触れ込みはこのような内容が多いと思います。また、当サイトの記事でも説明してきましたが、いまどきのおまとめローンは、①総量規制の例外となるので年収の3分1の制限を受けない②顧客に一方的に有利となる借換えが前提であり、それまでの契約より不利益となる保証人・担保などをとられることがない③利率や月々の分割金が、それまでの契約よ [続きを読む]
  • 消費者金融の債権回収を徹底解説
  • 消費者金融は、一般的に債権回収ノウハウがあると言われています。わかりやすい言い方をすれば、「消費者金融は取り立てが得意」ということです。その中でも特に、中小クラスの消費者金融の取り立ては厳しいと言われています。言い換えれば、中小クラスの消費者金融などは、取り立てをする自信があるからこそ、銀行や大手が融資をしないような客層にも積極融資をしているということでしょう。今回は、そんな中小業者の債権回収手法 [続きを読む]
  • 若年層のキャッシングについて
  • ≪若年層のキャッシングについて≫現在、消費者金融会社などにキャッシングの申込みをする時の年齢制限は、上限は65歳、70歳など各業者によって異なりますが、下限は、ほとんどの会社が20歳以上としています。(未成年者の場合は、契約などの法律行為を取り消しできるので、ほとんどの会社が対応していません。)当サイトの調査では、その下限である、20歳、21歳あたりの若者の申込みが最近増えてきているようです。今回は、若年層 [続きを読む]
  • キャッシングはファイルDが重要
  • ≪キャッシングはファイルDが重要≫キャッシング審査において、指定信用情報機関で他社の借入れ状況を調査されることは、ご存知の方も多いと思います。しかし、一口に、借入れと言っても、様々な種類があります。例えば、消費者金融からのキャッシング、銀行からのキャッシング、ショッピングローン、住宅ローン、マイカーローン、また、最近ではスマートフォンのローンなど多種多様です。では、どのような借入れが審査では重要に [続きを読む]
  • 消費者金融の甘い営業には要注意
  • ≪消費者金融の甘い営業には要注意≫消費者金融を利用する人は、最初、「絶対に必要以上に借入れしない」と心に決めて借入れをする人がほとんどです。しかし、気づいた時には限度枠一杯まで借入れが増えてしまっていた人も多いのではないでしょうか。むしろ、当初、利用しようと思っていた金額だけしか利用しない人の方が少ない気もします。どうすれば、使い過ぎ、借り過ぎを防げるのでしょうか。今回は、「元消費者金融幹部Nさん [続きを読む]
  • 信用情報も照会されないで否決となってしまうケース
  • ≪信用情報も照会されないで否決となってしまうケース≫消費者金融には日々多くの新規申込みがあります。大手消費者金融であればその数は、日々、数百件にもなりますし、中堅クラスの消費者金融でも、広告宣伝に力を入れている会社であれば百件前後の数になります。これだけ多くの審査を最初から最後までまともに行えば、かなりの時間とコストがかかることは容易に想像できます。しかもそれだけ時間とコストをかけて審査をしても、 [続きを読む]
  • 近年の中堅消費者金融の動向(2017年版)
  • ≪近年の中堅消費者金融の動向(2017年版)≫ここ数年で中堅消費者金融の営業スタイルは大きく変化しました。まず申込みをする客層に変化がありました。改正貸金法施行以前は、主に多重債務者の申込みが中心であったのが、施行後からは、過去に債務整理や自己破産をした人のリベンジ(再出発)融資の申込みが増えてきて、現在では、それらの申込みが大多数を占めるようになってきています。また、改正貸金法施行当初は、積極融資を [続きを読む]
  • 連続申込みには注意して下さい
  • ≪連続申込みには注意して下さい≫キャッシングの申込みをする人は、切羽詰まった緊急事態という場合も多く、とにかく借入れ先を見つけたい一心なのか、複数の会社にやたらと申込みをする人がいます。また、一度否決になった会社に1カ月も経たないのに、何度も申込みをして、毎回、否決になってしまう人もいます。ダメ元という考えもあるのでしょうが、ことキャッシングに関しては、このようにしつこく申込みをすることはおすすめ [続きを読む]
  • キャッシングの営業に関するルール
  • ≪キャッシングの営業に関するルール≫消費者金融会社も商売ですから、もちろん営業行為は有ります。ただし、新規顧客の獲得は、主に、ネット、テレビCM、雑誌などの広告が主体で、無作為の電話営業や飛び込みで訪問営業する会社は、通常ありません。Eメールによる勧誘行為を行っているのも、怪しい会社がほとんどです。実際の営業行為が発生するのは、やはり、取引中の増額営業や、完済後の再貸し営業がほとんどです。しかし、こ [続きを読む]
  • 中堅消費者金融のWEBキャッシングの傾向
  • ≪中堅消費者金融のWEBキャッシングの傾向≫近年、キャッシングの申込み方法は、インターネットが主流になっています。空き時間にスマートフォンなどから手軽に申込みができ、主なやりとりは、メールでも可能なので、利便性は高くなっています。また、消費者金融会社にとっても、電話や来店などで受付するよりも、WEB申込みの方が大量の申込みを効率よく処理でき、人件費もコストカットできるというメリットがあります。最近では、 [続きを読む]
  • 消費者金融のヒアリングについて
  • ≪消費者金融のヒアリングについて≫大手ではあまり見られませんが、中堅クラスの消費者金融では、キャッシング審査の際、担当者から簡単なヒアリングが行われる場合があります。一般的に中堅クラスの消費者金融に申込みをする人は、「大手の審査が通過しなかった人」なので、その分、大手に比べてリスクが高くなります。このため、申込みフォームの入力内容だけではなく、実際に担当者が申込者と話をして、より詳しく生活状況を把 [続きを読む]
  • 元消費者金融幹部Nさんの告白(その⑤修羅篇)
  • ≪元消費者金融幹部Nさんの告白(その⑤修羅篇)≫改正貸金業法が成立してから平成28年12月13日で10年が経過しました。この間、消費者金融業界は、大手のほとんどがメガバンクの参加に入り、中小業者の多くは、「上限金利の引き下げ」、「総量規制」、「過払い金返還問題」などの逆風に耐え切れず、淘汰されてゆきました。その結果、平成18年度末で11,832社もあった業者数は、平成27年度末では1,926社と6分の1以下に減少しました。 [続きを読む]
  • 元消費者金融幹部Nさんの告白(その④暗雲篇)
  • ≪元消費者金融幹部Nさんの告白(その④暗雲篇)≫改正貸金業法が成立してから平成28年12月13日で10年が経過しました。この間、消費者金融業界は、大手のほとんどがメガバンクの参加に入り、中小業者の多くは、「上限金利の引き下げ」、「総量規制」、「過払い金返還問題」などの逆風に耐え切れず、淘汰されてゆきました。その結果、平成18年度末で11,832社もあった業者数は、平成27年度末では1,926社と6分の1以下に減少しました。 [続きを読む]
  • 元消費者金融幹部Nさんの告白(その③雷雲篇)
  • ≪元消費者金融幹部Nさんの告白(その③雷雲篇)≫改正貸金業法が成立してから平成28年12月13日で10年が経過しました。この間、消費者金融業界は、大手のほとんどがメガバンクの参加に入り、中小業者の多くは、「上限金利の引き下げ」、「総量規制」、「過払い金返還問題」などの逆風に耐え切れず、淘汰されてゆきました。その結果、平成18年度末で11,832社もあった業者数は、平成27年度末では1,926社と6分の1以下に減少しました。 [続きを読む]
  • 元消費者金融幹部Nさんの告白(その②風雲篇)
  • ≪元消費者金融幹部Nさんの告白(その②風雲篇)≫改正貸金業法が成立してから平成28年12月13日で10年が経過しました。この間、消費者金融業界は、大手のほとんどがメガバンクの参加に入り、中小業者の多くは、「上限金利の引き下げ」、「総量規制」、「過払い金返還問題」などの逆風に耐え切れず、淘汰されてゆきました。その結果、平成18年度末で11,832社もあった業者数は、平成27年度末では1,926社と6分の1以下に減少しました。 [続きを読む]
  • 元消費者金融幹部Nさんの告白(その①青春篇)
  • ≪元消費者金融幹部Nさんの告白(その①青春篇)≫改正貸金業法が成立してから平成28年12月13日で10年が経過しました。この間、消費者金融業界は、大手のほとんどがメガバンクの参加に入り、中小業者の多くは、「上限金利の引き下げ」、「総量規制」、「過払い金返還問題」などの逆風に耐え切れず、淘汰されてゆきました。その結果、平成18年度末で11,832社もあった業者数は、平成27年度末では1,926社と6分の1以下に減少しました。 [続きを読む]
  • 申込先診断フローチャートの利用のすすめ
  • ≪申込先診断フローチャートの利用のすすめ≫以前、自分自身にマッチした金融会社に申込みをすることの重要性を記事にしました。(こちらの記事を参照)やたら、ダメ元でミスマッチな金融会社に申込みをしても、否決となるだけで、精神的にも良くありませんし、いわゆる「申込みブラック」という状態になる可能性もあるからです。「総量規制オーバー」や「延滞」など、どうにもならないものを除けば、大方の否決は、この申込先のミ [続きを読む]
  • 銀行カードローンの過剰貸付け問題について
  • ≪銀行カードローンの過剰貸付け問題について≫平成22年6月に施行された改正貸金業法により「総量規制」が導入され、消費者金融等の貸金業者では年収の3分の1を超える貸出しは禁止されています。また、「総量規制」は、貸金業法が適用されていない、銀行カードローンなどにおいても、過剰貸付けの目安にされているということでした。しかし、近年、銀行カードローンによる過剰貸付けが問題視されてきています。【銀行カードローン [続きを読む]
  • 総量規制オーバーに勘違いされる否決を防ぎましょう
  • ≪総量規制オーバーに勘違いされる否決を防ぎましょう≫消費者金融の審査で否決となる理由で一番多いのは、「総量規制オーバー」ということはご存知でしょうか。現在の貸金業法では、この「総量規制」の導入により、申込者の借入額が年収の3分の1を超える場合は、消費者金融等の貸金業者は、原則、貸出しが禁止されています。法改正施行から5年以上経過しており、「総量規制」は、世間に浸透しているので、ご存知の方も多いと思い [続きを読む]
  • おまとめローン専門会社にはご注意!
  • ≪おまとめローン専門会社にはご注意!≫【いまどきのおまとめローン】消費者金融の商品のひとつに「おまとめローン」というものがあります。複数の業者からの借り入れを全部または一部取りまとめることによって、月々の返済額を下げて負担を軽減するのが目的の商品です。また、①総量規制の例外になるので、年収の3分の1以上借り入れがあっても利用可能。②それまでの契約より顧客に不利益にならない契約が前提なので、新たに保証 [続きを読む]