ヒロミシュラン さん プロフィール

  •  
ヒロミシュランさん: 腹が減っては読書ができぬが、三度の飯より本が好き
ハンドル名ヒロミシュラン さん
ブログタイトル腹が減っては読書ができぬが、三度の飯より本が好き
ブログURLhttp://modondake.seesaa.net/
サイト紹介文純粋に教養を高めるだけでなく、株式投資や副業など、稼ぐ目的でも参考になる本を多数紹介。
自由文三十路のサラリーマン。高校卒業後、人生をかけて渡米。カネなし、コネなし、英語わからない、パソコン使えないの4重苦で大学生活をスタート。アメリカ本土で6つ、最終的に7つ目にあたるハワイ大学で学士号を取得。経済学専攻。4年間に7つの大学を渡り歩いた、自称「編入の達人」。卒業後は日本企業に滑り込みセーフで就職を果たし、現在に至る。会社では、主に翻訳・通訳を担当。人生の目標は、地中海沿岸への移住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/03/26 12:25

ヒロミシュラン さんのブログ記事

  • 駄作か傑作か?夏目漱石の遺作、明暗のゆくえ
  • 夏目漱石、最後の作品 明暗。本作執筆中に持病の胃潰瘍が悪化し、そのまま帰らぬ人となった。享年49歳。執筆中に死んでしまったのだから、当然、この作品は未完成である。未完成の遺作と言えば、ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟。主人公の「その後」が気になるということで、「著者の構想には「続編」があった」と解釈されており、生前の著者もそのようなことを漏らしていた。このような理由から「未完成」あつかいされてい [続きを読む]
  • 年収200万円以下で働く人々
  • 前進も後退もない。そんな概念が当てはまらないほどに、単純で、単調で、退屈で、反復的で、非クリエイティブで、でも、誰かがやらねばならない定型業務。昨日と同じ今日、今日と同じ明日。目をつぶっていても、無難に過ぎていく日々。そんな判に押したような毎日にもいつしか慣れ、もはや疑問も不満も、不安さえも感じなくなった、麻痺した神経。程度に差はあれ、サラリーマンなら誰でも身に覚えがあるだろう。わたし自身、20年ち [続きを読む]
  • ドナルド・トランプ、この未知なる存在
  • BSフジのプライムニュースは、平日の夜に放送される時事ニュース番組だ。この番組では、その日一番ホットな(と判断される)トピックスを取り上げ、その道の専門家や識者をスタジオに招き、それぞれに意見を語らせ、闘わせる。しかも生放送。そこで堂々と己の意見を述べるには、そのトピックに深い造詣を持っていることが条件となる。出演者にかかるプレッシャーは、生放送というだけではない。そこには自分と同等かそれ以上の知識 [続きを読む]
  • 自宅にいながら楽しめる台湾旅行
  • k.m.p.※の最新作、k.m.p.の、台湾ぐるぐる。。今回もまた濃い。※k.m.p.は、金(k.)儲け(m.)プロジェクト(p.)の略。 当時OLだった ムラマツエリコ・なかがわみどり の2人が始めた活動。やがて会社を辞め、これ1本でやっていくことになるが、手作り雑貨をフリマで売っていた頃の貧困ぶりは、かなり泣かせる。はじめて出版にこぎつけたエジプトの旅行記も、想像を絶する重労働ぶりに、そうとう泣ける。1ページ1ページに隙間 [続きを読む]
  • アガサ・クリスティは、おもしろいか?
  • わたしもアラフォーになり、だいたい先が見えてきた。最近では、これまで読んだことのない作家の作品を、積極的に読むようにしている。食わず嫌いならぬ、読まず嫌いのまま死ぬのは、極力避けたいからだ。一つ読んでみて、自分に合わなければ、以降は読まない。自分には縁のなかった作家として、闇に葬り去る。大英帝国―― シェークスピアやエリザベス女王を生んだ国。そんな英国が世界に誇るミステリー作家が、アガサ・クリステ [続きを読む]
  • 山本周五郎は、おもしろいか
  • 樅ノ木は残ったは、わたしにとって初の山本周五郎となる。この物語は、江戸時代の三大お家騒動のひとつ、仙台伊達藩の「伊達騒動」をテーマにしている。伊達といえば、伊達政宗。しかし、本書の主役は、独眼竜で知られたダンディ政宗※ではなく、原田甲斐。ハラダカイ?誰だそれは?※ダンディ伊達・伊達政宗のオシャレのセンスには定評がある。政宗の手にかかれば、鎧・甲冑・兜といった戦時の野暮ったいユニフォームもモダンなデ [続きを読む]
  • おしゃれなおばあさんになる本
  • おしやれなおばあさんになる本1938年生まれのイラストレーターが書いた本。自身が今年79歳になる「おばあさん」だ。田村セツコという名前で、昭和にブレイクした少女マンガコミック「リボン」や「なかよし」の読者だったら、彼女の描くイラストを目にしたことがあるはず。デザインも色もヨーロッパ風で、かなりメルヘンちっくだ。彼女の「おしゃれ」はかなり独特。白いブラウスに、黒のベスト。膨らんだ袖に、膨らんだスカート。オ [続きを読む]
  • 孫子― 孫正義も大絶賛の経営戦略のバイブル
  • 「孫子」は、司馬遼太郎の「坂の上の雲」とならび、日本のサラリーマン、もとい、ビジネスマンの必読書となっている。ソフトバンクの孫正義も大絶賛。マイクロソフトのビルゲイツも絶賛。これらは基本的に戦争における戦略論ではあるが、これをビジネスシーンに適用しても十分通用するという。ちなみに私の勤務する会社では、業務中も飲み会の席でも、「孫子」や「坂の上の雲」を話題にするどころか、読んでもいない、というか、そ [続きを読む]
  • 勤務中のひま時間を有意義に過ごす方法
  • 先日、会社があまりにも暇すぎるので、勤務時間中に読書する究極の方法をあみだした話をした。かいつまんでいうと、勤務時間にネットサーフィンしていると、ネットワーク監視隊(そういうのが最近できた)に検挙されるので、朝いちに"一瞬"ネットにつなぎ、青空文庫から任意の小説データをダウンロードし、あとでオフラインで読むという戦法だ。この方法なら、見た目のわたしは:1. パソコンを凝視している。2. ブラウザは立ち上げ [続きを読む]
  • 暇な勤務時間の有効なつぶし方
  • わたしの勤める会社では、毎年4月になるたびに組織変更がある。もはや恒例行事化したこの大がかりな組織的組み換えだが、幸か不幸か、わたしのいる部署は、組織名こそ毎年変われ、やってる内容はまったく変化ない。にもかかわらず、4月は経営陣や人事による招集集会が多発し、正直ひまでしょうがない。ひどい時は、わざわざ外に会場を借り、そこに全社員を集めて社長の演説を聞く、みたいなことを大真面目にやっていたが、もちろ [続きを読む]
  • 最後の晩餐、なに食べる?
  • 洋食ウキウキ 「洋食」て、西洋の食だと思うが、つまり、アメリカや欧州で食べられている料理のことか。アメリカなら、4年ほど住んだことがある。みんなが一番好きなのが、全国チェーンのファストフード。2016年は、実に89%のアメリカ人がマクドナルドを使用したという。アメリカ人が好んで食べるのは、ハンバーガー、フライドポテト、オニオンリング、コーラ大、シェイクやアイスクリームなど。そこに野菜の介入する余地はなく、 [続きを読む]
  • 北欧の貴公子スウェーデンは、北欧の嫌われもの
  • ニッポンのメディアは、「食」と「旅」の情報で溢れている。特にアジア方面。人間や街並みが一見して猥雑で雑多、極めて独特で個性的な東南アジアやインドは、人も国もつっこみどころ満載で、バックパッカーたちのハイレベルな現地レポートがひしめいている。方やヨーロッパ。この方面は歴史や芸術の解説か、あるいは古城や風景写真が中心で、文字で読ませるものは少ない。動画やマンガと異なり、文字は読むのがめんどくさい。文章 [続きを読む]
  • ブータンで「給食のおばさん」を実行した、あるおばさんの話
  • 給食のおばさん、ブータンへ行く!19歳で結婚し、29歳で離婚。2人の娘を育てながら「給食のおばさん」として定年まで勤め上げた、偉大なる凡人。注目すべきは、この給食のおばさん、「普通の人」ではあるものの、要所要所ではかなり大胆な決断をしているところだ。まず結婚。高校卒業後一旦は就職するが、当時好きになった人と結婚するため1年かそこらで退職。パートナーに付き添い北海道で酪農を始めるも、1年ほどで貯金が底尽き [続きを読む]
  • 村上春樹の待望の新作、騎士団長殺し を読む前に
  • 村上春樹といえば、世界でもっともよく読まれている、存命中の日本人作家。ご多聞にもれず、私もここ四半世紀に出版された彼の作品は、長編、短編、ノンフィクション、エッセイ集まで含め、ほぼすべてを網羅する勢いで読んできた。村上春樹は、上手い作家だとは思う。あくまで、テクニカルな意味で。しかし、その巧みなテクニックによって描かれた作品を全体としてみると、その物語が言おうとしているところ、つまりその作品の存在 [続きを読む]
  • 古今東西、おもろすぎる「戦略」論
  • 楠木建ブームが止まらない。ひょんなことから知った楠木建。一橋ビジネススクールのMBAプログラムで経営戦略を教えている教授だが、この教授の著書がおもろすぎる。間違いなく、ここ数年の読書人生でぶっちぎり。彼の著書は基本ハズレなしだが、どれも分厚く、普通に読んでいたら時間がかかり過ぎる。しかし如何せん、あまりのおもろさに、必殺フォトリーディング手法が使えない。フォトリーディング手法とは?勝間和代などの時間 [続きを読む]
  • 働くことがこれ、生きること。キャリアに悩んだら読む本
  • 楠木健という大学教授がいる。名門一橋大学のビジネススクールで、経営戦略を教えている。経営というのは、法則なく、定義なく、証明できず、再現もできないという点において、科学ではない。こういうとらえどころのない学問は、実践あるのみ。しかしこの教授、経営者になったこともなければ、民間企業で働いたこともない。ばりばり学界オンリーの、象牙の塔の住人だ。普通に考えれば、彼に経営を教えられるはずがない。そんなこと [続きを読む]
  • 芥川賞作家、村田沙耶香のグロテスクな世界
  • ハコブネ を読んで、ああ、やっぱりこれか、と思った。村田沙耶香の世界。村田沙耶香は、芥川賞作家だ。ちなみに、去年の紅白にも審査員として出ていた。和服を着用し、一見ふつうのお嬢さん風。しかし、彼女の作品を読んだ人はわかると思うが、この人は、わーるど、としか言いようのない「しつこさ」を持っている。作家ともなれば、程度に差はあれ、独自のワールドをもっているものだが、村田氏の場合、これが実にイヤ〜な感じの [続きを読む]
  • トランプショックに備えろ!
  • 2017年1月20日。とうとうあのドナルド・トランプが、第45代アメリカ大統領に正式に就任した。後にも先にも、これほど物議をかもした人物が米国大統領になったことはない。なるほど、自由の国アメリカでは、これまでにも、移民や黒人、ハリウッド俳優らが政治の重要な位置を占めてきた。これに、ラティノや女性、ゲイやレズビアンが加わるのも時間の問題だろう。未だに背広を着たハゲ、薄毛、ポマードが大多数を占める日本の政界と [続きを読む]