harby_jr さん プロフィール

  •  
harby_jrさん: バイクで駆け抜けた道と風景 2
ハンドル名harby_jr さん
ブログタイトルバイクで駆け抜けた道と風景 2
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/harby_jr
サイト紹介文カブに始まり50年間のバイク遍歴を重ねてカブに戻りました。 「カブに始まりカブに戻る」実践中です。
自由文九州中央部の一般道から舗装林道までを主体にスーパーカブ110で走り回って楽しんでいるロートルライダーです。
国内はもとより海外ツーリングの経験もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供707回 / 365日(平均13.6回/週) - 参加 2013/03/27 23:02

harby_jr さんのブログ記事

  • 熊本・大分・宮崎接点部ツー2、R325高森峠、九十九曲がりの風景。
  • 高千穂町からは国道325号線で熊本県に入り高森峠へと向かいます。この日は時間に余裕があったので高森峠から国道は通らずに旧道の九十九曲がりに入り狭い道とカーブの連続するルートを楽しみました。国道325号線横にある奥阿蘇物産館ではイベントの準備中でした。中には入らず通路で写真を撮って先を急ぎます。奥阿蘇大橋の風景です。高森峠へ向かう途中から見える根子岳です。高森峠に着きました、峠から見る阿蘇山と高森町中心部 [続きを読む]
  • 熊本・大分・宮崎接点部ツー1、延岡〜高千穗朝霧の中の風景。
  • 時期的にタイミングが合いませんが11月の始めに行なわれたピースライドの模様はその時にアップしましたがその時の行き帰りに走った場所のツーリング記録です。結果的にはいつものルートを組み合わせて走りましたが季節が変われば風景も変わるそんな気持ちで撮った写真になりますが今シリーズも見てもらえれば幸いです。午前6時30分、出発時の気温は2度、さすがに寒い・・・。この日から冬仕様・・・ハンドルカバーにグリップヒータ [続きを読む]
  • 冬の高千穗風景と神社巡り8、落立神社と岩戸地区、帰りの風景。
  • 落立神社から県道7号に戻り岩戸神社を過ぎてふるさと農道の橋を渡り県道204号経由で国道218号に出て帰路に着きます。神社の境内をゆっくりと見て写真を撮りながら帰ります。参道を通り大鳥居までの写真が続きます。神社入り口で最後の写真を撮り岩戸神社方面に向かいます。県道7号と204号の交差点、天の岩戸神社までは200m位です。県道7号からふるさと農道の橋を渡り対岸の県道204号に向かいます。写真では分かりにくいですが [続きを読む]
  • 冬の高千穗風景と神社巡り7、落立神社の風景。
  • 上岩戸大橋から県道7号を南下して天の岩戸神社の手前から県道204号に入り途中にある落立神社の案内に従って町道を1km走った場所にあるのが落立神社です。四駆やオフロードバイクで土呂久林道へ走りに行くときにこの落立神社は気になっていたのですが今回ようやく来ることが出来ましたが予想以上の立派な神社で来た甲斐がありました。県道204号から土呂久地区方面への分岐にある案内板です。落立神社に到着しました。小さな集落 [続きを読む]
  • 冬の高千穗風景と神社巡り6、上岩戸大橋下流側両岸の風景。
  • 二ツ嶽神社から3.5km走って上岩戸大橋を渡り対岸の県道7号線に出て上岩戸方面に向かいます。県道207号を北上中、遠くに上岩戸大橋が見えてきました。上岩戸大橋、対岸から見ると岩戸川水面から百数十メートルの高さが分かるのですがこちらからではごく普通の橋にしか見えません。山村の風景が続きます。上岩戸大橋に出ました。上岩戸大橋下流側の風景です。上岩戸大橋上流側の風景です。上岩戸大橋付近の風景が続きます。上岩戸大 [続きを読む]
  • 冬の高千穗風景と神社巡り5、二ッ嶽神社の風景。
  • 二ツ嶽神社に着きました。二ツ嶽神社は県道207号線の終点近くにある・・・と書くのが良いのか迷いましたがこの県道207号岩戸延岡線は高千穂町岩戸地区と延岡市上祝子地区の間は工事予定、開通予定のない区間です。延岡側や高千穂側から道路標識だけを見て入らない様にして下さい。二ツ嶽神社から北東部に標高1257.1mの二つ岳があります。その名前の通り頂上が二つに分かれている山で私がこの山に登ったのは15年前、二ツ嶽神社から [続きを読む]
  • 冬の高千穗風景4、馬生木・八大龍王水神社の風景。
  • 先に行った八大龍王水神社は「岩戸永・八大龍王水神社」でした。そこから約2kmの所にあるのが「馬生木・八大龍王水神社」です。地元では、「岩戸永・八大龍王水神」を「雄」、「馬生木・八大龍王水神」を「雌」と呼んでいるようです。この神社もエノキに囲まれており境内中央に井戸があります。県道207号線沿いに稲荷神社がありましたが写真だけ撮って通過します。「馬生木・八大龍王水神」に着きました。駐車場から30m位の所に [続きを読む]
  • 冬の高千穗風景と神社巡り3、岩戸永・八大龍王水神社の続風景。
  • 岩戸永・八大龍王水神社のご神木はエノキです。このエノキの根や枝が境内を這い巡っている様子は龍に似ているし今年は辰年でもあり今年に相応しい神社かもしれません。八大龍王というのは観音菩薩の守り神だそうですがこの神社にお参りするときは生卵一パックと日本酒をお供えすると良いそうです。日本酒はワンカップでも良いとのことでこの日も下の写真にあるように生卵やワンカップのお酒が供えてありました。神社の環境的にはス [続きを読む]
  • 冬の高千穗風景と神社巡り1、K204と石野神社の風景。
  • 高千穂町に雪が降った数日後、高千穂野冬の風景と岩戸地区の幾つかの神社を見たくて出かけました。いつものコースですが今回は初めての神社探訪もありそれを楽しみに気温10度以下のなかを走った寒中ツーリングでした。天候は曇り、行縢山も寒々とした風景の中です。国道218号線を走り高千穂町と日之影町の町境である雲海橋の手前から県道204号線に入ります。旧TR高千穂鉄道の岩戸駅が見えています。今回は無理ですが次の機会には [続きを読む]
  • 見送りツーリング最終、久住飯田南部広域農道の風景。
  • 大阪へ帰る、や〜まちゃんと湯布院の「道の駅ゆふいん」で別れて国道210号線を走り途中から湯平温泉、そこから久住飯田南部広域農道で長湯温泉〜県道209号線〜国道57号線〜県道46号線と走ってその後は朝、走った道を逆に延岡へと帰りました。この日の走行距離は313km、楽しい一日でした。雨と霧の心配もなくなったのでカッパを脱ぎここからの山間部や峠越えに備えてインナーを着て走ることにします。国道210号線から湯平温 [続きを読む]
  • 見送りツーリング9、九酔渓から湯布院までの風景。
  • 大阪へ帰る、や〜まちゃんと走る最後のコースです。九酔峡から県道40号線で豊後中村に出て更に国道210号線で湯布院の「道の駅ゆふいん」を目指します。九酔峡から鳴子川沿いの県道40号線を走ります。途中で昼食にしますがガンジー牧場でのソフトクリームが利いていて腹も減らず・・・・・・私はヤマメ入りうどんにしました。鳴子川上流を見ていますが中央で黄色くなりかけている木が桂の木、この上流に桂茶屋があります。鳴子川沿 [続きを読む]
  • 見送りツーリング8、紅葉の名所・九酔渓桂茶屋の風景。
  • 長者原から流れてきた奥郷川に架かる橋を渡ってK621に出ます。飯田高原を走り途中でK40に入り九重夢大吊り橋の横を通過して十三曲がりで有名な紅葉の名所、九酔峡(九酔渓)へ行きます。紅葉にはまだ早かったのですが九酔峡と言えば有名な桂茶屋に寄るしかありません・・・・・・何が有名なのかは写真を見て下さい。奥郷川に架かる橋を目指しますが紅葉には早いようです。正面の雲がかかっている山は久住連峰の三俣山、中腹から上は [続きを読む]
  • 見送りツーリング7、県道40〜621号線・飯田高原の風景。
  • 筋湯温泉からK40を少し走り右折してK621へと向かいます。雨がやんで薄日の差しはじめた緩やかなカーブが連続する丘陵地帯を気持ちよく横切って行きます。ちょっと広い場所でゆっくりと休憩しました。今日は下手な説明よりも写真で風景を見て下さい。薄日の中、風に揺れるススキを楽しんでいましたが西の方から黒雲が近付いてきて雨の降りそうな気配・・・・・・早々に出発する事にしました。 [続きを読む]
  • 見送りツーリング6、久住高原〜牧ノ戸峠〜筋湯温泉へ。
  • ガンジーファームを出ていつものあざみ台を目指しましたが途中から霧と雨・・・結局はあざみ台、瀬の本三愛にも寄らず牧ノ戸峠へ上がりました。牧ノ戸峠から長者原ルートは8月に通っていたので今回は牧ノ戸峠から筋湯温泉方面へと下りました。阿蘇山、根子岳方面は雲が垂れ込めていてまったく見えません。前方は雨雲で暗くなってきましたがとにかく走ります。対向車線を走ってくる車がヘッドライトやフォグランプを点灯したりして [続きを読む]
  • 見送りツーリング5、久住高原とガンジー牧場の風景。
  • 久住高原へ行く途中のK412からK669の道路状況と風景です。ガンジー牧場へと向かいますが途中からは紅葉の始まった久住連山、大船山、黒岳などが見えますがこの日は頂上付近に雲がかかり場所によっては雨も降っているような天気でした。昨日R412(国道412号線)と書きましたがK412(県道412号線)の間違いでした・・・訂正します。バックの真ん中にに見える山は黒岳(1,587m)、左側の雲に隠れている山は大船 [続きを読む]
  • 見送りツーリング4、原尻の滝〜久住高原の風景。
  • 原尻の滝からK46〜R57〜K47と走り久住山方面を目指します。このルートは相変わらず交通量が少なく追い越す車もほとんどいないので久住高原への長い緩やかな上りを気持ちよく走ります。原尻の滝は期待していたほどの水量もなくて期待外れでした。しばらく滝周辺の風景を眺め写真を撮ってk46〜R57を目指します。緒方町市街地の水路と柿の木、以前からこの風景が好きでした。小さな水車も何ヶ所かにあったのですが今は [続きを読む]
  • 見送りツーリング3、豊後大野市・沈堕の滝〜原尻の滝の風景。
  • 道の駅宇目から三国峠を越して沈堕の滝へ行きましたがここも大雨の影響で水量は増え川は濁っていました。ここは私のブログで何度も登場しているので説明は簡単にしています。三国峠の下り・・・快適です。水量が多くなっている沈堕の滝へ到着しました。原尻の滝はパスする予定でしたが、もしかしたら水量の多い滝を見ることが出来るかもしれないそう思って寄りました。滝の横にある水車のある食事処です。滝の写真は明日になります [続きを読む]
  • 見送りツーリング2、深崎沈下橋から唄げんか大橋の風景。
  • 替崎からR326の旧道を走って深崎の沈下橋へ行きました。写真を撮った後はR326を北上し大分県に入り道の駅うめに寄りました。深崎の沈下橋・・前日の大雨は何事もなかったような風景です。橋の真ん中辺りと対岸には溢流の後や流木などが見えます。橋上や取付部の土砂は河川敷や坂道から流れ込んだものが多いようです。宮崎、大分県境の長い桑の原トンネルを抜けると唄げんか大橋がありその横にあるのが道の駅うめです。一部の木とイ [続きを読む]
  • 見送りツーリング1、R326・北川沿いの替崎沈下橋の風景。
  • 昨日までの九州中央部ツーリングの続きになりますが大阪から実家に帰っていたやまちゃんが数日後、夕方の大分港発のフェリーで帰ることになりちょっと遠回りになりますが案内と見送りを兼ねてのツーリングです。延岡に帰省中のやまちゃん、今回はお互いに色々と忙しくて日程が合わず一度も顔合わせをしないままでした。最終日は夕方、大分発のフェリーで大阪へ帰るという事だったので途中までお見送りツーリングとして一緒に走りま [続きを読む]
  • 九州中央部へ9、箱石峠〜解散地・高千穗までの風景。
  • 大観峰からミルクロードを走りやまなみハイウエーに入ります。やまなみハイウエーの正式名称は県道11号線・別府一宮線ですが終点の阿蘇市一宮の宮地駅まで行きそこから国道265号線の箱石峠へと向かいます。その後、高千穂町まで走って解散です。箱石峠への上りにかかる場所付近の放牧牛です。箱石峠への上りの写真です。箱石峠頂上付近から見た国道265号線です。箱石峠頂上の分岐路を数百メートル上がった場所に来ました。ここは根 [続きを読む]
  • 九州中央部へ8、南小国〜大観峰、外輪山から見た風景。
  • 鍋ケ滝から南小国町へ戻り昼食にしました。昼食後は国道212号線〜ミルクロードで大観峰へ行きました。南小国町で昼食、駐車場での写真です。昼食時、駐車場での写真です。南小国町から一気に大観峰まで来ました。この日は二輪車、自動車共に少ない日でした、背景は久住山です。大観峰から見た外輪山の風景です。阿蘇根子岳、高岳方面の風景です。阿蘇根子岳、高岳方面の風景です。大観峰奥の駐車場です。この日はこの場所もガラ空 [続きを読む]
  • 九州中央部へ7、滝の裏側に入れて外が見える鍋ヶ滝の風景。
  • 滝の裏側を歩ける事で知られる南小国町の「鍋ケ滝」に到着しました。このブログでも過去に二度登場していますが数年前のお茶のテレビCMで知れ渡って以来、観光客も増えたそうです。今回は水量がちょっと少なかったのですが水のカーテンを通しての風景や水しぶきを浴びての涼しさなどを楽しみました。鍋ケ滝入り口です。昨年まではこの自動販売機の横に小さな売店がありました。駐車場は道路沿いに数台分しかなかったのですが斜面 [続きを読む]
  • 九州中央部へ5、日本一の九重夢大吊り橋へ。
  • 日本一の九重夢大吊り橋へ着きました。鳴子川渓谷に架かるこの吊り橋は長さ390m、高さ173mで日本一であり吊り橋上からは震動の滝雄滝、雌滝そして鳴子川渓谷や周辺の美しい風景を眺める事が出来ます。九重夢大吊り橋の全景です。九重夢大吊り橋と震動の滝雄滝です。右が震動の滝雄滝、左が震動の滝雌滝です。震動の滝雄滝のアップ写真です。震動の滝雌滝のアップ写真です。震動の滝雄滝と大船山、平治岳方面の風景です。春 [続きを読む]