みみずく さん プロフィール

  •  
みみずくさん: みみずくの放送大学 学生ブログ
ハンドル名みみずく さん
ブログタイトルみみずくの放送大学 学生ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tgb6679ifge
サイト紹介文2012年4月に「自然と環境コース」(ようするに理学系コース)に編入学した放送大学生のブログ。
自由文だいたいは放送授業・印刷教材の、回数(章)ごとの感想・通信指導提出型問題・自習型問題・単位認定試験の話。
文句もいっぱい。容赦なく書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/03/28 04:12

みみずく さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • #放送大学 の卒業式で気になること
  • 私もとうとう学部を卒業することになりました。もっとも、すぐ別のコースに入学する予定で、放送大学の自分用のページを見ると、合格しているようです。「振り込め用紙」(学費の払い込み用紙)がそのうち郵送されて来るのでしょう。その支払いが済めば入学が確定するわけです。放送大学というのはおかしな大学で、くるくるコースを変えて何回も卒業する人たちがいます。私もそうなっちゃいました。最初は1回ふつうに大卒になればい [続きを読む]
  • きのうは「心理学概論('12)」の単位認定試験だったよ。
  • 放送大学は心理学がとーっても人気みたいね。面接授業も「心理学実験」のシリーズはなかなか当たらないとか聞いてたけど、今学期は講義タイプの科目2つ抽選に落ちてた。で、千葉学習センターは一番大きな「大講義室」じゃ受験生が入りきらなくてもう一つ講義室を使っていた。今回、私が解答にかかった時間は「4分」でした。で、試験開始30分たつまで出られないわけ。この「30分」ってのは、受験票の確認にかける時間に余裕を持たせ [続きを読む]
  • 行ってきたぜ。
  • 今学期の1科目目「色を探求する('13)」受けてきたよ。受験生、たくさんいたね。数えるの忘れたけど。大講義室だった。あと1科目と合同だけど、そっちは1列かな。試験時間は50分なんだけど、30分たったら退室できる。今回は5分で解き終えてしまい、25分間ぼうっとしてた。で、退室OK時間が来たら、みんなぞろぞろ退室しようとするもんだから、試験監督の人たちが問題冊子・解答用紙を回収するのに手間取っていた。よくわかんないん [続きを読む]
  • 試験の時間割を見やすくしてほしいね。
  • 明日から1学期の期末試験が始まります。現役学生の皆様はすでに「2016(平成28)年度第1学期 学部単位認定試験時間割」をお持ちでしょ?これ、少なくとも数年前に私が編入学した時から改善がないんです。試験の「○時限 開始時刻〜終了時刻」の表示がA3横組の表の左端にしかないんです。だから2日目以降に試験が入っている場合、実に確認しにくい。パッと見てわかるようにはなっていない。各日の科目名の左に欄を作り、「○時限 開始 [続きを読む]
  • 期末テストの受験票が来たよー!
  • 放送大学は「自宅で勉強できる」通信制大学なんだけど、残念なことに期末テストは大学に自分が出向かないといけない。ま、つらいところだよねー。ともかく、届きましたよ。今学期の受験票。放送大学用語では「教養学部単位認定試験通知(受験票)」です。教養学部しかないのになぜわざわざ「教養学部」を書かなければならないのか不明だし、わざわざ「単位認定試験」という言い方をするのかアレなんですけど。ともかく来ました。差出 [続きを読む]
  • 「通信指導提出」をやり始めたぜ!!
  • 「通信指導」という「放送大学用語」がある。これは一般世間の言葉に翻訳すれば「中間課題」「中間レポート」「中間テスト」という感じ。一部の科目を除いてネットで回答できるんだけど、その受付が2016年5月17日(火)10:00 〜 6月7日(火)17:00となっている。まぁ、あせる必要はないんだけれど、一科目「心理学概論'(12)」をやってみた。郵送提出用に送られてきた問題冊子を使って紙の上で解いてからパソコンで入力。10問中6問 [続きを読む]
  • 印刷教材が届いたよ。
  • 「印刷教材」が届きました。放送大学はカルト教団や過激派セクトのような、「放送大学用語」があるのですが、その放送大学用語のひとつ、「印刷教材」とは、一般市民社会で言うところの「教科書」「テキスト」のことです。今学期は「錯覚の科学」「心理学概論」「色を探求する」の三科目を取りました。私のコースは「自然と環境」で、その専門科目は入っていません。卒業要件については専門科目が8単位足りないだけなので、そこ [続きを読む]
  • テスト終わったよ。
  • 今日、今学期最後の「初めての気象学('15)」の単位認定試験を受けました。これであとは成績通知を待つばかりです。それが「2月下旬」としか送られてきた書類(1/9着)には書かれていないんだな。来学期の科目登録の受付は2月13日〜28日。いちおう、通知を見てからでも申請は間に合うはずなんだけどね。こんどは何を取ろうかな。 [続きを読む]
  • 面接授業の発表
  • 4月から始まる来学期(2016年度第1学期)の面接授業が公開されました。http://forests.ouj.ac.jp/ouj-f262/紙の冊子と違って、科目のリストからシラバスへのリンクを しなければならないので不便なんですけれどね。「導入科目」は従来の「共通科目」と似たよーなもんと考えればいいんですかね。とりあえず自分の所属学習センターのある南関東のものをプリントアウトして見てみます。 [続きを読む]
  • 通信指導、終わりました。
  • 実は「惑星地球の進化」は第1回の視聴をしただけなんですが、もうやっちゃうことにしました。わからない問題も、大概の人は適当に答えを入れると思いますが、私はそういう問題はどの選択肢もチェックを入れませんでした。正解率は40%です。ま、これでいいんじゃないですか? [続きを読む]
  • またサイトで迷子--通信指導WEB提出
  • 10月から始まった放送大学の第2学期ですが、本日より「通信指導提出」の受付が始まりました。「通信指導」というのは、外部の人にわかる言葉で言えば「中間テスト」「中間レポート」のことです。だいたいの科目は、インターネットでこのテストを受けられます。単純な選択式(択一式)の問題が10問ある、というのが標準ですね。さてさて。いつもながらのことですが、放送大学の学生専用サイトで迷子になりました。学生専用サイトは [続きを読む]
  • 書類はきちんと見直そう。→多摩学習センター職員さま。
  • 東京多摩学習センターに行った折、広報誌をもらってきました。いろいろ面白いですよ。千葉学習センターよりいいかもしんない。教員お勧めの本を紹介するページがあるのがいいですね。ですがね。職員さん、ちょいちょい。職業別在籍者数の表、間違ってますがな。人数の欄を見ていくと他の「人数」がだいたい3桁のなか、「自営業・自由業」が4桁と突出しているのに「割合」は5%って、それはないでしょ。こんなの小学生でも気づきます [続きを読む]
  • 中間課題の提出期間が始まるよ!
  • 放送大学では、学期半ばに中間課題をやらされるんだけど、なぜかそれを「通信指導」という独特な言葉で呼ぶの。そういう「放送大学用語」ってのがいっぱいある。自分たちだけがわかる、学外では通じない言葉。外の一般社会では別の言い方をしている。カルト宗教や過激派セクトによく見られる現象。なんなんだろね。気味が悪いです。で、その「通信指導」なんだけど、メールが来ました。ネットで受付するのなら2015年11月9日(月 [続きを読む]
  • 照明が映り込んでます。---「はじめての気象学('15)」第5回
  • 放送大学の放送授業(番組)を見てると、アニメ・CGを使えばばいいのに、とよく思う。今回もそう感じた。お金がないのなら4年に1回の改訂を、10年に1回の改訂に減らせばいいじゃないですか。気象学の基礎って、内容はそんなにひんぱんに変わらないでしょ? 変わるんですか?「大風の原因が実は風神の袋の仕業だ」とか「雷の音は雷神の太鼓だ」とかしょっちゅう大発見で学界をにぎわせてるんですかねぇ。今回、センセーは地球儀を [続きを読む]
  • 南極点って標高高いのね!!----------「はじめての気象学」第2回
  • 田中先生、「えーっ」「えーっ」が目立ちます。途中の「パターン」に「76mmHg」とあるのは「760mmHg」の間違いじゃないのかなぁ。もしそうだとしたらダメダメじゃん。収録関係者が誰も気づかなかったってことでしょ?生放送じゃないんだから、マズイよ。印刷教材39ページにいきなり「ハドレー循環」という謎の言葉が出てくる。何の説明もなく。放送授業でも触れられていない。巻末の索引を見ると「ハドレー循環」に39ページは示 [続きを読む]
  • ウォール街を出禁になった二人
  • 映画を見に行きました。電動車いす生活のおばあちゃん二人が経済に興味を持ち、執念で答えを見つけようとするお話です。なれないパソコンを孫の手を借りてググって調べまくり、大学の聴講生になって教授にはいやがられ、とうとうウォール街の財界の重鎮たちのパーティーに潜り込む。学ぶってこういうことなんじゃないか。とか思わせるエーガでした。 [続きを読む]
  • お前は「知っている」だけだ。
  • みみずくさんが子供だったころです。本を見ながらおとうさんに言いました。「昔の人ってバカだね。世界がカメの上に乗っているとか、海をずうっと進んでいくと滝に落ちてしまうとか信じていたんだね。」おとうさんは言いました。「バカなのはお前だ。お前は『知っている』だけだ。昔の人は『考えた』んだ」とさ。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …