Kumiko h さん プロフィール

  •  
Kumiko hさん: フランス家庭料理教室Protéger(プロテジェ)芦屋
ハンドル名Kumiko h さん
ブログタイトルフランス家庭料理教室Protéger(プロテジェ)芦屋
ブログURLhttps://ameblo.jp/cuisine-proteger/
サイト紹介文誰かを幸せにしたい時、言葉だけではなく、手料理に思いを込めてはいかがでしょう?
自由文料理教室”Protéger"のプロテジェとは、「守る」と言う意味です。レストランのシェフではなく、「お母さん」、「妻」または、「娘」が腕をふるう、夢のあるフランス料理でご家族の皆さんをお守りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/03/28 08:13

Kumiko h さんのブログ記事

  • 3世代フレンチ
  • こんばんは! 兵庫県芦屋市でフランス料理とワインを教えております。平野久美子です。ホームページはこちらです。 お盆も過ぎ、少し暑さ落ち着いて欲しいところですが、そうもいきませんね。 お盆休みは家族3世代で予約の取れないフレンチレストラン、「ポワン」に行ってまいりました。「point」と書いて「ポワン」と読みます。 その美味しさは、パリを思い出したほど。奇をてらわない、でも随所に溢れるセンス、大変勉強になり [続きを読む]
  • 暑さに負けそうなつぶやき...
  • Hirano Kumikoです。料理とワインの教室、ケータリングをさせていただいております。ホームページはこちらです。 こんばんは!猛暑の候、皆様におかれましては、お健やかにお過ごしのことと存じます。 今日は、特に何もトピックがございませんが、思うところあって、ブログを書かせていただいております。 今日も試作を作るべく、買い物に行き、9月29日に行われます、「八海山×フレンチ」のコラボレッスンでふるまわせていただ [続きを読む]
  • 美と健康のプレミアムランチ会のお知らせ
  • 【募集】毎日セミの大合唱が聞こえ、夏の盛りを迎えております。 さて、今日はとっておきの、女性にうれしいランチ会のお知らせをさせていただきます。健康に悩んでおられる方、体型に悩んでいる方のためにアトリエで下着とボディスタイルと健康についてのレクチャーと希望者に試着をさせていただきます。とっても可愛くて、機能的な燃焼系補正下着、 LALAはあなた様のご健康、体型の悩みを素敵に改善いたします。つきましては、 [続きを読む]
  • 大人気の「トウモロコシの冷たいスープ」
  • こんばんは!Hirano Kumikoです。料理とワインを教えています。ホームページはこちらです。 さて、暑い季節、喉ごしの良い食べ物を求めてしまいます。 我がアトリエ、平野久美子プライベートダイニングでは、1日限定1組様レストランや、ケータリングでこの夏は「トウモロコシの冷たいスープ」をお出ししています。 こちらのスープ、美味しいと言わなかった方はいらっしゃらないくらいの大人気です。 どの方からも「すっごくおい [続きを読む]
  • 9月のレッスン情報
  • 平野久美子です。 ポンポンと浮かぶ入道雲。容赦無く照りつける日差し。夏本番を迎えて、いけないとわかっていながらも、冷たい飲み物をグビグビやってしまう、今日この頃です。生徒様の皆様におかれましては、良い夏をお過ごしでしょうか? さて、今日は、9月のお知らせをさせて頂きたく、ご連絡申し上げました。 以下にメニューを載せさせて頂きますので、ホームページより良い日程をお選びになって、お申し込み下さいませ。 −9 [続きを読む]
  • 「初秋の美食とワイン会のお知らせ」と9月の教室日程
  • ご挨拶といえば、「暑いですね」しか言葉が見当たらないくらい、どの瞬間も暑い日が続いております。いよいよ明日から8月、7月もあっという間だったような気がします。 先日は、アーティシャルフラワーをご指導されています、永谷さおり先生とのイベントを無事終えることができました。この日、生徒様にお作りいただいたのは、上質なアーティシャルフラワーとリボンでアレンジした、インテリアフラワー。 皆様の作品 製作の様子 [続きを読む]
  • レッスン便り〜7月
  • こんばんは本格的な夏の到来、ギンギン刺さるような日差し(昨日はマシでした)、セミの鳴き声、冷えたビール、そんな毎日です。 皆様、おかわりなくお過ごしでしょうか? そんな中、当アトリエでは5回のレッスンをさせていただきました。 今月のテーマは、「ベランダでアペリティフ」「エレガントな夏のディネ」 今日は一昨日のレッスンの模様について、レポートさせていただきます。「本格的なフランス料理を学ぶ」コース、 メ [続きを読む]
  • ブルーとパープルのテーブルを楽しむ会
  • こんばんは。 平野久美子プライベートダイニング、平野久美子です。 平野久美子さま 平野久美子です。 今日は、7月8日に開催させていただきました、イベントのご報告をさせていただきます。 先日は、28年間ホテルのブライダル、星付きフレンチレストランでお花の活け込みをされているベテランフローリスト、広瀬佳子先生とのコラボレーションの一日でした。 今回のテーマは、「ブルー&パープル」 今までは、広瀬先生がお花を [続きを読む]
  • パリ、8ページ目
  • こんばんは! 平野久美子プライベートダイニング、平野久美子です。 パリ、8ページ目 今日まで読んでくださり、誠にありがとうございます。最終章です。 夕食に訪れたのは、フランスで唯一の三ツ星女性シェフ、アンヌ・ソフィ・ピックのレストランのパリ店。 フランス料理、女性シェフ、という共通点が気になります。しかも三ツ星という点で非常に興味津々です。 女性ならではの優しいインテリアが素敵で、テンションが上がり [続きを読む]
  • パリ、7ページ目
  • こんばんは!平野久美子プライベートダイニング、平野久美子です。 パリ、7ページ目 ラ・フォンテーヌ・ド・マルスで昼食をいただいた後は、お店を出て、メトロへ。 シテ島へ来ました。 パリで一番人気のアイスクリーム屋さん、ベルティヨンへ行くためです。 シテ島からの眺めです。セーヌ川を挟んで市街地、とっても絵になります。 ノートルダム寺院へも。 中へ入りたかったのですが、長蛇の列。足が痛いので断念で [続きを読む]
  • パリ、6ページ目
  • こんばんは! 平野久美子プライベートダイニング、平野久美子です。 今日はパリ6ページ目。滞在は三日目です。 パリのパン屋さんの有名どころ、「ポワラーヌ」で昨日買ったパンを朝からかじりながら出かける準備。 今日は、美術館無料の日、たまたま行こうとしていたらそんなネタをネットで仕入れてラッキーと思わずにいられません。 9時半にオランジュリー美術館へGO。 モネの「睡蓮」が360度、見ることができるあの有名な美 [続きを読む]
  • パリ、5ページ目
  • こんばんは! 平野久美子プライベートダイニングの平野久美子です。 パリ、5ページ目です。 パリってなんだか、てくてくと歩けてしまう。駅から10分だか15分だかかかるところを、タクシーなど乗らずにてくてくと。目的地にたどり着くことがとっても楽しみで、自分の足を酷使していることを忘れてしまう。 そして、できたのでした。足の裏に水ぶくれが。 コレがとっても痛い でも、ホテルに帰って休むのはとってももったいない [続きを読む]
  • パリ、4ページ目
  • こんばんは 平野久美子プライベートダイニングの平野久美子です。 今日は、パリ4ページ目。 以前からフェイスブックで交流させていただいていた方とパリで落ち合うことになりました。 最初はお茶でも、なんて話だったのですが、その方がその日にヴァンヴというパリの3大蚤の市の一つの場所へ行く予定だったということで、私も同行することに。 パリの天候は、急ににわか雨が降るという、不安定なお天気が続いていました。 その日 [続きを読む]
  • パリ、3ページ目
  • こんばんは 平野久美子プライベートダイニング、平野久美子です。 今日は3ページ目のパリ便りです。3つ星レストラン、ルドワイアンでのお食事後は、シャンゼリゼ通りをうろうろとしまして、 その時点で16:45、つぎはディナーへと場所を移さなければなりません。 はい、超満腹です。でも、ディナーは予約をしてあります。 パリで一番ポトフが美味しいというお店をルピュブリックという、11区の街で予約しています。メトロで移動し [続きを読む]
  • パリ、2ページ目
  • こんにちは。 平野久美子プライベートダイニング、平野久美子です。 さて、パリ2ページ目をお送りいたします。 1日目のランチは、3つ星レストラン、ルドワイアン。 ホテル・ムーリスにいらした、ヤニック・アレノシェフが数年前に就任されました。 パリで唯一の庭付き一戸建ての邸宅レストランです。創業は1792年と、なんと、ナポレオンとジョセフィーヌが出会った場所という古さです。 入って階段を上がり、二階に通して頂きまし [続きを読む]
  • パリ 、1ページ目
  • こんにちは平野久美子プライベートダイニング、平野久美子です。パリに来ています。美味しいものを見て、買って、食べて、ただ、それだけのツアーです。美味しいものの記録をこちらにてつけさせて頂きたいです。パリ4年ぶりです街並みに胸キュンです。第一日目の朝は、パンを買いに、ル・ムーラン・ド・ラ・ヴィエルジュへ。名前のわからないパン、そしてショーソン・オ・ポムをショコラ・ショーと共に。ショーソン・オ・ポムの美 [続きを読む]