Bishagon さん プロフィール

  •  
Bishagonさん: 中小企業診断士 Bishagonの日記
ハンドル名Bishagon さん
ブログタイトル中小企業診断士 Bishagonの日記
ブログURLhttp://ohtorix.blog.fc2.com/
サイト紹介文経営コンサル&お坊さん。商売やマーケティング、趣味のことなどを気ままに綴っています。
自由文「万巻の書を読み、千里の道を歩む」のが信条ですが実践できません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/03/30 11:00

Bishagon さんのブログ記事

  • 介護職:年齢不問
  • 介護の業界はかなり年齢のいった人でも採用される可能性が高い。通常の業界なら、高齢者は、使いものにならない厄介者扱いなんだけど・・・。介護業界はそんなことはない。元気で協調性のある人なら大歓迎の状態だと思う。なので、介護施設には利用者よりもはるかに年齢のいった人がいたりする。僕の友人に今年70歳になるやつがいるけど、週2回ほど送迎込みで働いている。僕よりズーと若く見えるけど、これから先も働き続けると [続きを読む]
  • プログ更新しないとどうなる?
  • いままでほぼ毎日ブログを更新してきたけど・・・・。ちょっと負担になってきた。なにせ備忘録というか日記帳がわりに投稿し続けてきた。でもブロガーではないので・・・毎日書く必要があるのか。疑問だと思う。なのでブログ更新については適宜思い立った時に投稿することにしてみる。たぶんアクセスは一挙に減ると思うけど。どこまで減るのかな。興味あるところです。 [続きを読む]
  • 介護初任者研修2回目
  • 今日は介護初任者研修に参加。2回目でこれから始まる介護職の心構えについてのレクチャーでした。先生は、特養から訪問介護まで幾つかの介護施設を経験しており、実務体験に根ざした話をされていた。講座は、毎回朝の9時半から4時半までと長いです。でも飽きないように工夫しているので、あっという間に時間が過ぎてしまった。それにしても3大介護である、排泄、食事、入浴の介護ができるのかな?戸惑いというか、かなり不安で [続きを読む]
  • 業務見直しの効果
  • 開業4年目になったので、今までの業務の見直しをしてきたが、その効果が見えつつあるのかな。なんとなく今年度は自分のペースで進めるのはちょっとしんどいけど納得できそう気がする。 [続きを読む]
  • 株価2万円:あと少しで届くか
  • 株価2万円を目前として足踏み状態。ついこの前は、トランプリスクや地政学リスクとやらで悲観論が大勢を占めていたけど、どこ吹く風やら。株式アナリストの意見など、本当にその場限りの日替わり状態なんだから。これ、今に始まったことじゃないけど、これほどいい加減な職業はありませんね。さて今の経済状況を見れば、2万円を超えるのは意外と近いかも。職業柄、いろんなメーカーさんと話す機会があるが、総じて持ち直してきて [続きを読む]
  • ネットリスク:ダメージコントロール
  • ここ数日、ラムサムウェアの記事が取り上げられていたが、今後こうした問題はますます増えていくものと思う。インターネットは仕事には欠かせない。しかしネットで世界中につながっている以上、いろいろなリスクがある。それで時々セミナーなどに聞きに行くけど、どのセミナーでも、いかに防ぐかいうのが重点となっていること気がつく。それじゃ十分な対策をすれば、リスクは避けることができるのか?おそらく無理だと思う。なので [続きを読む]
  • 士業ビジネス周辺のネットリスク
  • 士業ビジネスの場合、事務所や個人の情報を相当にオープンにしている場合が多い。職業柄、インターネットを活用している先生方も多いが、どうしても不正なアクセスや悪意のある誘いを受けるリスクが増えてくる。しかも、ここ1、2年で異常に増えた気がする。普段から注意をしていても、時には思いもよらない方法で近づいてくることがある。なにせ、姿がみえない相手だけに、不安な気分となることも。こうしたトラブルを遭った友人の [続きを読む]
  • 介護初任者研修始まる
  • 介護初任者研修に出席。今回が2回目となりますが、初回がオリエンテーションだったので、実質的には今回から始まる。今回は必ず出席しないといけないので、20名全員が出席。ほとんどが女性で、男性は5名だけでした。アイスブレイキングというか、互いに親しくなるということで、自己紹介が2回とグループ討議が2回あった。これだけ話し合うと出席者のおおよその参加理由が分かってしまう。大半のひとが既に介護福祉施設に勤めて [続きを読む]
  • とりあえず中国語かな
  • チョット悔しいけど、誰がどう言おうが中国の市場は確実に拡大していくのは明らかだ。一時的な停滞があったとしても発展の勢いは止まらないし、その中国関連の仕事の需要は増大していく。なのでとりあえず中国語を学んでいても損はないと思う。日本では語学が苦手な人が多く、実務レベルで中国語ができる人は少数だ。きっと役に立つはず。(だと思う)それで、そう勧める僕の場合はどうか?残念ながら、さっぱり、といったところか [続きを読む]
  • 高齢者には厳しい中小企業診断士業
  • 中小企業診断士に仕事を依頼する側にいた頃は、高齢となった中小企業診断士に業務依頼をすることは余りなかった。その理由はいろいろある。つまり「フットワークが重い」、「健康状態が不安」、「過去の経験を引きずっている」、「高所、大所的」、「年金があるじゃないの」、「知見や経験が陳腐化」、「時代遅れ」・・・・・・・・・etc。総じて、年配者には気をつかい扱いにくかったことも多々あった。なので、何かにつけて有能 [続きを読む]
  • 71歳以上から年金受給!
  • 「1億総活躍」のスローガンが叫ばれているので、いつかは「71歳以上の年金受給年齢」が議論される。時期尚早、いやまだまだでしょう。と思っていたら、意外と早くきた。これで近い将来、65歳から70歳が年金支給となるのがほぼ確定したと言える。それにしても、70歳というのは健康寿命のリミットじゃないか!こりゃ「心身が衰えて働けなくなるまで働け」ということなのかな。 [続きを読む]
  • サムライ業の新領域
  • 行政書士の登録をして3年目になるが、中小企業診断士の35年のキャリアから較べるとぜんぜんでーーす。当初は「建設業」や「産廃」などの実務経験があったので、この分野で専門性をアピールしていこうと思っていた。けれど、こうしたオーソドックスな業務は、既に先輩達が開拓しつくており、僕のような新人に回ってくるのは単発モノや筋の悪いモノばかり。まあそんな状況でも、なんとか軌道に乗せている新人もいる。けれど、そりゃ [続きを読む]
  • 体重減が難しくなった
  • 年齢を経るにしたがって体重減が難しくなっている。1か月で、やっとの思いで68キロから66キロまで落としたが・・・・。それからが大変だ。66キロはかなり強固な抵抗ライン。食事制限や運動に励んでいるが完全に止まってしまった。絶食すれば一気に減るのは分かっているが、三食バランス良く食べながらでは限界がある。50歳前後の頃は1か月もあれば十分に落ちたんだけど・・・・・。60歳代前半は、まだ50歳ごろの感覚が残っ [続きを読む]
  • 入管申請取次更新研修会の申込
  • 入管の「行政書士申請取次実務研修会」は年に数回実施される。入管取次の有効期限は3年間。僕の場合、11月末がその期限なので、そろそろ研修を受けようかなーと思っていたところ。大阪での開催日程をすっかり忘れていた。後は、名古屋、東京、福岡の開催しか残っていない。いずれもが遠く、日程的に合うのは6月開催の東京しかない。「アチャーー」それにしても資格管理は大変だ。それで入管取次実務研修は研修の終わりに「理解度確 [続きを読む]
  • 介護保険被保険者証が送られてきた
  • 市役所から「介護保険被保険者証」が送られてきた。なんだろう?何かメリットがあるのかな。と思いきや、保険証だけで、これ利用するには「要介護や要支援」の認定を受けないといけない。お陰様で、今は利用する機会がなさそうだけど、なにせ明日はどうなるか分からない。僕もそうした年齢に差し掛かったいうことかな。いままでは、あまり意識はしなかったけれど、こうした保険証が送られてくると心中おだやかじゃない。そういえば [続きを読む]
  • マジック観賞
  • 京都にてマジック発表会の観賞。他のクラブの発表会を見るのは久しぶりです。何か目新しい出し物や演出方法があると期待していったのですが外れかな。残念なことに、全般的にどのマジッククラブも技量がひと昔と較べて落ちている。原因はよく判らないが、どこも若い人が入会してこないし、出演メンバーはそう変わらない。やはり高齢化が原因かもしれない。なにせ僕のような60歳代は若手と呼ばれる世界ですから。 [続きを読む]
  • サムライ業:副業から複業
  • サムライ業の場合、自分が専門とする領域なんて、時代の変遷でコロコロ変わっていく。なので大事なのは、お金を生み出す仕組みや働きかたを幾つかもの持つということ。ダブルやトリプルのライセンスを持つことはこれに当たるかも。また不安定な自営だけではなく、勤め人として働くことも必要となるケースも。なんといっても、お金を稼ぐにのに効率がいいのが「お金に働いてもらう」ことだが、それには常にリスクがつきまとう。また [続きを読む]
  • 儲け:数撃てば当たる
  • 成功の決め手はなんといっても数をこなすこと。これには成功率ではなくて、実績がまず第一となる。何故かって、それは実に単純な算術問題だ。100×3割(成功率)=301,000×1割(成功率)=1003割も成功率をあげる人は、1割の成功率しかあげない人より優秀か?確かに優秀だろう。でも結果を残してナンボの世界ではどっちともいえない。お金儲けなんて結局は人と人との縁なので、駄目元でもいいからとにかく当たって砕けること。そ [続きを読む]
  • タダでもいらない郊外の住宅
  • 現在の人口動態をみれば30年後の地域社会がどうなるかはおおよそ予想がつく。地方創生が強く叫ばれているが、誰がどういおうが地方の人口減少は止めようがない。人口減が続く地方都市や郊外の住宅団地などは不動産の価格は下がる一方だ。不動産という資産が厄介なところは、維持費がそれ相応にかかること。なので多少の値引きをして売ろうとしても誰も買い手つかないことさえある。極端にいえば、タダでもいらない。そうした出来事 [続きを読む]
  • 資格コンサルタントという仕事
  • 世の中には資格コンサルタントいう仕事があるそうな。この資格コンサルタントの需要は少なく、これ単独で飯を食べている人は全国的にみてもそう多くはない。せいぜい一桁かな。中小企業診断士の中にも名の通った資格マニアが何名かいて、かれらのブログをみれば頻繁に更新している。僕も国家資格を中心として沢山持っており、今も少しずつ増やしているけれどマニアという意識はない。なにぶん高齢者と呼ばれる年齢となった今、資格 [続きを読む]
  • サムライ業の懇親会:飲み食いを優先?
  • サムライ業の懇親会の特徴として、殆んどの参加者は飲み食いをしないことかな。皆、ここぞとばかりコミュニケーションを図っているので・・・・・。なので、せっかくの料理がかなり余ることになる。僕はそれが実にモッタイナイと思う。それで懇親会のあった翌日は体重が一挙に増えることになる。懇親会は飲み食いする所じゃないのは百も承知だけどね。 [続きを読む]
  • 行政書士会阪神支部総会に出席
  • 行政書士会阪神支部総会に出席。支部会員は約400名いるので、4分の1が出席となります。なにしろ支部規模が大きく、会員の関心が薄いのか、出席率は低いですね。もっとも兵庫中小企業診断協会の総会はもっと低いかも。今回の支部総会は、昨年と違って淡々とした進行でした。長い総会となると思っていたのですが、まあこんなものですかね。もし去年と同じようだったら、今回で総会出席は止めようかと思っていたものですから・・ [続きを読む]
  • 介護初任者研修:初日
  • 「介護初任者研修」の初日。出席者は17名で、男性はわずか4名でした。どうやら僕が一番の最年長者みたい。出席者の平均年齢は、男性30前後、女性は40歳代でしょうか。介護従事者といえば、やはりこの辺りの年齢層が中心になるのかな。今回、受講する介護基礎のカリキュラムは、土曜日、日曜日でなく週1回の金曜日。僕の場合、金曜日以外は仕事などでスケジュールが埋まっているのでこの金曜以外は絶対に無理。でも勤め人の [続きを読む]
  • 自己啓発:研修参加の頻度
  • 中小企業診断士にはこれっといった専門性がないし、仮にあったとしても、時流に適応してコロコロと専門分野が変わっていく。これが他士業にない強みである。なぜかっていうと、独占業務の場合は、その独占業務の需要が減っていくとどうしようもなくなるから。中小企業診断士はそうしたデメリットがない。そうはいうものの、中小企業診断士は時流に乗り遅れないため、他士業より幅広い勉強が必要かも。これが結構つらい。同業の友人 [続きを読む]
  • 5カ年計画初日
  • 今日から第10次5カ年計画がスタート。と言っても、特に気負いもなく何となくスタートした感じ。まずは、何事を成すにも体を整えることが先決だろう。なので、当面の目標は68キロにリバウンドした体重を63キロまでもっていくことを最優先にしたい。達成時期は3か月先ぐらいかな。肝心な仕事のほうは?といえば、来月サテライト・オフィスを開設するのでそれに見合った業務の見直しと拡充を図ることかな。まあこっちの方は相 [続きを読む]