Bishagon さん プロフィール

  •  
Bishagonさん: 中小企業診断士 Bishagonの日記
ハンドル名Bishagon さん
ブログタイトル中小企業診断士 Bishagonの日記
ブログURLhttp://ohtorix.blog.fc2.com/
サイト紹介文経営コンサル&お坊さん。商売やマーケティング、趣味のことなどを気ままに綴っています。
自由文「万巻の書を読み、千里の道を歩む」のが信条ですが実践できません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/03/30 11:00

Bishagon さんのブログ記事

  • 65歳の節目
  • 明日は65歳から始まる「5箇年計画」のスタート日。仕事、遊び、ボランティアのバランスを取りながらの計画となるが、果たしてどこまでできるか。ハッキリしているのは、若い時より体力が確実に落ちていること。なので、がむしゃらに頑張りすぎると、どこかで体や心に無理が生じのは必死。マイペースで一歩一歩、確実に歩んでいきたいと思う。 [続きを読む]
  • facebook:見るだけ
  • facebookは見るだけでこちらからは一切の情報発信をしていない。ただ、ひたすら眺めるだけにしている。なので、記事を投稿したり画像をアップするなどはぜんぜん。して理由は・・・・。業務の守秘義務に抵触する可能性がゼロでないから。などでタイムラインやコメントなどを求められても無視することにしている。でも、サムライ業の中にはfacebookを業務で積極的に利用している人も少なくない。特に仕事先で写真を頻繁に載せている [続きを読む]
  • ストレスは記憶力の敵
  • 記憶力というのは実に曖昧なもの。一般には高齢になるほど徐々に記憶力が減じていくらしい。でも、僕には高齢者になったからといっても記憶力が衰えていくという自覚がない。むしろ若い時よりも記憶力は向上している気がする。働き盛りの頃、仕事などで強いストレスが続いたとき、「一体どうなってしまったの?」と自分でも分からないほど、記憶力が極度に減少したことがある。その頃から較べると、今の状態はストレスがないに等し [続きを読む]
  • ノンイベント:予期したことが起きない
  • キャリア転換の中で「イベント」とは予期したことがおきることをいう。希望の大学に入る。4年で大学を卒業する。希望の会社に入り、希望した仕事に就く。管理職になる。定年で円満退職する。悠々自適の老後を過ごす。まあザーとこんな具合かな。それに反して「ノンイベント」とは予期したことがおこならないことをいう。つまり、大学に入れない。4年で大学を卒業できない。または中途退学する。希望した会社に入れない。希望した [続きを読む]
  • ホームページの新バーションを検討中
  • 開業して2週間後にはホームページを急ごしらえで作成して開設した。そのままの状態で3年間放置してきたけれど、ちょっと見直しする気になってきた。今のホームページは名刺代わりで、仕事を取りにいくというスタンスでなかった。なので面白みがなく何のインパクトがない。真面目すぎるというか、この業界特有の誇張や押しが全然ない。まあそれでも、仕事をする上で支障はないけれど、やはりホームページは、少しインパクトがあっ [続きを読む]
  • 臨床宗教師という資格があるそうな
  • 臨床に携わる宗教者としては、すでにいくつかの職名がある。キリスト教なら「チャプレン」、「パストラルケアワーカー」、仏教系なら「ビハーラ僧と」、「臨床僧」いったところ。僕は仏教系のビハーラ活動には関心があって、1年間の「ビハーラ活動者養成研修」を受け、その後もビハーラ関連の活動してきた。でも自分が特に「ビハーラ僧」だという意識はない。ところで臨床宗教師というのは、特定宗教色の強い用語は避けるべく作ら [続きを読む]
  • 65歳にして立つ
  • あともう少しで65歳となる。いつかは高齢者の仲間入りとなると漠然と思っていたけれど、意外と早くきたなって感じ。まあ高齢者になったといっても、気持ちは子供がそのまま大きくしたようなもので、「迷わず」とか「天命を知る」なんて境地には程遠い。いつまでも、風来坊のようにフラフラと気の向くままでありたいと願っている。それと、好奇心の向くまま悪あがきして煩悩を追及反面、いつ往生しても平気でいられるようになれば [続きを読む]
  • 久々のマジック
  • 久々のマジック。月2回の例会なので、用事が重なるとあっという間に1、2か月経ってしまいます。今回は習ったのは子供向けのマジックです。3枚のカードを1枚づつひっくり返していくと1匹の蛇が2匹、3匹と増えて最後には6匹になるというもの。何回やってもどうしてそうなるのか不思議です。僕は「胡蝶の舞」のさわりを披露。 [続きを読む]
  • 生涯現役という選択もありか?
  • 企業経営者とも共通していることですが、サムライ業で嫌々ながら仕事をしている人は殆んどいない。サムライ業は飯を食うためというより、仕事そものを生きがいとしている。(ただ中小企業診断士の場合はチョット違うかも)そうは言うもののどんな優秀な人でも、高齢者の仲間入りとなると、判断力や体力が衰え、若いときのように働けなくなる。「高齢者になればリタイアをしたい」「ずーと現役でいたい」などいろいろ考え方があるが [続きを読む]
  • 贅沢では財産は減らない
  • 1回1万円もする贅沢な食事をしたからといっても1日3万円にしかならない。1年365日でも続けても1千万円。10年でも1億円程度。まあそんな食事を続けていれば確実に健康を害することになる。なので実際はもっと質素なものにしかならない。それに食べたくない日もあるし、茶づけや立ち食いそばで済ませたいこともある。そう考えればどんなに贅沢な食事だとしても年に2、3百万が限界だと思う。旅行にしても同じ理屈。人の食欲や体力に [続きを読む]
  • 介護資格の取得計画
  • 介護関連の資格は数多くあるが、介護職員初任はその入門となる資格。以前ヘルパー2級というのがあって、この介護職員初任はヘルパー2級の新バージョンとなる。でも以前と較べると、取得するのに倍の時間と費用がかかってしまうのが難点だ。いうまでもなく介護関連の仕事は慢性的に人手不足が続いている。本来は増やす必要がある資格なのに、わざとハードルを高くしているのが不思議だ。もちろん、これは介護関連の財源不足が主な理 [続きを読む]
  • サックス練習:後退の後退
  • 毎週サックスの練習があるが一進一退というべきかな。徐々に上手くなって行くのを実感しているけど、ここんところ後退が続いている。というか悪い癖がでてきた。スランプというほどのものではないけれど、なにせ思い通りにいかない。ユックリした早さでも指が動かなくなっているのだから厭になってしまう。特にオクターブキーを押したり止めたりするタイミングがずれる。練習では上手くいってもレクチャーになったとたんに駄目にな [続きを読む]
  • 掃海艇見学とカレー
  • 近くにある海上自衛隊・阪神基地隊で掃海艇「つのしま」を見学した。掃海艇見学は今回で2回目。前回と比べて見学者は20数名とかなり少なかった。それで掃海艇「つのしま」は平成12年3月に竣役。機雷を創作、処分するための新型の情報処理装置、機雷探知機、機雷処分及び自動操舵装置を搭載している。船体は木製、エンジンはアルミ合金を使用することで、磁気を帯びない設計となっている。最新型の掃海艇はFRP製で、船や装備品も [続きを読む]
  • トランプ相場:トントンから奈落の底へ
  • トランプ相場のお陰で、長い長いトンネルを抜けて、ようやくイーブン近くに。これで、いったん仕切り直しにして、気分を新たに投資生活を始めよう!!!。そう思っていたとたんに、奈落の底へと急落。もう何年も、こんなことが繰り返されている。いったい、あと何年間、忍耐を強いられるのか。まったく想像もつかない。いうまでもなく、投資活動というのは極めて冷静な判断が必要とされる。「自分を見失うと一挙に資産を失うリスクが [続きを読む]
  • 経営に迷いを生じたとき:誰に相談する?
  • 自分の経営に迷いが生じた時に、誰に相談するか。皆は一体どうしているのだろう?僕の場合、相談する相手はメンターである恩師や友人達かな。それと山の神と。できれば、僕より経験が豊富で恒産があり、力も備えている人なら、もっといい。それ以外の人は思いつかない。まあ間違っても同業の中小企業診断士に尋ねることはしない。何故かって。そりゃ聞くだけ無駄だから。これってナイショだけど本当の話ですよ。 [続きを読む]
  • 飛び込みセールスが難しい時代
  • ー最近は企業や国の機関を回っても、受付さえ辿りつくのが困難なことが多くなった。特に、国の機関は、まず入り口に門番がいて、受付で訪問理由と面会者名を記入し、入館許可書をもらって担当部署にいくパターンが増えた。当然、中堅企業や大手企業はもっと徹底しており、なかには受付さえできないケースも少なくない・・・・・・。今時、いつでもどこでもオープンに出入りできる施設というのは市町や県の公的施設ぐらいかもしれな [続きを読む]
  • 山登りの再開
  • 山から遠ざかってだいぶ経つ。昨年は六甲山に何度かいった程度でしかない。それも一人きりで。山仲間からは時々誘いを受けるけど、なにかと理屈をつけて断わってきた。でも4月からは一緒に登ろうと思っている。もう30年以上も付き合っている山仲間。彼らと雪山や岩壁を求めて登っていた頃がなつかしく思える。 [続きを読む]
  • 開業4年目に突入
  • 開業4年目に突入した。4年目はどう動くか?まだハッキリとした経営方針はない。なにせ職業生活が50年になると「これ以上頑張ってどうするの!」という気持ちと「まだまだこれからや!」という気持ちが交互に重なってくる。まあ、できるだけ気張らず自然体でいければいいと思っているが、そう思い通りにいかないのが仕事というもの。ある程度の苦楽は仕方がないかな。 [続きを読む]
  • 事務所・別室の活用
  • 中小企業診断士の場合、事務所で顧客と相談するケースって滅多にない。なので、自宅を事務所にしても支障はまったくないといえる。でも・・・・。時々は馴染みの顧客との応接で別室が欲しいことも・・・。なので以前から、いい物件があれば買おうかと思っていたが、このたび条件にあった物件が売り出しをしていたので思い切って購入した。むろん単に事務所別室というよりも、リタイアした後の将来のプランも見据えてのこと。物件は [続きを読む]
  • 高齢者の健康維持 損失の回避
  • 今は70歳以上が高齢者扱いらしい。でも従来の65歳以上が高齢者というのは何となく理解できる。平均寿命が延びたからといっても、若い時期が増えたわけではなく、たんに老齢期が延びただけ。なにせ健康寿命は70歳程度しかないのだから。70歳を超えると何らかの人の手助けがないと生活に支障が生じてくるこのことを思い知らされたのはレスキューダイバーの海洋実習でのことだった。レスキューはセルフレスキュが出来てこそ初めて人の [続きを読む]
  • 明日から開業4年目を迎えます
  • 今日は開業3年目の最後の日。よく開業3年目の危機といいますが、僕の場合はなんとなく通り過ぎたという感じ。それでも、一通りは山あり谷ありで、チョットした変化を楽しめた。勤め人を続けていれば、こんな苦楽は味わえなかったと思う。なので支えてくれた人達にひたすら感謝、感謝。4年目以降は、どこまで出来るか分からないけれど、もっと仕事と遊びを充実させていくつもり。まあ、あまり気張らずに頑張っていく。 [続きを読む]
  • 運転免許更新:ゴールドに返り咲き
  • 運転免許の更新があった。今回はゴールドに返り咲きのため、5年間の有効期限だった。ゴールドになれば、手続きも研修もあっという間に終わり、実に気持ちがいい。更新前の運転免許の種類は大型特殊と普通車だったが、新しい免許制度に変わったので、普通がなくなり中型(8トン限定)に変わっていた。まあ中型といってもマイクロバスは乗員数で運転できないのもあるので注意しないといけない。それにしても、あらゆる資格・免許の中 [続きを読む]