一般社団法人はじめてピアノの会 さん プロフィール

  •  
一般社団法人はじめてピアノの会さん: ピアノろまん
ハンドル名一般社団法人はじめてピアノの会 さん
ブログタイトルピアノろまん
ブログURLhttp://ameblo.jp/hajimetepiano/
サイト紹介文人生に音楽の喜びを♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/03/31 10:09

一般社団法人はじめてピアノの会 さんのブログ記事

  • 「ゆっくり弾いてみました」
  • 「なんでこんなめんどくさいことを、、。」 と内心思っていたそうです。そして、この速さでも弾けるのに、と思っていたそうです。なのでゆっくり弾くように言われても家ではフツーの速さで弾いていたそうです。 しかし。ゆっくり弾いて来て「なんか音がはっきりわかってきた気がします」とおっしゃいました。 わかったようです。良かったです!ゆっくりだと何倍もの時間がかかっちゃうので、レッスンで最後まで聞けないこともよく [続きを読む]
  • 「次回は片手で練習してきてください」の意味
  • 先生はどんな宿題を出したか、覚えているものです。 大人の方は「片手でやってきてください」と言う宿題でも、何も言わないとだいたい両手で弾き始めます。これを私は「片手練習をさぼって両手で練習してきた」と思っていました。 けれどどうも違っていたようです。 先週生徒さんとその話をしたら「?えっ?それって家で片手の練習をして、その成果を両手として先生に聞いてもらうってことじゃないんですか!?」と驚かれました。 [続きを読む]
  • 難しいことを成し遂げるには
  • 難しいことを避けるのは、決まってます。めんどくさいからです。 でもめんどくさいことをしなくては不可能を可能には出来ないと思っています。だから私は難しいことができません。。 ピアノでもとっても不器用な子っています。でも10倍頑張ると、出来ることがあります。でもやり続けるのは難しい。元々出来る人が2倍頑張っていたら20倍頑張らないと追いつけないから。時間は誰にでも平等だから不可能に近い。そこには元々も体 [続きを読む]
  • 美術も難しい
  • クラシックが難しいっていうのは、美術も一緒だと思います。 西洋で美術が磨かれていった背景にはキリスト教という国家戦略がありました。 ミケランジェロやレオナルドダヴィンチの彫刻や絵画の大作は、趣味で、好きなものを、暇だから、気まぐれに描いていたわけではありません。神に捧げるためだったわけで、神みたいに偉い人からの依頼だったわけで、技の高さがどれだけ神に忠実であるかの証明みたいなものでした。 そんな風に [続きを読む]
  • クラシックは難しい
  • クラシックは難しい。 これを口にすると、傲慢だ、上から目線だ、何様だ、だからクラシックやる人は、、、と言われるので怖くて言えません。「音楽は楽しむもの」という風潮の中、時代に逆行するようで言えません。 それを、いともたやすくおっしゃっていました。三枝成彰さんが。 クラシックには知性が必要だと。知的でないと理解できないと。だからこれからも広がらないだろうと。 先月の音楽史の講座でちょうどカントルとム [続きを読む]
  • 三枝兄弟対談
  • 昨日はオペラKAMIKAZE対談と上映会でした。私の感想は「やっぱり違うわ」です。三枝兄弟はやっぱり違います。4、5年前にもはじめてピアノの会にいらして頂きましたが、その時もですが、今回さらに感じました。急遽、開場10分前に私がインタビューする形になって大慌てでしたが、どんな質問をしても、的確に、簡潔に、ユーモアたっぷりに、わかりやすくお答え下さり一流の凄さをまざまざと見せつけられました。そこにはありきたりの [続きを読む]
  • 速い!
  • ゆっくり練習して来て下さい、と生徒さんに言っても必ず生徒さんは速く弾いてきます。で「いやいや、もっと、このくらい、こ〜んなにゆっくり」というと「そんなにゆっくりですか?」とけげんな顔をなさいます。私、もっと速く弾けるんですけど?、と顔に書いてあります。で、その時は一小節くらいはちょっとゆっくり弾きますが、ニ小節目からもう速くなってる!思うところ、ゆっくり弾くのは弾けない人のやること、と思っているの [続きを読む]
  • アンケートありがとうございます
  • 君津市文化ホールの方が先月の松本ピアノのコンサートの分厚いアンケートの束を送って下さいました。嬉しい。書いて下さった皆様ありがとうございます 終わると反省が沢山残りますが、こんな風に参加して良かったと言っていただけるとまた頑張ろう!と思えます。真摯なご意見受け止め次に繋げます。 何回かに分けてアンケートご紹介させて頂きます。100名ほどのお客様にお越し頂きましたが、レクチャー付きは初めてという方も [続きを読む]
  • リラックス
  • 先週、忙しい最中にすみだ水族館に行きました。「やること一杯あるんだけど、どうしよう⁉?」と思いつつ。100%行って良かったです!30分も惜しいくらい時間が欲しかったのですが、そんなことすっかり忘れリラックス出来ました。そして「こういう時間って大事なんだなぁ〜」としみじみ思いました。私のように趣味が仕事だと、仕事に没頭するのが嫌じゃないだけに仕事から離れるのが難しい。でも、ほんとに楽しかった。もう少し外に [続きを読む]
  • オペラ「KAMIKAZE」対談と上映会
  • 現代の生きているクラシックの作曲家の製作過程のお話って興味ありますよね。 ということで、現代日本の代表的作曲家三枝成彰さんをお招きしています。演出家の健起さんとの対談と上映会です。 日本のオペラって本当に観る機会があまりないんです。私はこのKAMIKAZEは初演で鑑賞しましたがオペラの上演にはすごい金額がかかるので再演はなかなか難しいです。 なので上映会です。やはりオペラなので大きな画面、大きな音量でみ [続きを読む]
  • 好きな曲 嫌いな曲
  • わけがわからない現代曲も、お決まりのパターンの古典の曲も、練習してみると「こんなにいい曲なんだ」と思うことが多いです。 子供の頃は好き嫌いがすごくはっきりしていました。先生が発表会に「これね」と私に合った曲を選んでくれる。でもお友達の曲の方が良いいな、、なんて思うこともしばしば。 ある時「子供のケーラー」という曲集をもらって、「ポルカ」と「学校からの帰り道」が宿題になりました。新しい曲集は嬉しいで [続きを読む]
  • 趣味
  • このあいだのバスツアーの当日、私とピアニストの野底さんはコンサートのリハのため途中下車したので、ガーデンに行けませんでした。 私は事前にこちらに行って「すごく素敵♪」と思ってオススメしたので、ご参加の方の「期待と違った」というお声に戸惑っていました。しかしそれは単に趣味の違いでした。 今日レッスンでご参加の生徒さんが「すごくよかった!!」とお写真を見せてくれました。 すごくいいじゃあありません [続きを読む]
  • 勉強するといい理由
  • 明日は西洋音楽史講座です。 大学の頃は音楽史が大っ嫌いでした。だから「そんなの全然興味ない」って気持ち、すごくわかります。実際それを知ったところで、ピアノは上手くなりません。2時間しか時間がない人が、講座を聴くのとみっちり練習するのではどっちが上手になるかと言ったら、みっちり練習の方が上手になるに決まっています。みっちりじゃなくてゆるゆる練習でも上手になります。だから「私には2時間しか時間がない」 [続きを読む]
  • 完成度
  • 音符が読めることと弾けることは違います。どこまで完成度を上げられるかは、取り組み方です。 最近つくづく思うのです。音符を読むとか指が動くとか以外にこの取り組み方こそ力だな、と。 考えることとそれを実行すること、これが取り組み方です。出来た、と思ってからが勝負です。 まずは「出来た」と思ってから「これではまだまだ」と思えるかどうか。それなりに曲っぽくなっていると、もう弾けていると思い込んでしまう。い [続きを読む]
  • バスツアー写真集 
  •   ドリプレローズガーデン   お水にお花が浮いていますこの椅子もいい感じ この先はシークレットガーデンです ここは手作りの納屋現役のアンティークの庭道具がたくさん収められていますガーデン講習会も開かれていますバケツや熊手もおしゃれな雑貨のようレイアウトも抜群です    昭和の松本ピアノ アップライト松本ピアノのロゴは時代によって変わっていますMATUMOTO&SONSは2代目新治さんの妻和子さんによって付 [続きを読む]
  • 三郷はじめてピアノサークル体験会報告
  • 一昨日三郷市ではじめてピアノの会の体験会がありました。 三郷市での開講は9年ぶり!9年前「ドレミってここでいいですか?」と不安げだった皆様が、今では素敵な曲を素敵に楽しく弾いてらっしゃいます。担当の堤先生と「本当にお上手になりましたよね〜」と感慨深くお話しました。 あれから9年。久々の三郷の開講です。今回は7名の方がいらしてくださいました。最近は、学校の音楽で鍵盤の経験がある方が多く、以前とはちょ [続きを読む]
  • 立ち止まること
  • ようこそお越しくださいました。いつも読んでくださって有難うございます。 卒業してからずっと同じ楽器店で講師をしてきた同僚が辞める事になりました。家庭の事情ですが、この先ピアノの仕事をするかどうかはわからないということでした。 今でもレッスンに通い、指導案もきっちり書いている真面目な先生ですが、「自分には向いてないんじゃないか、と思うこともたくさんあった」とおっしゃっていて、「私だけじゃないんだ」と [続きを読む]
  • 補足
  • ドリプレローズガーデンの弁明をさせてください。私の説明が足りなかったので、ドリプレさんにご迷惑かけてしまうといけないので。 昨日書いたドリプレローズガーデン感想、都内の薔薇園の方が良かったと思われた理由の一つに、少し時期が遅かったというのもあると思います。 ドリプレは君津の山を登ったかなり高度の高い場所にあって房総のチベットと言われる房総とは思えない東京より寒いところなのです。な [続きを読む]
  • ドリプレローズガーデンと松本ピアノ報告
  • 昨日はバスツアーでした。渋滞に巻き込まれながらもなんとか無事に終了しました。 ドリプレは、自然を生かしたイングリッシュガーデンですが、「ザ・バラ園」でないので「都内のバラ園の方がもっとバラがいっぱいある」という率直なご感想もいただきつつ、自然と共生している感じが良かったというご感想もあり、お茶する時間が欲しかったというご意見も参考に改善できるところは改善しようと思っております。 松本 [続きを読む]
  • 作る
  • ピアノが「作るもの」だなんて思ってもいなかった私。もともとピアノはあんな形であんな仕組みで音が出る楽器として「あるもの」でした。 でもピアノ製作者にしてみたら、ピアノは作るものなんですよね。パソコンや橋や飛行機と同じように、ピアノも作るもの。「作る?え?作れるの?」って感じですが。 物を作る人は、一つ一つ細かいことを大切にしています。明日の松本ピアノコンサートの松本ピアノ三代目 [続きを読む]
  • 野鳥の会
  • ボクシングの村田選手が判定負けしました。 私も驚きました。フィギュアと同じイカサマ判定っぷりに呆れつつ「ここまでの日々は簡単なものではない」という村田選手の言葉に、胸が締め付けられました。 潔いとか悪いとかでなく、誰かがおかしいと言わなきゃまかり通っちゃうこの判定は、フィギュアと同じで本人が言うことではない分、誰かがみんなが大騒ぎしないとダメだ!とあてもなく吠えていました。&nbs [続きを読む]
  • ジャズ
  • クラシックのアンサンブルも呼吸を合わせる面白さがありますが、ジャズはそれがより際立ってます。というか、クラシックはそれをあんまり見せないで合わせるのが美徳ですが、ジャズはそれを見せちゃう面白さ。昨日吉祥寺のサムタイムに行きました。75歳と90歳の、行きつけの生徒さんが連れて行って下さいました。ピアノとドラムとウッドベース、それに途中からボーカルが入りました。とっても楽しかったです。 [続きを読む]
  • ピアノ騒音の問題
  • いくら練習する気満々でもピアノは場所と時間を選びます。思い立ったらその時、とはいかないのがピアノの練習ですね。 家にスタジオがある人は稀。防音室と言っても完全に音は遮断できないし。サイレントで練習していてもしっくりこない。 ピアノは直接の音というより、ピアノの脚から「伝導」するらしいので曲者です。それがまた練習となると、同じところを繰り返したり聞くに忍びない。弾かない人にとったら「そ [続きを読む]
  • 調律という仕事
  • 国立音大の調律科が募集を終えるという記事を読みました。 調律科に限らず今の時代音楽を大学で学ぶことはとても少なくなってきています。楽器は大学行かなくても弾けるし、お金かかるし就職ないし。調律師さんも専門学校や企業の研修でなれるし、ということでしょう。 音楽は確かに大学で学ばなくてもいいのかもしれません。ただし本人にそれだけの感性と向学心があるなら、、。 調律の学校のこ [続きを読む]