hajimetepiano さん プロフィール

  •  
hajimetepianoさん: ピアノろまん
ハンドル名hajimetepiano さん
ブログタイトルピアノろまん
ブログURLhttp://ameblo.jp/hajimetepiano/
サイト紹介文人生に音楽の喜びを♪
自由文日常、音楽、猫ちゃん、園芸、そして口に出して言えないあんなことも。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2013/03/31 10:09

hajimetepiano さんのブログ記事

  • 野鳥の会
  • ボクシングの村田選手が判定負けしました。 私も驚きました。フィギュアと同じイカサマ判定っぷりに呆れつつ「ここまでの日々は簡単なものではない」という村田選手の言葉に、胸が締め付けられました。 潔いとか悪いとかでなく、誰かがおかしいと言わなきゃまかり通っちゃうこの判定は、フィギュアと同じで本人が言うことではない分、誰かがみんなが大騒ぎしないとダメだ!とあてもなく吠えていました。&nbs [続きを読む]
  • ジャズ
  • クラシックのアンサンブルも呼吸を合わせる面白さがありますが、ジャズはそれがより際立ってます。というか、クラシックはそれをあんまり見せないで合わせるのが美徳ですが、ジャズはそれを見せちゃう面白さ。昨日吉祥寺のサムタイムに行きました。75歳と90歳の、行きつけの生徒さんが連れて行って下さいました。ピアノとドラムとウッドベース、それに途中からボーカルが入りました。とっても楽しかったです。 [続きを読む]
  • ピアノ騒音の問題
  • いくら練習する気満々でもピアノは場所と時間を選びます。思い立ったらその時、とはいかないのがピアノの練習ですね。 家にスタジオがある人は稀。防音室と言っても完全に音は遮断できないし。サイレントで練習していてもしっくりこない。 ピアノは直接の音というより、ピアノの脚から「伝導」するらしいので曲者です。それがまた練習となると、同じところを繰り返したり聞くに忍びない。弾かない人にとったら「そ [続きを読む]
  • 調律という仕事
  • 国立音大の調律科が募集を終えるという記事を読みました。 調律科に限らず今の時代音楽を大学で学ぶことはとても少なくなってきています。楽器は大学行かなくても弾けるし、お金かかるし就職ないし。調律師さんも専門学校や企業の研修でなれるし、ということでしょう。 音楽は確かに大学で学ばなくてもいいのかもしれません。ただし本人にそれだけの感性と向学心があるなら、、。 調律の学校のこ [続きを読む]
  • ピアノから学んだこと
  • 努力する大切さ、継続する大切さ、コンディションを合わせる大切さ、考える大切さ、体をいたわる大切さ、個性の大切さ、自己表現の大切さ、調和、時間の使い方、論理性、感性、礼儀など学んだと思います。 ピアノに限らないんでしょうけど笑。他のことは続けてないからわかりません。 ピアノの練習は何かを成し遂げる過程そのものだと思ってます。できないところは片手練習、部分練習、ゆっくりの練習など嫌 [続きを読む]
  • ピアノを弾きたい
  • グループレッスンを見学にいらした生徒さんに「人が弾いてるのを待ってる時間もったいないですね、もっと弾きたいです」と言われました。「自分が弾きたい曲だけ教えてもらってあとはピアノはうちで1人で楽しみたい」と。 はじめてピアノの会にも個人レッスンはありますが、大人の方にはまずグループレッスンを勧めています。人の演奏を聴いている時間が無駄になっているとは全く思いませんし、そしてもう一つ、音楽は [続きを読む]
  • シルバー学級コンサート
  • 昨日は、小金井市のシルバー学級の開校式でコンサートをさせていただきました。シルバー学級には珍しい敢えてのジャズ!ジャズ風にアレンジされた伴奏で歌う抒情歌は新鮮で、アコースティックギターとエレキギターの違いのレクチャーや10分間ギター教室にはなるほどなるほどとうなづき、鑑賞曲には息をのんだり癒されたり。ギターとキーボードのアドリブや掛け合いののち息の合った最後のジャン!にはやっぱり拍手。皆様からは「自 [続きを読む]
  • いろいろ、、、
  • いろいろ考えてます。1日が短くて気がつくと終わっちゃって、「あれ!?あれもこれもまだ決まんないうちに今日も終わりか、、」という日々の連続です。 とはいえ、「時間管理術」とかいう本を読もうとは全く思いません。それらの本がいけないのでなく、ハウトゥーを否定する訳でもなく、ただ単にダラダラするのが大好きで「はっ!」と気づくと時間が経っちゃってるだけなので、本を読む資格すらないって話です。 [続きを読む]
  • 松本ピアノとガーデンツアーのお申し込み状況
  • 5月28日の松本ピアノとローズガーデンツアーのお申し込み状況をお知らせいたします。 小金井発  満席になりました。お申し込み有難うございます。 新宿発   残席あと7名 新宿発は定員オーバーのため特大型バスに変更いたしました。お席に余裕ができましたので迷っている方は是非お早めにどうぞ! ドリプレローズガーデンは山の中にあって、駅から遠くてバスも出ていないしタクシー [続きを読む]
  • プライドを捨てる
  • 迷いがあるときには、この言葉が一番効き目があります。 本当はもっと出来るとか自分を錯覚していると迷いが生じます。過去、あれこれ策略したり、自意識過剰になっているときほど迷いがありました。得したいとか自分をよく見せたいとか、そんな気持ちがプライドになって本来やるべきことを忘れてしまう。これは反省です。 何かを信じて自分にできることをただ純粋にしていく。プライドを捨てて自分が [続きを読む]
  • 多くを知るより多くを感じる
  • ゴールデンウィーク最終日、本の整理をしています。高校卒業の時に先生に書いていただいた寄せ書きが出てきました。 高校は女子校だったので人気のある先生と人気のない先生は真っ二つに分かれていました。日本史のオオツカ先生は、見るからに真面目そうな顔が四角い黒縁メガネのおじさん先生でしかも校則に厳しく堅苦しい感じで人気のない先生の部類でした。私は歴史はハナっから興味がなく受験に必要ない科目なので、 [続きを読む]
  • 幼児の音楽教育について
  • 保育士さんを目指す生徒さんが何人かいらっしゃいます。 その中でお一人、ピアノ未経験なんだけれど課題がすごく大変で手を痛めるまで練習してらっしゃる方がいます。ピアノを弾くだけでも難しいのに、歌も歌いながら、です。出来なきゃ卒業できない、ってことでものすごく頑張った甲斐あってめきめき上達してきました。 「やればできるんだ!」と感心する一方、「それじゃ、子供の歌に合わせて先生が弾くというよ [続きを読む]
  • 音楽の力
  • 連休の真っ只中です。いいお天気が続いてまさにこの世の春ですね。私はアクの強いものが好きなので、セリ、ワラビ、タケノコ、フキ、ウドとアクを満喫しています。昨日、皆様と三枝成彰さんのオペラ「忠臣蔵」を映像で鑑賞しました。もう絶版になっているVHSのビデオで、三枝さんの事務所からお借りしました。第一幕は、日本のオペラに面食らって笑、題材も忠臣蔵なのでスーっと入っていけないご様子でしたが、二幕、三幕とどんど [続きを読む]
  • ドリプレローズガーデン
  • 今日、ドリプレローズガーデンに行きました。 整えられすぎず、随所にセンスが光るランドスケープ 壁やゲートが植物を引き立てる パトロール隊♪も大活躍? まだ薔薇は咲いていません。ハーブやクリスマスローズと様々な宿根草。濃淡様々な緑はまさに私好み。 5月28日の「松本ピアノコンサートとドリプレローズガーデン バスツアー」にご参加の皆様、お楽しみ [続きを読む]
  • 梅花ウツギが咲きました。この樹は枝もきれい葉もきれいつぼみもきれい花もきれい今日はキュウリの苗とえだまめも植えました。 [続きを読む]
  • そつのない演奏
  • 先日、若い方の演奏会に行きました。ソツのない演奏は差し障りないけど印象に残らない。それはきっと生気を感じないから。 じゃあ生気は何かと言うと呼吸でしょう。でも呼吸をどう表すか? 私が思うに個性の気がします。他の人でなく自分が生きている証拠、それが自分の呼吸。その自分の呼吸をそのままさらけ出す、それが個性となり生気となる。そしていい演奏とは、その生気がきちんと整えられ美しい形で聞き手に [続きを読む]
  • 音を聴く
  • 「今になってやっと弾きながら自分の音が聴けるようになりました」と79歳の方がおっしゃっていました。同じ曲を4回、本番で弾いたあとのことです。 そうですね、考えながら弾いているうちは自分の音が聴けません。何かに夢中になっている時声をかけられても聞こえないのと同じです。本番を4回くらいやってやっと自分の音が聴ける余裕が出るのかもしれませんね。 実はレッスンで生徒さんが「聴いてないな [続きを読む]
  • 発表会でのマナーについて
  • 昨日、ホールでの演奏中の出入りやおしゃべりについて書きましたが、補足させていただきます。 アナウンスで出入りもおしゃべりも無くなりました。つまり、それがいけないことだっていう認識が抜けちゃってたというだけの話です。 例えば授業中のおしゃべりや遅刻してきてお教室に入ったりって、学生時代はありますよね。「授業中におしゃべりしてはいけない」って知っていても規則は破るためにあるような学生時代ですか [続きを読む]
  • 演奏中の出入り、おしゃべり
  • このあいだの「はじめてピアノホールの会」を客席で聴きました。客席で聴くのは初めてです。なのでどんな風にお客様が見てるのか、みなさんの演奏がホールでどんな響きになっているのか聴くのが楽しみでした。 そ、それが。。演奏を聴く以前にすごい気になることが。。 途中からいらっしゃるお客様や演奏が終わった方が、舞台でどなたかが弾いている最中にドアを開けてどこに座ろうかスタスタ見渡しながら入って来 [続きを読む]
  • 松本ピアノというピアノ
  • 昨日また自分のブログに間違えていいね!しちゃいました。恥ずかしいです。 5月28日日曜日に君津市で行われる松本ピアノのレクチャーコンサートの準備をしています。 名器ベーゼンドルファーはヤマハの傘下に、プレイエルは生産中止にと、ピアノ界は平成時代に大きく変化してしまいました。その一つに日本の松本ピアノもありました。松本ピアノは平成19年にその手作りピアノの幕を閉じました。 松 [続きを読む]
  • 時間の謎
  • 今日仕事の後、6年ぶりの友人に会いました。すごく久しぶりで、会うことが現実でないような。。 でも会ってみたら、いつも会っていたような、そんな感じ。 時間は確かに過ぎていて、ちゃんと歳をとっているのに、歳をとっていない自分がしゃべって、笑って、泣いていた世界に瞬時に戻っている。久しぶりの顔なのに、しょっちゅう見ていた顔にしか見えない。ここが現実で、いつもの世界はそこにはない。 &nbs [続きを読む]
  • イングリッシュガーデン
  • 今日は真夏の暑さになるようです! 昨夜はずいぶんと雨が降りました。というか降ったようです。風もすごかったみたいです。うちの畑が荒れてます。ちなみに畑はベランダです。 以前、畑はイングリッシュガーデンでした。イングリッシュガーデンもベランダです。しかし花より団子、野菜に変更しました。 でも最近やっぱり花もいいなあ、と思っています。色褪せたイングリッシュガーデンの写真を見て、新 [続きを読む]
  • ピアノを愛するより音楽を愛する
  • 「らららクラシック」でピアニストのリヒテルさんをやってました。 その中でリヒテルさんの言葉として紹介されたのが、タイトルの言葉。いい言葉です。 ピアノを弾かない人にはピンと来ないかもしれませんが、ピアノを弾く人にとってこの言葉は少し耳が痛いかもしれません笑。ピアノを弾く人はピアノを弾くことだけが好きな人が多いです。ピアノを弾く人が「ピアノ以外の音楽ってあんまり興味ないんだよね」という [続きを読む]
  • 日本で最初のピアニスト 2 
  • 瀧廉太郎さんが日本で最初の作曲家として知られていますが、国費留学は2人目です。その前に幸田延さんがピアニストとしてヴァイオリニストとして留学しました。幸田露伴さんの妹です。 彼女は和声や作曲など西洋音楽の分野すべてを学び、帰国後は演奏家というより音楽指導者として、東京芸術大学の教授になって後進の育成に力を注ぎました。 文化というのは、本人が体得してもそれをまた伝えることができなかった [続きを読む]