邦風 さん プロフィール

  •  
邦風さん: サラリーマン三味線 邦風
ハンドル名邦風 さん
ブログタイトルサラリーマン三味線 邦風
ブログURLhttp://kunikaze.blog.fc2.com/
サイト紹介文会社員として働きながら、津軽三味線を真剣に頑張る男の毎日を綴るブログ。いい音を追求する日々の日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/03/31 19:04

邦風 さんのブログ記事

  • 路上演奏者
  • 駅前を歩いていると、津軽三味線の音が聴こえてきました。音のする方へ近づいていくと、路上で演奏している若者がいました。一人で津軽三味線を、頑張って演奏されています。じょんから節、よされ節を一生懸命演奏されていました。三味線の音に驚いて何人かが珍しそうに見物されています。私も足を止めて、演奏を聞いてみる事にしました。周囲の雑音にも負けず、一生懸命演奏されています。頑張ってください。演奏を聞きながら、心 [続きを読む]
  • 三味線の話は控えめに
  • 5月1日から、新しいセクションへ移動します。新しいセクションの偉い方へ、ご挨拶に伺ってきました。初めての顔合わせは、なんだか緊張しました(汗)私の自己紹介は控えめにしてこれからよろしくお願いしますと深々と頭を下げました。「ああ、あなたね。聞いていますよ。『これ』の人ですね。」そう言って、偉い方が急に三味線を弾くポーズをされました。う、うわっ!突然の展開にびっくりしました(汗)なぜ、私が三味線を弾く [続きを読む]
  • まっすぐな気持ち
  • 環境が変わっても、人間関係ががらっと変わってもぶれずに、まっすぐな気持ちでやっていこいうと思います。そんなまっすぐな気持ちで、花を生ける事にしました。先日の花いけ教室では、真っすぐな「トクサ」を選んで自分なりに生けてみる事にしました。まっすぐな気持ちで、まっすぐに生きる。今の気持ちで生けた花です。花は私の心を表してくれるようです。これからもこの花のように、緊張感を持って、つねにまっすぐに仕事も三味 [続きを読む]
  • 後輩の言葉
  • もう私の人事異動の話が伝わっているようです。会社の後輩が私のデスクにきて、話しかけてくれました。「先輩、聞きました。移動してしまうんですね!寂しいっす。」寂しいなんて言ってもらえて、ありがたいです。そんな言葉をいただくと、私もなんだか離れるのが寂しいです。でも新しい場所で頑張って来ようと思います。「先輩、どこに行っちゃうんですか? 何があったんですか?」ずっと気にかけてきた後輩が、不安そうに質問に [続きを読む]
  • 『人事異動』が決定しました。
  • 会社で偉い方から会議室に呼ばれました。新しいセクションに移動してみないかと打診がありました。え? 私が? この年齢で? 新しいセクションに???突然の話にびっくりしました。なぜ私なんでしょうか。。「この新しいセクションの話が来た瞬間に、君の顔が浮かんだ。 和文化のPR、三味線のPRを一生懸命やっている君に適任だと思う。」そう言われました。和文化のPR、三味線のPR?正直それがどう関係あるのか分かりませんでし [続きを読む]
  • 引き寄せる
  • 先日、千葉県での演奏の際早めに到着して、本番までしばらく時間があったため駅前の無印良品で買い物をしていました。商品をかごに入れて、レジ前で列にならんでいると。。店内にいた男性の方が、私を見て近寄ってきました。「邦風さん? やっぱり邦風さんですよね!!」私の名前を呼ばれました。突然の事でびっくりしました(汗)なぜ、千葉県のとある駅の無印良品で私の名前を知っている方がいるんでしょうか?あ!!わかりまし [続きを読む]
  • 手づくりの新聞
  • 千葉県で演奏した翌日は、八王子の施設に行きました。ありがたいことに、いろんな所からお声がかかります。西へ東へ、演奏活動もなんだか忙しくなってきました。来週も、再来週も、その先も演奏が続きます。どの演奏も手を抜かずに、真剣勝負で挑みたいと思います。今回の1時間の演奏も無事終えて、控え室に戻ったところ。。施設の方が、とても素敵なものを見せてくださいました。新聞です。入居者の方が、自分で取材し、撮影して [続きを読む]
  • 静かに燃やす
  • 旧吉田家住宅歴史公園「灯りと音色の夕べ」での屋内演奏は、二人で全力で挑むことにしました。「楽風」として最高の演奏をしようと思いました。庭に灯るキャンドルの、温かい光を感じながらの演奏です。外ではまだ小雨が降っていましたが、火は消えないようです。真っ暗な庭に灯るキャンドルの明かりは、幻想的でした。雨でも消えず、静かに灯るキャンドルの火を見ていたらなぜか「不屈の精神」や「静かな情熱」を感じてしまいまし [続きを読む]
  • 旧吉田家住宅での演奏
  • 旧吉田家住宅歴史公園での演奏の日はあいにく天気に恵まれず、小雨が降り続く一日でした。天気がよければ、桜の木の下で30分ほど演奏するはずっだたのですが、急遽予定変更です。三味線の皮は、湿気や水に弱いため屋根のある長屋門の下で、15分ほどの演奏に変更になりました。用意してきた曲がすべて演奏できず残念ですが仕方ありません。短めにすべての曲の構成を直して雨が強くなる前に長屋門の演奏を終了しました。天気ばかりは [続きを読む]
  • 「自分の音」を出す
  • 先日の大会での自分の演奏を反省していました。反省したことは、良い形で次の本番に生かしたいと思います。千葉県の柏市に向かっていました。本日は、桜が満開の旧吉田家住宅歴史公園にて津軽三味線「楽風」の演奏を行わせていただきます。前日に2人で念入りに、しっかりと猛リハーサルを行いました。今回の本番では、お互いが「自分の音」をしっかり出す事にこだわって演奏してみたいと思います。「人まねではない、自分の音を [続きを読む]
  • 本番が終わってからが本番?
  • また今年も、いろんな三味線大会に出てみようと思います。出場すると悔しい思いや、恥ずかしい思いもすることになりますがその思いが自分を新たな成長に向かわせてくれる気がします。普段のライブの演奏と、ボランティアの演奏と、大会の演奏は似ているようで全く別物なんだと感じました。大会の演奏は、正確に、しっかりと、美しい音色を1曲の中でどれだけ表現出来るかを追求しなくてはいけません。細かい部分を、いかに丁寧に、 [続きを読む]
  • まだまだこれから
  • 毎年東京で行われる津軽三味線全国大会は厳しいテープ審査を通過した演奏者が集まるかなりハイレベルな三味線の大会です。ライブやボランティアとは違った緊張感があります(汗)前に演奏している方の素晴らしい音が聴こえてきます。すごい演奏です。あまりの三味線演奏のクオリティーの高さに思わず会場から三味線を抱えて逃げ出したくなってしまいます(汗)でも、ここで逃げたら自分が成長出来ません。私の出番がやってきました [続きを読む]
  • 桜と京都と三味線と
  • 東京でも桜が美しく咲いています。春になりました。気持ちがウキウキしてきます。少し会社の休暇をとりたくなりました。ちょっと仕事も三味線も忙しすぎた感じがします。自分のための休暇をとり、つかの間の旅に行ってきます。やっぱり京都に来てしまいました。春の京都です。ああ、出張ではない「旅行」なんて久しぶりです。仕事の責任からも、三味線の期待からも解放されて趣きのある街並をぶらぶらとさせていただきます。ああ、 [続きを読む]
  • 「楽風」の新しい一歩
  • いろんな演奏依頼が入ってきました。澤田邦風に対する依頼以外に津軽三味線ユニット「 楽風 gakufu 」で演奏をお願いしたいという依頼も入るようになりました。ここ最近「楽風」に対する問い合わせもくるようになりました。今後を考えると、きちんと「楽風」のホームページを作っておいたほうが分かりやすいがしてきました。一念発起して、夜中に「楽風」のページ作りを開始しました。自分のホームページを自分で作る勝邦師匠を尊 [続きを読む]
  • 灯りと音色の夕べ
  • キャンドルの灯りって心が癒されます。火の動きや変化は、揺れたり、うねったり、形を変えたり大きくなったり、小さくなったりまるで生き物ののようです。そして、どこか音楽的な感じもしてきます。火の動きを見つめていると、良い音楽を聴いているような不思議と落ち着いた気持ちになってきます。4月8日(土)に旧吉田家住宅歴史公園でキャンドルスタジオ花織工房様の主催される「灯りと音色の夕べ」に、演奏で出演させていただ [続きを読む]
  • 悔しい思い
  • 教室の発表会の当日は、ドタバタしていました(汗)私が教えさせていただいている5人の生徒さんの三味線の糸の調弦を、直前までしっかりと行っていました。一生懸命頑張っている生徒さんが、せっかくの初めての舞台で演奏中に糸を切ったり、調弦が狂ってしまわないよう糸の調子を確かめながら何度も糸を伸ばしました。一人一人の楽器の状態を万全にして、舞台に送り出しました。会場の雰囲気にのまれず、落ち着いて演奏出来ますよ [続きを読む]
  • 大久保教室の発表会
  • 今日は、2年に1回行われる、大久保教室の発表会です。生徒さんたちがコツコツ頑張ってきた成果を舞台で発表します。生徒さんが、舞台で力を発揮出来ますように。。。直前のお稽古は、私も思わず力が入ってしまいました(汗)本番になったら、生徒さんを助ける事が出来ない分お稽古では、本番の挑み方、心構えや、演奏の仕方など私が大切だと思ういろんなことをお伝えさせていただきました。あとは、本番を迎えるのみです。自分の演 [続きを読む]
  • 「思い」を感じる
  • 三味線の演奏で、埼玉県に訪れていました。「 施設にいる方の生活や心に彩りを与えてあげたいです。 」その言葉に心を突き動かされて、ここまでやって来ました。人を動かすのは、その方の「思い」だと感じます。お声がけ頂いた施設の方の「思い」を感じると頑張って演奏に出向いている自分がいます。演奏を終えると、施設の方から色紙をいただきました。色紙を手渡されるなんて、驚きました。一体何が描かれているんでしょうか。。 [続きを読む]
  • 左と右と、表と裏と。
  • またまた、本番前にやってしまいました。重ねの左右も間違えず、完璧に着物を着て袴も履いてしっかりと紐も結んだと思っていたのですが。。着物の表と裏を間違えて着ている事に気づきました(汗)なんだか着物の紋の見え方がいつもよりボヤボヤしているなと思っていたのですがまさか裏返しで着ていたとは思いもしませんでした(汗)本番15分前の大失態です。慌てて着替え直してぎりぎり開始時間にすべりこみました。危ないところで [続きを読む]
  • 「感情」について
  • お葬式の翌日、会社の先輩から気を落としていないか、元気かどうか心配されました。「私は元気です。お気遣いありがとうございます。 全然大丈夫です。仕事頑張ります。」先輩のお気遣いありがたいです。大丈夫です。いろんなことで落ち込んでいてもすぐに気持ちを切り替えて頑張ります。いつの間にか人前で、自分の「感情」をコントロール出来る大人な自分になっていることに気がつきました。そんなことを思いながら、演奏にやっ [続きを読む]
  • おくるもの
  • お通夜の夜に「おくりびと」の方からお話がありました。「もし故人が、生前からお好きだったものなどあれば ぜひ棺に一緒に入れてあげてください」急に言われても、何も用意していません(汗)何を一緒に入れましょうか。改めて聞かれると悩みます。三味線の演奏を聞くのが、とても好きな方でした。私の演奏をいつも楽しみにしてくださっていました。「三味線の糸」を持っていました。次の本番用に用意していた新品の「絹糸」を棺 [続きを読む]
  • 拍手という楽器
  • 人生は、一期一会だと感じます。すべての機会は二度と戻ることのない、かけがえない瞬間です。一生に一度の出会いを大切に思い目の前の方に、誠意を尽くすことが大切な気がします。生まれてはすぐに消えていく三味線の音も一期一会です。同じ音は二度と出せない気がします。その瞬間にしか存在せず、二度と取り戻す事が出来ません。三味線の音は、まるで儚い命のようです。音も、人も、一期一会の精神で臨まなくてはと思います。先 [続きを読む]
  • さよならだけが人生?
  • 人生と人の命について考えていました。ある方と、お別れをする事になってしまいました。別れはいつも突然に、そして静かにやってくる感じがします。「さよならだけが人生だ。」という言葉を聞いた事があります。そんな言葉がふと心に浮かびました。この言葉は、五言絶句「勧酒」を井伏鱒二さんが訳したものです。そんな風にさらりと言えればカッコいいのですが。。なかなか心が追いついてきていない自分を感じます。別れはいまだに [続きを読む]
  • 待ち合わせ時間
  • プレゼンが始まる5分前だというのに、誰も現れません。ぽつんとプレゼンの書類を抱えて、ロビーで一人で待っている私はさすがに不安になってきました。大丈夫でしょうか(汗)ああ、ついにプレゼン1分前です。誰からも連絡がありません。どうしたんでしょうか。待ち合わせ場所が違うんでしょうか。みんな寝坊でしょうか?それとも何かあったんでしょうか。なんだか落ち着かない気持ちになってきました。おかしいです。慌てて手帳 [続きを読む]
  • 三味線の練習時間
  • お稽古の時に、生徒さんから質問を受けました。「先生、やっぱり1日何時間も練習しなくては 三味線は上手くなれないでしょうか。。」もちろん練習すれば、しないよりは上手くなると思いますが。。。でも、毎日何時間も練習するなんて、なかなか出来ないと思います。毎日は慌ただしく1週間はあっという間です。「1日何時間も練習出来なくても大丈夫です。 今この瞬間に集中する事が出来れば演奏は上達できます。」1日1分でも [続きを読む]