治療家 天音美保 さん プロフィール

  •  
治療家 天音美保さん: 自分メンテナンスでストレスフリーな人生を
ハンドル名治療家 天音美保 さん
ブログタイトル自分メンテナンスでストレスフリーな人生を
ブログURLhttp://hicetnunc-ost.hatenablog.com/
サイト紹介文ヒーリング・オステオパシーで自由に制限なく動く身体と心で自分の夢を生きるあなたをサポートします!
自由文http://hicetnunc.info
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/04/01 12:42

治療家 天音美保 さんのブログ記事

  • もう無理・・・もう限界・・・ 頑張りすぎた貴女の為の究極の癒し Deep tranquility
  • 天音です。明日は獅子座の新月なので断捨離宣言。はてブにきて、こちらのメインブログともう1つブログを書いていたのですがやっぱりどちらかに更新が偏りますね。HPもオステオパシーとヒーリングセッションと2つ出来上がったのでブログは1つにまとめることにしました。内容がごちゃごちゃとしてしまうかもしれないけれど玉手箱みたいでそれもいいかなと思う。なので、少しずつこちらのブログに転載していきますね。今後ともよろ [続きを読む]
  • あなたが隠してしまったものは何ですか?
  • 昨日の雷すごかったですね。ゴロピカの中で施術を受けたYちゃん。いつもありがとー。昨日紹介した本を読み返していると「闇の中に癒しはある」という言葉を見つけた。癒しのメッセージ―現代のヒーラーたちが語るやすらぎと治癒作者: リチャードカールソン,ベンジャミンシールド,Richard Carlson,Benjamin Shield,上野圭一出版社/メーカー: 春秋社発売日: 1999/02メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る今日はクラ [続きを読む]
  • 癒しとは生きている間ずっと続くプロセス
  • 昨日、ヒーリング講座の記事をアップしたらその数分後に名古屋のクライアントさんからお申し込みがありました。ああ、彼女が講座を受けてくれるんだあってそれだけで1日幸せな気持ちで過ごせてしまいました。ヒーリングはヒーリングのセッションを受けるだけじゃなくて自分で学ぶことで本当の癒しとは何かを知ることができる。ヒーリングという言葉だけがスピリチュアルとセットになって世にも奇妙な世界のツールみたいになってし [続きを読む]
  • 万人に効く健康情報なんて何ひとつないという真実
  • 身体と感情感情と思考脳とこころそして内部環境と外部環境様々なクライアントさんを診てきたけれど体調不良の原因を見つけ出すのは本当に難しい。私がオステオパシーにたどり着いた理由は本当の原因が何かを知りたかったというのもがある。長い間、アロマトリートメントやハンズオンヒーリングを行ってきた。継続的なヒーリングセッションの中で難病が奇跡的に回復する人たちも中にはいた。例えば日本で最も多い難病と言われてい [続きを読む]
  • 大切なのはかっこ悪いくらい夢中になること
  • 天音です。3泊4日の滋賀〜大阪のオステオパシー修行の旅が終わり東京に帰って来ました。梅雨明けからずっと曇ったり雨が降っている東京から抜け出して晴天の空の下で夏らしい暑さを感じられたこともよかった。仕事と勉強の夏休み。私にとっては贅沢すぎるくらいの夏休みでした。いま自分の好きなことが仕事になっていること。オステオパシーの仲間と出会えたこと。施術やセッションを受けて元気になるクライアントさんがいること。 [続きを読む]
  • 身体はその人に生き方が可視化されたもの
  • 想いを言葉にすること。こうやってブログやメールで想いを言葉にすることが今でこそ当たり前になった。施術やセッションを受けてもらうのも綴った言葉がきっかけになる。今月はブログ強化月間ということでFBや諸々の投稿を控えてみることにした。なんだかんだで、こうやってブログを書き始めてもう15年ぐらい経つ。削除したブログも10個くらいになるかな。自分が今みたいに手や言葉を使って想いを伝える仕事をしているなんてこれ [続きを読む]
  • ずっと求めていた真実の先にあったもの
  • 真実は、人間がそれに対し何を思おうと揺らぐことはない。真実は、それを賞賛する人間を必要としない。真実は、何かを好んだり、嫌ったりすることはな。真実は、人間にとって、食物のようなものであり、安らぎそのものである。〜アンドリュー・テイラー・スティル博士〜素晴らしい言葉に出会った。半月くらい前からオステオパシー単独のHPを作り始めていてあれこれと資料を読み漁っている。オステオパシーを言葉にするのは本当に [続きを読む]
  • アリとカースト制度
  • 今年の夏はアリとキリギリスのアリになって過ごすことに決めた。いままでの夏は主人と旅行に出かけていた。去年は、青春18切符を買って滋賀、大阪、兵庫をまわった。今年も青春18切符の旅に誘われたが「行かない」と断った。断った理由は秋に向けての準備に時間を費やしたいからだ。それと、いまは遊ぶことに全然興味がないのである。夏の海辺の湘南ライフもやり尽くしたし日本も離島をのぞいてとりあえず全国制覇した。旅行もいい [続きを読む]
  • 世界が広がるということは 自分の可能性に気づいていくこと
  • 大阪日帰り出張講座が終わり休む間も無く動きまわっています・・・人生の初体験は枠の外に広がる世界を教えてくれる。ただ初体験というのは新しいことをただやってみるということではない。1つのことを繰り返し繰り返し続けることでしか体験できないことも初体験だと私は思う。この世界は相反するものが存在する二元論の世界。だからどちらかだけでなく両方が大事。例えば少し前から話題になっているホリエモンの『多動力』という [続きを読む]
  • 自分という枠を超えて、広く、遠くへ
  • 人には人生をガラリと変えてしまう運命の出会いや、強烈な出来事がある。私の場合はいままでを振返ってみるとどちらかというと陰の要素が強くていわゆる「絶望」とか「どん底」という経験が人生をガラリと変えるきっかけになっていた。でも、2年前のあの日それまでとは違う「光」の経験が人生をガラリと変えるきっかけになった。それが今回3度目の参加になる「美プロフィール撮影会」だ。「美プロフィール撮影会」はLAと日本を拠点 [続きを読む]
  • 人はとやかく言います。 だってそれが人だから
  • 今朝FBに流れて来たメンタリストDAIGOのお言葉他人の評価に臆病にならず、やりたいことに忠実に生きよう。あなたの人生はあなたのものだ、その価値を決めるのも、それを楽しむのもあなただ。他人にあれこれ評価してもらう必要などない。自分で自分を自信を持って評価できる生き方をしよう。いい言葉だ。いま別ブログに自伝的なものを書き始めたんだけど結構悲惨なことをこれからも書いていくと思う。以前4年くらい前にも似た [続きを読む]
  • 行動が変われば現実が変わるという当たり前の真理
  • 背筋が伸びて肌にも透明感が増し目にも潤いと強さが戻ってくる会うたびにどんどんキレイになっていくそんなクライアントさんがうちはとっても多いです。indigoblue-saxophone.hatenablog.com5月、6月と2ヶ月続けてヒーリングセッションを受けてくれた彼女。その変化は誰もが見てもわかる変化で彼女がセッションを受けたことを知らない第三者からも「なんか顔が変わったね」とか「雰囲気が変わったね」と言われるのだそう。もちろ [続きを読む]
  • 哲学のないものに力はない
  • 飯田橋に移転してもうすぐ1ヶ月が経つ夏至を超えて新月を超えて自分のフィルターがまた1つ外れた。先日、ミッドライフ・クライシスの記事を書いたけれどhicetnunc-ost.hatenablog.com容赦なく変化はやってくる。まるでお気に入りの服をはぎ取られるみたいにね。自分の奥底にある信念みたいなものはお気に入りに服を何枚も何枚もはぎ取られたあとに見つけられるものかもしれないなと思う。これが私だなんてものはもはや幻想かもしれ [続きを読む]
  • 7月30日開催 ヒーリング講座@東京のご案内
  • 今年に入って2年間続けてきたヒーリングのクラスをリニューアルした。ヒーリングというとまだまだあやしい印象をうける人もいると思う。でも、本当はちっともあやしいものではありません。タッチケア(触れるケア)と言えばそんなに怪しくないのにヒーリングと言うと怪しくなってしまう。言葉っていじわるだ。私は目に見えるものも、目に見えないものもどちらも信じているしどちらも大切だと考えています。だからといって目に見 [続きを読む]
  • 本来、人は愛しかないのかもしれません
  • 夏至の日を迎えて天に帰った小林麻央さん。ご冥福をお祈りいたします。先日、麻央さんのブログを引用して以下の記事を書かせていただきました。hicetnunc-ost.hatenablog.com最後の更新になった20日のブログを読んでああ、こんなにも愛に満ちている人がいるのだなあと涙が溢れました。欲とかエゴとか色々なものが削ぎ落とされて最後の残るのは愛。本来、人は愛しかないのかもしれません。そんなとてつもなく強くて優しいメッセー [続きを読む]
  • 新しい罪悪感を生まないように「悪」は作らない
  • 疲れたことを認める疲れていることを認める疲れたーは「悪」ではない。パワフルな夏至の日を迎えて「そう来たか!」というほどダイレクトに影響を受けている私。もう、なんというかこれが私のフワスピ力というか持って生まれた天王星のパワーというか予想外の出来事がバンバン起きる。星読みのKeiさんもおっしゃっていたけれど予想外の出来事というは良いことだけでなく悪いことも起きるんですね。この世界は陰陽の世界。裏と表 [続きを読む]
  • 夏至の日とミッドライフ・クライシス(中年の危機)
  • 昨日は夏至。1年のうちに一番陽の気が高くなる日と言われています。4年くらい前に二十四節気にはまり暦生活をしていた私。二十四節気と七十二候|暦生活月の満ち欠けと自然界の移り変わりの中に自分を置いて生活することは本来の自分のリズムを取り戻すのにはとても効果的。なぜかというと、私たちも自然界の一部だから。なので春分、夏至、秋分、冬至の4つの節目には何かしらのアクションを起こすことを決めています。あっ、あと [続きを読む]
  • 人は一人になったとき愛の意味に気づくんだ
  • 多くの人が様々な問題を抱えていると思う。心の問題であれ、身体の問題であれ何かしらうまくいかないものを抱えている。もちろん私だって例外ではない。成功しているように見える人人が羨むような生き方をしている人どんな人でも何かしら問題を抱えている。それらを「問題」と片付けてしまうのもどうかと思うのだけれど・・・TMMという病ちょうど1週間前に大阪に向かった。理由は、私が1年半前から学んでいるオステオパシーのセミ [続きを読む]
  • この世界は 「助けてください」と口にしてはいけないような世界
  • どんなにつらくても、苦しくても、誰かがその様子をみて何とかしてくれたり、助けてくれるわけではない、自分から、何がつらいのか何が苦しいのか、何を助けて欲しいのかを伝えて、教えてください助けてくださいと口に出すことが大切だと改めて感じています。ameblo.jp顎にガンが移転したというニュースを見て小林真央さんのブログを久しぶりに訪れた。なんというか、自分の命と真正面に向き合いながら1日を大切に噛 [続きを読む]
  • 人生に一度は経験してみたいこと【富士登山3776のススメ】
  • 3年前の夏に「もうダメかもしれない」という経験をした。意識は朦朧とし頭痛と吐き気に襲われ水も飲めない状態。それでも立ち止まることはできず絡まる足を一歩一歩を進めていく。人生の中で一番きつくて「死」という言葉が頭をよぎった経験。3年前の夏に富士山に登った。今考えるとよく無事に帰ってきたなと思う。なんどか富士山に登っている主人のありがたい助言はとんでもなく適当で「そんなに大したことないな」と富士登山をな [続きを読む]
  • 素直になるって難しい?
  • 今日は夕方から灰色の雲が空を覆ってビルの間にゴロゴロと鳴り響く雷と雨。気持ちの良いお天気もここいらで小休止。梅雨入りですね。一昨年の梅雨はやたらと雨の日が多かったけれど去年の記憶が・・・全くありません(汗)去年のブログを見てみるといまとはまるで別人。自分であったはずなのにちっとも自分ではない気がするし自分の言葉というよりは借り物の誰かの言葉を綴っていたように思う。頭と心がバラバラで心と身体がバラバ [続きを読む]
  • 本日より飯田橋での営業スタート
  • おはようございます。ヒックエトヌンク ルクスス 天音です。銀座から飯田橋への引っ越し&移転で1週間ほどお休みをいただきました。場所をうごかすって本当にエネルギーがいりますね。引っ越しは清算の要素が強い。銀座というステージでの幕をおろして新たにステージを整えて幕をあげる。終わりと始まりのエネルギーはセットで動く。全く別のベクトルなのに、面白いよね。(面白くないか?)飯田橋での営業1日目はヒーリング講座 [続きを読む]
  • 2017年5月29日-雑記6 最後の夜に思うこと
  • hic et nunc -luxus- 天音です。ようやく引越しの準備も終わり落ち着いてブログが書けます。約1年半足らずの銀座での営業でしたが本当に沢山の方に足を運んでいただけたこと嬉しく思います。ありがとうございました。銀座で最後の夕焼けこの2年の間で実は4回目の引越しになるんですが毎度のことながら引越しはエネルギーがいりますね。2年前、主人が突然思いついたように「城の前に住んでみたい」とよくわからないことを言い出し [続きを読む]
  • まず自分がどうあるか。 その自分が何を持つのか。
  • 施術を受けるようになってから、ポテトチップスが食べたくなくなったんです。あんなに好きでコンビニにふらふら〜と入っては買ってしまっていたのに。今年の3月から月に1度のメンテナンスとしてクラニオセイクラルオステオパシーを受けているKさんから報告をもらった。自分が意識していなかったのに自然とそうなったことが不思議ですと言っていた。私の場合は最初は意識してスナック菓子を止めることにしたけれど身体が整っ [続きを読む]