ぷうまま さん プロフィール

  •  
ぷうままさん: ろんぷう日記
ハンドル名ぷうまま さん
ブログタイトルろんぷう日記
ブログURLhttp://purmama.blog.fc2.com/
サイト紹介文ロンドンって、ゴミゴミしていてごちゃごちゃ。愛猫ぷうと一緒だったから、なんとかやり過ごせたのに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/04/02 07:00

ぷうまま さんのブログ記事

  • 英国人あるある
  • ♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪英国人あるある早く言いたい〜♪キモイ人に限って、初対面でも挨拶と称してキスとかハグとかしがち〜(某お笑い芸人さんのネタをパクらせていただきました)ホンットに、 [続きを読む]
  • ヨーロッパに、羨望
  • やっぱりヨーロッパっていいよな〜先週土曜日に生放送していたユーロビジョン・ソング・コンテストを観ていてつくづく思ってしまいました。このユーロビジョン・ソング・コンテストというのは、1956年から始まったヨーロッパ各国による歌の祭典で、年一回開催されています。ヨーロッパというわりにはイスラエルもいるし、サッカーではアジアではなくヨーロッパに属するトルコも違和感なく参加してるし、冷戦後は東欧諸国が次から次 [続きを読む]
  • 英国の生活が嫌になってふてくされてました
  • タイトル通りなんです。最近、ふてくされて、面倒になって、ブログさぼってました。でも、ぷうのために、ぷうの一周忌の7月まではなんとか続けるという意思だけはありました。とりあえず、ブログは投げ出さないです。英国生活は、投げ出したいですねー、ま、いつものとこですけど。連れの仕事が、どうにもこうにもならない処まで来てしまった感じなのです。連れにも問題はある。いっぱいある。腐るほどある。頭でっかちで自分はセ [続きを読む]
  • 選挙権がない特権。総選挙は、やっぱり楽しまなくちゃ
  • とりあえず、こちらが解散小選挙公示前の世論調査をもとにした予測です。英国議会下院の定員は650、325が過半数となります。メイ首相が総選挙に踏み切った理由は、実は欧州連合脱退を円滑に勧めるというのは方便ではないかという疑惑があります。2015年の総選挙のとき、20名くらいの保守党議員が経費をごまかした疑いで警察が捜査を進めていてました。警察が告発に踏み切るといったニュースが最近でたので、世間の目をそれからそら [続きを読む]
  • 英国総選挙 〜 売られたケンカを買った労働党
  • 英国のメイ首相が突然に総選挙したいと言い出して、しかも日程は6月8日に決まっていて50日しか時準備期間がないというのに、野党もノリノリで売られたケンカを買ってしまったのです。あれほどメイ首相は総選挙はないと、絶対ないと、キッパリと、何度も何度も言っていたというのに。(英国で総選挙は5年に一度。前回が2015年だったので。次は2020年の予定でした)だから、政治家ってのは、手のひら返しが上手じゃないとなれない [続きを読む]
  • 春、イースター、スーパーは休業します。
  • 復活祭ことイースターというと、キリスト教のお祭りです、が、イングランド国教会という一応国教みたいなものがあるイングランドはあんまり宗教的ではなく、(神道という一応国教みたいないものがある日本は、宗教的ではないことにかけては多分世界一〜)、そのなかでも更に宗教に関心のない英国人の連れと一緒にいるので、何の祝日だか忘れがちです。太陰暦によってイースターホリデーは決まるのですが、3月22日から4月25日とな [続きを読む]
  • 小麦のふすめで、ぬか漬けてます
  • 以前、ぬかを求めて出不精な私がわざわざ日本食品店まで赴いたのにストックされていなくて、ひどく気持ちが折れたことがありました。それ以来、こんなものをぬか床に使っています。小麦のふすま。そうよ、米のぬかじゃなくてもなんとかなるのよ。これは英国のほぼ全てのショッピングセンターやエリアにでも出店しているといっても過言ではない、健康食品店Holland & Barrettのもの。(健康食品屋で、ホエイプロテインもいっぱい売 [続きを読む]
  • ジブラルタル、英国EU離脱の悶着のネタ其の一
  • 英国のEU(欧州連合)離脱、問題山積です。打撃を受けるのが英国のみならずEU諸国でもあり、着地点は何処になりそうなのか、それがいつ頃になるのか、それが全く見当もつかず。その問題のひとつが、これですね。ジブラルタル、イベリア半島にある英国の海外領土。そうなんですよ〜、スペインのちょっと先っぽのほうに、1713年以来英国は領土持っているのです。EUさん側としては、スペインと英国の合意無しに、EUと英国との合意内容 [続きを読む]
  • 猫泥棒なんか、絶対にならない
  • また、会っちゃった。私の心を弄んで、ふっと消えていったあのコに(初対面なのに、5秒で抱きついてきたにゃんこさんのお話はコチラ→にゃんこさんに抱きつかれて、心乱れまくり)。相変わらず、挨拶もせずに、肉体的接触を求めてくるなんて。なんて不埒なコ。そのコに、夢中になっている私。そうだ、だから、この道を通ってみたんだ。もしかすると、あのコがいるかも知れないって、そんな希望を持って。やばいよ、やばいよ。猫泥 [続きを読む]
  • 英国、欧州連合(EU)脱退を正式に通知しちゃった
  • 本日2017年3月29日、英国は、欧州連合/EUを正式に離脱することを表明しました。リスボン条約50条、発動!(「波動砲、発射!」とか「A.T.フィールド、全開!」とかは何度でも出来ますが、リスボン条約50条は一回きりです)感傷的になって、思い出した曲。(オバサンは、昭和的な、ヘンな英語がちょこちょこ使われていない、文学的な日本語の歌詞が美しい歌謡曲が好きでした)♪ もう終わりだね 君が小さく見える♪「僕らは自由 [続きを読む]
  • 『忖度』という単語を学んで、ちょっと賢くなった気がします
  • 先週22日の水曜日にロンドンでテロがおこりました。そして、その翌日、遅ればせながら森友問題デヴューを果たしました。ネットでニュース観たり、いろいろ調べていたので、連日睡眠不足。特に森友の件については、ずっと追いかけていなかったので、証人喚問のみならず過去のワイドショーやニュース番組、ネットで上がっているラジオ等、資料がもりだくさん。しかも、面白い。関係者がそれぞれ個性的で、際立ってる。すっかり熱くな [続きを読む]
  • ロンドン国会議事堂テロ事件、ガードレールがあったなら
  • テロ再び。テロがおこったのは、ウェストミンスター橋。ビッグ・ベン/国会議事堂のすぐそばです。交通量も多く、近くに観光地が多いので人通りも多いエリアです。一度でもロンドンを訪問したことがある人なら、多分この橋を渡ったか、この橋の近くまで来たことがあるはず。そして、この橋やこのエリア、ガードレールがほぼありません。英国は、ガードレールを設置されている箇所が日本と比較して少ないような気がします。もしガー [続きを読む]
  • にゃんこさん達へのお願い
  • 暖かくなり、春めいた陽気になってきました。出不精で引きこもりしか取り柄のない私も、これからは外に出る機会が増えるかと思います。道端でパトロールしたりぼーっとしているにゃんこさん達と、出会うこともあるでしょう。誠に身勝手ながら、にゃんこさん達に、特にフレンドリーで人なつこいにゃんこさん達に、どうしてもお願いしたいことがあるのです。(1)抱きついてこないでそんなことされたら、嬉しくて気が狂いそうになり [続きを読む]
  • 結局、欧州みなさん仲良く、英国だけ仲間はずれになるのかなぁ
  • オランダ総選挙、出口調査の結果では与党である中道右派、自由民主国民党(オランダ語: Volkspartij voor Vrijheid en Democratie、略称:VVD)が勝ちました。世論調査がここでも外れまくって、ポピュリストの政党、自由党ことPPVは予測より伸び悩み。過去の調査を見ると、PPVは幾度も第一人気の政党で、最高期では41パーセントの支持を得ていたようです。こんなに反イスラム教、外国人排斥を公然と謳っている政党に政権を握らせる [続きを読む]
  • スコットランド、また独立を問う国民投票するって
  • 予測通りの展開です。昨日3月13日、スコットランドの自治政府首相のスタージョン首相が、再び国の独立を問う国民投票を実施する意思を明らかにしました。(ハフィントンポストの記事。住民投票と表記してありますが、スコットランドは一応『国』で、英国とは四つの国の連合王国なので『国民投票』でもいいよね〜)欧州連合ことEUからの離脱交渉を通告する権限を、メイ首相の与える法案を可決が決定する日を見計らっての発表です。 [続きを読む]
  • 六年
  • ロンドンも少し春らしくなってきました。公園ではこんなお花が。避難対象エリアでも、若葉が芽生え、梅が咲き始め、春が訪れていることでしょう。6年たったのですね。大切なものを失い、故郷に帰れない人がいる。そういった人に対して、イジメがあるなんて。遠くから想う日本は、懐かし過ぎて美化されているのか、景色もそこに住む人間の心も美しく見えています。イジメのニュースは、とても悲しかったです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 差別感情はなくならないという悲しい現実
  • 「偏見や差別感情というものは誰にでもあるの。それをなくすということは、とても難しい。そんな自分の中にある偏見や差別に気がついて、それを意識するように心がけるしかないと思うの」なんてことを、言われたことがあります。数年も昔の話です。とあるコースに通っていて、そのなかで文化的に多様性な社会で振る舞うべきか、というトピックで講師がそんな内容のことを私達受講生に向かって言いました。ご存知の通り、英国は文化 [続きを読む]
  • にゃんこさんに抱きつかれて、心乱れまくり
  • 道端でにゃんこさんに出会うと、ニャ、と言ってみます。反応して、ニャ、と返してくれるコや、瞳をじーっと見つめ返してくれるコは、人見知りしないタイプで遊んでくれることが多いです。次は、人差し指でご挨拶。人差し指を差し出すと、ニオイを嗅ぐかスリスリしてくれます。にゃんこさん同士だと、お互いに鼻を近づけて嗅ぎ嗅ぎのご挨拶をしたりするので、その代わり。ここまでくれば、たいがいのにゃんこさんは、もっとスリスリ [続きを読む]
  • トンデモ本発見! ヤマトタケルはサムライだった?
  • しつこいようですが、大英博物館に行ってきました。そして、例のごとく何かしらツッコめる材料を探してきました。(ホントにネタには事欠かない場所です)再び、子供用のお土産/本売り場です。館内での写真撮影は自由なので、好き勝手やりたい放題です。表紙を見て、直感。ビビビ、ときましたね。これはツッコめる。激しく鮮やかにそして軽やかにツッコめる、と。サムライについての説明。この本の解説によりますと、サムライが有 [続きを読む]
  • ダム? そういえば、英国ってダムあった?
  • アメリカのカリフォルニア州にあるオーロビルダムの惨事のニュースは、人ごとではないと危機感をもって見守っています。一刻も早く適切な修理がなされて、周辺住民が安心してもとの生活が送れるようになることを祈るばかりです。それにしても、ふと思ったのですが、英国にダムがあるとかいう話を聞いたことがありません。幸いなるかなネットの時代、グーグルで検索してみれば、何か出てくるのではないかと思いました。『uk dam』と [続きを読む]
  • もっともっと太っても大丈夫かな、と錯覚してしまった夜
  • 英国人の連れの仕事関係のおっさん二人に会う機会がありました。どういうわけかロンドンに在住している人がいないので、滅多に会うこともなく、一人は今回が初めての面会でした。(なかなか会えなくて残念な時もあるけど、面倒くさくなくていいかも知れません)そういうわけで、おっさん二人、妻連れてロンドンに来たのでした。おっさん達のほうはフェイスブックなどで顔も体型も知っていたのでさして驚きはなかったのですが、奥様 [続きを読む]
  • 大英博物館は、通常営業みたいです
  • 最近は、トップニュースも、SNSで流れてきたりリンクされているネタも、朝一番の英国人の連れとの会話も、EU離脱(Brexit)関連とか米国の新大統領絡みとかです。よくもこんなにネタが尽きないものだと、関心するくらい。油ギットギトの衣だらけの巨大フィッシュ&チップスと、馬鹿でかいハンバーガーと大量のフレンチフライの、ヘビーローテーションといった感じです。(ところで、ヘビロテって、和製英語ですよね? まだ聞いたこ [続きを読む]