平成のケンシロウ さん プロフィール

  •  
平成のケンシロウさん: 北斗鍼灸院 院長の治療ブログ
ハンドル名平成のケンシロウ さん
ブログタイトル北斗鍼灸院 院長の治療ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/hokuto-harikyuu/
サイト紹介文静岡県焼津市の北斗鍼灸院 院長の治療ブログです。主に、不妊治療関係の記事が多いです。
自由文不妊治療以外でも各種痛みの治療、いろいろな鍼灸治療で治療可能なもの、その他子供の事などいろいろアップしていますのでよかったら覗いて行ってください。
なお、私は全盲なのでこの文章は音声ソフト使用ですので誤字はお許し下さい。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供613回 / 365日(平均11.8回/週) - 参加 2013/04/02 13:55

平成のケンシロウ さんのブログ記事

  • 父親の年齢が高いと息子は「ギーク」に? 米研究
  • 父親の年齢が高いと息子は「ギーク」に? 米研究(CNN) 知的能力や集中力が高い半面、社交は苦手とされる「ギーク」(おたく、マニア)の傾向は、男の子の場合、父親の年齢が高いほど強くなるとの研究結果が発表された。研究チームによれば、ギークは一般的に社交は苦手だがずば抜けた知性を持つ人を指す言葉。肯定的な意味で使われることが多い。チームは12歳の双子7781組を対象に、非言語式の知能検査の結果と限定 [続きを読む]
  • ■うつ 男性更年期との見分け方
  • ■うつ 男性更年期との見分け方専門医が語る。ホルモン変化量に注目を  体調が優れない、イライラする、よく眠れない―。こうした症状がある中高年男性は更年期障害を疑った方が良いかもしれない。男性も女性と同様に更年期があり50代前後で心と体に変化が訪れる。症状を放置しておくと身体機能の低下だけでなく、うつ病やメタボリック症候群、生活習慣病などのリスクも高まるため、早期発見、早期治療が不可欠だ。 男性更年期 [続きを読む]
  • ■若い女性にも増 水虫どう治療
  • ■若い女性にも増 水虫どう治療 足白癬、いわゆる水虫を持っている人は16.7%、爪白癬、爪水虫は9.2%で、日本人の4〜5人に1人は「水虫」持ちだといわれている。今世紀に入ると、国際大会で活躍する柔道や格闘技の選手の間で南米産水虫の集団発生も報告され、感染源が広がっている。最近は若い女性にも増えているらしく、ドラッグストアの水虫薬売り場には女性を意識したパッケージがずらりと並ぶ。医療用医薬品から有効成分を転 [続きを読む]
  • ■受精卵検査続ける医師を処分
  • ■受精卵検査続ける医師を処分 日本産科婦人科学会は24日、体外受精させた受精卵の染色体異常を全て検査する「着床前スクリーニング」を、学会の禁止に反して行っている神戸市の「大谷レディスクリニック」院長の大谷徹郎医師を3年間の会員資格停止処分にしたと発表した。 学会は昨年3月にけん責処分を行い検査の中止を求めていたが、大谷医師が従わなかったため、さらに重い処分を検討すると先月通告していた。 受精卵検査は [続きを読む]
  • ■【特集】国内初の不妊治療 ミトコンドリア移植とは?
  • ■【特集】国内初の不妊治療 ミトコンドリア移植とは?不妊治療のひとつ「ミトコンドリア移植」を取り上げます。ミトコンドリア移植とは、体外受精を何度受けても妊娠、出産に至らない女性を対象に卵子をいわば「若返り」させる新しい治療法で、大阪のクリニックでは4人が妊娠、出産に成功したと発表しました。長年不妊治療を続けてきて最後のチャンスと、この新しい方法に賭けた一組の夫婦を取材しました。最後のチャンスに賭 [続きを読む]
  • ■臓器提供 息子の命つなぐ決断
  • ■臓器提供 息子の命つなぐ決断 脳死患者からの臓器提供を認めた臓器移植法が成立してから17日で20年。交通事故で脳死状態になった10歳未満の男児の臓器提供を決断した両親が毎日新聞の取材に応じ、「移植は最後に残された『命のつなぎ方』でした」と心情を語った。両親は「息子のことをきっかけに少しでも臓器移植への理解が進んでほしい」と話す。【池田知広】 「脳幹が機能していません。分かりやすく言うと、『脳死』 [続きを読む]
  • ■子の虫歯 親の学歴で格差
  • ■子の虫歯 親の学歴で格差 子どもの虫歯の割合は、親の学歴によって差があり、子どもの成長につれて差が広がるという調査結果を、東北大の研究グループがまとめた。家庭環境によって健康格差が大きくなることを示しており、研究者は公的な支援の必要性を指摘している。 子どもの虫歯は、親の学歴や収入と関わりがあると言われているが、この格差が子どもの成長につれてどうなるかは、あまり研究されていないという。 東北大の [続きを読む]
  • ■人工授精の保険適用、9都県市が厚労相に要望へ - 少子化対策で
  • ■人工授精の保険適用、9都県市が厚労相に要望へ - 少子化対策で 埼玉県は13日、不妊治療に関する要望書を塩崎恭久厚生労働相に提出することを明らかにした。首都圏の知事や政令指定都市の市長でつくる「9都県市首脳会議」がまとめたもので、15日に同県が首脳会議を代表して提出する予定。少子化対策を見据えたもので、助成制度・医療保険の適用外となっている人工授精などについて、医療保険の適用対象とするよう求める。【新井 [続きを読む]
  • ■進む晩婚化「高齢出産」増/青森、婚姻は戦後最少
  • ■進む晩婚化「高齢出産」増/青森、婚姻は戦後最少 厚生労働省が発表した2016年の人口動態統計で、青森県の出生数を母親の年代ごとに見ると、15〜34歳の女性が産んだ子どもの数が140人減少した一方、高齢出産といわれる35歳以上の女性が出産した人数は145人増加し、晩婚・晩産化の傾向が進んでいることが分かった。青森県の出生数全体は前年比5人増の8626人と、6年ぶりに増加したとはいえ、婚姻数は5135組と戦後最少を更新したこ [続きを読む]
  • ■卵アレルギー 乳児期食べ予防
  • 日本小児アレルギー学会は16日、離乳食を始めるころの生後6カ月から、乳児にごく少量の鶏卵を食べさせることで、卵アレルギー発症の予防になるとの提言を医療関係者向けに公表した。家庭で独断で実施するのではなく、必ず専門医に相談してから始めてほしいと指摘している。 卵アレルギーは、乳幼児の食物アレルギーの中で最も多く、有症率は10%といわれる。アレルギーは卵を口にした場合、湿疹や頭痛、呼吸困難などの症状 [続きを読む]
  • ◆眠っている間に筋肉がカチコチになる「寝コリ」
  • ◆眠っている間に筋肉がカチコチになる「寝コリ」「眠ると翌朝には体がスッキリ!」と過ごせていた日々は過去の話。歳を重ねると、眠ってもコリが解消されない。それどころか、寝起きに肩周りや背中がガチガチに固まっている感じがする。そんな「寝コリ」状態になることもよくあるものです。実はこれを放置してそのまま過ごしていると、疲労が蓄積されて慢性的なコリとなってしまう可能性があります。どうにか手を打たないといけ [続きを読む]
  • ■女性の痛風 30年間で4倍に
  • ■女性の痛風 30年間で4倍に「結婚後も外に働きに出る人が増えたことにより、仕事でのストレスや、ライフスタイル自体の変化、さらに食生活の欧米化など、女性をとりまく社会環境は大きく変わりました。それとともに、10〜20年ほど前から、おもに男性がかかると思われていた病気になる女性が増えています」飲酒に喫煙、仕事上のストレスで、とくに働く女性の毎日が男性化することにより、かかる病気も“オッサン化”しているーー [続きを読む]