じしょらー さん プロフィール

  •  
じしょらーさん: 通夜の跡
ハンドル名じしょらー さん
ブログタイトル通夜の跡
ブログURLhttp://mt5525167.blog.fc2.com/
サイト紹介文自傷 リストカット アームカット 時々おじさん
自由文自傷画を突然投げ入れるので
全力で気をつけて下さい
※注意
↑とあれば注意してください
気分を害される前に退却お願い致します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/04/02 18:54

じしょらー さんのブログ記事

  • ノンフィクション
  • 人生は苦痛ですか?成功が全てですか?の旋律が脳みそを走り回っている。脂肪減らしたいのに運動する気にならない。困った [続きを読む]
  • 自殺予防月間
  • 21764体その内の何体だろうかお会いできたのはそしてその数に上司は入っているのだろうか三万から二万になりゼロになりうることはあるのだろうか死を考えるときもっとも自由な時間だ目の前の煩雑な仕事に追われることもなく明日を考える必要もなく最後の晩餐だけを考えれば良いから自殺者減ったのか。自殺者とカウントされる人が減ったのか。潜在自殺者は闇の中。死に取り憑かれ死を探し彷徨う首吊りは痕が残り練炭は顔面鮮紅と漂 [続きを読む]
  • 斜度高め
  • 死んでいるものをみるのはあまりにやりきれなくて生きているものをみるのはあまりにやるせないみたくないききたくないものばかりが転がりいっそのこととやけになりそうになる涙を溜めても明日の生活の足しにもならない生きていくことへの不愉快さにも慣れたもがいても変わらない日々も分かったほんの少しのヒントがほしい糸の端でなくともいいほんの少しでいいからさ [続きを読む]
  • 変色
  • 定まった生き方に一体何が必要だろうか導く人か金か環境かはたまたその全てか順応適応感化カメレオンやナナフシのように生きる事が得意で自己の特異性は全く無い鍛錬極める事が出来ないのだどこに向かって何をしたいか考えても考えても見えてこないのだ少しの甘え [続きを読む]
  • 自傷スイッチ
  • 切ってしまったことで自傷スイッチは入ってしまった。どうしようもないその先はまた、自傷縫合ダ・カーポ。果たしてフィーネはやってくるのか?酷いものだ仕事そのもので問題が起きるのではなく仕事先で自傷者であることがバレるような事案が発生し自ら去って行くのだ。断じてならぬ。もう、職を失いたくない。自傷者である事が気づかれてしまった時点でそこから去りたくなる。人のご機嫌を伺うことは好きだが人にご機嫌伺いされる [続きを読む]
  • なになにだれ?
  • 何気ない日常だったある人は携帯を操作しまたある人は本を読み一部の人は疲れ切った顔で寝ていた事が起きるまで人は何も疑わない事前に防げたことは賞賛されず事後の対応ばかりに追われる未来に行ってるんだか過去ばかりを見ているんだか定型は嫌いなのにフォーマットを必死に探し組織は嫌いなのにベルトコンベアのように上からのタスクを受け取りこなすだけ自分は何をしてるんだ自分はだれ? [続きを読む]
  • 自傷収束
  • 久しぶりに大学時代の友人に会った。仕事を辞めたことは告知していたが自殺未遂で吐きすぎて自室の芳香剤の匂いが嫌になって辞めたなんて言えるはずもなく肉体的精神的にやられたという抽象論で同情を獲得した。剃刀が逃げ出したくなるくらい頻繁に切っていたのに時が経てば収束し脳内で自傷行為が再生されなくなった。よかった。よかった。それよりも仕事が忙しすぎて脳内が仕事に占拠され始めている。もう一度机上の勉強とやらを [続きを読む]
  • 冬眠の季節
  • 年末の休暇に入った途端また冬眠のごとく寝てる。人並みの仕事に転職しても結局仕事して寝て起きて仕事しての繰り返し趣味を持て教養をと言われても日々の業務で手一杯前職と違いやり甲斐もない代替可能な仕事人の死をいつも見ていた時の方が意外にも自分らしくいれたのかもしれない毎日亡くなる人を見て頑張って死ななくてもいつか死ぬんだという安心と恐怖自殺既遂者を見るたびに生きながらえようと必死になったそれがひとたび死 [続きを読む]
  • 垂れ流し
  • 日々のちょっとのストレスをさも人生の難題のように仕立て上げ辛い辛いと泣き叫ぶ知ったことかその辛さストレス耐性低いだけただただ弱いだけ仕事でミスはないか家族を養わなければこれから先どうしたらいい思考回路は妻子持ちの40代男性といったところか。前に進む努力なり行動なり起こせばいいだけなのに日々食に逃げるだけ。ピリオドをうちたい垂れ流しの感情に感情の鈍化を順応と勘違いしているそれだから人の死も人の片々も平 [続きを読む]
  • 人体実験
  • くすり薬クスリ日々医師を出待ちしているMRさんたち。走り込んだり話し込んだり正直怖い結局モルモットもラットもヒトも動物という事に変わりはない実験対象のヒト実験実験を繰り返し要らなくなれば殺処分だって動物だから 間違いなく恵まれた環境に居るのにまた逃げ出したくなってしまう死の狭間に色んなものが詰まってる。苦しいなら見なければいいのにそれなのに自ずと何かに導かれるように進んでしまうヒトの死になにを期待す [続きを読む]
  • 自傷カテゴリ
  • 食欲の秋を超え過食の秋を迎えた今日この頃。美味しいものを美味しいと感じるそんな器官はまだ正常な様で安心した。それにしても一体何が不服なのか。単なる自堕落か。人並みに食べて人並みに寝たいだけ。季節の変わり目は腱の繋ぎ目に違和感を感じる時痛みより寧ろ独特の違和感事故で骨折した知人と共感し合えた唯一の事項。血は平気でも血の合間を縫って見える白いものは得意ではない。平気なら今頃腕はバイオハザードマーク付き [続きを読む]
  • 死に方なんて分かってる
  • きっと死に方なんて分かってるだろうに何処かで生に固執してだらだらと生きている数十人の既遂者とお会いしても自殺について考えても考えても正も誤も出てこないただそこにあるのは周囲の人間の悲しみと空虚感置かれた肉体それ以上以下もない今まで見て来たものを全て吐露すれば楽になるのだろうか言えることはある綺麗な死に方をしたい裸を見られたくない失禁脱糞したくない怨んでいる人がいる大切と思う人がいるそんな感情が有る [続きを読む]
  • 対処療法
  • そういうお年頃なのだろう。知人が次々と転職を考え始めている。今の仕事での行く末や今後の指針に迷った結果であろうか。軽率に転職してしまって給与も保証も減った人間であるが故安易な転職をお勧めしない。少しの自尊心が傷つき傷つけられ取った資格や免許が紙切れ同然のように思え一先ず何で生きているんだろうと根底から物事を問い始める。何とかフルタイム仕事人に戻った今でも業務が暇すぎると色々考えが巡る。もっと予定を [続きを読む]
  • 急遽外来へ
  • 朝から何となくお腹が痛くて元気が出ない。と思いながら仕事へ何だか様子がおかしい腹痛。思い当たる節もなく痛みは増すばかりあまりの激痛に意識朦朧冷や汗ダラダラ吐き気に襲われトイレ立て篭り事件を起こしてしまった。見かねた職場ドクターに説得され外来ドクターの元へ結果臓器に異常なし血液検査の結果から胃腸炎かもしれない。という診断。そして胃腸の話より貧血の話のウエイトが多い結末。胃腸炎?でここまで激痛するもの [続きを読む]
  • 健康診断
  • 前の会社の再検査(貧血)の紙を提出するわけにはいかないと健康診断に行ってきた。体重身長血圧採血X線等々を早々と終え問診血液検査の結果が既に出ていて貧血(中等度)ですねー。と一言二ヶ月近く瀉血してません。本当です。と心の中で叫びながら食事だけでは数値戻すには限界があることを知った。そして治らない口角炎と胃痛の原因は貧血だったのかと納得ヘモ値5以下になっていたら真剣に考えようと思うけれども瀉血さえしなければ [続きを読む]
  • 剃刀と針と薬と
  • 手首を切った腱は切れ静脈は切れ血が止まらない薬を飲んだ大量に飲んで吐き気が止まらない救急車で運ばれた一体どんなエピソードが必要ですかあと何をすれば自己破壊行動が治りますか縫合と薬に費やすお金がどこにある?くだらない自己破壊行動で周囲を巻き込み自己の将来をわざわざ閉ざしさらに生き辛さを招き選択肢が死の一択になる。切っても抜いても薬飲み過ぎも信頼を失うだけ。社会で会社でより生き辛くなるだけ。何度も何度 [続きを読む]
  • 自傷no
  • 胃に針を刺すという表現が正しい胃痛と人生初めての口角炎慣れない環境と生活リズム心の現状を表す身体どんな生活をしてるかといえば単にフルタイムで仕事してるだけ。普通と言われる人間のふりをすることが難しい結局前職と同じ帰ったらぐったりとして寝て起きたらまた仕事。気がついたら手首切る光景が脳内でリピートされる。また少しでも傷つけたら自傷縫合自己抜糸のエンドレスリピートそれは避けたい。それなのに自傷が脳みそ [続きを読む]
  • ホラー
  • 声を荒げ大声を出し叫ぶものの意見が通るそれが間違いでもこれが社会の縮図なら膿盆がいくらあっても足りないくらい嫌気で吐き気に襲われるいや声を出せないものが脆弱か声を出さないことが悪魔か美徳はどこへ行った奥ゆかしさなんて本物の畳の下に敷いた戻りやしない生まれ落ちてから段々と変わった某式を採択しても風土に合わないものばかり目まぐるしく変わっても自分の踏み出す一歩はどんなにあがいても二歩にはならない先行く [続きを読む]
  • 戻ってきた血液
  • 身体ズタズタOD事件から立ち直り早数ヶ月無事に仕事も始めた。運動をしても階段をのぼっても息切れ動悸立ちくらみしなくなった。真っ白だった爪はほんのりピンクになった。貧血でない身体を手に入れたのだろう。とても生活しやすい。あのまま仕事を続けていたらどうだろうか。給与もよくて身分も安定している。それでも今の方がいい人のために料理が作れて掃除できて家族と話して人のために生活することが案外自分のためだったりも [続きを読む]
  • 噛まれた
  • かじられた愛犬という名の非常食に手を噛まれたブラッシングで怒られた模様犬はいいとして何とか仕事が見つかりそうあるだけありがたいと思っている。頂けた機会を無駄にせず1から頑張りたい焦らず無理せず [続きを読む]
  • 死んでもいいですか?
  • 初めて家族以外から職業差別を受けた。仕事の面接に行ったのだけれども前職を見るなりよくそんな仕事やってましたね。どうしてその仕事をしたの他に仕事なかったの大学出てすぐその仕事されたのですね誰もその仕事に反対しなかったの前職の話ばっかりされ露骨に変わる態度そんな場所に雇われたくもない。色々な感情が混ざって結論社会で必要とされてないという飛躍した考えに至った。どうしてどうして生きる事辞めればいい働き先に [続きを読む]
  • おいしいやつ
  • 切れた腕、足、腹疲れきった顔横たわる身体と点滴叱責もせずただただ見守ってくれた。あなたに追いつけることはないのだろう私は突飛な行動をする。人を困らせる。その後になってその意味が分かるいや物事に意味付け無を有にしているだけ運命や神の思し召しのようなものに乗っかってしまうような人間だから生き易いことこの上ないゼツボウに幸の意味付けをする生死に意味付けをする死んでいやしない生きてる事実がそこに転がってい [続きを読む]
  • ヤーズからルナベルへ
  • 自国に戻ってきたので病院も開拓してきた。ずっとヤーズだったのに安いからとルナベルのジェネリックをやたらと勧められ気がついたら手にしていた。合うことを願う。それにしても就活は終活。自傷以外はいろいろ思い詰めてから行動に移すため考えて考えて何もしていない。適職診断を受けると毎回の如く芸術、クリエイティブ、カウンセラー。申請すらしてない認定心理士に意味もなくインテークのみや検査のみのカウンセラー募集があ [続きを読む]
  • 昼夜逆転生活
  • 昼寝て夜起きるという習慣社会に出てないとこうなるのかと落胆す。生きるも死ぬも殺すもどれも紙一重な気がしてきて悲しくなった。前進しようと一歩踏み出し電話一本で断られそこから引きこもり引きこもりニートでしかない自分どうして軽はずみな行動をとったのか悔やみきれない優しい周りに感謝するもどうしていいのかわからないごめんなさいとしか言えない楽になりたいいろんな意味で生まれた時から物が溢れすぎている。今まで目 [続きを読む]
  • 終わりかけの命
  • 自分が死んで悲しむ人間がいるのかなんてくだらないことばかり脳みそは考える。そんな思春期じみたことはどうでもいい問題はすべてを終わらせる前にやらなければならないことがあるということ自死遺族から散々聞いた気づいてあげられなくてごめんねの言葉そんな言葉は望んでいない泣いても落ち込んでもどうしようもない終わった命も終わる命も何も望んでいない [続きを読む]