INTER8 さん プロフィール

  •  
INTER8さん: 幅員5.5m未満をゆく
ハンドル名INTER8 さん
ブログタイトル幅員5.5m未満をゆく
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/INTER8/
サイト紹介文農村や旧道の峠越えを楽しんでいます。内装ハブギヤ(ALFINE)のパスハンターを愛用しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/04/03 00:54

INTER8 さんのブログ記事

  • [他]リカンベント
  • 最近は新しい自転車が欲しくなって、漠然と700Cでブルホーンで… と考えていや矢先、リカンベントを紹介しているサイトを見かけて一気に興味が高まっています。普段のショートツーリングやパスハンティングでは今の自転車は完成の域にありますので、リカンベントというまったく異次元の乗り物で新たな自転車生活が期待できます。一般的な自転車が用途によって車種があるのと同様に、リカンベントにも使用目的によって形が異なりま [続きを読む]
  • [走] 犬越路(無くなった石碑)
  • 峠などのシンボルとして道標であったり石碑(記念碑)が思い出に残っているのではないでしょうか。犬越路(トンネル)は高校生の頃に初めて越えましたが、前日はキャンプだったり、道志側の荒れたダートをチューブラーで下ったりと、思い出深いツーリングになっています。トンネルとその横に建てられた石碑を背景に記念撮影はお決まりですね。そんな思い出深い犬越路が一変していました。道志側から上ったのですが、神之川を過ぎて [続きを読む]
  • [品] LEDライト(セパレート電源タイプ)
  • SimPretty HighClass というライトと、MBAR iJuice MOBILE POWER というバッテリーを買いました。セパレート電源タイプは重いと思っている人が多いのではないでしょうか。僕も先日までそう思っていました。でもそんなに重くありません。写真の一式で170gです。ライトとケーブルで100g、バッテリーが70gこれで900ルーメンです!最近は汎用のUSBバッテリーが使える製品が多くなってきましたので、容量や形状の選択肢が広がりました。 [続きを読む]
  • [他] タイヤのヒゲ
  • パナレーサーには大変お世話になっていますが、パセラ26(HE)x1.5inchのイガグリ坊主はには閉口します。使い込めば無くなることはわかりますが、こんなにたくさん生えていると精神衛生上もよろしくありません。走った感じもモッサリですす。バリカンがあれば気持ちよく散髪できるでしょうが、あいにく持ち合わせていません。ニッパで切ったり、ラジオペンチで摘まんでみたり、手で摘まんでみたり…草臥れました (-.-)装着して、前回 [続きを読む]
  • [他] 製品ロゴの刻印
  • 昔のパーツにはメーカーロゴや製品名ロゴが刻印されていましたね。実際には刻印というよりは凹型で製造してあったわけですが、これによってその製品に高級感が出ていました。最近のパーツは殆どがプリントのようです。よく自転車の顔と言われるクランクは、シューズ等で擦れますので直ぐにロゴが消えてしまいます。完全に消えないまでも擦れたロゴに高級感などありません。これはスギノのクランクの裏にある刻印です。表はプリント [続きを読む]
  • [品] LEDライト(息子用)
  • 息子用に作ったブルホーンロードのライトが「飛んでっちゃった」と言うので新しいのを買うことにしました。旅立ってしまったライト調べてみるとLEDライト市場が凄いことになっていました。GENTOS閃を買った当時とは激変している様相。高照度になっているのはもちろん、価格破壊になっています。メジャーなメーカーの製品は今までと変わらない価格(高い)のですが、それ以外が激安です。1,000円前後で相当なものが手に入ります。良 [続きを読む]
  • [他]コースデザイン
  • 以前はツーリング志向の雑誌が出版されていましたので、掲載された紀行文や写真を見てイメージを膨らませ「行こう!」というプロセスが多かったです。今はどうでしょうか。悲しいかな、雑誌は廃刊となってしまいましたので、他から情報を得たり、自分自身で探すことになります。インターネットが普及したおかげで家にいながらにしてサイクリングをシミュレーションすることができるようになりました。自分でコースを探す場合には、 [続きを読む]
  • [他] CANON PowerShot G9 X の使い勝手
  • 背面の十字ボタンが無くなり、その分がタッチパネル化されたG9X。実際のツーリングでの使い勝手はどうなんだろう、との思いでGWの信州二日間を走りました。結論から言うと、まったく不満はありませんでした!指切りグローブだからということもありますが、タッチパネルの操作は直観的にできますし、メニュー体系が以前のS100から継承されている部分が多いためでもあります。ツーリング中のスナップ撮影では主に「P」モードで露出補 [続きを読む]
  • [他] レーパンはノーパン?
  • レーパンはノーパンで履くものだ! とは古くからロードレース界に伝承されています。でも、それって本当にいいことなの? なぜにノーパン?ちなみに僕はレーパンはパッド無しでパンツ履きます。ツーリングはニッカーかハーフパンツでもちろんパンツ履きます。◆ 股ずれ尻ずれになる(と言われています)経験上、これは Yes でもあり No でもあります。パンツに依存します。30年とか40年前、男性用パンツと言えばそれはブリーフでし [続きを読む]
  • [他] 山旅自転車考
  • ツーリング用の自転車というとランドナーやスポルティーフ、あるいはキャンビングになると思いますが、山すなわち急坂を考えた設計にはなっていないと思っています。日本の急峻な山村地帯では15%とか20%という勾配が普通に現れます。急坂には軽いギヤ比で対応するのは当たり前ですが、その他にも重要な要素があります。◆ “曲がる” “回転する” “旋回する”急な山道は九十九折になっていますが、勾配がキツイとさらに道を右 [続きを読む]
  • [走] 見所満載の信州新町
  • ゴールデンウィーク トリップ二日目は、犀川(さいがわ)左岸地帯に広がる山村巡りです。前日の北アルプス大展望で生気を吸い取られてしまい、この日の展望が期待できる地点も昨日以上のものは無いと思っていました。しかし、そうではありませんでした。Google Earthルートラボツーリングで追い求めるものには色々あって、この季節なら昨日のような白い山並み、日本的な山村集落、斜面に広がる棚田、淡い桃色の桜、芽吹いた新緑。 [続きを読む]
  • [走] 北アルプスの大展望 大岡!
  • 恒例となっている ぶとぼそ氏 とのゴールデンウィーク トリップ。今年は信州松本と長野の間に流れる犀川(さいがわ)の左右に広がる農村地帯を二日に分けて楽しんできました。初日は犀川右岸、聖高原中腹の大岡で絶景を楽しみ、千曲へ下って上田までファストラン、上り返して修那羅峠の石仏群へ立ち寄りました。Google Earthルートラボ大岡地方では長大な北アルプスの全望を20kmに渡ってそこかしこで眺められ、壮大なスケール感に [続きを読む]
  • [品] CANON PowerShot G9 X
  • 今までは PowerShopt S100 を使っていましたが、最近は望遠側の画質の甘さが気になってきたんです。機械的な動きですから消耗なんでしょうか。S100を買う前は東芝の Allegretto M70 というマイナーな物を使っていましたが、これは意外と名機だったんです。シャドー部のノイズやダイナミックレンジの面で。新しい物に買い換える時って期待する何かがありますよね。AllegrettoからS100にした時はコンパクトさが第一でした。ダイナミ [続きを読む]
  • [他] ビンディングペダル
  • ◆ 大分するとロード用とMTB用。ロード用は各社毎に構造がまちまちですが、MTB用はシマノSPDの互換製品が多いです。MTBは自転車を降りたときに歩けるのでツーリストにも人気がありますが、MTB用=SPDという意識が強過ぎると思うんです。SPD以外のペダルにもっと目を向けてみませんか?僕が使っているのはTIMEです。このビンディングのいいところは、嵌め心地がいいこと♪嵌め心地を言う人は少ないと思いますが、これって結構大切で [続きを読む]
  • [走] 御林峠パスハンティング
  • フランスにもパスハンティング?パスハンティングは日本固有のものだと聞いてきましたが、あるブログの文章を読んだとき、もしかしたらこれも海外発端なのかも。と思いました。個人的には日本固有であって欲しいという思いはあります。そのブログはフランスの古い書物を翻訳して載せています。「1968年 −担ぎ−」というタイトルに惹かれて入ってみると…、そこには正に日本で言うパスハンティングと同じ趣向のものが載っていたの [続きを読む]
  • [走] 浦安峠(道志)
  • 道志というと山伏峠がロードのトレーニングとしてメッカになっていますが、他に道坂峠や巌道峠がサイクリストには人気ですね。ダート好きならば犬超路もお勧め。もちろんこれらの峠は経験済みですので、今回は唯一の空白地帯へ行ってきました。道志の南東、道志川で言うと右岸の山域。大室山から加入道山、菰釣山(こもつるしやま)へ続く尾根の山腹にある「浦安峠」です。この山域というか西丹沢は暗いイメージがありましたが、予 [続きを読む]
  • [品] 関戸橋フリマでチドリ購入
  • 都心ではいくつかの自転車関係のフリマが開催されていますが、やはり関戸橋フリマが気持ちいい!最近では若者の出展や来場者も多く見られ、老いも若きも自転車パーツに目の色を輝かせています。そこかしこで笑顔で値下げ交渉をする姿や、ひやかしついでに自転車談義が繰り広げられていたり。巷には女性サイクリストが増えましたが、こうしたマニアックな場面では圧倒的に男性過多。物に対する拘りや収集欲は男という生物特有なので [続きを読む]
  • [走] 都幾川の桜と奥武蔵の山村巡り 2017/04/10
  • 都心近郊のソメイヨシノ満開日の土日が運悪く雨模様。翌週もイマイチな予報でしたが土曜になって晴れ予報に変わったので、急遽日曜出勤して月曜を代休にしました。先日は三連休出しましたし、自分へのご褒美ってことで (^^;コース早朝7時の都幾川は人もまばらで貸切状態。写真を撮りまくりました!桜の淡いピンクと菜の花の黄色、それにやっぱり青空は必要でしょう!延々と続く桜はちろん満開!後ろ髪を引かれるような気持ちで都幾 [続きを読む]
  • [整] チェーン交換と携行品チェック 
  • リヤディレイラーが無いとチェーンの伸びが逐一見てとれます。一番はチェーンの弛み、二番目はロードエンドのアジャスターの出具合。弛みは調整できますが、アジャスターはどんどん飛び出てきます。チェーンホイールやスプロケットが悲鳴をあげています。今日は雨で午後に止む予報ですが、あてになりそうにない雲行きなのでチェーンを交換しました。wippermann connex 808もう国内では入手できないのでwiggleでめとめ買いしていま [続きを読む]
  • [他] Sleipnir 6 にチェンジ 
  • ブラウザは何を使っていますか?Windows なら Internet Explorer か、あるいは Google Chrome か Firefox でしょうか。Macintosh や iPhone なら Safari、Android は Google Chrome といったところでしょう。僕は Windows では Firefox、Android では Opera 12 を使ってきましたが、Sleipnir 6 を使うことにしました。僕がブラウザを選ぶときの要求は次の点です。1.Android で User Side Script が動くことUser Side Script プロ [続きを読む]
  • [品] mizuボトル M5 Stainless
  • 数年アルミボトルを使ってきましたが、経年のせいかアルミ独特の臭いがするようになってしまいましたので、新しいものにチェンジです。最近はステンレスで二重になっているボトルが多くありますね。温かいものや冷たいものの温度変化が少ないように真空の層になっています。しかし、どうにも重いのです。500ml前後の容量で、軽量を謳い文句にしている製品でも200gほど。ボトルケージに入るサイズ(太さ)や色に拘ると、なかなか要 [続きを読む]
  • [走] 鶴峠-松姫峠(廃道か…)
  • また一つ、貴重な峠道のコースが無くなりそうです。松姫峠は都心からの日帰りサイクリングのコースとして古くから紹介されてきました。標高は1250m。大月側から望む山並み、その向こうにたたずむ富士山。上りでの苦労が報われる絶景があります。眼下の彼方に見える道が高度感を感じさせ、ダイナミックな下りの楽しさも格別なものです。奥多摩側からの道は勾配が緩くツーリング車のローギヤなら上り易い。しかし、ここへ至るまでの [続きを読む]
  • [他] サスペンション
  • MTBの世界ではもうサスペンションが一般的になりましたが、他の車種ではどうでしょう。ホイールでショックを吸収し難いミニベロでもサスペンションがあるものを見かけますね。ロードバイクではフレームにサスペンション機能を持たせるものがあったり、最近ではShockStopというサスペンションステムもリリースされました。https://www.redshiftsports.com/shockstop-suspension-stems/物理的なサスペンション意外では、ホイールの構 [続きを読む]
  • [他] 遊びも仕事もカスタマイズ 
  • カスタマイズ好きな性格は趣味だけでなく仕事でもフルに発揮しています。仕事で主に使っているソフトウェアは BricsCAD, Excel, MIFES。ソフトウェアは道具です。大工さんで例えると鉋(かんな) や鑿(のみ)や金槌のようなもの。リアルな道具と違うのは自分の使い方に合わせてカスタマイズできるという点です。ソフトウェアのデフォルト設定に(自分が)慣れるだけでは使いこなしているとは言えません。やりたいことを素早く実行でき [続きを読む]
  • [走] 御岳山アタック(平均勾配16%) 
  • ロードレーサーに乗っていた若い頃は、基本的に「坂は休まず(止まらず)に上りきること」をモットーにしていました。今ほど有名ではなかった乗鞍(畳平)も松本から(信号以外)はノンストップで上り切りました。単なる自己満足の行為ではありますが、達成感はもとより、各地の峠を風景ではなく坂のきつさをもって身体に記憶していったようなものです。そんな若気の至りも、ツーリングへ軸を移すようになってからは鳴りを潜め、上 [続きを読む]