INTER8 さん プロフィール

  •  
INTER8さん: 幅員5.5m未満をゆく
ハンドル名INTER8 さん
ブログタイトル幅員5.5m未満をゆく
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/INTER8/
サイト紹介文農村や旧道の峠越えを楽しんでいます。内装ハブギヤ(ALFINE)のパスハンターを愛用しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/04/03 00:54

INTER8 さんのブログ記事

  • [走] 鶴峠-松姫峠(廃道か…)
  • また一つ、基調な峠道のコースが無くなりそうです。松姫峠は都心からの日帰りサイクリングのコースとして古くから紹介されてきました。標高は1250m。大月側から望む山並み、その向こうにたたずむ富士山。上りでの苦労が報われる絶景があります。眼下の彼方に見える道が高度感を感じさせ、ダイナミックな下りの楽しさも格別なものです。奥多摩側からの道は勾配が緩くツーリング車のローギヤなら上り易い。しかし、ここへ至るまでの [続きを読む]
  • [他] サスペンション
  • MTBの世界ではもうサスペンションが一般的になりましたが、他の車種ではどうでしょう。ホイールでショックを吸収し難いミニベロでもサスペンションがあるものを見かけますね。ロードバイクではフレームにサスペンション機能を持たせるものがあったり、最近ではShockStopというサスペンションステムもリリースされました。https://www.redshiftsports.com/shockstop-suspension-stems/物理的なサスペンション意外では、ホイールの構 [続きを読む]
  • [他] 遊びも仕事もカスタマイズ 
  • カスタマイズ好きな性格は趣味だけでなく仕事でもフルに発揮しています。仕事で主に使っているソフトウェアは BricsCAD, Excel, MIFES。ソフトウェアは道具です。大工さんで例えると鉋(かんな) や鑿(のみ)や金槌のようなもの。リアルな道具と違うのは自分の使い方に合わせてカスタマイズできるという点です。ソフトウェアのデフォルト設定に(自分が)慣れるだけでは使いこなしているとは言えません。やりたいことを素早く実行でき [続きを読む]
  • [走] 御岳山アタック(平均勾配16%) 
  • ロードレーサーに乗っていた若い頃は、基本的に「坂は休まず(止まらず)に上りきること」をモットーにしていました。今ほど有名ではなかった乗鞍(畳平)も松本から(信号以外)はノンストップで上り切りました。単なる自己満足の行為ではありますが、達成感はもとより、各地の峠を風景ではなく坂のきつさをもって身体に記憶していったようなものです。そんな若気の至りも、ツーリングへ軸を移すようになってからは鳴りを潜め、上 [続きを読む]
  • [他] ガス缶を逆さにすると
  • アウトドア用のガスコンロは、缶を逆さにすると液化ガスが流れて火力が強くなります。「液出し」と呼ばれています。もちろん、缶とコンロ本体とをホースで繋ぐタイプのものでないと出来ません。ガスの残量が僅かになったので、この状態でどのくらい効果があるか検証してみました。缶の重さを量ると110g缶に書いた190gはガスが満タンの時の重さです。ガス自体の重さは105gなので残量は5gしかありません。どんなに高性能のコンロでも [続きを読む]
  • [走] 厳道峠でお昼寝 
  • ルート居心地のよい休憩ポイントやお昼寝ポイントはたくさんありますが、中でも厳道峠は一番かもしれません。ただし、風がなければ。という条件はつきますけどね。高低差のある谷間に集落を見下ろしつつ、天気がよければ富士山の眺望つき。お気に入りの中華コンロで昼食をとり、冬でも日がさせばポカポカ暖かく、食後は芝生のソファーでしばしまどろむ。車道の厳道峠自体は味気ないのですが、送電線鉄塔のある場所まで数分押し上げ [続きを読む]
  • [品] ハンチング帽 
  • 動きが鈍る寒い冬も終盤になりましたね。少しずつ気温が高くなり日も伸びてきました。そろそろ真冬用のウェアを少し薄手のものへ替える頃でしょうか。ハンチングも冬用の厚手のものから薄手へと衣替えです。ハンチングは数年前に街で流行っていましたが、今はハットの方が人気があるようです。お店での品数が少なくなってきました。そんな中でも僕が時々覗くお店では相変わらず1/3はハンチングを置いています。しかもどれも3千円く [続きを読む]
  • [品] ヒラメ 
  • 遅ればせながら僕もヒラメ使いの仲間入りとなりました。TOPEAKのフロアポンプを使っていて、空気の入れ具合や気圧計が付いているところ等は気に入っています。しかし、他のポンプでもたぶん同様だと思うのですが、ポンプヘッドをタイヤ(チューブ)のバルブへ着脱する時に力が必要なのがストレスなんです。バルブ先端を曲げてしまわないか毎回神経を遣いますし。そんなおり、BikefanaticINGOさんの日記でヒラメを紹介されていて、 [続きを読む]
  • [他] たわみ
  • <追記↓> クランクへ伝わる力は強〜弱へ変化していきますが、弱〜ゼロの部分で反発が戻ってきます。即ち推進力になるはずです。ゼロになってから戻ってくるのはロスです。立ち漕ぎの場合クランクへ伝わる力は弱〜強へ変化してい、最強の時に(下死点)クランクとBBとフレームがたわみ、その後に反発が戻ってきます。この場合には推進力になりませんのでロスでしょうね。ただし、戻ってきた時に足が押される感覚(バネ感)はリズ [続きを読む]
  • [走] 五日市〜檜原村
  • 土曜は走り出しから身体の重さがはっきりと分かりました。汗も多くアンダーシャツの濡れ方がいつもと違います。2時間ほど走っている間に冷たさでお腹の調子も悪くなるほど。ここ数日を振り返ってみても特別気がつくことはないんですが…結局調子は回復せず、ここ数ヶ月疲れない走りができていたのに、ヘロヘロ状態で帰宅となりました。来週には戻って欲しいものです。ルートhttp://yahoo.jp/kum0tW暖かい季節の五日市は、川遊びの [続きを読む]
  • [他] ロードでもランドナーでもない
  • ましてやスポルティーフでもパスハンターでもMTBでもない。都内ではそういうジャンルを目指すお店が増えつつあります。日常的に使う自転車として、でも市販のシティサイクルとはちょっと違う。カスタマイズしたりオーダーメイドしたり、アクセサリーに拘ったり。自分が好きなジャンルの中にいると周りが見え難いですが、少し意識を解放すると違ったものが見えてきます。きっかけはブログであったりメディアに載っていた写真だった [続きを読む]
  • [品] 革の軽登山靴
  • 最近よく覗くリサイクル店で軽登山靴の掘り出し物を見つけました。以前はザンバランフジヤマが置いてあったんですが、サイズが小さくてガッカリ。今回はジャストサイズ!20分くらい悩んで購入しました。4,000円+税 安っ!色は焦げ茶が好みですが、見つけたものは薄茶。レトロな雰囲気があっていいかも。メーカーの押し印(ロゴ)が薄れて判読し難かったんですが、ネットで検索すると見つかりました。La Sportiva というイタリアの [続きを読む]
  • [走] 要害山(○ッパイ山)
  • ◆ 先人から受け継ぐ思い冬場の恒例となった要害山へ今年も登ってきました。この山を知ったのは上野原付近から眺めた形がとても美しく興味をもったからです。そしてその美しさには先人達も同じだったようです。神社の脇に立つイチョウは年に一度、秋に葉を落として神社を黄金に輝かせる為に(そうだと信じています)考えて植えられたもの。もちろん植えた幼木の時にはその役目は果たせませんが、数十年、数百年後のことを想像して [続きを読む]
  • 2017-02-15
  • 【走】 初めてのジテツウ 2017/02/15新しい環境になってもうすぐ一年。一度は自転車で行ってみたいと思っていたので、汗が少なくてすむこの季節に実行しました。自宅の長津田から都内の下北沢までは最短コースはR246ですが、ここを朝晩に走るのは最初から考えていません。交通量が多いのは我慢できても、片側二車線で自動車が60km/h以上で走りますし路肩も狭い。一直線の上り下りが多く自転車の場合は上りで10km/h以下になることも [続きを読む]
  • [走] 子ノ権現(雪なし)
  • 自宅近辺で金曜の夕方に積雪が2cmくらいあり、天気予報でも北西からの雪が流れてきている様子でした。ですので、奥武蔵方面でも降雪があったものと予想しました。翌土曜は早朝まで路面が濡れていましたので、日曜に子ノ権現へと向かいました。11月に行ったばかりでしたが、以前に雪の積もった下りが楽しかったので、今回もそれを期待したというわけです。しかし、行けども行けども雪は殆ど無く、やはり奥武蔵方面は雪は少ないもの [続きを読む]
  • [走] 仲間と行く明神峠・三国峠
  • 先日のハンドメイドバイシクル展でACFのN川さんに「今年の道志は2/4,5ですよ」と言われて5日の予定を空けておきましたが、天気予報では雨マーク。N川さんとは数年前に巌道峠でお会いしてからの縁。その時の日記はこちらhttp://d.hatena.ne.jp/INTER8/20120212メールで「4日は三国峠を超えて道志入りします」と届きました。ということは駿河小山からあの激坂をやるってことか!駿河小山から明神峠を経て三国峠へ上る道は、激坂の始 [続きを読む]
  • 2017-02-04
  • 先日のハンドメイドバイシクル展でACFのN川さんに「今年の道志は2/4,5ですよ」と言われて5日の予定を空けておきましたが、天気予報では雨マーク。N川さんとは数年前に巌道峠でお会いしてからの縁。その時の日記はこちらhttp://d.hatena.ne.jp/INTER8/20120212メールで「4日は三国峠を超えて道志入りします」と届きました。ということは駿河小山からあの激坂をやるってことか!駿河小山から明神峠を経て三国峠へ上る道は、激坂の始 [続きを読む]
  • [走] 犬目峠-鈴懸峠-雛鶴峠
  • コース昨今、都心では子供への教育として「知らない人に声を掛けられても応えない」という方針なんだそうです。もちろん自分から声を掛けないことも、この教育の範疇でしょう。そんな世代に育ったのか、その教育に倣っている大人なのか、サイクリスト同士での挨拶ができない人が増えています。自転車が好き、という同じ趣向をもっているのですから、挨拶はしましょうよ。最低限、抜く時には声を掛けるなり、手をちょっと上げて意思 [続きを読む]
  • [走] ハンドメイドバイシクル展とモヤモヤ
  • 今年も盛況でした。写真を撮るのに人を避けるのが手こずるくらい (^^;老舗や新規参入、素晴らしく美しいものからアイデア満載のものまで、日本のもの作り健在!こういうのを見ると僕も何か作りたくなります。強度無視な自分用ですけど。それと、去年から駐輪スペースが確保されたのは大変喜ばしいです。警備員が常時いてくれるので盗難の心配も少なくなりましたしね。しかし、皆さんの愛車を眺め難くなったのが少々淋しい (^^;細山 [続きを読む]
  • [他] 「スマホでUSEN」 にハマッタ
  • 先日古いスマホに機種変更してネットラジオ(radiko)を聞くと書きましたが、その後有線放送に切り替えました。「スマホでUSEN」というサービス。これが僕にはドンピシャ!http://smart.usen.com/自分で集めた曲って直ぐに飽きてしまうし、大量に集めるとなると出費も多大。そこでネットで聞き放題のサービスとしてradikoを試したんですが、自宅でスピーカーで聴くラジオとは自分側の意識が変わるんです。イヤホンだと聞き流せない [続きを読む]
  • [他] 愛車の健康状態を維持する
  • 自分自身の身体の状態に少しでも変化があれば気がつきますよね。それと同様に愛車のことも気がつきたいものです。そして早期発見、早期治療。先週三浦半島を走った時に7速から6速へのシフトダウンが変速し難くなりました。以前シフターの調子が悪くて1,2,3速あたりへのシフトダウンがままならなくなりましたが、その時はアウターワイヤーのほつれが原因でした。それと同じような現象だったのでまたアウターワイヤーだろうと思い、 [続きを読む]
  • [走] 入山峠-和田峠-牧馬峠
  • ようやく冬らしい寒さになりましたね。先週までは日中は中厚手のグローブに替えましたが、今回は終日厚手グローブ。山が近くなってくると今期初めて爪先が冷たくなりました。寒波の影響で全国的に豪雪が心配されていますが、関東平野は平和です。しかし冬型の気圧配置が厳し過ぎると山沿いは雲が多くなってきます。今回は小粒の峠を巡ってきました。コース◆ 入山峠かつて五日市から盆掘を経て小津町へ至った道ですが現在はありま [続きを読む]
  • [走] 三浦半島 左回り
  • 初走りはパスハンティングで山を楽しんできましたので、土曜は三浦半島を走ってきました。横浜からの鎌倉街道でロード一人をパスし、北鎌倉の上りでもう一人パスし、気分爽快 (^^;僕の自転車にはサドルバッグがあり、前後に簡易的なサスペンションもあり、この状態で重量は13kgもあります。ニッカーを履いてハンチング帽を被ったオヤジがロードやTTバイクを抜かす様を想像するとニンマリしてしまいます。抜かされた人は精進してく [続きを読む]
  • [走] 十文字峠-笠松峠パスハンティング
  • 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。年末年始の暴飲暴食で顔がふっくらしています (^^;初走りは本来の用途に忠実にパスハンティングでスタート。上野原と奥多摩を隔てる笹尾根の中腹にある集落伝いの道、西原古道の美味しい所を巡ってきました。棡原(ゆずりはら)から大垣外(おおがいと)を過ぎ、沢渡(さわんど)が入口です。集落内の急坂をギシギシと上り詰めます。この道は子供達の野外活動でも使われており、 [続きを読む]
  • [品] スマホ機種変更
  • 携帯電話がスマホに置き換わって本体サイズは巨大化するいっぽう。動画を観たりゲームを楽しんだり、あるいは読書したり。用途は人それぞれですから大きいサイズが欲しい人にはよいことでしょう。しかし、メールやブログを見る程度にしかスマホを使っていない僕にとっては、今の巨大なスマホは必要ありません。小さなスマホが欲しい!まず何より片手で操作できることが大前提にあります。そして携帯できることも重要。大きなスマホ [続きを読む]