やすべー さん プロフィール

  •  
やすべーさん: 産むこと 育むこと「くもといっしょに」
ハンドル名やすべー さん
ブログタイトル産むこと 育むこと「くもといっしょに」
ブログURLhttps://ameblo.jp/withkumo/
サイト紹介文2流産の後、3回帝王切開出産。帝王切開のことと、いのちのお話し「誕生学」を伝えています。
自由文帝王切開情報と誕生学のサイト「くもといっしょに」主宰
http://www5a.biglobe.ne.jp/~withkumo/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/04/03 11:11

やすべー さんのブログ記事

  • どこを縛られましたか?
  • 先日の帝王切開ママのお産の振り返りの会に参加された方が話してくださいました。 「帝王切開の手術のとき縛られて怖かったです」あ〜、まだいらっしゃった(T_T) 術中、両手を縛られて固定された方に、時々お会いします。点滴ではなく、動かないように固定です。 他の方はどなたも縛られていなかったので、それだけでも驚かれていらっしゃいましたが、さらに両足も縛られていたそうで、 動かない両手両足に「“こんなに縛らなくて [続きを読む]
  • 看護学生に伝えました
  • 日本保健医療大学看護学部4年生の皆さんに、「帝王切開出産と医療者の関わり」というテーマで、帝王切開について話しました。 埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたまが、同学部に協力して行われる「課題別実習」の一環で、さいたまキャリア教育センター主催の「帝王切開ママの会W」を後援していただいているご縁から、お声がけいただきました。 看護学部生への講義は先日の目白大学看護学部生に続いて2校目。 これ [続きを読む]
  • 赤ちゃんゲスト、大活躍!
  • 9/16、娘の母校の中学校の文化祭で「いのちの授業」8年めでした。 今年もたくさんの笑顔と赤ちゃんの泣き声と中学生の可愛い姿を味わってきましたー♪ 中学生、もちろん我が子とは本当に戦った!でもよそのお宅の中学生は可愛い 素直だけど顔に出さず、優しいけど団体では知らんぷり。個人でお願いすると「はい!」って聞いてくれたり 前半は私から伝える「いのちの授業」流産のことも伝えます。たくさんの命が「産まれな [続きを読む]
  • 助産院で帝王切開ママの会
  • 年に2回、稲田助産院さんで開催させていただいているクローバーの会さん主催の帝王切開ママのお産の振り返りでした。 https://ameblo.jp/clovernokai/entry-12311870475.html ずっとブログを読んで下っていたママたちと、お子さんたちを見守っていてくださるスタッフさん2名とで、ゆっくり自分のお産を振り返りました。 もう大丈夫だと思っていたら、まだまだモヤモヤがあったことに気づいちゃった方。「怖い」と思っていたけ [続きを読む]
  • 【募集中】子育て女性のための心理学
  • 私が理事をしているさいたまキャリア教育センターの講座のお知らせです。 今回のテーマは「子育て女性のための心理学」。 子育ては楽しいこともあるけど「子どもの将来」「いい母親像」などが心の負担になりやすいもの。子育て女性特有のストレスのあり方と、軽減するための工夫を心理カウンセラー&アロマセラピストの視点からお話しします。 「未来人」を育てるって本当に一筋縄ではいかないことだらけ。そしてそこにいろ [続きを読む]
  • 帝王切開カウンセラーを知っていますか?
  • 帝王切開の情報はあちこち検索すると見つかりますが、「ママの心」のことを扱った記事に出会うことはあまりありません。 親友の助産師、亜紀先生が、こちらで 素晴らしい記事を書いてくださってます! 帝王切開のこと・・・お産を振り返ることの大切さを医療者として発信してくださいました。 帝王切開カウンセラーとして、帝王切開出産をした女性と出会うと、悲しい体験をした方と出会います。 それが悲しい体験だって気づか [続きを読む]
  • 居心地が良くてついつい・・・
  • 9/12、久喜市の「居ごこち」さんで、いのちのお話を伝えました。 居ごこちさんは、 ハンディキャップがある子どもを育てる家族の集いの場です。この日は まさに子育て中で毎日一生懸命のかたと、放課後デイサービスのお仕事をされているプロの方もいらっしゃって、それぞれの気づきをシェアしました。 母のための命のお話は、我が子に命のことをどう伝えるかということももちろんですが、オトナ自身が自分の大切さや自分をケア [続きを読む]
  • 福岡の方、あと数名募集です!
  • 今年の3月に、産後ドゥーラの神谷美生さんにお声がけいただき、西宮で帝王切開講座とお産の振り返りの会を開催することができました。 その時の様子はこちらhttps://ameblo.jp/withkumo/archive1-201703.html その会に、日本赤十字九州国際看護大学 大学院助産学生さんが福岡からいらしてくださり、帝王切開ママたちの気持ちの変化を研究したいという思いを伝えてくださいました。 それからいろいろなやり取りを続け、実際に体 [続きを読む]
  • 母と娘で未来を学びました
  • 9/10、13組のお母さんと娘ちゃんたちで未来のことを学びました。主催してくださった菊地さんとは、もうずーーーーっと前からのお知り合いで、今回月経のことを学びに来てくれた娘ちゃんは小さな頃から知っていました。 小さかった女の子が、大人に近づいていく途中を一緒に過ごさせていただけること、本当にうれしい! 小学4年生が多かったので、月経ももちろんですが、反抗期で〜というお悩みも多かったです。 でも [続きを読む]
  • Lじゃ足りない(>_<)
  • テープのニチバンさんから発売されている 帝王切開の傷に特化したケアテープ アトファインhttp://atofine.jp/ 産科医の竹内正人先生や中部大学の横手直美先生とご一緒に私も体験者の立場から、関わらせていただきました。「ママのための帝王切開の本」でもご一緒させていただいたステキな先生方ママのための帝王切開の本―産前・産後のすべてがわかる安心ガイド Amazon 最近、帝王切開ママの会にご参加くださるママたちからも [続きを読む]
  • まっぱで 術台に上がった方
  • 先日の帝王切開ママのお産の振り返りで、びっくりの発言がありました。 帝王切開出産の時、術台に上がる前に全裸になり (これも産院によってびっくりされます。まだそんなことをしているんですか??って。でも多くの産院で、医療者の前でただ1人全裸になっています。私も26年前そうでした) 全裸で術台に上がると、「足、あげますよ」と分娩の時のような姿勢になったそうです。(砕石位) 全裸で分娩の時の格好で、そりゃーもう [続きを読む]
  • 高崎で泣いて、2回めが決まりました
  • 9月2日に高崎にて、帝王切開ママの会と帝王切開講座が無事に終了しました。主催してくださったみおりさんご自身が帝王切開出産にモヤモヤをお持ちで、自分の解決とともに、他にも話したい方がいらっしゃったら・・・と開催してくださいました。 「ずっと待っていました!!」といううれしい声とともに集まってくださった、午前は満席で5名の皆さん。午後は大切な方のために知っておきたいです・・・とさらにお一人ご参加く [続きを読む]
  • あっこさん、いつもありがとう♪
  • 8月最後の日に、 いつもいろいろな会を主催してくださる あっこさんが いのちのお話講座と月経教室を開催してくださいました。 あっこさんは本当にたくさん学ばれていらっしゃる方! 私もお話させていただきながら、あっこさんの知識を吸収させていただいております♪今回も、出会うべくして出会った皆さんでした。唯一の男子・・・最初から最後まで 真剣に聞いてくれていました。私はそれはを「普通のこと」として受け取った [続きを読む]
  • 9/12久喜市 まずはお母さんが自分を大切にする
  • 9/12は久喜市の「居ごこち」さんで、いのちのお話をお伝えします。性のことって、きちんと正しい言葉で伝えようとしても 慣れていないと 顔が強張っちゃったり、 (難しい言葉なのに)もっともっとってこちらの思いをぶつけすぎちゃったりしますよね。 オーナーの溝田さんは、そんなとき 以前、いのちのお話を聞いてくださっていたので とても優しく、伝える方も笑顔で 大切なことを伝えることができたそうです。 そんな思い [続きを読む]
  • 夏休み最後の日曜日にご家族で聴いていただきました
  • 夏休み最後の日曜日に、 「親子で聴くいのちのお話」 開催しました。 もう何度もお会いしているリピーターさんと、 今回初めてご参加くださった方と・・・ 子どもたちの年齢が近かったこともあって 楽しくいのちについて知ってもらえたかな・・・って思います。夏休み・・・毎日毎日はとっても長くて お昼の準備や、どこかに連れてって〜の声や暑さに負けそうになるけれど小学校の夏休みは たった6回。 家族でゆっくり旅行 [続きを読む]
  • 11/12そごう大宮店で帝王切開講座です
  • 【ブログを読んでくださっている方に先行情報です♪】2013年から開催させていただいている そごう大宮店さまでの帝王切開講座のお知らせです。 お産の振り返りではなく、体験者が知っておきたいことを体験者の立場からお話しします。 帝王切開ママはもちろん、妊婦さん、帝王切開で出産したママの気持ちを知りたい方はぜひどうぞ。一時間半なのでパパやおばあちゃんに赤ちゃんを預けてそごうの中をぷ〜らぶらしててもらう [続きを読む]
  • 帝王切開はもったいない?
  • 【帝王切開はもったいない?】 先日の講座にご参加くださった体験者のママが 涙をぽろぽろ流しながら こんなことを話してくださいました。 分娩台の上で自然分娩が順調に進み、 子宮口が開き赤ちゃんの頭まで見えていました。 それでもその後が進まず、助産師はがんばれ・・って言うけれど、 どう頑張っても無理で、 どうしたらいいかもわからずにいたら 「帝王切開になったらもったいないでしょ!」って。 その後、帝王切開 [続きを読む]
  • 帝王切開ママの心をゆるめるメッセージvol.132
  • 「帝王切開だって立派なお産ですよ」に立ち止まる 「帝王切開だって立派なお産ですよ」と発信している記事を読むと、いつも反発している自分がいる。そんなこと、わかってる。っていうか、この世に立派じゃないことなんて一つもない。そして「だって・・・」って何だろう。 「自然分娩だって、立派なお産です」って聞いたことがない そもそも立派ってなに? 「十分に整っているさま。不足や欠点のないさま」 私が50年とち [続きを読む]
  • 母の78回めの誕生日を祝いました♪
  • 今日は母の78回めの誕生日でしたこちらでもときどき書いていますが、父が数年前にパーキンソン病と診断されたものの薬が効かず 一年ほど前に「進行性核上性麻痺」という難病に指定されました。 そして今年の1月に入ってから転ぶ回数が増え、6月に救急車で運ばれて胃ろうを造設。現在 介護施設に入所しています。(本当に「進行性」であることを痛感しています)小柄な母が ・歩行器でヨタヨタ歩く身長175センチの父を支え、 [続きを読む]
  • 9/10 月経教室のお知らせ
  • 先日、公民館で開催した思春期育ての皆さんへの講座に参加してくださったかたが、お友達に声をかけてくださり、月経教室を主催してくださることになりました。もし一緒に聞きたいという方がいらっしゃったらぜひ〜♪と言ってくださったので詳細お知らせしますね。 ・9月10日(日) 9:30〜11:30 ・ 大宮区 桜木公民館 ・小学4年生以上の女子と母(ご兄弟の同席はご遠慮いただいています)・母娘一組2000円・持ち物:カラ [続きを読む]
  • 20年後につながること
  • 【8/24 帝王切開ママの会とミニ講座】 あと1名です。(詳細は下↓に) 私が 「くもといっしょに」をオーブンしたのは2000年。 それよりももっともっと前から、帝王切開ママたちがつながる場を持っていた方たちがいらっしゃいます。 帝王切開ママの会が発行する「花便り」 今でこそ、インターネットが普及し、いつでもどこでも誰とでも(伝えようと思えば)気持ちを伝えあえるようになりましたが、2000年でも まだパソコン [続きを読む]
  • 帰りたくないのは・・・
  • 看護師の次女。 夜勤と夜勤の間の2連休に帰宅して、 栄養補給して(完璧な肉食です(^^;)「一人暮らし」に戻って行きました。 昨夜、「あー、帰りたくない。めんどくさい」とつぶやきながら 帰り支度をしているので、 「毎回帰りたくないっていうのを聞いてると心配だよ」と伝えたら、 ほほ〜、なるほど♪ 「帰りたくないっていうのは、帰らなきゃいけないってわかってるってこと。言えるってことは、ここが居心地がいいってこ [続きを読む]
  • 9/2 高崎で帝王切開講座開催です
  • 高崎で活動されている みおりさんが 帝王切開ママの会を開催してくださいます! http://ameblo.jp/mioponta/entry-12297139781.html 久しぶりの高崎 開催です。 午前は、体験者がお産を語る「お産の振り返りの会」 あと2名だそうです。迷ってる方、お急ぎくださいね! そして午後は「産後傷つかない、傷つけないための帝王切開講座」みおりさんご自身も 帝王切開への周りの理解が少なかったのに凄くショックを覚えたり [続きを読む]
  • 帝王切開ママの心をゆるめるメッセージvol.131
  • 「捨てられない思い」は「大切な思い」 いやな思い出なら 思い出さなきゃいい。 捨ててしまえばいい もっと違うことを楽しめばいい でも、ずっと頭の片隅にあって 傷を見るたび 心がズキズキして 捨てたくても ずっと付いてくる それは 大切な思い出だから。 大切な家族に出会えた、一番幸せな日のことだから 宝物の思い出なのです。 そんな大切な思い出に ほこりをかぶせていませんか? ほこりを払うのが怖くて そのま [続きを読む]