やすべー さん プロフィール

  •  
やすべーさん: 産むこと 育むこと「くもといっしょに」
ハンドル名やすべー さん
ブログタイトル産むこと 育むこと「くもといっしょに」
ブログURLhttp://ameblo.jp/withkumo/
サイト紹介文2流産の後、3回帝王切開出産。帝王切開のことと、いのちのお話し「誕生学」を伝えています。
自由文帝王切開情報と誕生学のサイト「くもといっしょに」主宰
http://www5a.biglobe.ne.jp/~withkumo/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/04/03 11:11

やすべー さんのブログ記事

  • 福岡近辺にお住いの帝王切開ママにご協力依頼です
  • 【福岡近辺にお住いの帝王切開ママへ】再度、ご協力のお願いです。学生さんが、帝王切開で出産した女性の心の変化を研究されるそうで、産後数年経った方にインタビューをお願いしたいそうです。 現在2名のかたが決まっているのですが、もう1名お話をお聞きしたいそうです。 実際に会ってお話を聞きたいそうなので、福岡近辺にお住いの方、ぜひご協力をお願いします。 詳細は「くもといっしょに」のトップページの真ん中あたりに [続きを読む]
  • 「実家」になっています
  • いよいよ夏本番。 そして夏休みの始まりですね。 我が家の夏休みは、娘たちがミニバスケットをしていたので 母も ほぼ毎日 蒸し暑い体育館通いがメインでした。 練習に行く時間を中心にその日の行動を決める感じです。16時から練習だから、朝は学校のプールに行って、一度身体を休めて・・・ とか 午前練習で、午後から友達と遊ぼうと思っていたら 疲れ切って寝ちゃって、ドタキャンとか 中学・高校も部活部活・・ おかげで [続きを読む]
  • 一人ではどうしようもなくなったとき、そばにいてくれる人
  • いつもお世話になっている TOY BOXさん で 「母と娘で未来を学ぶ 月経教室」でした。 3歳の時に初めてお会いしたお姉ちゃんが月経の話を聞く年齢になり、 あらためて成長の早さに驚いていたら、 今回参加してくださった多くの女子が、数年前にいのちの話を聞いてくださった方たち! 子どもたちの成長に、「あーー、私も歳をとるわけだわ〜」としみじみ思ったのでした 何年後かに、「あ、あれ一緒に行ったね!」って話 [続きを読む]
  • 目を真ん丸にされました
  • 7月13日に開催した、帝王切開ママの会。 今回はつい先日 3回めの帝王切開で無事に出産されたかたと、 もう30年以上前に2回帝王切開で出産された方がご参加でした。 いつになくポジティブワードが飛び出し 最近の傷ついたママたちへの言葉がけに目を真ん丸にされたり・・ いつもと少し違った帝王切開ママの会でした。 何度も開催していると不思議なことが起きるのです。あ・・・今回はこの方たちが出あうべきだった [続きを読む]
  • 「小さい子」育ての講座はたくさんあるのに・・・
  • 小さなお子さん育て中の講座はたくさんあるのに、どうして思春期育て中の親のための講座はないのでしょう? そんな声から始まった、「思春期の子どもを持つ親倶楽部」昨年に引き続きお声がけいただき、お話ししてきました。お知り合いもたくさん来てくださってうれしかったです。 思春期育て、「親のせいにして自分を守る」こと。これ、私の中ではかなり高い位置にあります。 そして、今の辛いことや悲しいことを親が覚えてお [続きを読む]
  • 8/24 帝王切開ママの会です
  • 【帝王切開ママの会とミニ講座】 新しい命が宿ったと知った時から出産の日まで、自分はどんな出産をイメージしていたかそのイメージと自分の帝王切開出産は、自分にとってどうだったか子育てが始まると、ゆっくり自分の「あの日」を振り返る時間がなくなります。「無事に生まれたんだからいいじゃない」それは、わかってる・・・でも、どうしてもモヤモヤが消えない方、安心できる場で一度自分の帝王切開出産を話してみませんか? [続きを読む]
  • 【お願い】インタビュー依頼が来ています
  • いつもブログを読んでくださる皆さま、ありがとうございます。 今日は、帝王切開出産ママにお願いです。 3月に兵庫で帝王切開ママの会と帝王切開講座を開催させていただきました。その時、九州から来てくださった 日本赤十字九州国際看護大学 大学院助産学生の田邉さんから 帝王切開ママの心理面の研究で インタビューをお願いしたい旨、協力のご依頼をいただきました。 私もお会いして、面識のある方です。 これまで2度、 [続きを読む]
  • 7/15月経教室です。あと数名お申し込み可能だそうです
  • 【母と娘で未来を学ぶ☆月経教室】 夏休み前に、母と娘で過ごす大切な時間です。我が家の娘たちも 夏休みに身体の変化がありました。 その時になって慌てると、娘さんもドキドキしちゃいますね。同じドキドキでも、笑って迎えるドキドキにしませんか? お待ちしております 主催してくださるのは子どもと一緒に楽しむサークル「TOY BOX」さんhttp://ameblo.jp/toybox32/entry-12283464673.html [続きを読む]
  • 21回めの雨のちSpecial♪ 終わりました!
  • 21回めの「雨のちSpecial♪」ご参加くださった皆さんと、たくさんの思いを共有して、無事に終わりました。 私も思わず泣いてしまったのですが(^_^;)、 それくらい今回来てくださった方たちとは長いお付き合いだったり、 私を知っていてくださる方たちだったんだな〜と 、 しみじみ振り返っています。 最後に皆さんから一言ずつ感想を伝えていただいたのですが、 数年前にお会いした時よりも、丸付け上手になっているなーと [続きを読む]
  • 新川崎の帝王切開ママの会は、ため息ばかりでした
  • 産後教室Co.coreさんで、帝王切開ママの会を開催させていただきました。 Co.coreさんはこちらhttp://suzukimika.com/ 初の新川崎開催は、とても濃い時間でした。 お母さんの存在に悩み惑わされていたり(ちゃんとしなくてはいけないに囚われ)、自分の思いに縛られていたり。 話すことで解決に近づくことも もちろんあるのですが、今日は...たとえば・・・・・ *帝王切開後に初めて起き上がる時、医療者2名が身体を起こすのを [続きを読む]
  • 愛犬が2歳になりました〜♪
  • 我が家の愛犬まろんが7/4に、2歳になりました〜 娘たちが次々と家を出て、たくさんあった洗濯物が減り、 洗うのが大変だったお茶碗も、ほとんど使わなくなり、 寂しいがいっぱいになった時、三女が見つけてきてくれました。 転勤族で、ずっと動物は飼えなかったので、まさか私が犬を飼うとは!でした。 同年代の友人から届く年賀状が、次々にペットの写真に替わり あらあら・・・と思っていたら 私も でもね、この2年、私 [続きを読む]
  • さくら市で月経教室でした
  • 7/2、栃木のさくら市で、母と娘で未来を学ぶ時間でした。 主催してくださったのは、いつもいろいろな講座を開催してくださり、ご自身もおはなぼっこという大切な場を持っている野澤かなえさん。 かなえさんの声に、ぜひ母と娘で学びたいと言ってくださった皆さんが集合!益子からも来てくださいました〜! ご自身の仕事が忙しくて、今朝まで参加を迷っていたかたも、「こちらを優先させて良かったです」と言ってくださいまし [続きを読む]
  • 胃ろうの管を自分で抜きました>< ②
  • どうしたらいいか迷っても、誰に相談すれば良いのか、どう相談すれば良いのか、まったくわかりませんでした。そんなとき助けられたのが、同じ病気の患者と家族の会PSPのぞみの会http://pspcbdjapan.org/index.htm/ のメーリングリストで流れてくるたくさんの体験談やお役立ち情報、愚痴や励ましでした。そこで、今回の3つの選択についてご相談させていただいたところ、同じ経緯をたどった方からの両方のご意見を聞かせていた [続きを読む]
  • 胃ろうの管を自分で抜きました>< ①
  • 進行性核上性麻痺(難病)の父が、6月末に嚥下がうまくできなくなり、救急車で搬送されたところまでは自分のメモのために 先日書きました。その後、いろいろあったので 備忘録として残したいと思います。私も同じ病気でがんばっていらっしゃる方たちのブログがとても参考になったので。・数日、しっかり食べられなくなっていた・水を飲むのも難しい=薬が飲めないことから、軽い脱水症状だったのかなとも思います。父の定位置 [続きを読む]
  • “ピンチだ”と受け入れるところから
  • 7月7日の「転勤族妻」を楽しむサバイバル術。転勤族妻の心得!・3ヵ月・タダで観光旅行。・“ピンチだ”と受け入れるこんなキーワードでお話します。 これって転勤だけじゃなく、新しいことを始めてまだ軌道に乗らない方にも通じるな〜と ひとりで肯いています♪ ・ゴミの出し方も地域によって違いますよね。 ・卒業アルバムって、卒業した学校でもらうのですが、その学校が数か月しか在籍していない学校だったらどうします [続きを読む]
  • 7/15 月経教室、娘さんといらっしゃいませんか?
  • そろそろ訪れる初潮、月経について、学校の保健の授業でもさらっとは習うけど、どうやって伝えたらいいのか・・・。怖がらず恥ずかしがらず、素直に喜んで受け入れてほしい。そして、自分のこともお友達のことも大事にしてほしいから、いま、ここに生きている、その素晴らしさについても合わせて感じてもらえたら、と思います。こんな温かい思いをいただいて、 いつもお世話になっている TOY BOXさんにて、 【母と娘で未来を学 [続きを読む]
  • 転勤族さんも環境が変わった方もぜひ!
  • 【7月7日(金)です】 昨年も開催した「転勤族妻を楽しむサバイバル術」 新しい土地に住むということは、すべてを1から作り上げなくてはいけないということ。 「私」をわかってくれる人が周りにいないのは、とっても疲れることなのです。 逆に、どんな自分を作ってこうか・・と楽しめるようになったら上級者! そんなテクニックも皆さんでシェアできたら、次の移動も怖くないですね。 新しい場所や人との付き合い方が苦手な方も [続きを読む]
  • 「帝王切開カウンセリング入門」が終わりました
  • 「帝王切開カウンセリング入門」が終わりました。年に一回、さいたまキャリア教育センターが主催で開催している講座です。・「帝王切開ママの会(お産の振り返り)」は体験者の声が私に届きます。 ・「帝王切開講座」(25日(日)ティアラかまくらにて開催は体験者の声を私から産後のママのサポーターさんに届けます。・そして今日の「カウンセリング入門」は、帝王切開ママたちのモヤモヤでいっぱいの心に少しでも隙間を開けたいと [続きを読む]
  • 6/20父が救急搬送され、一般病棟へ
  • 進行性核上性麻痺の父。3年ほど前に、いやに転ぶようになり、手が震えるようになり 受診したところ、パーキンソンと診断されました。ただ、薬が効かないのです。そして症状はどんどん進みます。顕著なのは突進現象や竦み足。前のめりになって、急に小走りの状態で、何かにぶつかるまで自分の意志で止まることができなかったり、 進もうと思っても一歩が出なくて前に転んでしまったり。いずれにしても、誰かがそばにいないと確実 [続きを読む]
  • 帝王切開ママの心をゆるめるメッセージvol.128
  • 帝王切開ママの会はお産の振り返りの会。良いことも悪いことも振り返ってみます。ただ、やはりマイナスなことが多く出るのは致し方ないこと。で、それをそこで終わらせてしまうと、ただの「悪口大会」になっしまうのです。「その医者、ひどくない??」「お姑さん、ひどいね・・・」って。それって本当にもったいないこと。なんの成長も見られないこと。後輩女性が、また同じことに惑わされ涙することになります。だからそんな声を [続きを読む]
  • 義父の四十九日でした
  • 【時間の流れを感じました】先週末(父の日)は、義父の四十九日の法要で盛岡に行って来ました。離れて暮らしている私には ぽーんと抜けた今までの時間ですが、同居していた義妹は、銀行や年金の解約手続きなどで、仕事が休みのたびに多量の資料を持ってあちこちまわったそうです。 この四十九日間という時間もそうですが、義妹の息子3人の成長にも時間の流れを感じました。 甥っ子たち、3人とももう20歳を過ぎていますが、昔はみ [続きを読む]
  • 6/15の場所と時間が変更になりました!
  • 久しぶりに開催する seemom,bemomさんの帝王切開ママの会。 15日(木)です。 直前で申し訳ありませんが、 場所と時間が変更になりました。 ・6/15(木) 13時〜15時・久我山会館 和室(井の頭線久我山駅から徒歩3分) この時間なら参加できます〜♪という方がいらっしゃったらぜひ! まだお申し込みが少ないので、少人数でお話できそうです& [続きを読む]
  • 看護学部生に伝えました
  • 私にとって、大切な大切な一歩の始まりの日でした。 埼玉県内の大学の看護学部3年生に、帝王切開の当事者の声を伝える講義をさせていただきました。今まで助産師さん向けや産後ドゥーラさん向けにお話させていただいたことはありますが、看護学生さんだけで・・・というのは初めてでした。 これから実習に出て行く学生さんたち。 実習でも 帝王切開ママにつく機会が増えているとのことで実現し [続きを読む]
  • あっこさんとひろっしゅコーチのパワー浴びてきました
  • 今日は、大好きな 吉田章子さんが主催のハッピーママ板フェスタに行ってきました。https://mamaitafesta.jimdo.com/ あっこさんは いのちの講座や月経教室、思春期の親向けの講座など、数々の講座を主催してくださって、本当にお世話になっているかた。 そして言葉の一つ一つに「つなぐ」ことへの愛がいっぱい詰まっていて、話すと元気をもらえるのです。 今日は そのあっこさんが主催で、しかもママイキ [続きを読む]
  • 2歳から続けてたんだ!
  • 今週、看護学生さんに、当事者発信の帝王切開の講義をさせていただきます。 最近は 実習で帝王切開ママに会う機会も増えているのだそうで、先生方も現場の声、実際に帝王切開で出産した方の声を聞きたいということで、実現しました。 実習ももちろんですが、無事に国家試験に合格したら それぞれの病院に配属されます。 でもその先で起きていることは本当にそれぞれ。熱い思いを持っていても、それ [続きを読む]