EnglishGardenSalon さん プロフィール

  •  
EnglishGardenSalonさん: イングリッシュガーデンサロンのティータイム‼
ハンドル名EnglishGardenSalon さん
ブログタイトルイングリッシュガーデンサロンのティータイム‼
ブログURLhttps://ameblo.jp/englishgardensalon/
サイト紹介文書籍『プリンセスのティーテーブルLesson』『英国スタイルのテーブルコーディネイト』好評発売中
自由文イギリスではウイリアム モリスが『生活の中の芸術』を提唱しました。私達スタッフ一同も『スタイルのある生活』を英国王室正統派のテーブルマナー、アフタヌーンテイーやハイテイーのマナーを楽しみながらテーブルマナーやエチケットを習得して頂けるよう努力して参ります。




今までと少し違った『スタイルのある生活』をお探しの方、是非『イングリッシュガーデンサロン』へお越し下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/04/05 20:11

EnglishGardenSalon さんのブログ記事

  • RSVPとの特別コラボ 「アフタヌーンティーギャラリー」開催!
  • 10月はイベントが続きます。10月21日土曜日のアフタヌーンティークラスはRSVPとの特別コラボで「アフタヌーンティーギャラリー」を開催致します。当日はRSVPの編集長がバトラーで登場致しますので、RSVPのファンの方々にも必見です。 上質な空間で格上のアフタヌーンティーのスイーツはともみさんやしのぶさん達にも製作をお願いして、普段よりも更に上質なケーキ類の数々。さらに当日はサロンとギャラリーを兼ねて、本場 [続きを読む]
  • アルゼンチンからこんにちは!
  • ニュージーランドからロンドンへ行くのに、アルゼンチン経由にしてみました。義理の両親も気に入っていた国、アルゼンチンはほとんどヨーロッパの街並み。街中ではタンゴを踊るグループがいたり、ラテン系の雰囲気がまたなんとも言えません。特にカフェは150年もの歴史あるカフェや世界で二番目に美しいブックショップのカフェなど、カフェ巡りもお勧めです。ケーキも美味しいスイーツを堪能できて大満足です。特にローカルの [続きを読む]
  • ホテル椿山荘で「プリンセスのハイテイーレッスン」!
  • 10月のイベント第一弾のお知らせです。10月22日日曜日はホテル椿山荘主催の「プリンセスのハイテイーレッスン」を一泊二日で開催致します。実は公表前に既に満席を頂きましたため、急遽増席が決定致しました。参加希望者はお早めにホテル椿山荘へご連絡下さいませ。ここを して下さい。 当日はカクテルドレスやロングドレスでレッスンを受けて頂き、イギリスの社交界さながらのハイテイーパーティーになりま [続きを読む]
  • 日本から第一号の来客でした!
  • 日本から第一号のお客様が、こちらウェリントンにお越しになりました。生徒さんのお一人で、芦屋でお菓子と紅茶のクラスをされていらっしゃるかおりさんとご主人様でした。雨??や風の強いウェリントンの冬は珍しく晴れる日も多くて、ワイナリーやカフェやレストランを満喫されたようでした。ニュージーランドのワイナリーは土にこだわりオーガニックな製法が多いことと、清潔で綺麗なワイナリーは特に気に入られたそうです。4 [続きを読む]
  • よく作る簡単オーブン料理!
  • こちらに来てからよく作る料理はオーブン料理とお魚料理。今回は簡単オーブンデッシュのご紹介です。オーブン用のデッシュにブラッセルスプラウト、ナス、セロリを置いて、塩コショウします。20分位オーブンでグリルしたら、取り出して、チーズをたくさんかけて再びオーブンに入れます。 チーズがたっぷりとろけて、野菜に味が付いてとても好評です。皆様にも簡単お勧め料理です。 English Garden Salonお仕事のお問い合わ [続きを読む]
  • ウェリントンのカントリー調ティールーム発見??
  • 先週末、ウェリントンをぶらぶら歩いていたら、カントリー調の可愛いらしいティールーム発見。中に入ると3組のグループがアフタヌーンティーを楽しんでいる様子。おばあさんの誕生日パーティー??のグループ。母親と2人の子供達。女性2人組。皆嬉しそうに、小さなお菓子達をつまんでいました。全てのテイーカップやプレート、テイースタンドが違っているのもカントリー調ですね。それとオーストラリアの影響で、午前中に出か [続きを読む]
  • エントランスにアンティークの椅子‼?
  • ニュージーランドのアパートメントへ訪問して下さるお客様のため、アンティークの椅子を購入しました。日本式????に靴を??脱いで頂くためです。ロンドンでは最初の頃は靴の生活をしていました。お引っ越しの度に気がついたことは、靴の生活を続けるとカーペットの端が真っ黒になりました。いくらプロのカーペットクリーナーにお願いしても汚れが早かったです。日本式は清潔なカーペットやフロアを保つのに、賢い生活様式。ロ [続きを読む]
  • 爽やかなカントリーのテーブルデザイン??
  • あっという間に時間が過ぎてしまう今日この頃。前回のテーブルデザインクラスは6月でした。爽やかなカントリーのテーブルデザインでした。初夏のイメージで爽やかな色合いのハイドレンジャー(紫陽花)でテーブルセンター。イギリスで一番好きだったお花の一つがハイドレンジャーだったせいか、紫陽花をみる だけでも心踊ります。上品で華やかにもなりますし、ニュージーランドでも大人気ですね。ただし、こちらは真冬ですからハ [続きを読む]
  • グルメの友人を招いてハイテイー!
  • 日本を離れる前にグルメな友人の一人がご挨拶に来て下さったので、ハイテイーでおもてなしをしました。シャンパン??とトリュフが大好きな彼女のために、フランス????からの特別なトリュフ入りチーズを用意してみました。彼女のグルメぶりにはいつも感心することばかりです。様々な新しい食べ物やスイーツをご紹介して下さいました。先日のハイテイーにお出しした仙台産の有名なお菓子は一口食べただけで直ぐ判ったようでした [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 日本の皆様は猛暑で大変だと思いますので、今回は身も心も寒くなるお話をご紹介してみます。ウェリントンは強い風で有名だそうです。Windy Wellington と言う別名があるくらい。最近雨が多く、かつ風が強い日は傘もさせません。そのせいか、現地の人々はあまり傘を持って??歩かないのです。私も現地の人のように傘無しで歩いてみました。ところが、数日前急に震えが止まらなくなって、更に体中が痛く感じました。そのうち呼吸も [続きを読む]
  • 山と海を同時に楽しめるウェリントン!
  • ニュージーランドの首都ウェリントンは山と海を同時に楽しめる美しい都市です。山が直ぐに迫っていて、ほとんどの市民は山のテラスに住んでいます。箱根の斜面よりも急な坂道に平気で家を建てるのです。大げさに言うと街全体が別荘地のような雰囲気がありますよ。当初は一軒屋の家に住もうかと考えていましたら、平な土地はなかなか見当たらず、この地震国で地滑りが起きたらどうしようという感じがしました。現地の友人達に聞くと [続きを読む]
  • スタイリッシュなアパートメントへお引っ越し!
  • 日本を出る前に、数名の方々からなぜ羊??の国に行くのですか? とか、先生にはニュージーランド????が合わないのでは?と言う意見を耳にしました。ウェリントンの都心は東京やロンドンほど大きくありませんが、小さな都会です。都心は車??がなくてもカフェがたくさんあるし、とてもオシャレなスーパーマーケットもありますよ。今週はようやく義理の父所有のアパートメントの直ぐ近くにお引っ越しました。最近運動不足なの [続きを読む]
  • 生徒さん達のテーブルデザイン!
  • 少し前の作品になりますが、生徒さん達に作成して頂いたテーブルデザインです。毎回皆様の個性が出て来て楽しまれてデザインしている様子が想像できます。今回は皆様にテイーテーブルを作成して頂きました。テーブルは色やフラワーデザインを含めて、カトラリーの置き方、グラスウェアの位置など基本を知ることは大切です。その上でおもてなしする方々の性格やバックグラウンドを考慮して、作成します。時々、テーブルマナーにがん [続きを読む]
  • 他界した父が作ったガーデン‼?
  • 7月22日は父の命日です。彼が亡くなってからもう30年も過ぎているのに、父の存在は偉大です。短い人生、エネルギー一杯使って私達に思い出を残してくれました。彼のおかげで私はバイリンガルになりましたし、私の3歳くらいからの思い出は飛行機の上から見た風景や旅行です。?? 毎年様々な場所に連れて行かれ、旅行日記を書かされたり、スケールの大きなインターナショナルな考え方も幼少時から身についたようです。おもて [続きを読む]
  • オシャレなフローリスト発見!
  • ウェリントンでオシャレなフローリストを発見。イギリスでもモスはよくフラワーデザインに使用していましたので懐かしいです。日本では京都のコケに感動しました。いろいろな種類があり、フサフサしてボリュームのあるものや、表面だけ薄くびっしりと敷き詰められたカーペットのようなコケ。箱根の庭にも一部、自然に生えるコケはお気に入りです。気候が似通っていると、世界中コケは生えてくるのですね。イギリスもニュージーラン [続きを読む]
  • 主人がデザインしたコーヒーテーブル‼?
  • 今回は主人がデザインしたスタイリッシュなコーヒーテーブルのご紹介です。大学卒業後に家を購入した際、オシャレなコーヒーテーブルを探してみたものの、全く見つからず思い切って自分でデザインして家具職人に頼んだそうです。 時は流れて、今では両親にプレゼントして何とニュージーランドのウェリントンのアパートメントにあります。時代を感じないモダンでエレガントなコーヒーテーブルは、新鮮な驚きです。理数系の主人は好 [続きを読む]
  • ニュージーランドの不動産の値段は世界一高い⁉?
  • 前回4月にニュージーランドに着いて家探しをしてみたら、驚くほど値段が高くて驚きました。ロンドンの一等地と変わらず、時々東京よりも高いのではと感じ落ち込んんでいました。私達は義理の父親所有のアパートメントにいくらでも滞在できるのですが、友人を招いたり泊まって頂くのには不便です。先日BBCだったかイギリスの研究所が発表した世界一高い不動産都市に堂々世界一のニュージーランドが選ばれたのです。これは現地の物 [続きを読む]
  • ウェリントンの友人宅でテイータイム??
  • ウェリントンには2組の友人夫婦がいて、それぞれのお宅にはよくお呼ばれされますし、一緒にカフェやデイナーに行きます。毎回、ウェリントンを訪問する度にご招待して下さる友人宅でテイータイムの様子をご紹介です。通りから見ると普通なお家ですが、お家の後ろにプールがあってオシャレに暮らすご夫婦は奥様がイギリス人で看護婦さん。ご主人様が中国系のニュージーランド人でGPです。なんてことのない、スーパーマーケットで購 [続きを読む]
  • つかの間の沖縄の休日
  • あっという間に日本滞在が終わりました。つかの間の休日を沖縄で過ごしましたら、海外へ出かけて来たような感じがしました。サブ トロピカルなせいなのか、本州とはエネルギーが違いますね。植物も風景も空気も南国でした。 海は毎年過ごしているハワイとも異なるし、ハワイよりももっと海の美しさは際立ちます。私達が泊まったホテルはほとんどの客が中国人やアメリカ人にロシア人など日本語があまり聞こえませんでしたよ。その [続きを読む]
  • 庭のレッドローズは元気一杯です。
  • 今年は湿気が少ないせいか庭のローズが元気一杯です。レッドローズも次々と花々を咲かせてくれて、毎朝ガーデンの水やりが楽しみになりました。ようやく日本の芝生もオーストリア産と仲良く共生しているようです。お恥ずかしい話ですが、笑って下さい。歳がいもなく私は塀からジャンプして着地に失敗したため、右手首の捻挫と打撲に全身あざだらけでした。ここのところしばらく右手が全く使えない状態でも、左手で食事をしたり、庭 [続きを読む]
  • チュニジアンブルー テーブルデザイン!
  • 真っ青のチュニジアン ブルーのテーブルデザインは、大昔に私がチュニジアで実際に観て来た光景を再現してみました。鳥かごもどうしても欲しくなり、ついにチュニジアの空港で購入してしまいました。泊まったホテルも町の中の家々が全て、眩しい白の家に真っ青なドアがコントラストで衝撃を感じました。あれから随分と年月が経ち、数回に渡るお引越しにも耐えて来た鳥かごは少し壊れた部分が見られますが、十分にテーブルデザイン [続きを読む]
  • ローズアフタヌーンテイー
  • 先月のアフタヌーンテイークラスはローズをふんだんに使用してみました。フランスのピンクローズをラ クルーゼの大型鍋を花瓶に生けて、赤色のメゾンの食器でフレンチっぽいアフタヌーンテイーでした。赤の食器はロンドンのサウスケンジンにあるメゾンと言うフレンチのインテリアデザインのお店で購入したものです。最近はアフタヌーンテイーのマナーやエチケットにも重視していて、皆様がイギリススタイルのお茶の世界を通して [続きを読む]
  • カントリーハウスでブレックファースト!
  • 箱根のカントリーハウスにしばらくぶりに出かけました。新緑が眩しくて、山々の風景も絵のようです。今回はカントリーハウスでのある日の朝食のご紹介です。ヘレンドのテーブルマットはロ ンドンでは日常用にもう20数年も使用して来て、古くなってカントリーなお家で出番です。汚しても拭くだけでメインテナンスが楽なのは重宝ですよ。庭で採りたてのレモンミントに??お湯を注いでレモンミントテイー。トーストに野菜やソ [続きを読む]
  • サーテイフィケートをお渡ししました。
  • ようやくアフタヌーンティークラスの生徒さん達にサーテイフィケートをお渡しすることができました。イギリスで私がフィニッシングスクールの時にお願いした会社に頼んでみたものの、日本語名に慣れていないせいか何度も異なる名前や綴りに苦労しました。イギリスから現物を送ってもらうと字抜けや一字違いなどなど、日本では考えられないことに遭遇しました。イギリス好きな方、自分磨きされたい方、ライフスタイルを楽しみたい方 [続きを読む]