スコーピオン・キング さん プロフィール

  •  
スコーピオン・キング さん: ウォーハンマーとメタルフィギュアな日々〜
ハンドル名スコーピオン・キング さん
ブログタイトルウォーハンマーとメタルフィギュアな日々〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/shumijin-k
サイト紹介文「ウォーハンマー」トゥームキング&ディーモンを中心に、メタルフィギュア作品を紹介。
自由文「ウォーハンマー」トゥームキング&ディーモンのコレクションを中心に、シタデル、グレナディア、ラルパーサ等のメタルフィギュア作品を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/04/05 02:52

スコーピオン・キング さんのブログ記事

  • 【ディーモン オブ ケイオス】ディーモンプリンス 製作 2〈ウォーハンマー〉
  • 増強ユニットすべてのアンダーコートまで終了したので、ここからお楽しみの塗装に入る。楽しみと言っても…膨大な気の遠くなるような数が控えているので^^(笑)、まずは総大将ジェネラルを仕上げて、士気を鼓舞したいと思う。アンダーコートまで終わった、Forge World製コーン・プリンス。本体は暗めの赤から入り、ベース色の赤まで上げていく。全体を覆う鎧は、金色を下地色に入れる。さらに黒、茶系をベースに、複数色のシャ [続きを読む]
  • 今年最初の荷物は…?
  • ドイツから、注文していたカレンダーが到着した。今頃カレンダー…?年もあけてから、少し遅い到着では?いやいや、少し遅いどころの話ではない…これは1994年のカレンダー。今からかれこれ23年前のものだ。何を今更なのだが、これはもちろんカレンダーとして使用するつもりは無い。「GRENADIER DRAGON LORDS 1994 CALENDER」。パッケージアートを手掛けるRay Rubin氏による12枚綴りは、パッケージアートがノートリミングで、より [続きを読む]
  • 【ディーモン オブ ケイオス】ディーモンプリンス 製作1〈ウォーハンマー〉
  • さて、「コーン軍団」手始めは…お馴染みになった、「Forge World」から…この「コーン・ディーモンプリンス」!数年前から、“コーンをやるならコレ!”と決めていたが、今回その願いが成就した。この面構え… 決して“コーン信者”では無い自分だが、この破壊神を戦場で操ってみたいという衝動は抑えきれなかった…^^;(汗細かなパーツの組み立ては、思いのほか手間がかかる。制作中は何度となくその持つ手に“痛っ!”と、 [続きを読む]
  • 今年の目論み、それは「“赤備え”で…!?」
  • あけまして、おめでとうございます!沢山の閲覧、いつもあたたかい励ましのコメントを頂き感謝しております。本年もどうぞよろしくお願い致します。さて新年早々…後に引けなくする意味も含め(笑)、ここで最初に宣言することにする。^^;ブログタイトルは、大河ドラマの話では無い…だが、昨年は真田家で、そして今年は井伊家で、武田から受け継いだ“赤備え”は、ひと際画面に華やかに写り楽しませてくれるに違いない。そんな [続きを読む]
  • 【Grenadier Iron Dragon】グレナディア アイアンドラゴン 製作 3
  • 前回はアンダーコートまで。ここから本体の塗装を進めていく。地面を暗めのグレー、ドラゴン本体をカッパー系で下地塗装。おっ!タイタンに続き、またもカッパー系…^^;ガンメタルでドライブラシ後、パープル、グリーン、ブラウン系でグレイズをかけ、単調になりがちなシルバーの質感に変化を持たせる。アンダーコートの溶剤で適度に溶けたスチレンボードも、いい風合いを醸している。グレー系で段階的に明るくし、ブラウン系で [続きを読む]
  • 【Grenadier Iron Dragon】グレナディア アイアンドラゴン 製作 2
  • 続いてベースの製作。「ENCOUNTER AT THE CRYPT OF THE WARRIOR KING」の製作時にも行なった、紙での石表現。結構気に入っているので、今回も同様の手順で進めていく。ベースに設置。砂は少なめに使用。後方の三段の階段は、スチレンボードを使用。木工ボンドでコーティングするが、あえて少しまだらに残してやる。アンダーコートを吹いたとき、溶けていい風合いになるのだ。軸を2本使用しドラゴンを設置。追加で石を置いている。 [続きを読む]
  • 【Grenadier Giants Club Titan】グレナディア タイタン 製作 3
  • 最後にベースの塗装。今回、本体が暗めの仕上がりなので、ベースは明るめに仕上げていく。黒のアンダーコートの上に、暗めの茶をのせる。黄土色を入れながら、ベージュまで一気に上げる。茶系でウォッシュ。さらに明るいベージュ系でハイライト。さらに、草を地面に近い部分と岩の隙間に少々。グリーンはあまり残さず、茶系で落ち着かせている。以上でペイント完了!本体の塗り分けはせず単色仕上げとしたが、さてさて効果のほどは [続きを読む]
  • 【Grenadier Giants Club Titan】グレナディア タイタン 製作 2
  • ここから塗装に入る。今回どうしてもやってみたかった塗装があるので、パッケージアートのイメージは無視…Rubinさん、ごめんなさい!^^;2体目を作る機会があったら、そちらにさせていただきます…(汗では、スタート!まずは全体をブラックでアンダーコート。そして本体全体をカッパー系で塗っていく。全体をカッパーって、…^^;暗めのカッパーから、ハイライトはゴールドに近いところで全体を塗る。各種シェイド系で全体 [続きを読む]
  • 【Grenadier Iron Dragon】グレナディア アイアンドラゴン 製作 1
  • 「タイタン」と並行して、「アイアンドラゴン」を進めていく。開封状態。今回はボーナスフィギュア2体が付属する。シュリンク状態の新品での入手だったが、さすがに30年の経年劣化だろうか、メタル表面に酸化も見られる…これはカビや汚れと違い、洗おうが金ブラシで磨こうが改善がみられない。下地塗装をしっかりして塗装することにする。接合部分は首と尻尾の2箇所。軸打ちをして、黒瞬着で固定する。いつもはしないが、今回は [続きを読む]
  • 【Grenadier Giants Club Titan】グレナディア タイタン 製作 1
  • さて、まずは「タイタン」から。キット内容はシンプル。ボーナスフィギュアは無く、本体、右腕、タイトルを刻印した石碑の3パーツのみだ。マスクの下の造形など、一体パーツだが良くできている。その右腕と剣は、残念なことにポッキリ状態…まぁ、経年を考慮すれば仕方の無いところか。細い部分だが、しっかり軸打ちをして補修してやろう。今回は構成がシンプルなので、ベースに少しアクセント。小石をエポパテで固定しながら、高 [続きを読む]