takagy さん プロフィール

  •  
takagyさん: 高木晴光の日々「こうかい記」
ハンドル名takagy さん
ブログタイトル高木晴光の日々「こうかい記」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/haruneos
サイト紹介文都市と田舎をいったり来たり、My田舎づくり実践人、黒松内ぶなの森自然学校代表
自由文人生も50代後半に突入。あと10年で何ができるか!! 自問自答、試行実践・・般若心経のごとくギャアテイギャアテイとあがきながらも前に進むのが人生だ。あ〜死ぬ瞬間に悟れるだろうか・・と生きている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2013/04/05 19:27

takagy さんのブログ記事

  • 壮行会
  • 5月23日5月のお誕生日のくまちゃん、りーはん、そして、2年間滞在在籍した呉立涵(Wu Lihan)さんの送別を兼ねて、黒松内駅前の焼き鳥屋さんの「しんちゃん」へ繰り出しました。りーはんは、旧NPOねおすのHPにあった「そだちばプロジェクト」の掲示を見つけて、ある日、台湾から直接、研修生応募の照会がありました。 当初は海外からは想定していなかったのですが、日本語ができる、そして彼女の台湾の林野庁に当たる管理下 [続きを読む]
  • ひと段落
  • 5月19日やっと足元のNPOくろす野外計画社と黒松内ぶなの森自然学校運営協議会のふたつの総会を終えて、新年度を名実ともに切れました。気持ち的には途切れずに継続しているので、改まった新鮮感はないのですが・・・。 とりあえずは区切りがついて良かった。とはいえ、課題は多い。総会が終わったので、NPOの道庁への提出書類を早々に用意せんといかんね。 図体は小さくともNPOなので提出する書類は大小関係ない・・・。 昔 [続きを読む]
  • 良いお天気です。
  • 今日も実に良いお天気ですが・・・、事務所にこもっております。 昨夜は深夜2時すぎまでかかって、ふたつの総会準備はやっと完了。くたくたでありますが、夕方からの本番待ちであります。さきほど、かの有名はバナナボートを積んだデリカのドライバーさんが、ドーナッツの差し入れをたくさん持って寄ってくださいました。  午後には、総会参加に 三木昇さんや保険の小林さんも札幌からおいでくださいます。 総会終わってから [続きを読む]
  • 来訪者
  • ここ数日は、肌寒かったのですが、上空の寒気も去って、春らしく暖かくなってきました。 登別フォレスト鉱山ネイチャーセンターの副所長の遠藤さんがお父様をお連れして訪ねてくれました。 親孝行でふんわりとした感じで、こちらも癒されます。5月19日の自然学校運営協議会とNPOのふたつの総会を控えててんやわんやしております。 協議会の経理原簿は恐ろしくソロバンに自信を持っているMRKさんが担当しています。その集計数 [続きを読む]
  • 自然学校開業研究会
  • 自然学校という仕組みを北海道において各町村で標準装備にしよう、そのための施策を練ろうと、道議会議員の広田まゆみさんと画策・もくろんでおります。そのために、6月7日に北海道道議会の会議室で第一回の研究会を開催します。 御興味ある方はどなたでも参加ができます。 参加ご希望の方は私までご連絡ください。***********地域と共に生きる自然学校開業研究会広田 まゆみさん発信?2017年5月17日こどもた [続きを読む]
  • 来冬の準備万端
  • 薪小屋を見ると、既に昨年の秋並み以上に燃料用の薪が満タンになっていて、まだ入れていない薪も外に山積みされています。これも頂いたもので乾いているのですが、ここのところの小雨に当たってしまった。まっ、晴天が続けばすぐ乾くでしょうが、入れる場所がないなあ。さらには、薪割り体験用として、大沼牧場から今月末に軽トラ一杯分の玉切り材が届く予定になっております。毎年、秋になるとあたふたしていたのですが、春先にす [続きを読む]
  • 北海道型自然学校開業研究会
  • 北海道議会議員の広田まゆみさんと「自然学校開業研究会」を始めます。第1回目は6月7日です。道議会の会議室を使わせて頂きます。 つまり・・、ゆくゆくは北海道の政策のひとつに「地域立脚型自然学校をいち町村にひとつ」立ち上げてゆきたいと夢を大きく持ってのスタートです。自然体験活動のみならず、ツーリズム、教育、地域の元気づくり、子育て支援・森のようちえん活動までシゴト(志事)とする地域の装置として、地域の [続きを読む]
  • 春もみじの季節
  • 今日5月9日の黒松内は今のところ快晴の朝です。 野にも山にも若葉が繁り・・の季節で、今朝は黄砂も一段落のようで清々しい限りです。まず、ヤナギ類が芽吹きシラカバ・樺類、カラマツが芽吹き始めます。山々がぽやぽやとした薄い小豆食の産毛のようになり、徐々に緑を増しつつあります。 そして、そろそろカエデ類やミズナラが芽吹き始めました。イタヤカエデは黄色、ハウチハカエデは濃いあずき色の花をつけ、さらにその萼片 [続きを読む]
  • 生命力に感心
  • 校庭の草刈に「待った!」をかけました。タンポポが咲き始めているからです。まだまだ増えます、もうちょっと愛でたいからね。しかし、彼女等の生命力はすごい。すでに一度刈ってしまった写真手前の様子をご覧下さい。なんとか子孫を残そうと再び、ほとんど茎を伸ばさぬままに別の芽が出て一気に花を咲かせます。この1、2週間が生き延びる勝負の時です。ちなみに、花が咲き花がしぼみかけに茎から切り落としても、綿毛を形成しよ [続きを読む]
  • 変わりやすし
  • 5月8日ゴールデンウィークが明けて・・・、今日は月曜日なのですね!!!朝の小中学校への送迎の帰りは、私たちの通称「熱郛(ねっぷ)高原」をいつも通って自然学校・自宅に戻ってきます。朝はご覧のように良いお天気で、まず、柳系の樹木、白樺の若葉が萌え出しています。とても、清々しいです。ところが上空には冷たい空気が入っているようで黒い雲が広がり、13時現在、気温は11度、ちょっと肌寒いです。GWの催事の片づ [続きを読む]
  • GWの日々
  • ゴールデンウィークの自然学校は日々オープン参加の催事をしていました。空振りとはなりませんでしたが、ゲストはぱらぱらとで経営上は持ち出しとはなりますが、その適度な来客はわらわらとのどかにあそばさる感があり、近所の方々も来訪する毎日でありました。そもそもGW期間は、昔、山岳プログラムを中心に活動していた時代でも、参加者が集まらない傾向にありました。 その後、こうして地べた(地元地域)活動が中心になって、 [続きを読む]
  • 第23回ねおすふらっとカフェ開催のご案内
  • 第23回ねおすふらっとカフェほそぼそと続けて23回となりました。ねおす解散後も、NPOねおす共育ファンドというNPOで主催しています。集まったみなさんの近況自己紹介後には、話題提供者にうこし長めにお話をしてもらい、あとはわらわらと、身近なことから、就職や仕事のこと、社会問題まで、ふらっと集まって、Flatな関係で世代間、異なる職業、立場の人と話をしあうという集まりです。まあ飲み会ですね・・・。お気軽にいらして [続きを読む]
  • ホモ・ルーベデンス
  • ぐっすりと寝ています。 寝る子は育つ。孫のSRが泊まりに来ています。爺ちゃん婆ちゃんちに初めてのお泊まりです。なんどかトライさせようとしていましたが、やっと今回が初体験です。すでに2泊目。明日まで泊まる予定です。その動機きっかけになったのは、小学6年生の山村留学生YZがいるお陰です。彼女はとてもSRの面倒を観てくれます。アタシのいうことはきかんが、YZの言うことは聞きます。 近所の子どもたちも遊びに来てい [続きを読む]
  • ここに座ると…、
  • ここのところ、春だからか、身体を使っているからか、ゲストが懇談しているのに、お先に失礼して早めに寝てしまっています。(年長さんの孫が泊まりに来ていて、先に母屋に帰るので、それを口実にしているふしがあり・・・、しかし、山村留学生の小学6年生のYZUが良く面倒を観てくれているので爺ちゃんの出番はあまりなし)なので、朝は夜明け頃にぱっちりと目が覚めます。そして、二度寝してしまうので、今朝は5時前に徒歩50 [続きを読む]
  • 自然学校オープン催事
  •  黒松内ぶなの森自然学校では、連休最後の6−7日とオープン参加の「ぶなのあそびば・プレーパーク」を開催しております。カフェや焚き火遊び、クラフトなどわらわらと過ごせる時間と空間をご用意していますので、幼児・家族連れでもおひりでも、ぜひお越しくださいませ。 [続きを読む]
  • 来冬の薪
  • 毎冬直前にあたふたと薪集め、薪切りをするのですが、冬が完全に去ったと思いきや乾燥された薪がたんと手にはいりました。薪小屋の半分を埋め尽くしました。これだけあれば、なんとか冬を越せます。 さらに野外にはまだ薪サイズにしていない燃料材が転がっています。さらにさらに、すでに予約してしまった(薪割り体験用?の)玉切り材があります。分量を半分ほどにしてもらい、今月下旬に運び込まれる予定になっています。かつて [続きを読む]
  • さよならパーティ
  • 1週間滞在していた国際ワークキャンプチームとシンガポール、台湾からのゲストのさよならパーティ。各国料理をそれぞれが作り、郵便局長、酪農家や農家、商店の地域の方々もお招きしました。 今回は、ゲストハウス周りの修繕やコミュニティ農場の整備をはじめ、地域の花見懇親会、カラオケ同好会や小学校での卓球活動への参加、島牧の漁師さんにも体験活動をさせて頂きました。国際交流もいろいろとできました。未来を担う若者た [続きを読む]
  • 黒松内総合体育館落成式
  • 黒松内の総合体育館が落成をしました。前体育館は地区40年以上を経過し耐震構造も満たしていないので、解体新築となり、10ヶ月の時間をかけて大きな立派な体育館が竣工しました。 フロアーは黒松内のブナ材を使用、はりや柱には後志地域のカラマツの集成材がふんだんに使われています。午後には落成イベントとして、駒沢大学附属苫小牧高校の吹奏楽局(正式名称は吹奏楽部でも楽団ではないらしい)の演奏公演もありました。さ [続きを読む]