ごっしー さん プロフィール

  •  
ごっしーさん: 病気の種類と病気症状の検索
ハンドル名ごっしー さん
ブログタイトル病気の種類と病気症状の検索
ブログURLhttp://byouki-kensaku.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文熱やあくび、頭痛など。症状から病気を考える情報サイトです。
自由文熱やあくび、頭痛や吐き気。普通にある症状の中にも、病気が隠れていることがあります。症状から病気を考える情報サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2013/04/05 19:42

ごっしー さんのブログ記事

  • 痒みの症状について 2
  • ■ 痒みの症状について 2かゆみの2回目です。今回は「じんましん」についてお話ししていきます。かゆみ代表ともいえる疾患が「じんましん」。とにかく、かゆくてかゆくて、仕方ないほど、かゆみが強いです。子供の頃は、よく悩まされました。思い出すだけでかゆくなるほど。これの特徴は、皮膚が赤くなって患部が盛り上がること。いきなり、皮膚の一部が、赤くなって盛り上がり、強烈なかゆさが襲います。しばらくすると痒みが [続きを読む]
  • 子供の発熱とよくある病気
  • 前回までで、子供の微熱けっこう高いことがわかりました。ちょっとたことで、すぐに体温が上がってしまうので、熱が高いからといって、いちいち心配することはないのです。「 子供の微熱は平熱 」 という人もいるくらいです。しかし、どこか調子が悪いときは熱が出るものです。なんでもない微熱と、異常のある発熱はどう見分ければいいのでしょうか?熱も大切ですが、むしろ、全体の症状に注意を向けてください。元気がないとか [続きを読む]
  • あなたの冷え性はどんなタイプ?
  • ■ あなたの冷え性はどんなタイプ?桜が咲きだす3月は、すでに春といって差し支えないでしょう。ただし残念ながら、ときおり冬にもどったかのように、寒波が押し寄せてきます。寒さ(暑さも)の苦手な人間としては、厚着して身体を冷やさないよう、常に対処してます。冷え性の人間にとって、冬は身体に堪えますが、一口に「冷え性」といってもそこは個人差があります。体質や習慣によって、冷える原因や、冷えてしまう体の場所は [続きを読む]
  • 幼児の微熱
  • 平熱は、大人よりも子供のほうが高いといわれます普段でも熱が高めなので、ちょっと熱が上がっただけでも、恐ろしく熱が上がります。それが「微熱」でも、けっこう熱いのです。ちなみに以下が子供の平熱の平均です。■  年齢別の正常体温     平均値 (平均プラスマイナス標準偏差) 新生児  37.10 (36.7〜37.5) 乳児   37.09 (36.8〜37.3) 幼児   37.00 (36.6〜37.3) 学童  午前 男 37.14 (36.6〜37.5) [続きを読む]
  • 寝汗とは 1 メカニズム
  • 寝汗とは 1 メカニズム寝汗とは、言葉のとおり「寝ている間にかく汗のこと」です。人は、寝ている間にも、汗をかいているものですが、自然なレベルの汗は寝汗といいませんし、風邪など、病気にかかってかく汗も、寝汗と呼ばれません。寝苦しいとか。うなされるとか、こうした状態の眠りで、かく汗を指すイメージがありますよね?寝汗について深刻悩む人は少ないでしょうが、いま、ここではちょっと気に止めてください。寝汗の症 [続きを読む]
  • 赤ちゃんのゲップと、ゲップの病気
  • 飲食で少しずつ飲み込んでしまう空気。その胃の中にたまった空気が上にあがり、口から出る現象。これがゲップです。大人と子供で、ゲップの違いはあるのでしょうか?赤ちゃんは、ゲップが下手です。ミルクやご飯を口にした時に、一緒に空気が入るのですが、それをうまく出せないのです。そのまま空気が体内に溜まっていくと、気管が詰まったり、食べたものを吐き出してしまいます。そこで、背中をポンポンと優しく叩くと、溜まった [続きを読む]
  • 飛行機に乗るのが恐い? 原因が高所恐怖症とは限らない
  • ■ 飛行機に乗るのが恐い? 原因が高所恐怖症とは限らない高いところに登るのは好きでしょうか?「大好き。昨日の休みもタワーに上ってきた」「好きではないけど、必要なら登っても構わない」私の場合は後者に該当しますが、それなりの恐怖を感じるほうです。ところが私以上に、高所が苦手という人もそれなり存在します。「全くダメ気絶しそう」これがいわゆる、高所恐怖症といわれる人。「恐怖症」というのは、何か特定のものへ [続きを読む]
  • 喉の違和感4(いたみ かゆみ)
  • 喉の違和感4(いたみ かゆみ)喉の違和感には、単に「変だ」と感じるのではなく、もっとはっきり感じる場合もあります。「痛み」とか「痒み」です。・ 三叉神経痛ズキンとする痛みがあり、なにかを飲み込むときに痛みが出るなら三叉神経痛が疑われます。三叉神経痛とは、に顔の感覚を脳につたえる「三叉神経」に障害が起こる病気です。顔周辺のの神経を司っているので、顔におこる神経痛は、広い意味ですべてが「三叉神経痛」と [続きを読む]
  • 喉の違和感3(ひっかかった・つまった)
  • 喉の違和感3(ひっかかった・つまった)喉は口と内臓を繋いでいる器官です。肺へ繋がって呼吸を行う気管。飲んだり食食べたりしたものを胃に送る食道。さらには、脳に血液を送る大動脈も通っています。身体を支えるあらゆる中心点になっているので、ほんのちょっと違和感があるだけでも、生活のリズムが変わってしまいます。つい、神経質になってしまうのも仕方のないことです。前回に続いて、違和感の原因をお話しますね。今回は [続きを読む]
  • 身体からの臭いについて(口からの臭い1)
  • 身体からの臭いについて。大人になると、発生してくる嫌な臭い。30代からひどく生っていくのですが、周囲のしかめっ面を他所に、当の本人は無頓着ということもよくあります。臭いを出しているのは、口と身体。それぞれ、においの原因と解消方法をお話ししていきます。口からの臭い1口が臭い原因として考えられるのは、主に2つ。歯茎の病気と胃腸の不調です。場所は別々であっても、ひと繋がりになっているので、改善策は案外単 [続きを読む]
  • 喉の違和感2 (痛みも伴う)
  • ■ 喉の違和感2 (違和感と痛み)喉の感じがいつもと違うとき、その違和感にも種類があります。「痛いと感じる」のと「引っかかる感じ」ががするのとでは、症状も原因も違ってくるのです。今回は、「違和感」と「痛み」を同時に感じる場合について。■ 扁桃炎何もしないときにノドに違和感があって、ものを飲み込むときには痛みがある場合は「扁桃炎」にかかっている可能性があります。扁桃炎は、細菌感染により引き起こされる [続きを読む]
  • うつ症状を低下させたいなら、ガーデニングを趣味に!
  • ■ うつ症状を低下させたいなら、ガーデニングを趣味に!「うつ病」は、ご存知代表的な精神疾患です。あの明智光秀が信長を討ったのも、彼がうつ病を患っていたという説があるほど。真異のほどはともかく、古くから人を悩ませていることは確実で、その実態が明らかになりじめるのは、心理学者が登場する現代になってからです。いっぽうで、気持ちがふさいだときに気分転換を図ることは、誰もがしっている常識です。お酒をのむとか [続きを読む]
  • 痒みの症状について 1
  • ■ 痒みの症状について 1今回からは、かゆみ(痒み)についてお話しますぽりぽりと、つい掻きたくなるのが、かゆいという衝動。虫に刺されることもあれば、ジンマシンでかゆくなるケースもあります。「かゆみ」を起こす原因を、WIKIから抜粋して一覧にしました。まずは、みてください・不衛生・栄養不足・血行不良・温度の急激な変化・心理的要因、ストレス・蚊やダニなどの吸血による物・ヒスタミンなどの化学物質による刺 [続きを読む]
  • 注意40歳「緑内障」が危ない。
  • ■ 注意40歳「緑内障」が危ない。腰とか、胃腸の病気には気をつけてても、目の病気に神経質になる人は少ないかと思います。中年と呼ばれる年令になって疲れ眼らしき症状があったとしても、ぜいぜい「見えにくくなったなぁ」くらいのものでしょう。でも40歳を越えているなら、もっと眼の変化に注意をむけたほうがいいかもしれません。日本人の失明原因のうち、第1位は緑内障です。私の周りには、長年に渡って緑内障の治療を受 [続きを読む]
  • 寝汗とストレス
  • 寝汗は、汗が盗まれるもの?普通、寝ているときに誰でもかいている汗。「寝汗」と呼ばれる汗は、たいして暑いわけでもないのにやたらにかく汗をさしてます。汗を出す中枢が過敏になるために起こるものであり、その原因は「生活習慣」や「病気」でした。寝汗には、「盗汗」と呼ばれるものがあります。これは漢方の言葉で、病的な汗を指します。漢方では、血液や涙などの体液を総称して?津液?といっていて、汗も津液の一種になりま [続きを読む]
  • 高齢者の「呼吸器系」疾患
  • 高齢者の疾患。その4になります。今回は、呼吸器系の疾患について。若いうちでも、呼吸器の病気にかかる人がいます。年齢がいくと自然とあちらことがら弱くなります。高齢者になると、加齢とともに呼吸器系の機能も衰えはじめます。衰えるだけでなく、回復力も弱くなってきます。若い方なで、すぐに治ってしまうような疾病であっても、年齢が高いと、回復するどころか重くなる場合も珍しくありません。なにかと注意が必要です。日 [続きを読む]
  • 高齢者の「心臓」の症状
  • 高齢者の疾患のその3です。今回は「心臓」に関するお話ですどくっ どくっ と脈を打って、体中に血液を送っている心臓。心臓がないと、細胞という細胞に栄養がいきわたらなくない、人間はすぐに死んでしまいます。そんな心臓も、細胞の塊です。血液が流れてこないと、脈をうつことができません。「冠動脈」と呼ばれる動脈があります。心臓を動かしている筋肉へ、栄養や酸素を送っている動脈のことです。冠動脈が、狭くなる・詰ま [続きを読む]
  • 高齢者の「脳」病気
  • 高齢者の「脳」に関する疾患脳血管障害とは脳内に起こった症状の総称のこと。脳の血管に、何らかの異常が起こったことで、機能の一部が損なわれる。そうした疾患の全てを指しています。脳血管障害には、血管が破れた症状と詰まったときの症状とがあります。血管が破れた症状には、「脳の血管が破れたために起こる脳内出血」や「くも膜下失血」。血管が詰まったために起こるのが「脳梗塞」です。これらは脳卒中とも呼ばれています。 [続きを読む]
  • 高齢者疾患の特徴
  • 高齢者の病気高齢者は、ひとつ病気にかかると、診察にいった先の病院で、別の病気が見つかることがよくあります。長年がんばってきた疲労の蓄積。それと加齢によって、体のいろいろなところが衰えてきていいて、結果として、いくつもの病気をかかえることがあるのです。それが、たまたま何かの検査で一気に見つかったということです。「 病気かな? 」何かの症状が表れたとしても、その一つだけに目を奪われないようにしてくださ [続きを読む]
  • 腰痛が軽くなる「うつぶせ足ふり」とは
  • ■ 腰痛が軽くなる「うつぶせ足ふり」とは「ローマは一日にして成らず」どんなことでも、カンタンにできるわけではないという、有名な例えですね。「Rome was not built in a day.」という英語のことわざだそうです。ローマは、700年もの歳月を費やして「帝国」を作り上げたわけですが、この迂遠ともいえる壮大な建国劇は、健康にも当てはまると、私は言いたいです。「腰痛の改善は一日にしてならず」と。腰痛は、なかなか治る [続きを読む]
  • 月経異常
  • 月経に異常がある場合、単なる生理痛で済むことがほとんどですが、症状が重いならば、子宮に関連した病気のかのせいもあります。子宮体癌や子宮頚癌が知られてますが、「子宮筋腫」という、程度の軽い病気もあります。症状としては、月経異常(過多月経・月経困難症)・不正子宮出血・圧迫症状と、それらから起こる貧血・下腹部痛・排尿障害・月経痛などです。これらを起こした場合には、子宮筋腫の疑いがあります。子宮筋腫とはどう [続きを読む]
  • 子供が起きられない起立性調節障害とは 2
  • ■ 子供が起きられない病気とは? 2子供の意思として、起きようと思っても身体を起こすことができない。または、目は醒めるけど身体がだるくて動かない。ひどくなると、みるに見かねた保護者が無理矢理起こしたのに、それすら覚えていないほど眠気が強いこともあります。この場合、「起立性調節障害」の可能性のほかに、睡眠障害も考えられます。朝、起きられない状況から、病気・さぼりを2択判定するのは、性急にすぎます。「 [続きを読む]
  • 吐き気の途中まとめ
  • 吐き気の原因の(途中)まとめこれまでに書いたことでお分かりいただけたとおもいますが、吐き気の原因は、胃腸障害に限りません。吐き気を催して嘔吐にいたるまでの流れ(仕組み?)を、ケース別にまとめてみました。1. 消化管や末梢器官からの刺激が迷走。神経など交感神経などを介して(神経を介して)延髄という中枢の嘔吐中枢に入るケース。 顕著な例では「嘔吐反射」。喉に指をつっこむと「げーっ」となるアレです。つま [続きを読む]
  • 人生楽しむ中高年は長生きである
  • ■ 人生楽しむ中高年は長生きである世の中とはじつに勝手なものです。数年前までは、超氷河期と言われた就職事情は一転。2017年春現在では、売り手市場真っ盛りとなってます。バブル期にもあった「大学生就職ツアー」のようなものまで復活。優秀な人に限定されるのでしょうが、人で不足のいま、「優秀」の定義は引き下げざる得ない現実があります。さて。仕事が溢れているのは良いことですが、果たして全ての人が人生を楽しめ [続きを読む]
  • 笑って食べよう有機野菜
  • 「 病は気から 」といいます。人の精神状態は、身体に大きく影響するものです。いつも気分よく過ごしたいと願いますが、現実は難しいものです。悲しいことの方が多いのは残念な事実です。それでも、無理にでも笑えば、心は健康になるので、「笑顔」という顔を磨いておきましょう。本当に自然に笑えれば、何事も前向きに捕えることができるってもんです。正しい笑顔には、おいしい食べ物を。安全で美味しい食材で、おいしい料理を [続きを読む]